1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. クレジットカードが不正利用された人必見。補償を受けるには?

クレジットカードが不正利用された人必見。補償を受けるには?

クレジットカードを失くしたときや、ネットバンキングを狙うウイルスの感染にあったときは、不正利用される危険があります。身に覚えのない利用明細が見つかった場合、どのような対応をすればよいのでしょうか。対応策や、受けられる補償について説明します。

この記事の目次

  • 【1位】JCB CARD W
    10ヶ月連続1位 通常より2倍のポイントが貯まる、JCBの中でも高還元率のカード!
  • 【2位】三井住友VISAデビュープラスカード
    はじめてクレジットカードを作るというあなたにおススメ!定番の一枚!
  • 【3位】ACマスターカード
    急な出費で今すぐカードを作りたいあなたへ。最短30分で即日受け取り可能(※当社調べ)

不正利用されたと思ったらすぐにすべき行動

心当たりのない利用明細があったときは、本当に自分が利用したものなのか、クレジットカード会社に確認しましょう。カード利用日とお店の請求日が違う場合や、自分が把握しているお店の名前と、明細上の名前が違う場合があります。

それでも身に覚えのない場合は、不正利用の可能性が考えられます。

家族に使用していないか確認する

自分以外にもクレジットカードを使用する家族がいる場合は、まずは使ったかどうかを確認しましょう。家族がクレジットカードを使用しても、もちろん利用明細に履歴が残ります。

クレジットカード会社、警察に連絡する

身近な人たちが誰もクレジットカードを使っていなかった場合、何者かに悪用されている可能性があるので、クレジットカード会社と警察に早急に連絡しましょう。

クレジットカード会社に連絡することで、すぐにカードの利用を止めることができ、不正利用の拡大を防げます。24時間365日対応してくれるので、悪用されているとわかった時点で、必ず連絡するようにしましょう。

また、警察に連絡することで、事件性があると判断された場合には、受理番号が伝えられます。この番号をカード会社に伝えないと、保険による補償が受けられなくなる可能性があるので覚えておきましょう。

補償されないケースに注意

クレジットカード会社は、どのような場合でも補償してくれるわけではありません。自己管理ができていない、ルールを守れていない場合は、補償対象外になります。

カードの裏面に署名していない場合

クレジットカードの裏面には署名欄があり、そこに名前やサインを記入していないものは、補償を受けることができない可能性があります。

最近では、署名を暗証番号の代わりにするお店も多いので、署名のないものは、暗証番号を設定していないカードと同じになります。利用する前に、まずは裏面に署名するようにしましょう。

署名は、漢字でフルネームを書かなければいけないわけではないので、ローマ字やカタカナなど、自分がサインしやすいものを選びましょう。

被害から60日以上経って連絡した場合

クレジットカードには盗難・紛失したとき、保険が適用されますが、その保険には期間が設定されています。期間内に連絡しないと補償を受けられません。

クレジットカード会社によって期間は異なりますが、被害から60日までが期限の場合が多いので、自分が利用しているクレジットカード会社の補償期間を、きちんと確認しておきましょう。

また、被害にあった場合に早く気づけるように、日頃から不審な明細がないかどうかを、確認する習慣を身につけておくことも大切です。

本人に過失があった場合

クレジットカードが失くなっているにも関わらず、クレジットカード会社に連絡せずにいた場合は、時間が経ってから連絡しても、補償が受けられない場合があります。

また、被害の状況を説明するとき、嘘の情報を伝えたり、家族や親族などの自分の身近な人が、クレジットカードを許可なく使用したりした場合も、自己責任となり補償は受けられません。

ネットショッピングで悪用された場合

カード会社によっては上記の場合でなくても、ネットショッピングで被害にあった場合については、補償対象外という場合があります。

これはネットショッピングでは認証が甘く、クレジットカード情報だけあれば、パスワードを使わずに買い物ができることが理由に挙げられます。

不正利用への対策法

問題があったときに迅速に対応するために、対応策を理解しておくことは大切です。しかし、不正利用されないようにするのが一番なので、悪用されないために行うべき対策方法を紹介していきます。

ウイルス、フィッシング詐欺に注意する

ネットバンキングを狙うウイルスに感染する被害は、2016年には69,500件あり、2015年と比べて3倍以上に増えました。

これらのウイルスは、ネットバンキングのアカウント情報を奪ったり、口座情報を書き換えるだけでなく、クレジットカードのパスワードなども、盗みとることが可能です。

ウイルスに感染したパソコンでネットバンキングや、クレジットカード会社のサイトに入ると、本物を偽った偽物の画面を表示して、情報を不正に入手しようとします。

ウイルスやフィッシング詐欺への対策として、メールに添付されているリンクやファイルは、不用意に開けないようにしましょう。

また、パスワードなどの大事な情報を入力する際は、不審な点がないか確認も必要です。いつもと違うことに気づいたら、電話などで問い合わせることをおすすめします。

オンライン不正利用保険を付帯する

オンライン不正利用保険が付帯していないと、ネットショッピングでクレジットカードを利用していた場合、ウイルスなどにより情報が盗まれ悪用されても、補償は受けられません。

ただし、保険が付帯していても、暗証番号を悪用された場合は、補償が受けられない可能性があります。ネットショッピングは暗証番号を入力することはないので、自己責任になります。

クレジットカードの不正利用。その手口から補償内容まで徹底解説

クレジットカード会社別の補償内容

最後に、それぞれのクレジットカード会社で、不正利用にあった際の補償内容について、紹介していきます。

JCBカード

JCBカード」は被害の連絡から60日前にさかのぼり、それ以降の損害額を補償してくれます。また、海外で紛失、盗難にあった際は、緊急再発行カードを手配してくれます。

また、『JCBでe安心制度』により、すべてのカードにオンライン不正利用保険が付帯しています。

紛失・盗難のご連絡|クレジットカードなら、JCBカード

JCB CARDの詳細へ

VISAカード

国内で盗難、紛失に気づいた場合は、すぐに紛失、盗難受付デスクに連絡しましょう。紛失、盗難の届出の60日前からの被害を補償してくれます。

また、海外で盗難、紛失にあった場合も、JCBカードと同様、現地に緊急カードを届けてくれます。このカードは一定の条件を満たせば、手数料無料で発行してくれます。

さらに、キャッシング利用枠の範囲内で、現地通貨を用意してくれるサービスもあります。

三井住友VISAカード」も『VpassID安心サービス』により、不正利用保険が付帯しているので、安心してネットショッピングを利用できます。

三井住友VISAカードを紛失・盗難の際は|クレジットカードの三井住友VISAカード

三井住友VISAカードの詳細へ

楽天カード

楽天カード」もほかのカードと同様、盗難保険が付帯されいます。連絡した日から60日前にさかのぼり、それ以降に発生した不正利用の被害額が免除されます。

楽天カードも『ネット不正あんしん制度』により、すべてのカードにオンライン不正利用保険が付帯しています。

楽天カード:カードの紛失・盗難

楽天カードの詳細へ

まとめ

クレジットカードを失くさないように持っていても、ウイルスの感染などによりネットを通じて、情報を抜き取られることもあります。

被害にあわないために、日頃から重要な情報を入力する際には、疑いの目を持って怪しい箇所がないかなどを確認しましょう。

また、被害にあった場合は、早急にクレジットカード会社と警察に連絡しましょう。連絡が遅れれば遅れるだけ被害は拡大していきます。

また、被害を拡大しないために、最低でも月に1回は利用明細を確認することをおすすめします。不審な履歴に早く気づけるようにしましょう。

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 楽天カードのポイントについて教えてください。

    よろしくお願いいたします。 今、私の使用しているカードは伊勢丹カードと楽天カードです。 伊勢丹カード(MAカード)は百貨店の買い物などに使っていますが、1...

    40代 / 女性 / 静岡県 / 年収 300万円以下 / 独身

  • 新たにカードをつくる

     新しくカードを造ろうとおもっているのですが、今はやりの「ウォレット」か「デェビット」付きの カードに仕様かと思っています。 ネットで違いや仕組みは理解し...

    40代 / 男性 / 神奈川県 / 年収 301-400万円 / 独身

クレジットカードの人気記事

カテゴリ