1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. 小学生でもわかるクレジットカードの仕組み。イシュアーとはなにか?

小学生でもわかるクレジットカードの仕組み。イシュアーとはなにか?

クレジットカードは、発行を申請すれば作ってもらえますので、国際ブランドが発行していると思われるでしょう。しかし、実際は、イシュアーがカードを作っています。ここでは、イシュアーの仕組みを中心に、解説していきます。

この記事の目次

  • 【1位】三井住友VISAデビュープラスカード
    10ヶ月連続1位 18歳〜25歳の方のみ発行できる!初めてのクレカはコレで決まり!
  • 【2位】JCB CARD W
    通常より2倍のポイントが貯まる、JCBの中でも高還元率のカード!
  • 【3位】楽天カード
    ポイントがザクザク貯まる!TVCMでおなじみの楽天カード!

クレジットカードの仕組みとはなにか?

クレジットカードは買い物の支払いのときなどに使いますが、実はいろいろな仕組みがあります。その仕組みとは、入手方法と審査、決済方法、国際ブランドなど、さまざまです。特に注目して欲しいのは、入手方法と審査です。

クレジットカードは、インターネットで申請して、発行するのが基本になっています。しかし、申請と発行の間に審査があります。その審査を通過しないと、クレジットカードの発行手続きができません。

クレジットカードの使い方

クレジットカードは支払いのときに使用する決済方法のひとつです。お店で支払いをするときに使うことがあれば、自宅にいながら、インターネット通販で使用することがあります。

ただし、そのお店や、そのインターネット通販が、クレジットカードの支払いに対応していればの話です。逆に、現金での支払いが対応できず、クレジットカードしか支払えないというところもあります。

クレジットカードは、現金をあまり持ち歩きたくない人には便利ですが、使い過ぎないように、計画的な使い方が求められます。

クレジットカードの入手方法

クレジットカードを発行する会社で手に入ります。会社といっても色々ありますが、ほとんどが銀行です。しかし、審査という壁が存在します。

審査の内容は主に、安定した収入を得ているか、住んでいる家の状況、個人情報は正確か、過去に支払いを怠ったことがあるか、などが挙げられます。

過去に支払いの遅延や未払いを繰り返したことがある人は、審査が不利になっていまい、クレジットカードの審査が落ちる可能性が高いです。

審査に落ちても使いたいとき

クレジットカードではなくデビットカードがオススメです。デビットカードは、クレジットカードと同じ使い方でありながら、審査がありません。

預金口座とつながっており、使うごとに、預金口座から引き落とされるというシステムだからです。口座を開設した銀行に申し込むと、簡単に手に入ります。

クレジットカードの仕組みを解説。どんなメリットがあるの?

イシュアーとはなにか?

クレジットカードを使用している中、イシュアーという言葉を耳にすることがあります。実はイシュアーは、クレジットカードを発行するという重要な役割を担っています。

国際ブランドが表記しているので、国際ブランドが発行していると思われる人はいるでしょうが、実際はイシュアーがカードを作っています。イシュアーの意味やその仕組みについて、解説していきます。

イシュアーの意味を知ろう

イシュアーとは、クレジットカード自体を発行するカード発行会社のことを意味します。クレジットカードの裏面に、カードを発行した会社の名前が記載されているので、その会社がイシュアーだということです。

VISAやJCBなどの国際ブランドが、カードを作っていると思っている人は中にいます。しかし、国際ブランドそのものがイシュアーではないので、カード自体を作る業務はしていません。

使い方は共通していても、イシュアーによって、カードのデザインや年会費などのプランが異なります。

国際ブランドの役割は、クレジットカード決済を導入した加盟店に対応しているかどうかです。

たとえば、VISAのマークがあればVISAのカード、JCBのマークがあればJCBのカードなど、カードと加盟店の国際ブランドが一致していれば、対応できます。

イシュアーの仕組み

イシュアーは「イシュアリング」と呼ばれるカードを発行するのが仕事です。具体的な仕組みは、申し込みしたユーザーを審査し、支払い能力があると判断した場合、国際ブランドのライセンスを取得し、始めてカードが作られるというものです。

クレジットカードができるまで、通常は3~5日かかり、配送期間を加えると、早くて1週間、遅くて2週間となります。

イシュアーの役割

イシュアーはカード発行業務だけが役割ではありません。カード会員の獲得など広報活動や業務提携など、幅広い活動を行っています。

イシュアーの収益について説明しますが、イシュアーが発行したカードで買い物すると、加盟店に対してカード利用手数料が発生します。その手数料が、イシュアーの収益です。

収益をつなげるには、アクワイアラの力を借りなければなりません。

イシュアーがカードを発行する

イシュアーはカード発行会社です。「イシュアーの仕組み」で、発行の手順を説明したので省略しますが、イシュアーはカードを作ることだけが役割ではありません。

カード会員の獲得、顧客へのサービス、広報と宣伝、業務提携などいろいろあります。また、カード利用者から料金の請求と徴収、アクワイアラに支払いを行うのも、イシュアーの役割でもあります。

格安スマホなど、クレジットカードしか支払いに対応していない場合は、イシュアーに申し込んで、有効に利用するとよいでしょう。

アクワイアラを知ろう

アクワイアラとは、加盟店契約会社のことを意味します。アクワイアラの業務内容は主に、加盟店になる予定のお店にクレジットカード決済システムを導入し、クレジットカードの支払いを対応できるようにすることです。

そのほかに、クレジットカード決済を導入していないお店や会社などに広告と宣伝を行い、加盟店を管理することもアクワイアラの役目です。

具体的に説明すると、加盟店の売り上げデータを受け取り、イシュアーから売り上げ代金を受け取り、代金を加盟店に入金します。その代金から、カード利用手数料を得ます。

アクワイアラは、加盟店が増えれば増えるほど、カード利用手数料の収入が大きくなり、利益が増えるということです。

加盟店契約業務のことを「アクアワイアリング」と呼びます。クレジットカード会社によっては、アクアワイアリングとイシュアリングを同時に行っています。

両方を行うことで、業務を円滑にできるからでしょう。

まとめ

インターネットでクレジットカードを申請できますが、インターネットが苦手だという方は、付近のイシュアーに申請するとよいでしょう。

イシュアーの仕組みを理解してみたら、単純だということは分かります。しかし、イシュアーによって、手数料が異なります。

単にクレジットカードが欲しいという人は、年会費無料のプランがオススメです。クレジットカード決済を導入していない法人や会社は、アクワイアラに加盟して、支払方法の幅を広げてもいいでしょう。

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

クレジットカードの人気記事

カテゴリ