1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. クレジットカードは有効期限前に更新不要?事前にするべきこととは

クレジットカードは有効期限前に更新不要?事前にするべきこととは

クレジットカードには有効期限があり、有効期限が切れる前にカードの更新が必要です。有効期限を知るにはどこを確認するとよいのか、更新するためには何か手続きが必要なのか、有効期限が切れる前にやっておくべきことなどを詳しく解説します。

この記事の目次

クレジットカードの有効期限とは

クレジットカードの有効期限とは、今使っているクレジットカードを使用できる期限のことです。有効期限が切れると、今までのクレジットカードは使うことができなくなり、新しいクレジットカードに変えなくてはなりません。

クレジットカードの有効期限は5年に設定されているものが多いです。ただし、クレジットカード会社やクレジットカードの種類、個人の信用情報などによって、2~3年に設定されている場合もあれば、5年以上に設定される場合もあります。

カードのここをチェックする

有効期限を確認したいときは、クレジットカードの表側をチェックしましょう。カード番号の下のほうに、『有効期限01/20』や『有効期限01-20』のように記載されています。

クレジットカードの有効期限は、『月/年』の順で記載されているので、間違えないように注意しましょう。たとえば、上記の『有効期限01/20』の場合、有効期限は2020年1月となります。

どちらかわからなくなったときは、有効期限の数字の上に、小さく『MONTH/YEAR』と記載されているので、そこを確認するとよいでしょう。

有効期限月の何日まで使えるか

クレジットカードは、有効期限の月の末日まで使うことができます。有効期限が2020年1月の場合、2020年1月31まで使用可能です。

クレジットカード会社によっては、有効期限月の翌月の初め、たとえば、2020年1月が有効期限であれば、2020年2月の初旬ぐらいまでは使用できる場合もあります。しかし、期限切れのクレジットカードは使用せず、新しいカードを使うほうが確実です。

クレジットカードの有効期限はここをチェック。更新手続きは必要?

なぜ同じカードを使い続けられないのか

なぜ同じクレジットカードを使い続けられないのか、それには以下のような理由があります。

有効期限は再審査のタイミング

ひとつは、クレジットカードの再審査のためです。クレジットカードは、入会するときに必ず審査があります。

審査では、申込者の年収や勤務先、他社での借入額や返済状況などの個人信用情報を調査し、返済能力や信用度がどれぐらいあるのかを判断しています。

カード会社は入会後も、年収や勤務先、他社での借入額などが変わっていないか、また、カードの利用状況は問題ないかを定期的にチェックしています。有効期限は、そういった再審査のタイミングになっているのです。

カードの新しい性能や劣化への対応

クレジットカードに有効期限を設けているのは、カードの新しい性能や劣化への対応のためでもあります。

クレジットカードに電子マネーや交通系ICカード、より強化されたセキュリティ機能など、新しい性能をつけるとき、その都度新しいクレジットカードに変更していては、非常にコストがかかります。

そのため、クレジットカードの有効期限が切れて更新するタイミングで、新しい性能をつけたクレジットカードに切り替えているのです。

また、クレジットカードはプラスチックでできているものが多く、長く使うことでだんだん劣化してしまいます。

読取部分の磁気ストライプや、内蔵されているICチップも長年の使用で劣化したり、傷が入ったりして正しく読み取れなくなる恐れがあります。

有効期限の更新で新しいクレジットカードに変わるのは、このようなクレジットカードの劣化によって、トラブルが発生するのを防ぐ役割もあります。

防犯に役立つ

クレジットカードの更新は、防犯にも役立ちます。スキミング(※)などクレジットカードの不正利用は年々巧妙化しており、それに合わせてセキュリティ対策も進化しています。

新しいクレジットカードには、その時点で最新のセキュリティ機能が備えられています。当然数年前に発行されたクレジットカードよりも、セキュリティが高くなるので、防犯に役立ちます。

また、ネットショッピングなどでクレジットカードを使うときには、有効期限を入力しなければならないため、定期的に有効期限が変わることにより、不正利用の防止になります。

※スキミングとは、クレジットカード不正利用の犯罪の一種で、他人のクレジットカードの情報を抜き取って複製を作り、悪用することです。

更新手続きは必要なのか

クレジットカードの有効期限を更新するには、更新手続きは必要なのでしょうか。

基本的に手続きは不要

クレジットカードの有効期限を更新する際には、基本的に手続きは不要です。クレジットカードの有効期限はクレジットカード会社で管理されており、有効期限が切れる前に自動的に更新され、新しいクレジットカードが送られてきます。

新しいカードはいつ届くのか

新しいクレジットカードは通常、現在使っているクレジットカードの有効期限が切れる1カ月前、遅くても2週間前までには届きます。

有効期限が切れる1週間前になっても届かない場合は、カード会社に問い合わせてみましょう。クレジットカード会社の手違いで発送が遅れていたり、郵便事故に巻き込まれていたりという可能性もあります。

また、クレジットカードに入会後、引っ越しをしている場合は、以前の住所に送られている可能性もあるので、早めに問い合わせたほうがよいでしょう。

新しいクレジットカードは、届いた当日から使用できます。うっかり交換し忘れたということがないように、届いたらすぐに新しいものに交換しておきましょう。

更新されないケースとは

通常は有効期限が切れる前に、クレジットカード会社のほうで自動的に更新され、新しいクレジットカードが送られてきますが、更新されないケースもあります。

クレジットカードは、有効期限の更新のタイミングで再審査がおこなわれており、この再審査に落ちてしまうと、有効期限が更新されず、新しいカードも送られてきません。

この再審査に落ちる原因としては、以下のようなことが挙げられます。

  • クレジットカード入会後、1度も使用していない
  • 利用代金の支払いを繰り返し延滞している、または数カ月にわたり長期延滞している
  • 他社のクレジットカードを強制解約された
  • 債務整理などの金融事故を起こした

このようなことがあると再審査に落ちてしまい、有効期限が更新されないまま、クレジットカードが解約されてしまいます。また、上記以外にもクレジットカード会社が定める規約に違反した場合は、更新されない場合があります。

新しいカードの番号は変わるのか

クレジットカードが更新されて、新しいカードになったとき、クレジットカードの番号は変わるのでしょうか。

変わるのは有効期限とセキュリティコード

新しいクレジットカードになったときに変わるのは、有効期限とセキュリティコード(※)のみで、クレジットカードの番号は今までの番号が、そのまま引き継がれます。

※セキュリティコードとは、カード裏面の記名欄の端に記載されている、3桁の数字のことです。

期限切れ前にするべきこと

クレジットカードの有効期限が切れる前に、やっておくべきことがいくつかあります。

電子マネーは使い切る

新しいクレジットカードには、電子マネーの残高は引き継がれません。有効期限が近づいてきたらチャージせず、今ある残高を使い切るようにしましょう。

有効期限が切れたクレジットカードでも、残った電子マネーを利用することはできますが、新たにチャージすることはできません。

また、電子マネーが残っているからと、古いカードと新しいカードの両方を持っていると、同じカード会社のクレジットカードを2枚持つことになるので、クレジットカードを利用するときに間違えてしまう可能性があります。

そのため、有効期限の更新の前に、電子マネーを使い切っておいたほうが、新しいクレジットカードにスムーズに変更できます。

カードの有効期限が切れましたが、楽天Edyの残高があります。どうしたらいですか? | 楽天カード:よくあるご質問

公共料金の支払いは自動で更新

公共料金の支払いは自動で更新されるので、自分で更新の手続きをする必要はありません。ただし、公共料金以外の固定費の支払いは、自動更新されないことがあります。

気づかずに放置してしまうと、支払いが滞ってしまうので、有効期限が切れる前にカード会社に問い合わせ、手続きを済ませておくと安心です。

公共料金のお支払いに適用しているカードが更新される際、加盟店に対して何か手続きは必要でしょうか。 | JCBカード - よくあるご質問 (個人・法人)

楽天カードの場合

楽天カード」は、電気・ガス・水道などの公共料金、携帯電話料金、保険の支払いなどは自動で更新されるようになっています。詳細は下記の公式サイトに掲載されているので、前もって確認しておきましょう。

公式サイトに掲載されている以外の固定料金の支払いは、自動更新の対象外になる場合があります。

また、クレジットカードの支払いを延滞していたり、ショッピング枠の利用可能額を超過していたりする場合などは、公式サイトに掲載されている支払いでも、自動更新されない可能性があるので注意が必要です。

楽天カード: 自動で更新される主なお支払い先

通販サイトは更新しないと決済できない

通販サイトでクレジットカード情報を登録している場合、新しいクレジットカードの情報に更新しないと決済ができません。

通販サイトでクレジットカードを利用するには、有効期限とセキュリティコードを入力する必要がありますが、新しいクレジットカードに変わると、この2つの情報が変更されるためです。

新しいクレジットカードが届いたら、忘れずに更新しておきましょう。

まとめ

クレジットカードの有効期限は、クレジットカードの再審査や、経年劣化などに対応するために設けられています。

基本的に自分で更新手続きをする必要はなく、有効期限が切れる前に自動更新され、新しいクレジットカードが送られてきます。

新しいクレジットカードでは、クレジットカードの番号は以前のものが引き継がれますが、有効期限とセキュリティコードは変更されます。

クレジットカード払いにしている固定費は、自動更新されないものがあるため、有効期限が切れる前に確認しておき、新しいクレジットカードが届いたら、速やかに手続きを済ませておきましょう。

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • JCBカードの有効なポイントの貯め方は?

    JCBカードを使う際において、有効にポイントを貯める為の使い方について教えて下さい。 他サイトを経由して交換、などといった方法や、クレジットカードを使う場...

    40代 / 男性 / 愛媛県 / 年収 301-400万円 / 独身

  • 法人カードでの決済について教えてください。

    自営業もしくは会社の社員として法人カードを持っている場合、もし仮にそのカードを使ってプライベートの買い物をしてしまったらどうするのでしょう?以前、動画サイ...

    10代 / 男性 / 東京都 / 年収 300万円以下 / 独身

クレジットカードの人気記事

カテゴリ