最上級のクレジットカード。ブラックカードの限度額はいくらなのか

最上級のクレジットカードと言われるブラックカードですが、利用限度額に制限はあるのでしょうか。ブラックカードの利用限度額やブラックカードならではのサービス、各社のブラックカードの詳細などを詳しく紹介します。

ブラックカードの定義

ブラックカードの定義とは『最上級のステータスのクレジットカード』であることです。

クレジットカードには一般向けのカードから、優良会員向けのゴールドカード、プラチナカードなどいくつかのステータスのカードが存在しますが、ブラックカードはその中で最上位のステータスのカードです。

最上級のクレジットカード

ブラックカードは簡単に手に入れることはできません。基本的にクレジットカード会社からの招待がないと申し込みさえできないのが一般的です。

招待はクレジットカード会社が、自社の優良会員の年収やクレジットカードの利用実績(クレジットヒストリー)を審査し、ブラックカードを発行できるぐらいの『信用度』があると判断した最上級の会員にだけ届きます。

つまり、限られた人だけが持つことができる、特別なクレジットカードがブラックカードなのです。

そしてクレジットカード会社各社が、最上級の会員であるブラックカード会員のために、24時間対応のコンシェルジュサービスや、ホテルの部屋や飛行機の座席の無料アップグレード、そのほか様々な施設での優待など最上級のサービスを用意しています。

(※ブラックカード会員向けのサービスは各クレジットカード会社によって異なります。)

ブラックカードの限度額の相場

それではブラックカードには利用限度額の制限はあるのでしょうか。

ブラックでも無制限ではない

最上級のブラックカードといえども、利用限度額が無制限になるわけではありません。他のステータスのクレジットカードと同じように、個人の信用度や利用実績が審査され、その結果によって利用限度額が設定されます。

クレジットカードの決済はいうなれば『借金』と同じです。個人によって年収や資産状況が大きく異なりるので、ブラックカードだからといって制限なく貸すことはありません。

ただ、ブラックカードは一番ステータスの高いクレジットカードであるため、発行された時点で他のステータスのカードよりも、高い利用限度額に設定されていることが多いです。

年収と利用実績が大切

ブラックカードの利用限度額をより高くするには、『年収』と『利用実績』が大切です。

クレジットカード会社は、クレジットカードを利用してもらうことで利益を得ています。年収が高い人は、高額決済の回数が多い傾向にあり、自社の利益に繋がることから優遇されます。

また、クレジットカードで決済した代金は、一度クレジットカード会社が立て替えているので、後からきちんと立て替えた代金を支払ってもらないと損害が出ます。

特に、ブラックカードは利用限度額が高額なので、カード利用代金の返済が滞ると運営が成り立ちません。

そのため、自社のクレジットカードでの高額決済の回数が多く、延滞することなく支払いをしている優良な利用実績がある人が、より信用度が高いと判断され、利用限度額が上がる可能性が高いのです。

おすすめのブラックカード

ここからはおすすめのブラックカードを紹介します。

アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカード

  • 年会費:35万円+税(※別途入会金50万円+税)
  • 取得方法:アメリカンエキスプレスからの招待(インビテーション)のみ
  • 利用限度額:一律の設定なし。個人の信用度やクレジットカードの利用実績によって随時変動

このカードはブラックカードを最初に発行したアメリカンエキスプレスのブラックカードです。公式サイトには掲載されておらず、アメリカンエキスプレスからの招待がないと申し込みができません。

アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカードを持っていると、会員1人に対し専任コンシェルジュがつきます(対応時間10:00~18:30)。専任なので担当が変わるたびに説明しなおすような手間がかかりません。

また、専任コンシェルジュ対応時間外でも、コンシェルジュサービスに連絡をすると、24時間いつでもホテルやレストラン、航空チケットの予約、買い物の代行など、様々な依頼に対応してくれます。

そのほか、飛行機の座席や宿泊するホテルの部屋が無料でアップグレードされたり、紹介がないと入れないレストランの予約が取れたりと、まさに最上級というに相応しいサービスを受けられます。

アメリカンエキスプレス

ダイナースクラブプレミアムカード

  • 年会費:13万円+税
  • 取得方法:ダイナースクラブからの招待(インビテーション)のみ
  • 利用限度額:一律の設定なし、個人の信用度やクレジットカードの利用実績によって随時変動

このカードはダイナースクラブのブラックカードです。プレミアムカードの専用サイトはあるものの、詳細な情報は記載されておらず、やはり申し込みにはダイナースクラブからの招待が必要となります。

ダイナースクラブのクレジットカードは、ポイント還元率が高く、利用額100円につき1ポイント、さらに1回払いにすれば月間の請求額100円につき1ポイントが付与されます。

このポイントはマイルにも移行できるほか(1ポイント=1マイル)、プレミアムカード会員限定の商品とも交換可能です。

そのほかプレミアムカード会員用メニューが用意されているレストランがあったり、無料で乗馬体験ができるなど、プレミアムカード限定の贅沢な特典が付いています。

ダイナースクラブカード|日本で最初のクレジットカード

JCBザ・クラス

  • 年会費:5万円+税
  • 取得方法:原則としてJCB、または提携しているクレジットカード発行会社からの招待制(インビテーション)
  • 利用限度額:カード発行時に通知

このカードはJCBが発行しているブラックカードです。申し込みには原則としてJCBか、手持ちのカードが発行された提携会社からの招待が必要です。

JCB THE CLASSならではの特典に、JCBがオフィシャルスポンサーである『東京ディズニーリゾート施設での優待』があります。

JCB THE CLASS会員だけが利用できるラウンジがあり、アトラクションに優先的に乗ることができます。

また抽選ではありますが、ディズニーファン憧れのレストラン『クラブ33』の食事券やパークチケットが貰えるなど、ディズニーファンにとっては夢のようなサービスを受けることができます。

もちろんディズニー以外にも24時間対応のコンシェルジュサービスや、ホテルやレストランでの優待など、ブラックカードらしい上質なサービスが特典として付いています。

JCBザ・クラス|クレジットカードなら、JCBカード

LUXURY CARD

  • 年会費:10万円+税
  • 取得方法:自分から申し込むことが可能
  • 利用限度額:カード発行時に通知

このカードはMastercardが発行しているブラックカードです。ブラックカードでは珍しく、招待制ではなく自分から申し込むことが可能です。

LUXURY CARDには、国内外にネットワークを持つグローバルコンシェルジュサービスが付いており、24時間電話やメールで様々な用件を依頼することができます。

また、ホテルの部屋のアップグレードや対象レストランへのリムジンでの送迎(片道)など、LUXURYなサービスが受けられるカードです。

Luxury Card

まとめ

最上級のステータスのブラックカードといえど、利用限度額が無制限というわけではありません。他のステータスのクレジットカードと同じように、個人の年収や利用実績によって利用限度額が決定します。

また、ブラックカードの申し込みは、基本的にクレジットカード会社からの招待が必要となりますので、まずは希望のクレジットカード会社で利用実績を積み、ブラックカードの招待が届く日を待ちましょう。

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

ライフプランを作成する

Fincy」では、専門家に直接お金の相談をすることができます。「クレジットカードに関するお悩み・相談」など のお悩みを、カテゴリーページから探してみましょう。