1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. 家計のやりくりにはクレジットカードがおすすめ。お得な使い方を紹介

家計のやりくりにはクレジットカードがおすすめ。お得な使い方を紹介

クレジットカードは買い物などで支払いができ便利です。さらに、買い物だけでなく、クレジットカードは家計管理にも適しています。今回は、クレジットカードのメリット・デメリットのほか、家計管理に優れている点を紹介します。

この記事の目次

現金との違いは?

クレジットカードは現金と違い、カードがあれば買い物ができます。現金だとお金が足りないと買い物ができませんが、クレジットカードであればその心配はいりません。さらに小銭で財布が重くなるということもありません。

以下にクレジットカードのメリットとデメリットを紹介します。

クレジットカードのメリット

クレジットカードには、現金にはないメリットがいくつかあります。

ポイントが貯まる

クレジットカードは、利用金額に応じてポイントが貯まります。貯まったポイントは還元できるので、現金よりもお得に買い物することができます。ポイントの還元率は、クレジットカード会社によって異なるので、確認しておきましょう。

人気のクレジットカードの還元率は以下の通りです。

クレジットカード名 還元率
Yahoo!JAPANカード 1%
Orico Card THE POINT 1%
楽天カード 1%
dカード 1%
イオンカードセレクト  0.5%

給料日前でも商品が買える

もうひとつのメリットは、給料日前でお金が無いときでも、クレジットカードがあれば買い物ができる点です。

クレジットカードは月々の決まった日に、その月使った金額が引き落とされるので、引き落とし日までにお金が用意できれば、買い物することができます。

ただし、クレジットカードには限度額があるので、限度額を超えて使用することはできないということに注意しましょう。

クレジットカードのデメリット

次にクレジットカードのデメリットについて、説明していきます。

いくら使ったのかお金の流れを把握しにくい

現金であればいくら残ってるのかひと目でわかります。しかし、クレジットカードではそれができません。ついつい使いすぎてしまう可能性があります。

リボ払い、分割払いの落とし穴

クレジットカードには複数の支払い方法があります。その中でもリボ払いと分割払いには注意が必要です。分割払いは回数を指定して分けて支払いする方法で、リボ払いは回数を指定せずに金額を一定にして支払う方法です。

分割払いやリボ払いは、支払う金額が小さくなるので便利だと思われがちですが、落とし穴があります。

分割払いやリボ払いには利息が発生します。この利息は1回の支払いでは大きな金額にはなりません。しかし、支払い回数が増えれば、総支払額は元金と比べてかなり高くなります。特にリボ払いでは利息が高い傾向にあります。

クレジットカード別の分割払いの年率は以下の通りです。

クレジットカード名 実質年率
Yahoo!JAPANカード 12.19〜14.60%
Orico Card THE POINT 12.2〜15.0%
楽天カード 12.25〜15.00%
dカード 12.00〜14.75%
イオンカードセレクト 10.05〜12.42%

おすすめのクレジットカードの使い方

次にクレジットカードのおすすめの使い方を紹介します。

固定費はカードで払う

毎月の固定費をクレジットカードで支払うことで、現金で支払うよりお得になります。毎月の固定費をすべてクレジットカードで支払うことにより、多くのポイントを得ることができるため節約に繋がります。

また、固定費をクレジットカードで支払うと、支払い日をまとめることができるメリットもあります。

年金もカードで払える?

年金はクレジットカードで支払うことができます。現金や口座払いでは通常の割引だけになりますが、クレジットカード払いにするると、割引に加えてポイントが付くのでその分お得になります。

よって、年金はできるだけまとめて払ったほうが、お得になるということも覚えておきましょう。

国民年金保険料に関する手続き|日本年金機構

家計管理におすすめのカード

最後に家計管理におすすめの『楽天カード』と『イオンカードセレクト』の2枚のクレジットカードを紹介します。

楽天カード

楽天カード』は、年会費無料で通常ポイント還元率が1%と高還元率なので、お得に買い物することができます。さらに、楽天市場での決済ではポイント還元率が3%になるので、楽天市場の利用が多い人にはおすすめです。

また、固定費や年金も『楽天カード』で支払うことができるので、現金よりもかなり節約できます。

楽天カード:お得なクレジットカード ポイントがザクザク!年会費無料

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト』も楽天カードと同じく年会費無料ですが、通常ポイント還元率は0.5%と少し低めに設定されています。

しかし、イオングループでの買い物ではポイント還元率が1%になるほか、イオンお客様感謝デーでは5%オフになります。そのため、イオングループでの買い物が多い人にはおすすめです。

また、『イオンカードセレクト』も各種固定費の支払いができるので、月々の支払いを節約することができます。

イオンカードセレクト|暮らしのマネーサイト

まとめ

クレジットカードは現金と比べて、ポイントが貯まるという点でお得に買い物ができます。しかし、支払い方法によっては利息がかかり、支払額が増えるということは覚えておきましょう。

また、電気代やガス代などの固定費や、年金もクレジットカードで支払うことにより、ポイントが付与されるので、結果的にお得になります。

楽天カード』や『イオンカードセレクト』などの年会費無料で高還元率なクレジットカードで、月々の支払いを少しでも節約していきましょう。

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • クレジットカードの選び方

    私のお財布の中はクレジットカードであふれています。 おつきあいで頼まれて作ったもの、ショップで勧誘されて断れずに作ったもの、ポイント欲しさに作ったもの、こ...

    50代 / 女性 / 神奈川県 / 年収 801-900万円 / 既婚

  • なぜ大量にポイントがもらえるのか?

    私は3年ほど楽天カードを使っております。おもにネットショッピングで使っていますが、普段も使えるときは楽天カードを使うよう心がけています。なぜならポイントが...

    20代 / 男性 / 長崎県 / 年収 300万円以下 / 独身

  • JCBの使い方について教えてください

    いまの社会、本業だけでは暮らしていけないと思っています。そこで質問です。簡単でガッツリ儲ける副業なんてものはないですか? 僕はいまFXというものに興味を持...

    20代 / 男性 / 愛媛県 / 年収 300万円以下 / 独身

クレジットカードの人気記事

カテゴリ