1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. クレジットカードのポイント。交換先や交換方法について

クレジットカードのポイント。交換先や交換方法について

クレジットカードを使っていると、いつの間にかポイントがたくさん貯まっていきます。貯まったポイントはどうしたらよいのか、迷ってしまう方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、クレジットカードのポイントについて解説します。

この記事の目次

  • 【1位】JCB CARD W
    10ヶ月連続1位 通常より2倍のポイントが貯まる、JCBの中でも高還元率のカード!
  • 【2位】三井住友VISAデビュープラスカード
    はじめてクレジットカードを作るというあなたにおススメ!定番の一枚!
  • 【3位】ACマスターカード
    急な出費で今すぐカードを作りたいあなたへ。最短30分で即日受け取り可能(※当社調べ)

ポイントを交換しよう

 

クレジットカードを利用するとポイントが貯まります。貯まったポイントは、様々な商品などに交換することができます。
しかし、ポイントを貯めたままにしている方は、注意しなければいけないことがあります。

有効期限に注意

クレジットカードの中には、ポイントに有効期限があり、期限を過ぎると消失してしまう場合があります。
自分が使っているクレジットカードには、ポイントの有効期限があるのか、しっかり確認しておきましょう。
以下の表は、主なクレジットカードのポイントの有効期限をまとめたものです。
クレジットカード名 ポイントの種類 ポイントの有効期限
楽天カード 楽天スーパーポイント 1年間

カード利用で延長のため実質無期限

ファミマTカード Tポイント 1年間

カード利用で延長のため実質無期限

Orico Card THE POINT オリコポイント 1年間
JCB一般カード Oki Dokiポイント 2年間
三井住友VISAクラシックカード ワールドプレゼント 2年間

ポイントの交換方法

貯まったポイントの交換方法は、大きく分けて二つあり、自分に合った方法を選ぶことができます。

ネット申し込み

インターネットから、ポイント交換の申し込みをすることができます。ネット申し込みを利用するには、事前に各カード会社のホームページから、会員登録をしておく必要があります。
また、会員登録をしておけば、ポイント交換の申し込みだけではなく、貯まっているポイント数や、ポイントの有効期限、利用残高も確認できるので便利です。

電話申し込み

ポイントの交換は、電話で申し込むこともできます。カード会社に連絡をして、商品カタログを取り寄せるという方法です。
また、ポイント交換の申し込みのほかにも、現在のポイント数の確認をすることもできます。その場合は、本人確認が必要になるので、手元に現在利用中のクレジットカードを準備して電話するようにしましょう。
最近は、インターネットが主流になってきていますが、各カード会社とも、電話での対応もしているので、どうしてもインターネットが苦手という人でも、安心して利用することができます。

ポイントの利用方法

貯まったポイントは、様々な利用方法の中から選ぶことができます。どのような種類があるのか、詳しくみていきましょう。

カード利用料金に使う

クレジットカードのポイントは、毎月の利用料金の支払いに充てることができます。この方法は、単純にその月の支払い額を減らすことができるので、お得感があります。
しかし、クレジットカードの種類によって、交換レートが違うので、交換する前に確認するようにしましょう。
以下の表は、主なクレジットカードのポイントを、支払い料金に利用した場合の交換レートをまとめたものです。JCB一般カードは、交換レートを選べるので、二つ記載してあります。
クレジットカード名 ポイントの種類 最低利用可能ポイント数 交換レート
楽天カード 楽天スーパーポイント 1ポイントから利用可能 1ポイント1円として利用可能
ファミマTカード Tポイント 1ポイントから利用可能 1ポイント1円として利用可能
Orico Card THE POINT オリコポイント 利用料金への使用不可
JCB一般カード Oki Dokiポイント 500ポイントから利用可能 1ポイント3円として利用可能
JCB一般カード Oki Dokiポイント 1000ポイントから利用可能 1ポイント4.5円として利用可能
三井住友VISAクラシックカード ワールドプレゼント 200ポイントから利用可能 1ポイント3円として利用可能
複数の交換先から選ぶ
カード利用料金や年会費の支払いに利用するほかにも、航空会社のマイルや商品券にも交換することができ、自分のライフスタイルに合わせて、最適なものを選べます。
そのため、旅行や仕事などで飛行機に乗る機会が多い人は、マイルをたくさん貯めることができます。

クレジットカードのポイントについて。作り方から貯め方、使い方まで

ポイントのお得な交換先とは

ポイントの交換レートは、クレジットカードの種類によって異なります。交換するものによって、交換比率が変わってくるので、できるだけ交換比率が高いものを選ぶと、よりお得にポイントを交換することができます。

商品券への交換

商品券への交換は、各カード会社とも、交換比率が高くなっている傾向にあります。
商品券に交換するなら、欲しい電化製品などの商品に交換した方がよい気がしますが、商品に直接交換してしまうと、交換比率がよくない場合が多くあります。
そのため、一度商品券に交換してから、その商品券を使って買い物をする方がお得になります。
以下の表は、JCB一般カードのOkiDokiポイントで、商品券に交換した場合と、電化製品に交換した場合を比較したものです。
OkiDkiポイントで交換できる商品 商品の価値 使用したポイント数
JCBギフトカード5,000円分 5,000円 OkiDokiポイント1050ポイントを交換
アイリスオーヤマシュレッダー 3,758円 OkiDokiポイント1100ポイントを交換

商品券へ交換時の注意点

商品券への交換は、交換比率がよくお得なのですが、注意しなければならないこともあります。
商品券はたくさんの種類があります。例えば、VISAやJCBなどのギフトカード、図書カードなどです。
このように、複数の商品券がある場合は、それぞれの商品券によって交換比率が違う場合があります。商品券自体の価値は同じなため、最も交換比率が高い商品券に交換するようにしましょう。
先ほど紹介したOkiDokiポイントは、1050ポイントを5,000円分のギフトカードに交換でき、交換比率が高いポイントの一つとなっています。

他社ポイントへの交換

商品券だけではなく、他社ポイントや、電子マネーに交換することもできます。この方法も商品券と同じく、交換比率が高くなっています。
例えば、Tポイントや楽天ポイントは、ポイントをそのままネットショッピングで使うことができるので、普段からネットショッピングをよく利用する方には、お得な方法といえます。
また、VISAカードのワールドプレゼントは、1ポイントを3円分の楽天Edy(電子マネー)に交換できるほか、JCBのOkiDokiポイント1ポイントは、5ポイント分のnanacoに交換できます。
電子マネーをよく利用する人は、そのまま普段の買い物に利用することができてお得です。

nanacoを活用する

nanacoとは、セブンイレブンで使用できる電子マネーのことで、クレジットカード払いでチャージすることができます。
つまり、チャージをすることによって、クレジットカードのポイントが貯まります。そして、買い物の支払いには、チャージをしたnanacoを利用することで、nanacoポイントが貯まるので、結果的に両方のポイントを貯めることができます。

ポイント交換の注意点

せっかくポイントがたくさん貯まっても、使わなければ意味がありません。しかし、どのように使おうか迷っている間に、自分の好きなものに交換できなくなることもあります。ポイントを交換する際は、以下のことに注意しましょう。

交換条件の変更

各クレジット会社ごとに、最低交換可能ポイント数などの交換条件が異なります。また、これらの条件は、変わってしまうこともあります。
ポイントが貯まって、目当ての商品が見つかったら、できるだけ早く交換する方がよいでしょう。

ポイントを交換しやすいカード

クレジットカードごとに様々な特徴がありますが、ポイントに関しても同じように特徴があります。
各カード会社とも利用者に対して、ポイントを還元していますが、よりお得にポイントを利用するために、それぞれの特徴を理解しておきましょう。

交換可能な最低ポイント数

クレジットカードごとに、交換可能な最低ポイント数が異なります。例えば、1ポイントから交換できるカードもあれば、1000ポイント以上からでなければ、交換できないカードもあります。
以下の表は、主なクレジットカードのポイントを、電子マネーとマイルに交換する場合に必要な、最低ポイント数をまとめたものです。
クレジットカード名 ポイントの種類 電子マネーに交換 マイルに移行
楽天カード 楽天スーパーポイント 10ポイント以上から利用可能 50ポイント以上から交換可能
ファミマTカード Tポイント 電子マネーへの交換不可 500ポイント以上から交換可能
Orico Card THE POINT オリコポイント 1000ポイント以上から交換可能 1000ポイント以上から交換可能
JCB一般カード Oki Dokiポイント 200ポイント以上から交換可能 500ポイント以上から交換可能
三井住友VISAクラシックカード ワールドプレゼント 200ポイントから交換可能 1ポイントから交換可能

交換先の多さ

せっかくポイントをたくさん貯めても、目当ての交換先がなければ意味がありません。クレジットカードごとに、利用できる交換先が違うので、しっかりと確認しておきましょう。
多くのクレジットカードが、電子マネーや商品券、マイルに交換できます。それに加えて、楽天ポイントは、楽天市場で1ポイント1円で利用することができるので、そのままポイントで買い物ができて便利です。
また、Tポイントもネットショッピングで利用できるほか、提携している街のお店で支払いに使うこともできるので、選択肢が広がってお得です。

ポイント還元率の高さ

ポイントの還元率は、クレジットカードの種類によって異なります。より還元率の高いカードを利用することで、たくさんのポイントを貯めることができます。
以下の表は、主なクレジットカードのポイント還元率をまとめたものです。楽天カードとOrico Cardは1%なのに対して、そのほかのカードは、0.5%となっており、2倍もの差があります。
クレジットカード名 ポイント還元率
楽天カード 1%
ファミマTカード 0.5%
Orico Card THE POINT 1%
JCB一般カード 0.5%
三井住友VISAクラシックカード 0.5%

まとめ

クレジットカードのポイントが貯まったら、電話やインターネットで、ポイント交換の申し込みをしましょう。
電化製品などの商品にも交換できますが、利用料金に充てたり、商品券や電子マネー、マイルに交換したりすると、交換比率が高く、よりお得にポイントを利用することができます。
有効期限や、交換可能な最低ポイント数にも注意して、貯まったポイントを交換してみてください。

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 主婦が持っていると得するカードを教えてください。

    クレジットカードを複数枚持っていますが、カードは1枚の方がよいのでしょうか。それとも、それぞれのカードの特徴を調べて使い分けた方がいいのでしょうか。 枚数...

    50代 / 女性 / 静岡県 / 年収 301-400万円 / 既婚、子供1人

  • dカードゴールドの良さについて教えてください

    携帯電話をソフトバンクからdocomoに乗り換えの際dカードを勧められ入会しました。 dカードよりdカードゴールドの方が年会費1万円かかりますが携帯料金に...

    30代 / 女性 / 福岡県 / 年収 401-500万円 / 既婚

  • 海外でのクレジットカード決済について

    いつも海外渡航先の免税店でクレジットカードを利用すると日本円か現地通貨のどちらで決済するのか問われます。 大きな違いはないんじゃないかと思いますが渡航期間...

    40代 / 男性 / 東京都 / 年収 501-600万円 / 独身

  • エディオンカードの賢い使い方

    クレジットカードのポイントを貯めようと思うと生活費をクレジットカードの支払いばかりにすればポイントがどんどんたまりますが、カードなので使いすぎてしまい、支...

    30代 / 女性 / 岐阜県 / 年収 401-500万円 / 既婚、子供2人

クレジットカードの人気記事

カテゴリ