1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. クレジットカードの比較はマイルの還元率が重要。おすすめカードは?

クレジットカードの比較はマイルの還元率が重要。おすすめカードは?

マイルを貯めるなら、マイルの還元率の高いクレジットカードにするのがおすすめです。どのようにすればマイルが貯まるのかといった基礎知識から、各航空会社のマイルの特徴、マイルの還元率が高いクレジットカードなどを詳しく紹介します。

この記事の目次

【2020年最新】 ▼当サイトで申し込みが多い人気クレジットカード!

  • 【1位】VIASOカード
    当サイト31ヶ月連続人気1位今だけ新規入会で20%ポイント還元中!面倒な手続きなしで最短翌日から使える!
  • 【2位】三井住友カード
    カードのステータスも気になるあなたにスタンダードな一枚!
  • 【3位】楽天カード
    選ばれるにはワケがある!貯まりやすさ・顧客満足度No.1!

クレジットカードのマイルの基本

『マイル』とは、航空会社が提供している『マイレージプログラム』というポイント制度で貯まるポイントのことです。

もともとは、飛行機での移動距離に応じて付与されるものでしたが、現在は航空会社や提携企業が発行しているクレジットカードの利用などでも、マイルを貯められます。

マイルの貯め方

マイルは飛行機の利用で貯められます。どれぐらいのマイルが貯まるかは、以下の式で計算ができます。

  • 利用する飛行機の区間マイル×積算率

区間マイルや積算率は、各航空会社によって異なるので、航空会社の公式サイトで確認してみるとよいでしょう。

また、航空会社や航空会社と提携している企業が発行しているクレジットカードの利用でも、マイルを貯められます。(クレジットカード会社やクレジットカードの種類などで、マイルの還元率が異なります。)

そのほか、電子マネーやポイントサイトの利用、ホテルの宿泊などでもマイルを貯められる場合があります。

ポイントからマイル交換も可能

クレジットカードのポイントから、マイルに交換することが可能な場合もあります。

たとえば、楽天カードはクレジットカードの利用金額に応じて、楽天スーパーポイントが貯まりますが、貯めたポイントをショッピングなどで利用するのではなく、マイルに交換することもできるようになっています。

ポイント還元率の高いクレジットカードを1枚持っておき、そのカードで貯めたポイントをマイルに交換すると、効率よくマイルを貯められるのでおすすめです。

ANAとJALのマイルの違い

ANAとJALのマイルには、以下のような違いがあります。

スターアライアンスとワンワールド

世界中の航空会社の多くは、『航空アライアンス』と呼ばれる、提携グループに参加しています。1社だけでは運航が難しい航路を展開したり、マイレージプログラムなどのサービスを充実させたりするためです。

航空アライアンスには、『スターアライアンス』、『ワンワールド』、『スカイチーム』という、3つの大きなグループがあり、ANAはスターアライアンス、JALはワンワールドに加盟しています。

業務提携していることによって、同じ航空アライアンスに加盟している航空会社であれば、どの会社の飛行機に乗ってもマイルを貯められるようになっています。

たとえば、ANAのマイルを貯めているとして、海外旅行などでANA以外の飛行機に乗ったとしても、その飛行機がスターアライアンスに加盟している航空会社の飛行機であれば、ANAのマイルが貯められます。

旅行好きならANAマイル

旅行好きな人であれば、ANAのマイルを貯めるのがおすすめです。ANAが加盟しているスターアライアンスは、加盟している航空会社の数が最も多い航空アライアンスです。

そのため、いろいろな国でスターアライアンスに加盟している航空会社の飛行機を利用でき、その分マイルも貯めやすくなります。

また、スターアライアンスの上級会員になると、飛行機の空席待ちや飛行機への搭乗、入国審査などが優先的に対応される特典がつくため、飛行機をより快適に利用できるようになります。

ANA CARD | ANAカード

買い物好きならJALマイル

買い物好きならJALのマイルを貯めるのがおすすめです。ANAのクレジットカードは、ポイントを貯めてから、そのポイントをマイルに交換する必要があり、交換のための手数料が年会費と別にかかります。

しかし、JALのクレジットカードは、クレジットカードの利用金額に応じて、直接マイルが貯まるため、余分な手数料がかかりません。

JALのクレジットカードを利用すると、利用代金200円につき1マイル、JALカードの特約店で利用すれば、200円につき2マイルを貯められます。

また、クレジットカード年会費とは別に料金がかかりますが、『JALカードショッピングマイル・プレミアム』に入会すると、100円につき2マイル貯められます。

JALカードとは - JALカード

還元率が高いおすすめのカードを比較

ここではマイルの還元率が高い、おすすめのクレジットカードの特徴を比較します。

ソラチカカード

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)」は、ANAのクレジットカードと、PASMOの機能がひとつになったカードです。

ソラチカカード」は、クレジットカードの利用でJCBのOkiDokiポイントを、PASMOの利用で東京メトロポイントを貯められ、貯めたポイントをマイルに交換することもできます。

OkiDokiポイントをマイルに交換するには、マイル移行手数料が年間5,000円(税抜)かかりますが、メトロポイントを交換するときは手数料がかかりません。

そのため、一般的にポイントをマイルに交換すると、約0.5~0.6倍程度に大きく目減りしてしまいますが、「ソラチカカード」は約0.9倍という高レートで、ANAマイルに交換できるようになっています。

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)

JALカードSuica

JALカードSuica」は、JALカードとSuicaがひとつになったカードです。クレジットカードの利用で、200円ごとに1マイル、JALカードの特約店で利用すれば、200円ごとに2マイル貯められます。

さらに『JALカードショッピングマイル・プレミアム』に入会すれば、100円ごとに2マイル貯められます。

また、Suicaを利用することで、ビューサンクスポイントが貯まり、そのポイントをマイルに交換することも可能です。

オートチャージを利用すれば、1,000円につき6ポイントのビューサンクスポイント貯まるので、日々の通勤や通学でSuicaを利用する人にとっては、マイルが貯めやすいお得なクレジットカードといえるでしょう。

JALカード・Suica

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードは、ポイント還元率が高く、クレジットカード入会で3,000ポイント、毎年のカード継続ごとに1,000ポイントが付与されます。

また、入会後1年以内に対象の航空会社の航空券などを購入すると、初回に限り5,000ポイントがボーナスとして付与されます。

そして、クレジットカードの利用では、利用代金100円ごとに1ポイント、対象の航空会社の航空券を指定の方法で購入すると、100円ごとに3ポイント貯められます。

ポイントに有効期限がなく、貯めたポイントは提携している15の航空会社のマイルに交換ができるため、飛行機の利用が多い人にはお得なクレジットカードです。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

海外エアラインのマイルを貯めるなら

海外エアラインのマイルを貯めるなら、以下がおすすめです。

ユナイテッド航空のマイレージプラス

ユナイテッド航空のマイレージプラスは、ユナイテッド航空の飛行機の利用や、マイレージプラス提携のクレジットカードの利用などでマイルを貯められます。

日本向けの提携カードは「セゾンカード」、「UCカード」、「JCBカード」、「MUFGカード」、「ダイナースクラブカード」の5社です。各クレジットカード会社によってマイルの還元率が異なるので、注意しましょう。

ユナイテッド航空はANAと業務提携しており、ANAの飛行機を利用したときのマイル積算率を優遇しています。

ANAの飛行機の利用で対象の路線であれば、ANAマイレージクラブよりも、ユナイテッド航空のマイレージプラスのほうがマイル還元率が高くなるため、ANAの利用が多い人におすすめです。

MileagePlusセゾンカード

>MileagePlusセゾンカードは、ユナイテッド航空のマイレージプラスの提携カードです。

通常クレジットカードを利用すると1,000円ごとに5マイル、コスモ石油では1,000円ごとに10マイル貯まりますが、『マイルアップメンバーズ』に入会することで、マイル還元率が大幅に上がります。

マイルアップメンバーズに入会するには、クレジットカードの年会費1,500円とは別に、追加年会費5,000円(税抜)を支払う必要がありますが、1,000円ごとに15マイル、コスモ石油では1,000円ごとに20マイル貯まるようになります。

マイルの還元率は1.5%が平均ですが、マイルアップメンバーズは2.25%と、かなり高い還元率です。また、マイルの有効期限は最終利用日から18カ月で、クレジットカードを利用すれば更新されるため、実質無期限といえます。

日本の航空会社のマイルにこだわらないのであれば、効率よくマイルを貯めるのに、おすすめのクレジットカードです。

>MileagePlusセゾンカード

デルタ航空のスカイマイル

デルタ航空のスカイマイルは、デルタ航空や同じ『スカイチーム』に加盟している航空会社の飛行機の利用、提携のクレジットカードの利用などで、マイルを貯められます。

スカイマイルは、メダリオン会員というランク制度があり、一般会員では1ドル(アメリカドル)あたり5マイル貯まりますが、最高ランクのダイヤモンド会員であれば、1ドルあたり11マイル貯まります。

会員のランクを上げるには、デルタ航空の飛行機を利用し、会員の資格取得に必要なマイルを貯める必要があります。しかし、スカイマイルのマイルには有効期限が設けられていないため、一般会員でもこつこつとマイルを貯められます。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、アメリカン・エキスプレスとスカイマイルの提携カードです。

アメリカン・エキスプレスのゴールドランクのカードなので、年会費は26,000円(税抜)と高めですが、その分マイルの還元率が高くなっています。

ショッピングなどでクレジットカードを利用した際には、100円ごとに1マイル貯まりますが、デルタ航空の飛行機を利用した際には、通常の3倍のマイルが付与されます。

また、スカイチームのラウンジの利用や、空港までの送迎、座席のアップグレードなどのサービスが特典でついています。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

法人カードでマイルを貯めるなら

法人カードでマイルを貯める場合は、以下のクレジットカードがおすすめです。

楽天ビジネスカード

楽天ビジネスカード」は、ポイント還元率が高いのが特徴です。個人向けの楽天プレミアムカード(親カード)の追加カード(子カード)として発行されるため、先に楽天プレミアムカードに入会する必要があります。

通常、追加カードは親カードと同じ口座から利用代金が引き落とされますが、楽天ビジネスカードは、個人用とビジネス用にしっかり分けて使えるよう、利用代金の引落口座を個別に設定できるようになっています。

また、「楽天ビジネスカード」で楽天市場を利用すると、ポイントが最大5倍になり、貯めたポイントはANAのマイルに交換可能です。

そのほか特典として、国内外の空港のラウンジやトラベルデスクが利用できたり、旅行傷害保険が付帯していたりと、サービスが充実したクレジットカードです。

楽天ビジネスカード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」は、アメリカン・エキスプレスのプラチナランクの法人カードです。入会すると、セゾンマイルクラブのサービスを無料で利用できます。

セゾンマイルクラブに加入すると、クレジットカードの利用で、JALのマイルとセゾンカードの永久不滅ポイントの両方が貯まります。

マイルはクレジットカードの利用1,000円につき1マイル、永久不滅ポイントはクレジットカードの利用2,000円につき1ポイントです。

また、社員用の追加カードを4枚まで発行できたり、『ビジネス・アドバンテージ』という、事務用品の購入や宅配便、レンタカーなどを、法人価格で利用できる優待プログラムがあったりと、法人カードとして持つのに便利なクレジットカードです。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費が安く、審査にも通りやすいプラチナビジネスカードです。 ビジネスカードは経費管理がしやすく、個人カードにはないビジネス特典が付帯します。 創業間もない経営者の方や個人事業主の方は是非申し込んでみましょう。下記の記事で詳細を説明しています。あわせてご覧ください。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス・カードの豊富なサービスやメリットとは?

まとめ

還元率が高いクレジットカードの中でも、それぞれ特徴や付帯するサービスなどが異なるため、自分の利用目的に合ったクレジットカードを選ぶことで、よりお得に利用ができます。

どれが自分に合っているのかしっかりと比較したら、さっそく申し込んでみましょう。

クレジットカードの比較ポイントは?ケース別にカードを紹介

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • JCBのお得な使い方について知りたいです

    現在は公共料金代や住宅ローンなど口座振替がほとんどですが、カードで支払いをするとどういうメリットがありますでしょうか。なかなかカード払いもやってみたいなと...

    30代 / 女性 / 東京都 / 年収 401-500万円 / 既婚、子供1人

  • クレジットカードのポイントについて

    現在、3社のクレジットカードを保有していますが、クレジットカードを作った理由は公共料金や商品等の購入に現金で払うより、クレジットカードで払えばポイントが貯...

    60代 / 男性 / 北海道 / 年収 300万円以下 / 既婚、子供2人

  • カードを他人に使われた場合はどうなるのか?

    クレジットカードは便利で、日常で使っています。スーパーでのお買い物。やネットショッピング。車の給油をするガソリンスタンドなど。 金額が知れているからかもし...

    40代 / 女性 / 兵庫県 / 年収 300万円以下 / 既婚、子供2人

  • 楽天カードのおトクな使い方について教えてください

    今は普通に、ネットショッピングやだいたい2000円以上の買い物をするときだけカードを利用しています。ポイントが結構たまるので、ネットショッピングの時は端数...

    20代 / 女性 / 大阪府 / 年収 300万円以下 / 独身

クレジットカードの人気記事

カテゴリ