1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. クレジットカードの家族カード。兄弟同士でも使用は可能?

クレジットカードの家族カード。兄弟同士でも使用は可能?

クレジットカードには、家族で使える『家族カード』というものがあります。家族カードは条件に該当すれば、専業主婦や子どもでも持つことができます。今回はそんな家族カードを、兄弟でも持つことができるのか確認していきましょう。

この記事の目次

確定申告の「経費精算」・「節税対策」期限まで、残り 18日 です。

【2020年最新】 ▼当サイトで人気の節税・税金計算サービス

兄弟で家族カードは使えるのか?

家族カードとは、クレジットカード保有者が自分の妻や子どもにも、クレジットカードを使わせることのできるサービスです。まずは、自分の兄弟に家族カードを作ってあげたいとき、発行することが可能なのかどうかを説明していきます。

カードの発行対象について

一般的に家族カードの発行対象者は、本会員と生計を共にする配偶者、両親、子ども(高校生を除く18歳以上)です。

よって、兄弟や祖父母、いとこには基本的に発行することができませんが、クレジットカード会社によっては発行できる場合もあります。

兄弟などは条件付きでOKのケースも

兄弟や祖父母でも同居していれば、家族カードを発行できるというクレジットカード会社もあります。発行の条件はクレジットカード会社ごとに異なるので、問い合わせて確認してみましょう。

クレジットカードの家族カード。高校生でも発行可能なのか?

兄弟で家族カードを持つメリット・デメリット

条件付きで兄弟にも家族カードを発行できることもありますが、兄弟で家族カードを持つのは、メリットとデメリットがあります。

簡易な審査でカードが持てる

1番のメリットは、家族カードには審査がほとんどないという点です。家族カードは、クレジットカードの本会員の信用情報を元に発行するので、たとえ収入がなくても、家族カードを発行することが可能です。

審査のポイントとなるのは、利用者が本当に家族カードの適用範囲内であるかです。したがって、条件さえ満たしていればほとんどの場合、家族カードを発行してもらえます。

しかし、本会員が支払いの滞納やキャッシングの利用があり、経済的信用がないと判断されると審査に落ちることもあるので注意しましょう。

ポイントやマイルが合算できる

もうひとつのメリットとしては、家族カードのポイントやマイルは、本会員と合算でることです。ひとりではなかなか貯まらなくても、家族で貯めればより多くのポイントを貯めることが可能です。

利用限度額は共通になる

家族カードにはメリットだけでなく、利用限度額が共通になるというデメリットがあります。

利用限度額とは、クレジットカード利用者ごとに決められた、月々利用できる上限額のことです。そして、上限額の範囲内でクレジットカードを利用しなければなりません。

この利用限度額は、本会員と家族カードの利用者で共通になるので、利用人数が増えると、利用限度額への到達スピードが早くなります。

クレジットカードの家族カードとは。利用するとどんなメリットが?

兄弟にも発行できるカード

ここでは、兄弟でも発行できるセゾンカードと、アメリカン・エキスプレスカードを紹介します。

セゾンカード

セゾンカード」は、基本的に本会員でも家族カード利用者でも年会費は無料で、本会員と家族カードの利用分を、まとめて本会員の登録口座から引き落とせます。

そのため、口座を分けておく必要がありません。また、ポイントは家族カードでも本会員と同様に貯められ、合算して利用することが可能です。

さらに、「セゾンカード」のポイントは永久不滅なので、ポイントの有効期限を気にせず貯めることができます。

家族カードの申込は、本カードと同時の場合でも本カード発行後でも、『Netアンサー』から行えます。なお、家族カードは4枚まで発行が可能です。

セゾンカードの詳細へ

アメリカン・エキスプレスカード

セゾンカード」と同様にポイントは家族で合算できるので、ひとりで貯めるより効率が上がります。「アメリカン・エキスプレスカード」は、年会費が有料(基本カードの年会費12,000円・家族カードの年会費6,000円)ですが、そのぶん充実したサービスを受けることができます。

また、「アメリカン・エキスプレスカード」は、以下のサービスを受けることができるので、特に海外へ行くことが多い方におすすめです。

  • 手荷物無料宅配サービス
  • 空港ラウンジの利用

手荷物無料宅配サービスは海外旅行時に、スーツケースひとつを無料で配送してくれるサービスです。

空港ラウンジは、空港で乗客が出発を待つ際に利用できる、航空会社や空港によって提供される特別な待合室で、同伴者1名も無料で利用できます。さらに、1名入会するごとに、1,000ボーナスポイントが付与されます。

アメリカン・エキスプレス・カードの詳細へ

まとめ

クレジットカードの家族カードは仕組みを理解すれば、お得で便利に使うことができます。

また、審査もないので比較的容易に作成することが可能です。家族カードの作成は原則1親等までですが、兄弟でも使える家族カードもあるので、必要であれば活用していきましょう。

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 海外でのクレジットカード決済について

    いつも海外渡航先の免税店でクレジットカードを利用すると日本円か現地通貨のどちらで決済するのか問われます。 大きな違いはないんじゃないかと思いますが渡航期間...

    40代 / 男性 / 東京都 / 年収 501-600万円 / 独身

  • ポイントがお得なクレジットカードは何?

    クレジットカードのポイントがたまりやすい使い方と一番還元率が高いカード会社はどこでしょうか?また資産運用について株式の投資が良いのかそれともFXが良いのか...

    40代 / 男性 / 大阪府 / 年収 501-600万円 / 既婚、子供2人

  • JCBのポイント還元率について

    私は現在JCBのクレジットカードを持っています。そこでふと何気無くポイントを見てみると200ポイントほど溜まっているということに気がつきました。そこで私が...

    20代 / 男性 / 東京都 / 年収 300万円以下 / 独身

  • ポイント還元について

    私は、ただ現金で払うより、ポイントが貯まるのがお得だと思い、カードを利用しているのですが、よくポイント還元率と聞きますが、ポイント還元率がいいカードはどの...

    30代 / 女性 / 神奈川県 / 年収 501-600万円 / 既婚

クレジットカードの人気記事

カテゴリ