1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. クレジットカードプラチナとは?年会費別おすすめプラチナカード

クレジットカードプラチナとは?年会費別おすすめプラチナカード

プラチナカードとはクレジットカードの一種で、グレードの高い部類に入ります。この記事では、プラチナカードの年会費はどのくらいなのか、どんなプラチナカードがあるのか、プラチナカードを持つメリットとデメリットは何かを紹介します。

  • 【1位】三井住友VISAカード
    10ヶ月連続1位 20~30代のうちにゴールドカードが欲しい、というあなたにおススメ!
  • 【2位】JCB ORIGINAL SERIES
    安心のJCBブランドで買い物を楽しもう!最短即日発行翌日お届け
  • 【3位】ACマスターカード
    急な出費で今すぐカードを作りたいあなたへ。最短30分で即日受け取り可能(※当社調べ)

この記事の目次

プラチナカードとは

プラチナカードとは、クレジットカードのランクの一つです。クレジットカード会社にもよりますが、通常のカード、ゴールドカード、プラチナカード、そして最上級のブラックカードという順にランクが上がります。

ブラックカードがないクレジットカードの場合、プラチナカードが最上級という扱いになります。現在、プラチナカードの多くが『招待制』を取っています。

招待制とは、ゴールドカードなどで多額の利用があった上で、年収や年齢制限等の条件を満たせば、クレジットカード会社から「プラチナカードを持ちませんか?」と招待が来ることを指します。

ただし、自分で申し込みができるプラチナカードも存在するので、招待を待ちきれない人は自分で申し込んでも良いでしょう。

年会費無料のカードはあるの?

結論から言うと、年会費無料のプラチナカードはありません。特典が充実している分、無料とするのが難しいのでしょう。

ただ、ポイントやマイルの還元、割引サービスの利用によって、年会費の元が取れる場合も多くあります。自分にとってメリットの多いプラチナカードを選びたいものです。

プラチナカードを選ぶ際のポイント

ここでは、プラチナカードを選ぶ際のポイントについて解説します。

メリット

プラチナカードを持つメリットは、多くの特典を利用できることです。

毎年ギフトがもらえるほか、旅行のプランニング、お店選びや予約を代行してくれるコンシェルジュサービスが利用可能など、プラチナカードでしか利用できないサービスが利用できます。

ショッピング保険、国内・海外の旅行保険の額も5,000万円~最大1億円以上と、金額も多めです。電話により無料で健康について相談ができる『医療相談サービス』の付いているプラチナカードもあります。

ホテルの優待価格での宿泊や、客室の無料アップグレードもうれしい特典です。

空港のラウンジが無料で利用可能なプライオリティパスが付帯しているプラチナカードも多く存在するので、頻繁に空港を利用する人にはうれしい特典となっています。

デメリット

デメリットとしては、やはり数万~10万円以上の高額な年会費が挙げられます。年会費の元が取れれば良いのですが、どのような形であれ高額の利用を求められます。

ポイント還元率が高いプラチナカードは存在するといえども、年会費の元を取れるくらいにポイントやマイルを貯めるには、相当な額の利用が必要です。

また、プライオリティパスやギフトセレクションなどの特典もありますが、海外出張が多かったり、高級商品が不要だったりする人には、高額な年会費をかけてまで受けたいサービスには思えないかもしれません。

このように、本来多額の出費をすることが前提にあった上でプラチナカードを持てば、費用がお得になるのです。したがって、富裕層向けのクレジットカードであると言うこともできます。

おすすめのプラチナカードとは

ここでは、おすすめのプラチナカードを、年会費が50,000円未満と50,000円以上に分けて紹介します。

年会費50,000円未満のプラチナカード

まずは、年会費が50,000円未満のプラチナカードを紹介します。

 MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費は20,000円(税抜き)です。空港でのラウンジが利用可能なプライオリティパスが、申込者本人に加えて家族会員でも申請ができるのは、他のプラチナカードでは見られない特典となっています。

レストランでの優待が適用される店舗は、他のプラチナカードより多い190店舗です。ホテルや航空機のビジネスクラスを優待価格で利用できるなど多くのサービスを利用できる点で、網羅性が高くコストパフォーマンスに優れるプラチナカードと言えます。

コンシェルジュサービスも、予約代行やプランニング等、通常のサービスを網羅した上で、医師や医療チームの派遣、緊急時の弁護士の紹介、電話による通訳サービスや忘れ物・遺失物の捜索も行ってくれます。

MUFG CARD Platinum American Express ® Card|クレジットカードなら三菱UFJニコス

エポスプラチナカード

通常年会費は30,000円(税込み)です。ただし、インビテーション期間に申し込みをすると、年会費が20,000円(税込み)になります。

エポスカードとしての特典も活用でき、マルイ店舗やネット通販での優待特典を活用できるのはうれしい特典です。

ポイント還元率は多くの店舗で0.5%ですが、マルイで利用すると1%と高還元です。また年間利用額が100万円を超えるとボーナスポイントが貯まります(100万円利用で20,000円分ポイント付与)。

誕生日のポイント還元率が2倍になる点もうれしいところです。さらに、『選べるポイントアップショップ』があり、提携店から選んだ店舗ではポイント還元率が3倍になります。

ポイントをお得に貯めたい人にもぴったりのプラチナカードです。

エポスプラチナカード|クレジットカードはエポスカード

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費は20,000円(税抜き)です。コンシェルジュサービスの質の高さが好評のプラチナカードとなっています。

ホテルでのプラチナ会員向けの優待プランもや無料の家族カード、プライオリティパスも付帯しています。

特徴的なのは、西友・サニー・LIVINでの買い物が毎月5日、20日に5%OFF、パルコでの買い物は毎月5日に5%OFFとなる点です。

ロフトでの買い物でも、キャンペーンの実施日には5%から10%OFFとなります。さらに、セゾンポイントモールを使ってネットショッピングをすれば、カードの利用ポイントと別にボーナスポイントを得ることが可能です。

セゾンポイントモールでの還元率は1%台から、最大で6%以上にもなります。ポイントの有効期限がない点もうれしい特典です。

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード|クレジットカードはセゾンカード

年会費50,000円以上のプラチナカード

続いて、年会費が50,000円以上のプラチナカードを紹介します。

三井住友プラチナカード

年会費は50,000円(税抜き)で、家族会員は年会費無料です。提携先のホテルや一流レストランでのアップグレード特典や優待サービス、コンシェルジュサービスも付帯しています。

また1年に1回のメンバーズセレクションがあり、プライオリティパス、医師によるセカンドオピニオンサービス、グルメプレゼントサービス、フラワーギフトから選ぶことが可能です。

申し込み制となっていますが、ゴールド会員向けに招待制も併用しており、招待された場合は初年度の年会費が半額になる特典があります。

また、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでの優待特典や、プラチナカード利用金額の0.5%をギフト券で還元するサービスは、三井住友プラチナカード独自の特典です。

三井住友プラチナカード|クレジットカードなら三井住友カード

ダイナースクラブ プレミアムカード

年会費は13万円(税抜き)です。100円ごとに1ポイントが付与されることに加え、1回払いを利用すれば毎月の利用額100円ごとに1ポイントが加算されるため、実質100円ごとに2ポイントの付与となっています。

つまり、一般加盟店でのポイント還元率が2%と、かなりの高還元率を誇ります。1ポイントは1マイルに移行可能なため、マイルの還元率も2%となっており、日本でこれほどマイル還元率の高いカードは他にありません。

決済額が多く航空機を頻繁に利用する方であれば、航空機の利用で高額な年会費の元をとれる可能性が高いです。

一流の医師によるコンサルティング特典がついている点も特徴的です。専門医による治療方法の提案、専門医の紹介、セカンドオピニオンの提供サービスがあり、高度で安心な医療サービスを受けることができます。

コンシェルジュサービスがメールで対応可能なことや、自分選任のコンシェルジュがつくことに加え、『ご一見さんお断り』の高級店の予約も可能です。

また、コンシェルジュは遺失物の捜索、インターネットでの調査の依頼代行など幅広い内容を承ってくれます。

ダイナースクラブ プレミアムカード

JCBザ・クラス

年会費は50,000円(税抜き)です。プライオリティパス、コンシェルジュサービスは当然のこと、毎年20,000円程度のギフトをもらえる、メンバーズセレクションも充実しています。

さらに、東京ディズニーリゾートの専用ラウンジが無料で利用可能なサービスもついており、ディズニーファンにはうれしい特典です。

JCBザ・クラス」には、提携先の飲食店で30%の割引を受けられる『ダイニング30』や、提携先の一流レストランで指定のコースを2人以上で予約すると、1人分の料金が無料になる『グルメ・ベネフィット』など、飲食店をお得に利用できるサービスも充実しています。

海外での日本語案内サービスであるJCBラウンジを利用できるのは、JCBザ・クラスならではの特典です。海外で日本語対応のサービスを受けられることは大きな魅力です。

招待制のため、ゴールドカードでの利用実績を積む必要があります。

JCBザ・クラス|クレジットカードなら、JCBカード

まとめ

プラチナカードの年会費は最低でも20,000円以上と高額ですが、所有するとさまざまなプレミアムなサービスを受けることができます。

ポイント還元率の高いカード、特定の店舗での優待など、自分が大きく恩恵を受けるプラチナカードを選び、お得に活用したいところです。

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 住所変更を忘れてしまったら

    転勤族で、結婚してから何度も引っ越しを繰り返しています。 私の分のクレジットカードは引っ越しのたびにちゃんと住所変更をしていたのですが、主人の管理が甘く、...

    40代 / 女性 / 神奈川県 / 年収 501-600万円 / 既婚、子供1人

  • 銀行系クレジットカードの審査について教えてください

    私個人の銀行系のクレジットカードを新しく作ろうとしたところ、審査で落とされました。現在使用しているクレジットカードは、20年以上前に作ったもので、その時は...

    50代 / 女性 / 神奈川県 / 年収 701-800万円 / 既婚、子供2人

  • 楽天カードのポイントをもっと賢く貯めたいです!

    現在楽天カードを愛用して使っております。クレジットの支払金額に応じてポイントがたまったり、楽天での買い物やアンケート回答でポイントがもらえたり、ポイントが...

    20代 / 女性 / 埼玉県 / 年収 1001万円以上 / 独身

  • 得なクレジットカードはありますか。

    クレジットカードがたくさん出ていますが、どのカードもポイントが付いていますが、還元率の高いカードがどれなのか分かりません。どのカードがお得ですか、どのカー...

    60代 / 男性 / 富山県 / 年収 501-600万円 / 既婚、子供3人以上

クレジットカードの人気記事

カテゴリ