1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. クレジットカードを学生が作るには。親の承諾は必要?

クレジットカードを学生が作るには。親の承諾は必要?

クレジットカードを作りたいけど、今まで作ったことがないからどうやって作ればいいのかわかならないという人も多いのではないでしょうか。そんな学生の方にクレジットカードの仕組みや、作り方を詳しく解説します。

この記事の目次

【2019年最新】 ▼当サイトで人気の学生にイチオシのカード3選!

学生専用クレジットカードとは?

学生でも通常のクレジットカードを作ることはできますが、おすすめは学生専用のクレジットカードを作ることです。

その理由として次のことが挙げられます。

  • 学生専用のクレジットカードは、通常のクレジットカードに比べて審査もそれほど厳しくない
  • 学生だけの様々なお得な特典が付いているカードが多い

そんな学生専用のクレジットカードですが、どんなメリットがあり、逆にどんなデメリットがあるのでしょうか。

学生専用カードは限度額が低い

まず、学生専用のクレジットカードの特徴ですが、通常のクレジットカードに比べて限度額が低くなっています。

基本的に学生専用のクレジットカードの限度額は、5万円から20万円ほどに設定されています。

その理由は、当然学生は社会人に比べて収入が少ないことはもちろん、収入自体がないということも前提に発行しているからです。

「収入がないのにクレジットカードを発行できるの?」と思ってしまいますが、学生であればアルバイトだけでなく、親権者負担で支払いが行われることが前提になっているので、カードの発行が可能となります。

学生専用カードは優遇されている?

学生専用のクレジットカードには普通のクレジットカードには付いていない、お得な特典が付いているカードが多くなっています。

このように、学生専用のクレジットカードには、学生でしか受けられない様々な特典が付いているので、学生にとってはやはり通常のクレジットカードよりも、学生専用のクレジットカードを利用するのがおすすめです。

クレヒスを積み重ねるのにおすすめ

クレヒスという言葉をご存じですか?クレヒスとは、クレジットヒストリーの略で、その名前の通り、これまでにクレジットカードを利用してきた履歴のことです。

このクレヒスは、クレジットカードを発行する際の重要な要素です。これまでに毎月定期的に長期間クレジットカードを利用し、延滞もなく支払いを行なっているクレヒスを持っている人は、当然審査に通りやすくなります。

学生時代からクレジットカードを利用することは、ショッピングの際、便利に利用できるというだけでなく、このクレヒスを積み重ねることにも繋がります。

そのため、社会人になってから、クレジットカードを新規に作る際にクレヒスを積み重ねていることは、審査の際に有利になります。

登録内容と登録期間 |日本信用情報機構(JICC)指定信用情報機関

学生なら親の収入で審査が通る

前述した通り、学生専用のクレジットカードは、親権者負担で支払いが行われることも前提にしていますので、本人に収入がなくても親に安定した収入があれば、クレジットカードを作れます。

学生カードは年収はゼロでもOK

クレジットカードを申し込む際、必ず年収を記入する欄があります。

もちろん、年収の欄は必ず記載しなければなりませんが、学生の場合、どういった収入を年収として記入すればよいか迷ってしまいます。

基本的に、アルバイトをしている人であれば、アルバイトの収入は普通に年収を記入して構いません。短期のバイトも、毎月定期的に行なっているのであれば、毎月の収入と推定の年収を記入しても大丈夫です。

ただし、学生の場合は親権者負担で支払いが行われることも前提にしているので、年収を0円にしてもクレジットカードの審査に通る可能性は高くなっています。

親からの仕送りは年収には入らない

学生が年収を記入する際に悩むことのひとつが、仕送りやお小遣いなど親からの収入は年収に記入してよいのかということです。

残念ながら、仕送りやお小遣いなどの親に貰っている収入に関しては、年収には含まれないため、無収入だと判断されます。

そのため、アルバイトをしておらず、親からの仕送りやお小遣いで生活している人は、年収の欄には0円と記入しましょう。

親に金融事故情報があると審査に落ちる

通常、社会人で安定した収入がある場合、親が過去に金融事故を起こしていたとしても、本人に支払い能力があるので審査には影響しません。

しかし学生の場合は、社会人ほどの支払い能力がないので、親が過去に金融事故を起こして信用がない状態であれば、残念ながら審査に通る可能性はないと言ってよいでしょう。

親権者の承諾を必要としないパターン

未成年でクレジットカードを作る場合、親権者の同意は不可欠となっています。しかし、中には親に内緒でクレジットカードを作りたいという人もいるでしょう。

それでは、どのようにすれば親に内緒でクレジットカードを持つことができるのでしょうか。

未成年は親権者の承諾が必要

日本では、クレジットカードを取得できる年齢は18歳以上となっています。

そのため、18歳になれば誰でもクレジットカードに申し込むことはできますが、未成年が申し込みをする際には親権者の同意が必要です。

そのため、基本的には親に内緒でクレジットカードを持てない仕組みになっています。友達や兄弟に親権者に成りすましを頼むようなことは、犯罪になりかねないので絶対にやめましょう。

もし、バレるようなことがあればブラック登録されてしまい、成人してもクレジットカードを持てないという最悪な状況も考えられます。

自分の収入を持つことが大事

学生でも成人していれば、クレジットカードの申し込みに親権者の同意は必要ないので、親に言わずともクレジットカードを作れます。

ただし、当然のことですが本人に収入がない場合は、親権者負担で支払いが行われるので、親への連絡は入ります。

そのため、親に内緒でクレジットカードを申し込みたいのであれば、少なくとも自分の収入を持っていることが前提になります。

親に内緒で申し込む際の注意点

学生でも成人していてアルバイトなどで自分の収入があるという人が、親に内緒でクレジットカードを申し込む際には、少なくとも以下の点に注意が必要です。

連絡先は自分の携帯電話番号にする

クレジットカードに申し込む際に、連絡先の電話番号を記入する欄があります。基本的には、自宅の電話番号と携帯電話番号を記入する欄に分かれていますので、自分の携帯電話番号だけを記入するようにしましょう。

当然のことですが、親と同居していて自宅の電話番号を記入すれば、何かあったときに自宅に連絡がいくので、クレジットカードを作ったことが簡単に親にバレてしまいます。

郵便受け取りにしない

無事クレジットカードの審査が通ると、クレジットカードが自宅に郵送されてきます。親と同居している人は、この時点でバレてしまったという人はかなり多いのではないでしょうか。

基本的にクレジットカードは「本人限定受取郵便」で送られてくるので、配達日時を指定しておけば、自宅に自分しかいないときに受け取れます。しかし、一番安全な方法は、クレジットカードを店舗受取できるところを選ぶことでしょう。

また、クレジットカード以外にも、口座振替登録用紙や利用明細などが送られてきます。クレジットカード到着後すぐに、口座情報をWEB登録したり、WEB明細に切り替えたりするなどの対策が必要です。

まとめ

学生専用クレジットカードは、通常のクレジットカードに比べて限度額が低いというデメリットがありますが、使い方次第ではかなりお得に利用できます。

学生時代からこつこつとクレヒスを積んでいくことも、社会に出てからプラスになりますので、ぜひこの機会に学生専用のクレジットカードの利用を考えてみてはいかがでしょうか。

クレジットカードを作りたい学生必見。2019年最新のおすすめカードとは?

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • dカードのリボ払いについて

    現在ドコモのdカードをリボ払いにするとポイントがもらえるというキャンペーンがあり、あまり何も考えず、応募してしまったのですが、最近リボ払いは利息などが高く...

    50代 / 女性 / 栃木県 / 年収 301-400万円 / 独身

  • JCBのあとからリボについておしえてください

    いろんなクレジットカードでもあとからリボの設定ができるのが多いと思うのですが、あとからリボは本当に経済的なのでしょうか?またこのあとからリボを何度も設定す...

    30代 / 女性 / 兵庫県 / 年収 401-500万円 / 独身

クレジットカードの人気記事

カテゴリ