クレジットカードのゴールドの年会費は?コスパ最強のカードを紹介

ゴールドカードを申し込む場合に気になるのが、年会費やポイント、そして付帯サービスです。今回は、ポイント還元率の高さや付帯サービスの充実度を中心に、コストパフォーマンスに優れたゴールドカードを紹介します。

クレジットカードのゴールドを取得

ゴールドカードの取得には、カード会社に自分で新規申込する方法と、『インビテーション』と呼ばれる方法があります。

また、家族にゴールドカードの所持者がいる場合は、家族会員になる方法があります。利用限度額やサービスなどで一部制限はありますが、安い年会費または無料で、ゴールドカードが利用可能となります。

新規申込とインビテーション

新規申込は、インターネットなどから自分でカード会社へ申し込みをし、審査を経てカード取得となります。

ただし、審査の段階でこれまでのカード利用状況や収入などが、一定の審査基準を満たしていないと判断されると、カードは発行されません。

一方、インビテーションとは、カード会社が一定の判断基準を満たした優良顧客に対して行う特別招待です。現在所持しているカードをグレードアップしませんかという、カード会社からの案内になります。

この場合はインビテーションの対象となる一般カードを作り、利用実績を積み上げ、経済力・返済能力をカード会社から認知される必要があります。

気になる年会費は?

ゴールドカードは一般カードに比べ、利用枠の拡大や付帯サービスの充実などにおいて優れたカードですが、それに伴い年会費も高くなります。

一般的なゴールドカード

一般的にゴールドカードの年会費は、1万円~2万円程度の場合が多くなります。中には年会費が3万円台や無料のカードもあり、その設定は様々です。一部のカードの年会費について、以下にまとめました。

カード名 本人初年度会費 本人年会費
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 29,000円(税抜) 29,000円(税抜)
セゾンゴールドアメリカン・エキスプレス・カード 無料 10,000円(税抜)
JCBゴールド 無料(期間限定/オンライン入会のみ) 10,000円(税抜)
dカード GOLD 10,000円(税抜) 10,000円(税抜)

ゴールドカード|アメリカン・エキスプレス
ゴールドカード|セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
JCBゴールド |JCBカード
dカード | dカード GOLDのご紹介

年会費が安いゴールドカード

下の表にまとめたカードは、比較的年会費が安いゴールドカードです。さらに、各社が行っている入会時のキャンペーンにも注目すると、お得にカードを手に入れられます。

カード名 本人初年度会費 本人年会費
Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD 1,950円(税込) 1,950円(税込)
MUFGカード ゴールド  無料 1,905円(税抜)
楽天ゴールドカード 2,160円(税込) 2,160円(税込)
JCB GOLD EXTAGE(学生を除く20代限定)  無料 3,000円(税抜)
三井住友VISAプライムゴールド
(20代限定)
 無料 1,500円(税抜)〜
5,000円(税抜)

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD|クレジットカードのオリコ
MUFGカード ゴールド|クレジットカードなら三菱UFJニコス
楽天ゴールドカード新規入会&利用でポイントプレゼント|楽天カード
20代の方向けのゴールドカード JCB GOLD EXTAGE|JCBカード
三井住友VISAプライムゴールドカードのご案内:三井住友VISAカード

年会費無料はインビテーションのみ

ゴールドカードの中には、年会費が無料となるものがあります。ただし、ほとんどの場合がインビテーション限定や、カードの利用状況に一定の基準を設けるなど、限られた場合となります。

例えば、イオンゴールドカードの場合は、直近年間カードショッピング100万円以上という条件を満たす方に、案内状の送付があります。

その他では、セブンカード・プラス(ゴールド)やエポスゴールドカードなども年会費無料ですが、やはりインビテーションのみに限られています。

詳しい条件や情報については、公式サイトでお確かめ下さい。

イオンゴールドカード|暮らしのマネーサイト
セブンカード・プラス(ゴールド)
エポスゴールドカード|クレジットカードはエポスカード

お試しは初年度無料のカードで

ゴールドカードの申し込みに迷う場合は、まず、初年度年会費無料のカードで試してみましょう。入会時は多くの場合キャンペーンがあり、1年目はどのカードも入会することで大きなメリットが得られます。

2年目以降年会費が必要な場合は、実際に1年間利用してみて便利さやサービスに対し、年会費を支払うだけの価値があるかを判断して、更新前に解約するかどうかを決めるとよいでしょう。

ゴールドカードを選ぶポイント

どのゴールドカードを作るか考える際に、どのようなポイントに注意して選ぶと良よいかについて、具体的に説明していきます。

ポイント還元率で選ぶ

ポイントはカード選びの大きな要素です。還元率が高く、ポイントを貯めやすいカードについてまとめました。

ポイントの付与や還元率に関しては、利用するサイトや店舗により違いがあります。詳しい情報は、各公式サイトにてお確かめください。

カード名 ポイント名 基本還元率・その他
楽天プレミアムカード
楽天ゴールドカード
楽天スーパーポイント 還元率1%
100円につき1ポイント付与
楽天市場での買い物はいつでもポイント5倍
JCBゴールドカード Oki Dokiポイント 還元率0.5%
1,000円につき1ポイント付与
Oki Dokiランド経由の買い物でポイントが2倍〜最大20倍
Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD オリコポイント 還元率1%(入会後6ヵ月は還元率2%)
100円につき1ポイント付与
オリコモール経由の買い物で通常利用分に加え1%プラス
dカード GOLD  dポイント  還元率1%
100円につき1ポイント付与
ドコモ携帯・ドコモ光の利用料は1,000円(税抜)につき100ポイント付与

楽天プレミアムカード|楽天カード
楽天ゴールドカード |楽天カード
ゴールドカードなら、JCBゴールド | JCBカード
Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD|クレジットカードのオリコ
dカード | dカード GOLDのご紹介

付帯サービスで選ぶ

ゴールドカードで注目したいのが、一般カードにはない付帯サービスです。ワンランク上のサービスを利用することで、充実したカードライフを送れます。

例えば「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」は、国内外1,000カ所以上の空港VIPラウンジの利用や、手荷物無料宅配などにより、快適な旅のサポートを受けられます。

また、厳選したレストランにて飲食代が20%オフになるなどの、優待特典もあります。ほかにも様々な、年会費以上のハイクラスなサービスが提供されています。

「楽天プレミアムカード」「MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」なども付帯サービスが充実したカードです。

ゴールドカード|アメリカン・エキスプレス
楽天プレミアムカード|楽天カード
MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス®・カード

おすすめのゴールドカードを紹介

年会費や付帯サービスなどからみて、コストパフォーマンスのよいゴールドカードを一部紹介します。

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD

  • 年会費:1,950円(税込)※家族カード年会費無料(最大3名まで)
  • 利用可能枠:ショッピング10万円~300万円 キャッシング10万円~100万円
  • 海外旅行最高2,000万円、国内旅行最高1,000万円の旅行傷害保険付帯
  • オリコモールの利用で通常のオリコモール獲得ポイントに+1%のポイント加算
  • 電子マネーiD、QUICPayの利用で+0.5%のポイント加算

年会費の安さだけでなく、ポイント還元率の高さ、海外旅行のサポートや傷害保険が自動付帯など、サービスについても満足できる内容となっています。

さらに、国内外の有名ホテルやテーマパーク、飲食店などを優待価格で利用できる「Orico Club Off」という会員限定のサービスも提供しています。

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD|クレジットカードのオリコ

楽天プレミアムカード

  • 年会費:10,800円(税込)※家族カード年会費540円(税込)
  • 利用可能枠:最高300万円
  • 海外旅行最高5,000万円、国内旅行最高5,000万円の旅行傷害保険、動産総合保険最高300万円が付帯
  • 海外空港ラウンジサービス「プライオリティー・パス」無料発行
  • 楽天市場でのショッピングでポイント+4%

街中の加盟店でも楽天プレミアムカードを利用した支払いで、最大3倍のポイントが獲得できるなど、ポイントに関するメリットが大きいカードです。

また、トラベルデスクによる海外旅行での現地情報や緊急時における各種紹介、レストランの予約などにも対応しています。ポイント面だけでなく、あらゆる面で充実したサービスを受けられる、実益性の高いゴールドカードです。

楽天プレミアムカード|楽天カード

JCBゴールドカード

  • 年会費:10,000円(税抜)、初年度年会費無料(オンライン入会のみ)
    家族カード/本人支払型:1名無料、2人目より1名につき1,000円(税抜)
  • 海外旅行最高1億円(一定の条件あり)、国内旅行最高5,000万円の旅行傷害保険付帯
  • 海外での利用はポイント2倍
  • 一定基準を満たすと、ワンランク上のカードへ招待あり

保険面での充実や、「GOLD Basic Service」と呼ばれるJCBプレミアム会員限定のサービスにより、グルメ優待サービスやゴールド会員専用デスクなどワンランク上のサービスを利用できます。

また、JCBゴールドカードの利用について一定の条件を満たすと、「JCBゴールドザ・プレミア」や「JCBザ・クラス」といったさらにハイクラスなカードへ招待される可能性があることも魅力です。

JCBゴールド |JCBカード

まとめ

以前は収入面などにおいて厳しい審査基準があったゴールドカードですが、最近は審査基準が緩和されています。また、年会費の安いゴールドカードが登場したこともあり、手に入れやすいカードが多くなりました。

ゴールドカードを選ぶ際は、趣味・嗜好、利用する目的などを考慮し、自分の生活スタイルに合わせたカード選びをしましょう。そして、そのメリットを最大限に生かした、計画的な使い方をしていくことが大切です。

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

ライフプランを作成する

Fincy」では、専門家に直接お金の相談をすることができます。「クレジットカードに関するお悩み・相談」など のお悩みを、カテゴリーページから探してみましょう。