1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. クレジットカードでブラックカードを持つには?年収などの条件を解説

クレジットカードでブラックカードを持つには?年収などの条件を解説

ブラックカードとは高所得者向けのクレジットカードのことです。しかし、高所得者であれば誰でも保有できるという訳ではなく、入会方法には謎が多いカードでもあるのです。この記事では、ブラックカードを持つための条件と長所・短所を紹介します。

この記事の目次

  • 【1位】JCB CARD W
    10ヶ月連続1位 通常より2倍のポイントが貯まる、JCBの中でも高還元率のカード!
  • 【2位】三井住友VISAデビュープラスカード
    はじめてクレジットカードを作るというあなたにおススメ!定番の一枚!
  • 【3位】ACマスターカード
    急な出費で今すぐカードを作りたいあなたへ。最短30分で即日受け取り可能(※当社調べ)

ブラックカードの概要と入会条件

ここでは、ブラックカードとは何なのか、そしてどうすれば入会できるのかについて見ていきます。

ブラックカードは高収入者の証

ブラックカードとは、クレジットカードのグレードの中で最上級のランクに位置するカードのことです。

クレジットカードのランクは一般ランク→ゴールドランク→プラチナランクという順でランク付けが行われることが多く、さらにこの上のランクに存在するのが『ブラックカード』になります。

ブラックカードよりも1ランクグレードが下がるプラチナカードを保有するためには、一定の収入が求められます。

最上級ランクのブラックカードを保有するためには、プラチナカードの保有条件よりも、より高い収入や社会的地位が必要となります。

ブラックカードを保有するために必要な年収は、最低でも1,000万円と言われており、高収入者の証とも言えるカードです。

入会条件は招待されること

前述のとおり、ブラックカードを保有するためには、収入がひとつの基準になります。しかし、収入が高ければ誰でもカードを作れるわけではありません。

ブラックカードの入会方法は、一般的なクレジットカードとは異なり『インビテーション制(招待制)』が取られています。そのため、自分の意思で自由に入会することはできません。

インビテーション制とは、クレジットカード会社が優良な顧客に「特別なカードの作成をしませんか?」と誘いをかけることを言います。

プラチナカードの場合も一部ではインビテーション制が取られていますが、ブラックカードの場合は、どのカードも完全なインビテーション制です。

そのため、カード会社からの案内があるまでは、たとえ高所得であってもブラックカードを保有することはできません。

カードの使用状況や職業も重要

同じように収入が高くても、クレジットカード会社からのインビテーションがある人とない人がいます。

なぜこのようなことが起きるのかというと、ブラックカードの保有条件は『十分な収入があること』だけではないからです。

また、『頻繁にクレジットカードで高額な支払いを行っているか』『社会的地位の高い職業であるか』と言った条件もあります。

ブラックカードの保有者として適していると判断されるのは、『よく高額なお金を使い、社会的地位の高い職業に就いている人』です。

そのため、十分な収入があっても、普段あまり高額な買い物をしない人や、高収入ではあるものの、社会的地位が高いとは言えない職業に就いている人の場合は、インビテーションが来ない可能性が高くなります。

また、当然ですが、高額な買い物を頻繁にしていても支払いの滞納がある場合は、ブラックカードのインビテーションを受けとれないため、注意が必要です。

ブラックカードの長所・短所

ブラックカードには、他のクレジットカードにはない長所があります。しかし一方で、短所も存在しています。ここでは、ブラックカードの長所と短所を見ていきます。

長所は限度額の高さとサービス

ブラックカードの最大の長所は、『利用限度額に一律の制限が設けられていないこと』です。

利用限度額に一律の制限が設けられていない、とはどのような意味かというと、限度額が利用者の収入や資産によって決まるということです。そのため、1,000万円までしか決済できない人もいれば、10億円の決済をできる人もいます。

いずれにしても、カードの引き落とし先として指定している口座に事前入金さえしておけば、自分に与えられた決済限度額内で通常のカードでは難しいような高額決済も可能です。

また、このように高額な決済をブラックカードで行った場合も、きちんとクレジットカードのポイントが付きます。

たとえば、高級車や住宅、世界一周旅行などをブラックカードで決済して購入したとすると、その後に還元されるポイントも大きな額になります。その他には、下記のようなブラックカード独自の特典もあります。(一部の特典を抜粋)

  • 一流ホテルや航空会社の上級会員になれる
  • 予約や調べ物を電話1本で依頼できるコンシェルジュサービスが利用可能
  • ホテルや飛行機の座席が自動でアップグレードされる
  • 様々な高級レストランやホテルでの優待や割引が受けられる
  • 空港のラウンジが無料で利用可能なプライオリティパスが付帯している

短所は入会金・年会費の高さ

高額な決済ができる点や豪華な特典が魅力のブラックカードですが、短所もあります。具体的な短所は、ブラックカードはどのカードも入会金・年会費が高額であるため、毎年多額の維持費が必要になる点です。

たとえば、最も年会費が高額な『アメリカンエキスプレスセンチュリオンカード』の場合、入会金は54万円、年会費は37万8千円に設定されています。そのため、初年度に合計91万8千円の支払いが必要です。

全てが100万円近い会費というわけではありません。しかし、他のブラックカードの年会費でも15万円程度かかるなど、ブラックカードを維持するためには、毎年高額なお金が必要になることを覚えておきましょう。

主要なブラックカードの保有条件

現在、日本在住者を対象にブラックカードを発行している会社はいくつかあります。その中から主要なブラックカードに絞って、保有条件の目安を見てみましょう。

アメリカンエキスプレスセンチュリオンカード

アメリカンエキスプレスセンチュリオンカードは、インビテーションのみで入会可能なブラックカードです。

入会金は54万円、年会費は37万8千円とブラックカードの中でも特に高額で、初年度には合計91万8千円の費用が必要です。入会できる年齢は33歳以上となります。

インビテーションを受ける前提は、中級ランクカードのゴールドクレジットカードから上級ランクカードのプラチナカードの通算使用長年が、10年以上であることがひとつの基準です。

この他にも、ブラックカード取得前の一年ごとの決済額が最低でも1,500万円以上、非常に高収入であること、社会的地位の高い職業に就いていることなど、厳しい条件がいくつもあるため、ブラックカードの中でも特にインビテーションの基準が厳しいと言われています。

アメリカンエキスプレスセンチュリオンカードを手に入れるためにも、まずはゴールドカードを発行しましょう。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの詳細へ

ダイナースクラブプレミアムカード

ダイナースクラブプレミアムカードも、インビテーションのみで入会可能なブラックカードです。

入会できる年齢は27歳以上です。高収入で社会的地位が高い職業に就いており、資産も十分にあるなど、インビテーションを受けるには高い基準が求められます。

インビテーションはダイナースクラブから直に行われるだけでなく、ダイナースクラブが認めたプレミアムカード保有者から紹介を受けることでも入会可能です。

年会費が14万400円と、アメリカンエキスプレスセンチュリオンカードの半分以下です。

しかし、年中無休・24時間対応のコンシェルジュサービスや、他のブラックカードと比べ約2倍のポイント還元率の高さなど、ブラックカードならではの特典が充実しています。

SBIワールドカード

SBIワールドカードは、マスターカードの中でも最上級ランクであるカードに与えられる称号「ワールド」を冠したブラックカードです。入会はインビテーション制で、年会費は16万円とブラックカードの中では低価格です。

SBIカードの公式サイトにも、カードに関する情報の記載はありません。そのため、どのような条件を満たせばインビテーションを受けられるのか、何歳から入会資格があるのかなど、謎の部分が多いカードでもあります。

まとめ

ブラックカードを保有するための条件と、利用した場合のメリット・デメリットなどをまとめて見てきました。

ブラックカードはどれも完全な『インビテーション制』であり、入会には必ずクレジットカード会社、もしくはカード会社が指定するブラックカード保有者からの招待が必要です。

必ずインビテーションを受けられる方法はありませんが、最低条件として、高年収であり、カードで頻繁に高額決済を行っている必要があります。

クレジットカードのブラックカードとは?驚きの年会費や特典を紹介

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • T-POINTが貯まるカードについて教えてください。

    現在TSUTAYAのカードを使っています。ファミリーマートに行くたびにそのカードを提出してポイントを貯めることを楽しみにしています。私が知りたいことは、そ...

    40代 / 男性 / 東京都 / 年収 301-400万円 / 既婚

  • クレジットカードの所有法について

    各種信販会社のクレジットカードを保留しておりますが、賢く・無駄のない持ち方はありますますでしょうか。 色々な場所やシーンで、クレジットカードを利用する場合...

    50代 / 男性 / 大分県 / 年収 1001万円以上 / 独身

  • 法人カードでの決済について教えてください。

    自営業もしくは会社の社員として法人カードを持っている場合、もし仮にそのカードを使ってプライベートの買い物をしてしまったらどうするのでしょう?以前、動画サイ...

    10代 / 男性 / 東京都 / 年収 300万円以下 / 独身

  • YJカードのリボルビング払いについて教えて下さい

    YJカードのリボ払いを利用しています。はじめは毎月一定の返済でいいと思い、便利なのでついショッピング等に使っていたのですが、最近ではいつまでたっても残高が...

    60代 / 女性 / 埼玉県 / 年収 601-700万円 / 既婚、子供2人

クレジットカードの人気記事

カテゴリ