1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. クレジットカードの海外保険は使える?使い方と注意点を解説

クレジットカードの海外保険は使える?使い方と注意点を解説

クレジットカードには、海外旅行保険が付帯されているものがありますが、十分な補償がついているのでしょうか。ここでは、クレジットカードの海外旅行保険と保険会社の海外旅行保険の違い、使い方や注意点についてまとめています。

この記事の目次

  • 【1位】JCB CARD W
    10ヶ月連続1位 通常より2倍のポイントが貯まる、JCBの中でも高還元率のカード!
  • 【2位】三井住友VISAデビュープラスカード
    はじめてクレジットカードを作るというあなたにおススメ!定番の一枚!
  • 【3位】ACマスターカード
    急な出費で今すぐカードを作りたいあなたへ。最短30分で即日受け取り可能(※当社調べ)

カード付帯の海外保険とは

まずは、クレジットカードの海外旅行保険の補償内容についてみていきましょう。

主な補償内容について

クレジットカードの主な補償内容は、次のようになります。

  • 傷害死亡・高度障害の補償
  • 障害・疾病治療費の補償
  • 賠償責任補償
  • 携行品損害補償
  • 救済者費用の補償

クレジットカードには、病気死亡の補償は付いておらず、事故などでの死亡・高度障害時の補償のみとなっていますが、治療費の補償については、病気・ケガにかかわらず補償がされます。

その他には、物を壊してしまったり、他人をケガさせてしまったりしたときの賠償責任保険や、携行品を無くしたり、壊れたりした時の携行品損害補償があります。さらに、万一の時に家族が現地まで呼び寄せる時などの救済者費用補償となっています。

保険会社の海外保険との違い

では、保険会社の海外旅行保険と、クレジットカードとの違いには、どのようなことがあるのかを確認していきましょう。

補償期間

  • クレジットカード:適用期間は90日間が多い
  • 保険会社:日数を選択できる

基本的に、クレジットカードは補償期間が主に90日間となっていますが、保険会社の海外旅行保険は、日数を自由に決めることができ、保険料もそれによって異なってきます。

しかし、クレジットカードの場合には、無料で何度でも利用できるのに対して、保険会社の場合には、保険料の支払いが発生することに加えて、1回限りの補償となっていますので、何度も利用することはできません。

長期留学などはどうする?

3ヵ月以上の長期留学や出張などの場合には、クレジットカードの補償では、補償が切れてしまうことになります。

しかし、保険会社で加入する海外旅行保険であれば、長期の補償をしている専用の保険もありますので、長期留学や出張などにも対応することが可能となります。

海外渡航が長期になる場合には、保険会社の海外旅行保険に加入するのが安心です。しかし、無駄を省くのであれば、クレジットカードの補償期間が過ぎたときに、保険会社の海外旅行保険に改めて加入をするという方法もあります。

病気死亡の補償

クレジットカードの補償には、病気が原因での死亡の補償は付いていません。これは、基本的に病気の人が海外へは行くことはないという考えに基づいて補償をしているためです。

それに対して、保険会社の補償には病気が原因での死亡補償がついています。つまり、クレジットカードの補償は、旅行をすることが前提となっているため、病気死亡の補償が付いていないのです。

キャッシュレス診療

保険会社の海外旅行保険では、治療費の支払いは保険会社が行いますので、現地での支払いについて立て替える必要はありません。これをキャッシュレス診療といいます。

クレジットカードでは、キャッシュレス診療が可能なものもありますが、キャッシュレス診療ができないものもあります。

海外で病院にかかると、その治療費は日本とは違い、思いのほか高額になることがほとんどです。そのため、立て替えて支払うことは困難な場合も多くなります。

クレジットカードの場合には、キャッシュレス診療に対応しているものを選ぶようにしましょう。

航空機の遅延時の補償

保険会社の海外旅行保険には、航空機が遅延したときの補償が付いています。条件はありますが、1回につき2万円の支払いが限度としているものが多くなります。

クレジットカードでは、こうした補償が付いているものもありますが、一般的に年会費がかかるクレジットカードのみについていることがほとんどです。

主な支払い対象となる費用は、次のようになっています。

宿泊施設の客室料、食事代、国際電話料等通信費、目的地において提供を受けることを予定していたが、提供を受けることができなかった旅行サービスの取消料、交通費(宿泊施設への移動に要するタクシー代などの費用など)

出典:航空機遅延費用|損保ジャパン日本興亜

搭乗する飛行機が欠航になってしまった時などに、海外で宿泊をしなければならないなどの時には、補償があると安心です。

傷害や疾病補償額が重要

海外旅行保険を選ぶときには、傷害や疾病での治療費補償が重要となります。海外で死亡するリスクは、よほどの持病がない限り、かなり低いと言えます。しかし、ケガや病気などは、いつ起こるかわかりません。

海外での治療費は高い

傷害・疾病治療費の補償が重要な点は、もうひとつあります。それは、先にもお伝えしたように、海外での治療費は思いのほか高額となってしまうことです。

米国の医療費は非常に高額です。その中でも、ニューヨーク市マンハッタン区の医療費は同区外の2倍から3倍ともいわれており、一般の初診料は150ドルから300ドル、専門医を受診すると200ドルから500ドル、入院した場合は室料だけで1日数千ドルの請求を受けます。例えば、急性虫垂炎で入院し手術後腹膜炎を併発したケース(8日入院)は7万ドル、上腕骨骨折で入院手術(1日入院)は1万5千ドル、貧血による入院(2日入院、保存療法施行)で2万ドル、自然気胸のドレナージ処置(6日入院、手術無し)で8万ドルの請求が実際にされています。治療費は、診察料、施設利用料、血液検査代、画像検査代、薬品代などとそれぞれ別個に請求されるので注意する必要があります。

出典:世界の医療事情|外務省

上記のことからもわかるように、国や地域によっても差はありますが、高額な治療費を請求される可能性が高いのです。そのため海外旅行保険では、疾病・傷害治療補償は十分な金額を確保することが大切です。

複数枚のカードで合算可能

しかし、クレジットカードでは、疾病・傷害治療補償は200万円~300万円程度の場合が多く、高額な治療費に対応できない場合があります。

大きな補償を確保しようと思うのであれば、複数枚のクレジットカードを準備しておくのがおすすめです。

死亡補償については、補償額は合算されませんが、それ以外の補償については、複数枚のカードの補償を合算することが可能です。最低でも2枚はクレジットカードを準備するようにしましょう。

もし不安があれば、保険会社の海外旅行保険の加入を検討しましょう。

同行する家族の補償

クレジットカードの海外旅行保険では、同行する家族の補償はどのようになっているのか、確認していきましょう。

制限があるため注意

クレジットカードによっては、海外旅行保険の家族特約が付いているものがあります。しかし、家族特約のついているクレジットカードのほとんどは、年会費がかかります。

また、補償額についても、一般的に本会員よりも補償額は少なくなります。さらに、家族特約が補償される範囲内も、カードによってさまざまですが、同一生計の家族のみしか補償がされないということも多くあります。

つまり、親族であっても健康保険などの扶養に入っていない場合には、同一生計とはみなされず、家族特約が有効とならない可能性もあるのです。

そのため、家族特約に頼るよりも、カードが持てる年齢なのであれば、それぞれがカードを持っていたほうが、補償は充実します。

補償有効になる使い方の違い

クレジットカードの補償は、補償を有効にするための条件が付いている場合があります。詳しくみていきましょう。

利用付帯はカード利用必須

海外旅行保険が利用付帯となっている場合には、クレジットカードを持っていても、事前に支払いの利用をしなければ補償が有効となりません。

利用付帯というのは、例えば、空港までの交通費や宿泊代金など、海外旅行に関する支払いをクレジットカード利用することで、初めて補償が有効になるというものです。

補償を有効にするために、わざわざ出国前にクレジットカードを利用しなければならないため、注意が必要となります。

自動付帯はカード利用不要

クレジットカードの補償を利用するのであれば、自動付帯がおすすめです。自動付帯となっているクレジットカードの場合、利用付帯のように、事前に海外旅行に関する支払いについて、クレジットカードを利用する必要がありません。

つまり、クレジットカードを持っているだけで有効となるということですので、安心して旅行に出かけることができます。

キャッシュレス診療利用方法

クレジットカードの補償でキャッシュレス診療が受けられる場合、もし病院へかかる時にはどのような手続きが必要なのかをみていきましょう。

診療を受ける手順

診療を受ける場合には、まず海外旅行保険の緊急デスクへ連絡を取り、保険が使える近くの病院を教えてもらう、または、最寄りの病院が保険が使えるのかを確認し、診察の予約までしてもらいます。

その後、病院へ行けば、スムーズに診察を受けることができます。

必要な書類などは?

キャッシュレス診療で病院にかかるときに必要なものについては、クレジットカードが、自動付帯なのか、それとも利用付帯なのかによって異なります。

自動付帯の場合には、次のものが必要です。

  • パスポート
  • クレジットカード

利用付帯の場合には、海外旅行保険が適用となる証明も必要となります。

  • パスポート
  • クレジットカード
  • クレジットカードの利用明細

利用明細については、出国までに海外旅行に関する支払いをクレジットカードで行った時のものが必要となります。これが、利用付帯で海外旅行保険が有効になったことの証明となります。

 まとめ

クレジットカードの海外旅行保険は、補償の内容、特に疾病・傷害治療補償がどれくらいなのかという点を第一に考えてください。また、補償に不安があるのであれば、保険会社の海外旅行保険も検討するようにしましょう。

クレジットカードは海外旅行の必需品。カードの選び方と使い方とは

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 楽天カードの賢い使い方

    銀行系や流通系や交通系、果てはインターネット企業など実にいろいろな種類のクレジットカードがあります。年会費無料のクレジットカードやポイントの還元率が良いク...

    10代 / 男性 / 三重県 / 年収 501-600万円 / 独身

  • セディナのJiyuda!カードの年会費について

    セディナのJiyuda!カードを持っています。主にネットショッピング、国内外の旅行の際に利用しているのですが、年会費が無料なのはどうしてですか。初年度のみ...

    30代 / 女性 / 北海道 / 年収 601-700万円 / 既婚、子供1人

  • クレジットカードの所有法について

    各種信販会社のクレジットカードを保留しておりますが、賢く・無駄のない持ち方はありますますでしょうか。 色々な場所やシーンで、クレジットカードを利用する場合...

    50代 / 男性 / 大分県 / 年収 1001万円以上 / 独身

クレジットカードの人気記事

カテゴリ