1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. クレジットカードを比較検証。年会費は無料と有料どっちが良い?

クレジットカードを比較検証。年会費は無料と有料どっちが良い?

年会費が無料のクレジットカードのほうがお得な気がしますが、有料のクレジットカードには、年会費を支払っても選んだほうがよい理由があるのでしょうか?クレジットカードの年会費の違いによる特徴や、選び方のポイントについて解説します。

この記事の目次

  • 【1位】JCB CARD W
    10ヶ月連続1位 通常より2倍のポイントが貯まる、JCBの中でも高還元率のカード!
  • 【2位】三井住友VISAデビュープラスカード
    はじめてクレジットカードを作るというあなたにおススメ!定番の一枚!
  • 【3位】ACマスターカード
    急な出費で今すぐカードを作りたいあなたへ。最短30分で即日受け取り可能(※当社調べ)

そもそも年会費が無料なワケとは?

クレジットカードを維持するコストがかからないのは嬉しいですが、そもそもクレジットカード会社は、年会費を取らなくても利益があるのでしょうか?

会員者数を増やすことに注力

クレジットカード会社は、自社のクレジットカードを使ってくれれば使ってくれるほど、利益が出る仕組みになっています。

そのため、年会費で儲けるよりも無料にして、新規契約をしてもらいやすいようにしています。

各種手数料で収益を得ている

まず、リボ払いや分割払いを利用した場合の手数料で収益を得ています。支払い回数と金額に応じて、手数料を支払う額が増えていきます。

そのほかには、クレジットカードにキャッシングの機能が付いているものもあり、便利な機能ですが手数料がかかります。

また、クレジットカードが利用できる店舗では、顧客がお買い物などの精算にカードを使用すると、そのうちの数%が使用料として、加盟店からカード会社に支払われます。

支払い方法の分割やキャッシングによる手数料と、加盟店からの使用料がクレジットカード会社にとって、大きな収益源となっています。

永年無料と永久無料の違いとは?

同じ『年会費無料』でも、よく見ると、『永年無料』と『永久無料』と書き方が違うものがあります。

永久とは永遠と同じような意味なので、永久無料はこれから先ずっと無料であると言えます。

一方、永年とは長い間という意味なので、しばらくは無料ですが、将来的には変更される可能性もあるかもしれないということを意味しています。

年会費無料のクレジットカードの特徴

一般的に年会費無料のクレジットカードには、付帯しているサービスが少なかったり、サービスがあっても還元される割合が低かったりします。

また、年会費無料と言っても『条件付きで無料』である場合もあります。無料だからといって即決せず、条件やサービス内容をよく確かめてから、クレジットカードを選ぶことが大切です。

条件付きで無料というカードもある

  • 初年度だけが無料
  • 年間の利用額や利用回数が一定未満の場合、翌年から有料
  • 年会費は無料だけど、データ維持費など別項目で有料

『初年度だけ無料』というケースはよくあるのに、意外と見落としがちです。無料となる条件をしっかりと確認しましょう。

年会費無料は一芸特化のカードが多い

年会費を徴収しない分、サービス内容は一芸特化型と言えます。傷害保険やコンシェルジュなどの多様なサービスを希望される方には、年会費無料のカードはあまり向いていません。

年会費が有料のクレジットカードの特徴

年会費が有料のクレジットカードには、多様で質の高いサービスが期待できます。年会費はかかりますが、ライフスタイルによっては、有料のカードのほうが便利でお得になることもあります。

多様なサービスと優れたステータス

年会費が有料のカードでは、具体的にはどのようなサービスがあるのでしょうか。

高還元率と充実の保険

クレジットカードにもよりますが、一般的には無料のものより、ポイント還元率が高く設定されています。

また、補償内容も充実しており、海外・国内旅行での傷害保険、カードで買い物をした商品に不具合があった場合に使えるショッピング補償などが付いています。

年会費無料のカードにも同様の補償が付いている場合もありますが、支払われる金額が低かったりと、心もとない保障になることが多いです。

プライオリティ・パスとコンシェルジュ

プライオリティ・パスが付いているカードは、海外旅行や出張の多い方に便利です。プライオリティ・パスがあれば、国内外の会員専用空港ラウンジを利用することができます。

また、年会費有料のカードには、コンシェルジュサービスが付いているものもあります。年中無休24時間体制でホテルやレンタカーの予約、観光情報の案内など旅行やレジャーの相談に対応してくれます。

クレジットカードの選び方

年会費無料のカードと有料のカード、それぞれどのようなポイントを踏まえてカード選びをすればよいのでしょうか?

年会費無料カードを選ぶポイント

年会費無料のカードを選ぶときは、翌年から有料にはならないかなどの無料である条件を確認しましょう。そのうえで還元率が高いものを選べば、さらにお得です。

高還元率のカードがおすすめ

楽天カード」は1%のポイント還元率ですが、楽天市場で買い物をすると還元率は最低でも4%に上がります。よく楽天を使う方には還元率の高いカードです。

また、イオンをよく利用するという方には、「イオンカード」のポイント還元率が高くなります。ポイントでの通常の還元率は1%ですが、「イオンカード」で買い物をすると買い物代金が5%オフになるという日が月2回ありお得です。

基本の還元率にプラスして、どの系列の店舗で買い物することが多いかも考慮すると、さらに高い還元を得られる可能性があります。

年会費有料カードを選ぶポイント

年会費有料カードはサービスが充実していますが、どのようなカードを選べばよいのでしょうか?

ゴールドカードがおすすめ

ゴールドカードは敷居が高いというイメージがありますが、現在は20代の方でも持てるゴールドカードがあったり、年会費が安く設定されているものがあったりと、比較的入手しやすくなっています。

自分の用途にあったゴールドカードを選べば、ゴールドならではのステータス感や、多様なサービスをお得に利用することができます。

例えば、世界的に有名なアメリカン・エキスプレスのゴールドカードの場合は、年会費が29,000円と高額ですが、サービス内容はプラチナカード並みの充実度です。

『プライオリティ・パス・メンバーシップ』に登録すると、国内外の700箇所以上の空港ラウンジを使用できるサービスが付帯していたり、国内外の200以上のレストランで料理代金が1名分無料になったりと、海外旅行に行く機会の多い方に、特におすすめのゴールドカードです。

一方、最近登場した「楽天のゴールドカード」は年会費2,000円です。使える空港ラウンジが国内28空港と韓国、ハワイのみと限られていますが、大体その範囲の空港しか使わないという方にはコスパがよいです。

また、楽天市場の利用額によっては、通常の楽天カードよりも「楽天ゴールドカード」の方がお得になるので、楽天市場をよく使う方におすすめです。

JCBのゴールドカード」は、オンラインからの申込みで初年度が無料、翌年からは年会費が10,000円です。こちらは、国内外の旅行傷害保険が自動付帯されているなど、保障内容が充実しています。

JCBゴールド」を2年連続で年間100万円以上使うと、招待制のカードに招待されます。将来的に、さらに上位ランクのブラチナ、ブラックなどのカードを持ちたい方におすすめのカードです。

クレジットカードの比較ポイントは?ケース別にカードを紹介

まとめ

年会費が無料のクレジットカード、有料のクレジットカード、また、有料のカードの中でも幅広い料金設定があります。

年会費が無料でも、カードを使い分ける必要があるために、複数のカードを所持しているケースは便利でお得とは言い難いです。

なぜなら、還元ポイントが分散してお得感が減ってしまい、カードの使用状況などの管理もしにくくなるからです。

反対に年会費がかかっても、付帯の無料サービスをよく利用する場合や、もしものトラブルに多額の出費が必要となったとき、クレジットカードの補償が充実していれば、年会費の元は取れます。

自分のニーズとライフスタイルを考慮した上で年会費をはかりにかけることが、お得なクレジットカードを選ぶ際の大事なポイントとなります。

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • ポイントがお得なクレジットカードは何?

    クレジットカードのポイントがたまりやすい使い方と一番還元率が高いカード会社はどこでしょうか?また資産運用について株式の投資が良いのかそれともFXが良いのか...

    40代 / 男性 / 大阪府 / 年収 501-600万円 / 既婚、子供2人

  • クレジットカードのキャッシング枠について

    クレジットカードのキャッシング枠について、これが作るときに勝手に設定されますが、 要らない場合があります。どうして、カード発行会社はキャッシング枠を設けよ...

    40代 / 女性 / 年収 300万円以下 / 独身

  • クレジットカードの1番の利点について

    クレジットカードの種類がいろいろあり、用途によって使うクレジットカードを分けておりますが、それぞれの引き落とし日が違うので家計簿をつけことや、引き落とし日...

    40代 / 女性 / 埼玉県 / 年収 501-600万円 / 既婚、子供2人

クレジットカードの人気記事

カテゴリ