1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. クレジットカードは学生の海外旅行に必須。海外旅行保険付がおすすめ

クレジットカードは学生の海外旅行に必須。海外旅行保険付がおすすめ

学生は旅行や留学などで海外へ行く機会も多くあります。そのようなときに役立つのがクレジットカードの海外旅行保険です。ここでは海外旅行保険付きのクレジットカードについて、選ぶポイントや便利に利用する方法についてご紹介していきます。

この記事の目次

  • 【1位】三井住友VISAデビュープラスカード
    10ヶ月連続1位 18歳〜25歳の方のみ発行できる!初めてのクレカはコレで決まり!
  • 【2位】JCB CARD W
    通常より2倍のポイントが貯まる、JCBの中でも高還元率のカード!
  • 【3位】楽天カード
    ポイントがザクザク貯まる!TVCMでおなじみの楽天カード!

学生の海外旅行にカードが便利

学生がクレジットカードを持つことについて、まだ必要がないと考えている人もいるかもしれませんが、旅行や留学などで海外へ行くときには、クレジットカードはとても便利に利用できます。

では、クレジットカードが海外でどのように役立つのか、確認していきましょう。

カードを持つことで信用がアップ

海外のホテルを利用する場合には、デポジットという保証金が必要となります。ツアーでの旅行では必要ありませんが、個人でホテルを利用するときには、デポジットを預けなければ利用できないことがほとんどです。

このデポジットは、クレジットカードで処理するのが一般的であり、デビットカードでは断られてしまうこともあります。また、クレジットカードの提示が必要な場合も多くあります。

そして、レンタカーを借りるときにも、身分証の代わりとして必ずクレジットカードが必要です。このようにクレジットカードを持っていると、自身の信用力をアップさせることができます。

現金は補償されない

海外で万一盗難にあった場合、海外旅行保険では盗難品についての補償がありますが、現金は補償の対象外となっているため、戻ってくることはありません。

しかし、クレジットカードであれば、電話をしてカードの利用を止めることで、被害を最小限にすることができます。また、万一不正利用されてしまっても、カード会社が補償することがほとんどです。

このように、クレジットカードは盗難にあったときでも、安全性が高いといえます。

海外旅行保険が無料で利用できる

海外旅行に行くときには、保険会社で海外旅行保険に加入する必要があります。それほど高い保険料ではないとはいえ、費用がかかることになります。

しかし、クレジットカードに海外旅行保険が付いていれば、わざわざ海外旅行保険に加入する必要がないため、その分の費用が浮くことになります。

また、クレジットカードの海外旅行保険は最長で3カ月補償されますし、何度も利用することができます。

クレジットカードの海外保険

では、クレジットカード付帯の海外旅行保険についてみていきましょう。

基本の補償は5つ

クレジットカードに付帯されている海外旅行保険の主な基本補償は、次の5つです。

  1. 傷害死亡や高度障害の補償
  2. 傷害・疾病治療費の補償
  3. 賠償責任補償
  4. 携行品損害補償
  5. 救援者費用の補償

死亡保障については、疾病による死亡は補償されませんが、事故などの傷害による死亡が補償されます。また、傷害・疾病治療費補償については、病院で治療を受けたときの費用を全額補償してもらえます。

さらに、お店の商品を壊してしまったときなどの損害賠償の補償や、携行品が盗難にあったとき・破損したときの費用補償、そして、万一のときに家族を日本から呼び寄せるための費用や捜索費用なども補償されます。

メリット

クレジットカード付帯の海外旅行保険には、多くのメリットがあります。

まず、海外旅行保険を利用するにあたって費用がかからないので、無料で使うことができます。また、何度でも繰り返し利用することができます。

さらに、自動付帯が付いていれば、自動的に保険が有効となりますし、種類の違うクレジットカードを複数持っていることで、補償の上乗せが可能となり、補償額がアップします。

デメリット

多くのメリットがありましたが、デメリットがないわけではありません。クレジットカード付帯の海外旅行保険のデメリットとしては、死亡保障について、事故などの傷害死亡は補償されますが、病気による死亡は補償されないことが挙げられます。

また、携行品損害補償については、3,000円程度の自己負担額が必要となります。すべてが補償されるわけではないのです。さらに、治療費用補償については限度額が低いということをデメリットと感じる人が多くいます。

手厚い補償を得る方法

海外へ行くときには、クレジットカードは2枚以上あると安心です。これは、先にもお伝えしたように、1枚だけでは治療費用などが低いというデメリットをカバーすることができるためです。また盗難時の予備としても利用できます。

クレジットカードの治療費用補償は、1枚だけであれば低くても、2枚以上あることでその分補償を上乗せすることができるため、十分な補償を準備することができます。(死亡保障については、上乗せとなりません)

海外での治療費用は、とても高額になります。そのため、治療費用の補償は十分に準備することが大切です。

ハワイの医療費は非常に高額であるということを認識しておきましょう。日本とは違って、救急車は有料ですし、万が一、ICU(集中治療室)に入院して手術となってしまうと医療費が1,000万円を超えることも珍しくはありません。

出典:海外旅行でもしものときにかかる医療費|富士火災

学生でも大丈夫?

学生がクレジットカードを複数枚持つことはできるのかという点について、心配している人が多くいます。結論から言うと、複数枚持つことは可能です。できれば、VISAやMastercardなど、国際ブランドが異なるものを選ぶようにしましょう。

実際に海外の店舗で使う場合、利用できる国際ブランドが異なることが多いため、異なるブランドを準備しておくと安心です。海外旅行保険の補償もきちんと確認したうえで、適切なカードを選びましょう。

学生がカードを選ぶポイント

クレジットカードには、さまざまな特典があり、ポイントやマイルなどを貯められたり、海外でキャッシング利用ができたりといったメリットがあります。

しかし、学生が持つクレジットカードは利用限度額やキャッシング枠が少ないため、ポイントを貯めることや、海外でのキャッシング利用などについては、それほどメリットはありません。

そのため、学生がクレジットカードを持つ場合には、社会人とは違ったポイントを押さえて選ぶことが大切です。では、学生がクレジットカードを選ぶポイントを確認していきましょう。

治療の補償

学生がクレジットカードを持つのであれば、治療費用の補償に重点をおきましょう。一番利用する確率が高いのは、病気やケガのときに病院へかかることです。そう考えると、治療費用の補償は重要です。

目安としては、治療費用の補償は200万円を目安とすると良いでしょう。

カード利用条件

クレジットカードの海外旅行保険には、自動付帯と利用付帯という条件があります。

  • 自動付帯:条件なしに海外での補償がされる
  • 利用付帯:旅行に関係する支払いをカードで支払いをすると補償がされる

利用付帯の場合には、その旅行に関する支払い、例えば空港までのタクシー代金をクレジットカードで支払いをするなど、条件をクリアして初めて海外旅行での補償がされることになります。

その点、自動付帯であれば、無条件で海外旅行保険の補償が利用できますので、安心ですし、便利です。クレジットカードを選ぶときには、海外旅行保険が自動付帯となっているものを選ぶのがおすすめです。

医療代金キャッシュレス

病院での治療費については、海外旅行保険で補償がされますが、通常の場合は、まず支払いは自分で行ってから、後で海外旅行保険から保険金を受け取るということになります。

しかし、医療代金のキャッシュレスが付いているクレジットカードであれば、治療費を直接保険会社が支払ってくれるため、その場で治療費用を負担する必要がありません。

このように、医療代金のキャッシュレスサービスが付いているものを選ぶと安心できます。

携行品の損害

海外旅行に持参する持ち物に、高額なものがあるのであれば、携行品損害補償は高いものを選ぶのが良いでしょう。

携行品損害補償では、盗難などにあった場合や破損してしまった場合に、その損害費用が補償されます。携行品損害補償は、損害費用の全額が補償されるとは限りませんし、1回の旅行にいくらまでといった条件も付いている場合があります。

そのため、できるだけ高い補償が付いている方が安心と言えます。

安心してカードを使うために

何かと便利なクレジットカードですが、海外では危険も多くあります。そこで、安心してクレジットカードを使うために、準備しておくポイントを見ていきましょう。

限度額の引き下げ

海外では、盗難などの被害が多くあります。盗難にあった場合には、やはり不正利用が心配です。クレジットカードの利用限度額が高いほど、その心配も大きくなります。

そこで、海外旅行保険のために作ったクレジットカードについては、海外に行く前に利用限度額を引き下げておくことをおすすめします。この作業をしておくだけで盗難で不正利用にあった場合でも、被害額が少なくて済むからです。

いざという時の連絡先

万一のときには、クレジットカードの裏面に連絡先が書いてありますので、そこへ連絡をする必要があります。しかし、盗難にあってしまった場合には、カード自体が手元にないため、連絡先がわからないといった事態にもなりかねません。

このようなことにならないよう、クレジットカードの緊急連絡先を別に控えておきましょう。緊急連絡先は、病気になったときに病院を紹介してもらうための連絡先、そしてカード紛失時の連絡先を控えておくと、いざというときに役立ちます。

海外旅行に即日発行も可能

海外旅行目前なのに、まだクレジットカードを持っていないという場合には、即日発行できるクレジットカードもあります。

即日発行ができるクレジットカードの例として、「エポスカード」が挙げられます。「エポスカード」は、年会費無料で海外旅行保険もついており、さらに現地でのサポートサービスを受けることもできます。

では、エポスカードを即日発行する流れを確認していきましょう。

即日カード発行の流れ

エポスカード」を即日発行する流れは、次のようになります。

  1. Webもしくはスマートフォンのアプリで申し込みをします。
  2. 申し込み後、審査が始まります。審査結果は早ければ数分後、審査結果が届きます。
  3. エポスカードセンターでカードを受け取ります。

申し込み時には、店頭受取を選択しましょう。エポスカードセンターの場所については、「エポスカード」のHPにて確認が可能です。

エポスカードクレジットカードを「即日発行」で手に入れよう|エポスカード

エポスカードは年会費無料で即日発行可能なクレジットカードです。自動付帯の海外旅行保険や審査の通りやすさが魅力で、初めてクレジットカードを作る方におすすめ。下記の記事で詳細を説明しているので合わせてご覧ください。

エポスカードは即日発行できる?豊富な特典とメリットを解説します

まとめ

学生の方が海外へ行く機会は多くありますが、そんなときにはクレジットカードを持っていると安心です。海外旅行用のクレジットカードを選ぶ際は、充実した補償内容の海外旅行保険が付いているカードを選ぶのがおすすめです。

クレジットカードを作りたい学生必見。2019年最新のおすすめカードとは?

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • ANA三井住友VISAカード

    ANA三井住友VISAワイドゴールドを契約ししております。仕事柄、飛行機に乗ることが多くこちらのカードを選択しました。マイル目的で家賃、光熱費、通信費等も...

    40代 / 男性 / 北海道 / 年収 701-800万円 / 既婚、子供2人

  • リボ払いを有利に使う方法は?

    リボ払いは毎月一定額を払うので一見支払いが楽そうですが、金利が高く、いつまでも支払いが終了せず、自転車操業のように支払いに追われるという怖いイメージがあり...

    50代 / 女性 / 兵庫県 / 年収 501-600万円 / 既婚、子供1人

  • 楽天カードのおトクな使い方について教えてください

    今は普通に、ネットショッピングやだいたい2000円以上の買い物をするときだけカードを利用しています。ポイントが結構たまるので、ネットショッピングの時は端数...

    20代 / 女性 / 大阪府 / 年収 300万円以下 / 独身

クレジットカードの人気記事

カテゴリ