1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. クレジットカードのリボ払い。返済の仕組みは利用前にチェック

クレジットカードのリボ払い。返済の仕組みは利用前にチェック

クレジットカードには一括払い、分割払い、リボ払いの3種類があります。リボ払いは高額な買い物をする際に有効な支払い方法ですが、いくつかの注意点があります。今回はリボ払いの賢い使い方について、詳しく説明していきます。

この記事の目次

  • 【1位】JCB CARD W
    10ヶ月連続1位 通常より2倍のポイントが貯まる、JCBの中でも高還元率のカード!
  • 【2位】三井住友VISAデビュープラスカード
    はじめてクレジットカードを作るというあなたにおススメ!定番の一枚!
  • 【3位】ACマスターカード
    急な出費で今すぐカードを作りたいあなたへ。最短30分で即日受け取り可能(※当社調べ)

クレジットカードのリボ払いを知ろう

まずは、リボ払いとはどのような支払い方法なのかを説明します。

リボ払いとは

リボ払いとは、毎月の支払いを一定の金額に抑えられる支払い方法で、正式名称はリボルビング払いといいます。一括払いと違い、支払い回数に応じて支払い手数料が発生します。

また、リボ払いはクレジットカード会社によって、支払方法に差異があるので注意が必要です。大きく分けると下記の2種類があります。

  • 定額方式
  • 残高スライド方式

定額方式は支払い残高に関わらず、一定の金額を支払う方法で、残高スライド方式は、支払残高に応じて支払額が変わる方法です。残高スライド方式の場合、支払いが進むにつれて毎月の返済額が減っていきます。

リボ払いのメリットとデメリット

リボ払いは、手元にまとまったお金がなくても月々の支払額が小さいので、支払いの負担が少ないというメリットがあります。また、月々の支払額が一定なので、毎月のお金の管理が楽になります。

その反面、リボ払いにはデメリットもあります。先述した通り、リボ払いには支払手数料がかかるので、一括で商品を購入するよりも支払額が増えてしまいます。

支払い期間を長くすれば、1回の支払額は小さくなりますが、その分手数料が増えていくということを覚えておきましょう。また、日々の支払いをリボ払いで行うと残高がどんどん増えていき、支払状況が理解しにくくなります。

リボ払い利用時に気を付けること

次に、リボ払いで損をしないために、リボ払い利用時に気をつけておくことを紹介していきます。

返済シミュレーションでイメージを掴もう

クレジットカード会社によっては、ホームページで返済シミュレーションができます。

返済シミュレーションを利用することで、支払いのイメージを掴目ます。今回は楽天カードの返済シミュレーションを実際に利用し、以下の条件で計算してみます。

  • 利用額:20万円
  • 年利:18%
  • 月々の支払額 30,000円

この場合の月々の支払額は下記のように推移していきます。

 回数  返済金額  元金  手数料  支払い後残高
 1  32,958円  30,000円  2,958円  170,000円
 2  32,515円  30,000円  2,515円  140,000円
 3  32,071円  30,000円  2,071円  110,000円
 4  31,627円  30,000円  1,627円  80,000円
 5  31,183円  30,000円  1,183円  50,000円
 6  30,739円  30,000円  739円  20,000円
 7  20,295円  20,000円  295円  0円

このように、返済シミュレーションをすることで、毎月の支払額を把握することができます。リボ払いを利用する際には、一度シミュレーションしてみましょう。

楽天カード: 返済シミュレーション完了

リボ払いは長期返済ほど損をする

上記の結果では支払手数料は11,388円となりましたが、支払額を月10,000円に変えると、支払手数料は31,058円になります。このように、リボ払いでは返済期間が長くなるほど、支払う手数料が増えていき、損をしてしまう仕組みになっています。

できるだけ損を減らすために、月々の支払額を大きくして、できるだけ早く返済を終えるようにしましょう。

リボ払いを上手に返済する方法

最後に、リボ払いをできるだけ損をせずに、上手に決済する方法を紹介します。

一括返済・繰り上げ返済をする

リボ払いの手数料は、利用残高に対して発生します。一括返済や数回分をまとめて返済する繰上返済により、元金を減らすことで支払う手数料が減っていきます。

ボーナスなどでまとまったお金が手に入ったときには、できるだけまとめて返済することをおすすめします。

増額返済をする

一括返済や繰上返済する余裕がなくても、少しでも返済額を増やすようにしましょう。月々の返済を5,000円でも増やせば、最終的に支払う手数料は減っていきます。

例えば借入額20万円で月々の返済額が30,000円と、35,000円の場合とでシミュレーションしてみます。年利18%で計算すると30,000円の場合は手数料が11,388円で、35,000円の場合は9,983円になります。

月5,000円増額すると、およそ1,400円手数料を減らすことができます。

債務整理をする

一括返済も増額返済もできず、返済が厳しくなった場合には、債務整理によって解決する方法もあります。債務整理とは借金を整理する法的手段です。手続きは4種類あり、その中のひとつに『任意整理』という手段があります。

任意整理とは債権者であるクレジットカード会社と直接交渉して、返済額などについて決め直す方法です。債権者との合意後は、手数料がかからず元金のみの支払いになるので、リボ払いの返済額を減らすことができます。

任意整理をすると、クレジットカードの利用履歴などが登録されている信用情報に事故情報が登録され、約5年間の借入が制限されるというデメリットがあります。しかし、リボ払いの生活から抜け出せるのでおすすめの方法です。

クレジットカードのリボ払いは危険?繰り上げ返済がおすすめの理由

まとめ

クレジットカードのリボ払いは便利ですが、長期間の利用は損をしてしまいます。 そのため、返済シミュレーションなどで、毎月の返済額を把握することが大切です。 リボ払いを上手に利用するには、できるだけ早く返済することを心がけることです。

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • オリコカードのポイントについて

    昔に比べて還元率が下がった気がする(昔は100円からポイントがついていて更に使う回数でもポイントがついていたのに今は1000円で1ポイント)のですが、それ...

    40代 / 女性 / 広島県 / 年収 301-400万円 / 独身

  • セディナのJiyuda!カードの年会費について

    セディナのJiyuda!カードを持っています。主にネットショッピング、国内外の旅行の際に利用しているのですが、年会費が無料なのはどうしてですか。初年度のみ...

    30代 / 女性 / 北海道 / 年収 601-700万円 / 既婚、子供1人

  • auWalletの得する使い方

    auWalletではカードを使用した際にポイントが付与され、たまったポイントをカード請求料金へ割り当てることが出来ます。 しかし、ポイント還元率は0.1%...

    20代 / 男性 / 埼玉県 / 年収 501-600万円 / 独身

クレジットカードの人気記事

カテゴリ