1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. クレジットカードを作りたい。年会費無料のお得なカードとは

クレジットカードを作りたい。年会費無料のお得なカードとは

クレジットカードを作るなら、年会費無料のお得なカードを作りたい人も多いのではないでしょうか。しかし、年会費無料のカードでもそれぞれのカードによって、様々な特徴があります。そこで今回は、年会費無料のお得なカードについて解説します。

この記事の目次

クレジットカードの年会費

クレジットカードの中には、年会費が無料のカードと有料のカードがあります。クレジットカードの申し込みの際には、年会費を基準にする人もいるでしょう。

一般的に、ゴールド以上のカードは年会費が有料となり、年会費無料のカードはゴールド以下の通常のカードとなります。しかし、通常のカードの中にも年会費が有料となるカードもあります。

年会費が無料と有料の違い

年会費が無料のカードと有料のカードの違いとは、どのようなものがあるのでしょうか。カードの種類によって、違いは様々ですが、多くのクレジットカードに共通する二つの違いについて解説します。

保険と補償

クレジットカードには、旅行保険が付いているものがあります。しかし、年会費が無料のカードと有料のカードでは、利用条件が違う場合があります。

年会費が無料のカードは利用付帯、有料のカードは自動付帯となっていることが多いため、事前に確認しておかなければなりません。

利用付帯のカードは、持っているだけでは補償されないので注意しましょう。また、年会費無料のクレジットカードの付帯保険は、海外旅行にのみ適用となり、国内旅行には適用にならないものが多くあります。

利用付帯と自動付帯の適用条件は以下の表をご覧ください。

保険の種類 保険適用の条件
利用付帯 旅行の代金(公共交通機関やツアー代金など)を、クレジットカードで支払っていることが条件
自動付帯 手続きの必要がなく、持っているだけで保険を利用できる

空港ラウンジが利用できる

年会費有料のカードは、国内空港のラウンジが使えます。ただし、年会費有料のカード全てが使えるのではなく、その中でもゴールドカードのみとなっています。

年会費無料のクレジットカードも、審査を通過できれば、ゴールドカードにグレードアップできます。ラウンジを利用したい場合は、ゴールドカードを申し込むとよいでしょう。

しかし、通常のカードは年会費無料でも、ゴールドカードにグレードアップすると、年会費がかかるので注意してください。

以下の表は例として、楽天カードの場合の通常のカードとゴールドカードの年会費の違いをまとめたものです。

カードの種類 年会費
楽天カード 無料
楽天ゴールドカード 2,160円

楽天ゴールドカード さらにお得な一枚

無料の違いについて

年会費無料のクレジットカードの中には、『年会費永年無料』という記載になっているカードもありますが、年会費無料と年会費永年無料のクレジットカードには大きな違いはありません。

しかし、中には『年会費永久無料』と書かれているカードもあります。ここでは、年会費無料と年会費永久無料の違いについて解説していきます。

年会費無料と年会費永久無料の違い

年会費無料と年会費永久無料の違いは、今後『年会費有料となる可能性があるかどうか』ということです。年会費無料の場合は、カード規約の変更などで、年会費が有料となってしまう可能性があります。

一方、年会費永久無料の場合は、『永久』と言い切っているので、年会費が有料になることはありません。年会費永久無料となっているクレジットカードは少ないですが、代表的なものとして、「セゾンカードインターナショナル」などがあります。

セゾンカード インターナショナル

年会費無料のおすすめカード

年会費無料なだけではなく、ポイントが貯まりやすいクレジットカードを使えば、さらにお得になります。そこで、年会費無料のクレジットカードの中でも、ポイントが貯まりやすいカードをご紹介します。

ポイントが貯まりやすいカード

クレジットカードのポイントは、還元率の違いによって、貯まり方に差がでてきます。したがって、還元率が高いクレジットカードを選ぶと、ポイントが貯まりやすくなります。

還元率は一般的に、0.5%から1%程度のカードが多く、1%以上のカードが高還元率と言えます。

今回ご紹介する年会費が無料で、ポイントが貯まりやすいクレジットカードは3種類です。3種類とも、還元率が1%以上で、さらにそれぞれ特徴があるので、詳しく解説します。

楽天カード

楽天カード」は、年会費無料で、ポイント還元率が1%の高還元率カードです。通常の利用では、還元率が1%ですが、楽天市場での利用時は、スーパーポイントアッププログラムがあり、様々な条件をクリアすると、還元率が4%以上にもなります。

スーパーポイントアッププログラムの適用条件は以下の通りです。

  • 楽天カードを利用でプラス3%
  • 楽天市場アプリを利用でプラス1%
  • 楽天モバイルを利用でプラス1%

このように、複数ある条件を満たしていれば、ポイント還元率が上がります。今回は、年会費無料のクレジットカードとしてご紹介しているので、3つの条件のみを挙げましましたが、年会費有料のゴールドカードを使うと、さらに還元率が上がります。

【楽天市場】SPU(スーパーポイントアッププログラム)

OricoCard THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)

OricoCard THE POINT」も楽天カードと同じく、還元率が1%のクレジットカードです。「OricoCard THE POINT」の最大の特徴は、入会特典として、入会後6か月間は還元率が2%となる点です。さらにETCカードを無料で発行することもできます

また、貯まったポイントを、他社のポイントや航空会社のマイルに交換することもでき、ポイントの使いやすさも特徴の一つです。

OricoCard THE POINT(高還元率のオリコザカードポイント)

リクルートカード

リクルートカード」のポイント還元率は1.2%となっており、年会費無料のクレジットカードの中ではトップクラスのポイント還元率です。

また、年会費無料のクレジットカードの多くは、国内旅行の付帯保険がないことが多いのですが、「リクルートカード」は、国内と海外の両方の付帯保険があることも特徴の一つです。

リクルートのクレジットカード Recruit Card

条件付きで年会費無料のカード

年会費が無料のクレジットカードの中には、本来は年会費有料でも、条件を満たしていると、年会費無料となるカードもあります。

ここでは、条件付きで年会費無料になるクレジットカードの中から、3種類をご紹介します。

dカード

dカード」は、NTTドコモが発行するクレジットカードで、初年度は年会費無料です。2年目以降は、前年度に1回以上ショッピングで利用すれば、年会費はかかりません。

1年間で1度もカードを利用しなかった場合は、翌年度に1,250円の年会費がかかってしまいます。

dカード | dカードのご紹介

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカード」の年会費は、1,250円(税抜)ですが、以下の条件を満たすと、年会費無料となります。

  • インターネットから入会で初年度の年会費無料
  • マイペイすリボの登録とカード利用で2年目以降も年会費無料
  • 前年度のカード利用金額が100万円以上300万円未満で翌年度の年会費半額
  • 前年度のカード利用金額が300万円以上で翌年度の年会費無料

このように、「三井住友VISAクラシックカード」は、条件が細かく決められており、無料になるだけではなく、利用料金によっては半額になる場合もあります。

また、マイペイすリボとは、あらかじめ設定した金額を超えると、自動的にリボ払いになるサービスです。

三井住友VISAクラシックカード/クラシックカードA

NTTグループカード

最後にご紹介するクレジットカードは「NTTグループカード」です。「NTTグループカード」は、利用明細書を紙で発行すると、年会費が1,200円(税抜)かかってしまいます。しかし、WEB明細書に変更すると年会費が無料となります。

NTTグループカードレギュラーのサービス |  NTTグループカード

初年度年会費無料のゴールドカード

年会費無料のクレジットカードを、ゴールドカードにアップグレードすると、年会費が有料になります。しかし、ゴールドカードの中には、初年度の年会費が無料という特典が付いているカードもあります。

ここでは、初年度年会費無料のゴールドカードの中から、3種類をご紹介します。

MUFGゴールドカード

最初にご紹介する年会費無料のゴールドカードは、「MUFGゴールドカード」です。こちらのカードは、2年目以降の年会費が1,905円(税抜)で、他のゴールドカードと比べて安いのが特徴です。

年会費が安くても、ゴールドカードの特徴でもある海外旅行保険が、自動付帯となっているなど、補償もしっかりしています。

MUFGカード ゴールド

三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカードは、WEBから申し込むと初年度の年会費が無料になります。

また、2年目以降の年会費は10,000円(税抜)となっていますが、条件を満たせば、割引が適用されます。年会費の割引となる条件は以下の通りです。

  • マイペイすリボ登録で年会費5,000円(税抜)
  • WEB明細書利用で年会費9,000円(税抜)
  • マイペイすリボ、WEB明細書利用の両方登録で年会費4,000円(税抜)

三井住友VISAゴールドカード

UCSゴールドカード

UCSゴールドカードは初年度年会費無料となっていますが、2年目以降の年会費は3,240円(税込)で、他のゴールドカードの年会費と比べて安いのがわかります。

また、海外旅行と国内旅行の傷害保険が自動付帯となっており、最高補償額が5,000万円と手厚いのも特徴です。

UCSゴールドカード

まとめ

年会費無料のクレジットカードは、それぞれのカードによって様々な特徴があり、お得なものもあります。

ポイント還元率で選ぶなら「楽天カード」や「OricoCard THE POINT」、「リクルートカード」がお得です。中でも、「リクルートカード」は、ポイントだけではなく、付帯保険も充実しています。

そのほかにも、条件付きで年会費無料になるカードや、ゴールドカードなどのステータス性の高いカードでも、初年度年会費無料のものもあります。

補償やサービスの内容なども検討して、自分の生活にあった一枚を選んでください。

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 1番マイルやポイントがつくクレジットカード

    簡単にマイルやポイントが貯まるオススメのクレジッドカードはいったいどれなのかが知りたいです。 どれもマイルやポイントも貯まるとは言いますが、それがどれぐら...

    20代 / 女性 / 東京都 / 年収 300万円以下 / 独身

  • 複数のクレジットは損しませんか?

    複数のクレジットカードを持っています。どちらもスーパーやデパートで使う事が多いです。ポイント還元のために、2つ持っていますが、1つにまとめた方が得なのでし...

    40代 / 女性 / 三重県 / 年収 401-500万円 / 既婚、子供2人

クレジットカードの人気記事

カテゴリ