1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. クレジットカードを家族カードで作成。発行できる年齢は?

クレジットカードを家族カードで作成。発行できる年齢は?

クレジットカードには家族カードというものがあり、収入のない専業主婦や学生でも、クレジットカードを持つことが可能です。そんな便利な家族カードの年齢制限やメリット、使用上の注意点について説明していきます。

この記事の目次

【2020年最新】 ▼当サイトで申し込みが多い人気クレジットカード!

  • 【1位】VIASOカード
    当サイト31ヶ月連続人気1位今だけ新規入会で20%ポイント還元中!面倒な手続きなしで最短翌日から使える!
  • 【2位】三井住友カード
    カードのステータスも気になるあなたにスタンダードな一枚!
  • 【3位】楽天カード
    選ばれるにはワケがある!貯まりやすさ・顧客満足度No.1!

家族カードについて

家族カードは、クレジットカードの本会員に安定した収入があれば、収入のない専業主婦や学生でも、本会員の信用の元に追加でカードを発行できるサービスです。申込には次のような条件があります。

申し込める条件

一般的に家族カードの申込条件は、本会員と生計を共にする配偶者・親・18歳以上の子どもです。

したがって、本会員の兄弟や祖父母は基本的には利用できませんが、クレジットカード会社によっては、条件付きで利用できる場合もあります。

家族カード|クレジットカードの三井住友VISAカード
家族カード(ファミリーカード)|セゾンカードご利用ガイド|クレジットカードは永久不滅ポイントのセゾンカード

家族カードを発行できる年齢

先述したとおり、家族カードは本会員の子どもにも発行できますが、子どもへの発行には年齢制限が設けられています。

原則18歳以上高校生は不可

家族カードに関わらず、高校生は在学中にクレジットカードを作ることは基本的にできません。クレジットカードを利用しての買い物は、後払いで商品を購入するものなので、安定した収入があることが条件になります。

たとえ、中学校卒業と同時に働き始め、安定した収入があったとしても、18歳までは発行は難しいということを覚えておきましょう。また、浪人や留学などで、19歳で高校生という場合もありますが、この場合も発行は難しいでしょう。

海外留学の場合は15歳以上

例外として、15歳以上の高校生や専門学校生で海外に留学する場合に限り、家族カードを発行することができます。留学で海外に行く際には、クレジットカードがあると便利なので、必要な場合は一度クレジットカード会社に確認してみましょう。

海外留学する高校生の子供に家族カードを発行することは可能ですか?

クレジットカードの家族カード。高校生でも発行可能なのか?

家族カードのメリット

ここからは、実際に家族カードを利用するメリットを紹介します。

審査が通りやすい

クレジットカードの審査は、信用情報(※)に基づいて行われます。そして、家族カードの支払いの請求は本会員にまとめて送られるため、本会員の信用情報を元にして行われます。

したがって、本会員が支払いの滞納や、頻繁にキャッシングを利用していなければ、審査に落ちることはほとんどありません。

※信用情報とは、クレジットカードの利用履歴のことで、信用を判断するための参考資料になります。

保険が付与される

クレジットカードには、様々な特典が付帯しています。その中でも保険は家族カードにも付帯されることが多く、特に海外旅行保険はその代表例となります。ただし、家族カードによっては、本会員と補償内容が異なる場合もあります。

同一の明細で管理される

家計の管理をする主婦に嬉しいメリットが、利用明細を一括で管理できるという点です。家族で異なるクレジットカードを所有していると、複数の利用明細を管理しなければならないので面倒になります。

家族カードの利用明細は、カードごとに分けて記載されるので、誰がいくら使ったのかもすぐにわかります。そのため、もし子どもが無駄遣いをしていても、すぐに気づくことができます。

クレジットカードの家族カードとは。利用するとどんなメリットが?

家族カードの注意点

ここでは、家族カードを利用するうえでの注意点をみていきます。

口座を分けることができない

一般的に家族カードは、引き落とし口座を分けることができません。クレジットカードによっては、引き落とし口座を分けることができる場合もありますが、基本的には同じ口座から引き落とされるのが家族カードの特徴です。

引き落とし口座を分けたい場合には、家族カードはおすすめできません。

クレヒスが作れない

クレジットカードには、毎月の返済をきちんとしているなどの、クレヒス(クレジットカードヒストリー)とよばれる、利用履歴が蓄積されています。

このクレヒスがないと、信用度を判断することができず、年齢が上がるにつれてクレジットカードの発行や、自動車ローンなどの審査に通りにくくなります。

家族カードの場合、本会員の信用情報を元に発行しているので、クレヒスも本会員のものとして蓄積されていきます。

したがって、20代で家族カードを使っている人は、早めに自分のクレジットカードを作り、クレヒスを蓄積していくとよいでしょう。

まとめ

家族カードには年齢制限があり、基本的には高校生を除いた18歳以上に限られますが、留学をする場合には15歳以上の高校生にも、家族カードの発行が認められることもあります。

また、家族カードは審査が簡易で、本会員と同等の保険が付帯されるなどのメリットがある一方で、引き落とし口座を分けられない・利用履歴であるクレヒスが蓄積されない、といったデメリットがあることを覚えておきましょう。

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • JCBカードが外国でも使えるのですか?

    ?夫婦の収入は別々に管理したほうがいいですか??30代では貯金はいくらぐらいあるのが普通でしょうか??食費を抑えるにはどうしたらいいでしょうか?などなどで...

    50代 / 男性 / 京都府 / 年収 601-700万円 / 既婚、子供2人

  • クレジットカードの契約について

    なぜクレジットカードを新規契約すると契約者はポイントの還元があるのでしょうか? それだけクレジット会社は契約に結びつけたいのだと思うのですが、クレジット会...

    30代 / 男性 / 埼玉県 / 年収 301-400万円 / 独身

  • お金についての様々な質問

    クレジットカードを持つメリットとデメリット お金を貯めるために行うといいこと 専門家おすすめのお金の使い方 FXや株のようなリスクがあるものじゃなく、安全...

    30代 / 女性 / 大阪府 / 年収 501-600万円 / 既婚

クレジットカードの人気記事

カテゴリ