クレジットカードを紛失した時の再発行手続き。対応はすぐにしよう

きちんと管理しているつもりでも、クレジットカードを紛失してしまうことがあります。悪用されないかと不安になりますが、すぐに対応すればまず問題ありません。ここでは、クレジットカードの利用停止手続きや再発行について説明していきます。

クレジットカードを紛失してしまったら

クレジットカードを紛失してしまった場合、クレジットカード会社と警察にすぐに連絡すれば、悪用された場合でも補償してくれる可能性があります。

すぐにカード会社に連絡する

紛失してしまったとわかったら、すぐにクレジットカード会社に連絡しましょう。基本的に24時間365日対応してくれます。連絡先はクレジットカードの裏面にも書かれているので、紛失してしまう前に番号を控えておきましょう。

クレジットカード会社に連絡すると利用停止手続きをしてくれるので、不正利用の拡大を防ぐことができます。

警察にも連絡する

クレジットカード会社に連絡したら、次に近くの警察署や交番に必ず連絡しましょう。補償を受けるためには、警察に届け出た際の受理番号が必要になります。

この番号がないと、補償が受けられずに被害額を負担しなければいけない可能性があるので、早めに警察に届出をしましょう。

悪用されても盗難保険で補償

紛失したクレジットカードが第三者に悪用された場合、条件を満たしていれば盗難保険により被害額を補償してくれます。この条件は先述した通り、クレジットカード会社に連絡しており、警察にも届出をしていることです。

しかし、紛失してきちんと連絡した場合でも、使用者本人に過失がある場合は、補償されないこともあります。

クレジットカードの裏面には署名欄があり、これは使用者が本人かを確かめる大切なものです。ここにサインがないと盗難保険の対象となりません。

また、暗証番号を生年月日などの推測されやすい番号にしていた場合も、補償が受けられない可能性があります。このように、日頃の管理が甘いと、補償の対象外となることもあるので注意しましょう。

補償される期間は60日

万が一紛失したものが第三者に悪用された際、不正利用が発生してから60日間は補償してくれます。しかし、60日を過ぎると、盗難保険の対象外となってしまいます。連絡を後回しにせず、なくなったとわかった時点ですぐに連絡しましょう。

再発行の方法

クレジットカードを紛失して、カード会社に利用停止の連絡をすると、利用停止されたものは使用することができなくなるので、再発行する必要があります。

電話での申込が簡単

紛失による再発行の場合は、警察に届け出た際の受理番号が必要です。再発行の依頼方法には、オンラインや、郵送手続きなどの方法もありますが、カスタマーサービスへの電話が簡単です。クレジットカードの裏面にも電話番号が記載されています。

電話すると、まずは自動ガイダンスでの応答になることが多いので、指示に従って再発行の依頼をします。オペレーターに繋がると、簡単な本人確認を行います。

これだけで再発行手続きは終わるので、再発行の申し込みの際は、カスタマーサービスを利用することをおすすめします。カード会社によっては、書類での手続きが必要な場合もあります。記入漏れのないよう注意し、すみやかに返送しましょう。

主要なクレジットカードの連絡先は以下の通りです。

クレジットカード名 電話番号
三井住友 VISAカード 0120-919-456
 MUFGカード 0120-077-254
楽天カード 0120-86-6910
オリコカード 0120-828-013
イオンカード 0570-079-110

再発行の日数はどれくらいかかるか

再発行の申し込みをしてから実際に届くまでの日数は、クレジットカード会社によって異なります。クレジットカード会社の中には、即日再発行に対応している場合もありますが、基本的には2~3週間ほどかかります。

新しいクレジットカードが届くまでの期間は、支払いにクレジットカードを使用できません。そのため、どうしてもすぐにカードが必要な場合は、即日受け取り可能というものを新たに作ることをおすすめします。

手数料はいくらかかるか

再発行にかかる手数料はクレジットカード会社によって異なります。一般的には1,000円ほどかかり、年会費無料のクレジットカードであっても変わりません。

一部のゴールドカートやプラチナカードでは、再発行無料の場合もあります。海外で紛失した際には、緊急カードがすぐに発行される場合がありますが、これには1万円ほどの高額な手数料がかかり、海外でしか利用ができないので注意しましょう。

再発行でも審査はあるのか

紛失してしまって再発行する際には、審査があります。どのような審査があるのかについて説明していきます。

入会審査とは内容が異なる

クレジットカードの再発行の審査は、入会審査のように詳しく信用情報を確認する、ということはありません。確認するのは支払い履歴や未入金の有無についてなどです。

支払の遅延がなければ問題ない

きちんと支払いができて問題がない場合は、クレジットカードの審査を通過することができます。数回の延滞で再発行してもらえないということは、あまりありません。

しかし、入会審査の厳しいクレジットカード会社では、数回の延滞でも審査を通過できない場合もあるので注意しましょう。

過去に大幅な支払いの遅延があった場合など、クレジットカード会社がカードを持たせるのは危険だと判断した場合は、審査に落ちてしまうこともあります。

審査に落ちると再発行停止されてしまい、今後同じカードの審査に通る可能性が低くなります。月々の支払いをきちんとして、このようなことが起きないようにしましょう。

ポイントや電子マネーはどうなるか

再発行する前に所持していたクレジットカードのポイントや電子マネーは、基本的に再発行された新しいクレジットカードに引き継ぐことが可能です。

ポイントは新しいカードに引き継がれる

利用停止されたクレジットカードのポイントや電子マネーは、ほとんどの場合、新しいクレジットカードに引き継がれます。

しかし、全てのクレジットカードが引き継いでくれるわけではありません。自分の持っているクレジットカードがポイントや電子マネーを引き継げるものかどうか、確認しておきましょう。

Edyは引き継がれないので要注意

上記で説明した通り、ポイントや電子マネーを新しいクレジットカードに引き継げないクレジットカードも存在します。そのひとつが楽天Edyカードです。

楽天Edyカードを紛失してしまった場合、カードに入っている電子マネーの残高は補償してくれません。クレジットカード付帯の楽天Edyも、同様に補償はありません。

利用停止手続きができないので、現金を落とした場合と同じように、ほかの人にカードを利用される可能性もあります。しかし、楽天Edyカードのオートチャージ機能は利用停止できるので、紛失した際はすぐに停止の手続きを行いましょう。

オートチャージ機能とは、対象店舗で楽天 Edyカードで支払いをした際、設定金額を下回っていた場合に、自動でチャージされる機能です。

また、楽天Edyカードは再発行ができないので、新しくカードを作り直す必要があります。その際、手数料がかかることを覚えておきましょう。

電子マネー「楽天Edy(ラクテンエディ)」

再発行後にするべきこと

最後に、再発行した新しいクレジットカードが手元に届いた際に、やっておくべきことを説明していきます。

カード番号が変わったら

新しく届いたクレジットカードは、カード番号・有効期限が以前持っていたものとは異なります。ネットショッピングなどでカード情報を登録している場合は、変更しておきましょう。

引き落としの契約を確認し登録し直す

再発行後、特に注意しなければならないのは、公共料金や通話代などをクレジットカードで支払っている場合です。この場合、カード情報を変更せずにいると、利用サービスを停止させられる可能性があります。

クレジットカード会社によっては、自動的に新しいカード情報に変更してくれる場合もありますが、基本的には自分でカード情報の変更をする必要があります。クレジットカードを再発行した際には、まずカード情報の変更手続きをしましょう。

紛失したカードが見つかったら

紛失していたクレジットカードを発見した場合、状況によって対応が異なります。すでに利用停止手続きをしていた場合は、そのクレジットカードを再び利用することはできません。

使えなくなったクレジットカードは、磁気部分とICチップをハサミで切断してから処分するようにしましょう。

まだ利用停止手続きをしていない場合は、発見したクレジットカードをそのまま利用することができます。このとき注意しなければならないのは、どこでクレジットカードが見つかったかです。

家の中で発見された場合は、不正利用の可能性はまずないので大丈夫ですが、落し物センターや道端など家の外で発見された場合、不正利用されている可能性があります。

不正利用の可能性が心配な場合は、利用履歴をこまめにチェックして、覚えのない支払いがないか確認したり、クレジットカード会社に連絡して、不正利用がないか調べてもらうよう依頼したりしましょう。

特に、紛失してからの期間が長い場合や、いつ紛失したかの覚えがない場合には注意しましょう。不安な場合は利用停止して、再発行してもらうことをおすすめします。

まとめ

クレジットカードを紛失したときには、まずはクレジットカード会社と警察に連絡し、不正利用の拡大を防ぐとともに、不正利用にあった際に、補償を受けられるようにしておきましょう。警察への届出は忘れがちなので注意が必要です。

また、紛失して利用停止した場合、新しいクレジットカードが届くまでは、クレジットカードの利用ができません。その間に、自動引き落とし日などがある場合は、それぞれの利用先に連絡して指示に従いましょう。

再発行した新しいクレジットカードは、以前のカードとは番号が変わっています。公共料金などをクレジットカードで支払っている場合は、カード情報の変更手続きを忘れずに行いましょう。

もしも紛失したカードが発見された場合、利用停止手続きをしていなければ、すでに悪用されている可能性があります。十分注意して、不安であれば再発行するようにしましょう。

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

ライフプランを作成する

Fincy」では、専門家に直接お金の相談をすることができます。「クレジットカードに関するお悩み・相談」など のお悩みを、カテゴリーページから探してみましょう。