1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. クレジットカード・電子マネー徹底比較。おトクに使うには?

クレジットカード・電子マネー徹底比較。おトクに使うには?

日常的に利用されているクレジットカード、電子マネー。どちらも現金を支払うことなく決済することが可能ですが、支払いだけでなく、おトクなサービスや機能が盛り沢山。今回はクレジットカード、電子マネーそれぞれの違いや仕組み、よりおトクに活用する方法を公開します。

この記事の目次

クレジットカードとは

カード1枚で支払いすることが可能なため、現金が不要となります。購入時にカードポイントが送付され、全てのクレジットカードは「後払い式」です。使用する際はカード会社が購入代金を立て替え、後日請求となります。

また、クレジットカードには個人毎に利用できる限度額が設けられており、上限額を超えると使用不可となります。

クレジットカードのメリット

商品など購入する際、現金のやりとりが一切なくなるため、高額な金額を持ち運ぶことがなくなります。支払い方法も複数存在し、一括払い・分割払い・リボ払いとライフスタイルに合わせた支払い方法を選択できるのも魅力です。

また、クレジットカードを利用することでポイントが付与されます。ポイント還元率はカード会社により異なりますが、100円毎に1ポイント還元といったケースもあり、貯まったポイントはポイント数に応じて景品に交換することができたり、対象サイトでの購入時にポイント数相当の割引が受けられたりと非常におトクです。

電子マネーとは

電子マネーはクレジットカード同様、支払い時に現金のやりとりが不要となり、電子情報による決済が可能になります。おサイフケータイのようにチャージ不要で携帯電話をかざすだけで即座に支払いを行えるもの、カードにICチップが埋められているもの、予め現金をチャージしてからお支払いができるものなど多種多様となっております。

電子マネーの種類

プリペイド型

プリペイド型は、チャージを行う必要性のある先払い方式のものです。カードによっては使えるお店が限られている場合があり、チャージ上限額やチャージ方法も異なる場合があります。

(例:Suica・WAON・楽天Edy・nanaco・majica・au WALLET・T-MONEY)

ポストペイ型

ポストペイはチャージ不要の後払い方式のものです。クレジットカードに付帯する電子マネーになります。

チャージ残高を気にせず利用することができ、紛失・盗難への補償も受けられます。

(例:QUICPay・iD)

また、電車やバスなどの主に公共機関で使用される「交通系電子マネー」やコンビニや自販機などで使用される「商業系電子マネー」でも分類されます。

電子マネーのメリット

電子マネーのメリットは、使用方法は簡単で、専門機器にかざし1秒ほどで支払いが可能。決済時がスムーズ且つ時間がかからないことが最大の魅力です。

プリペイド型のメリット

プリペイド型は残額が少なくなった際、コンビニや専用機器などですぐにチャージすることが可能で、オートチャージに対応している電子マネーもあります。

また、商品を購入したり、公共交通機関を利用することでポイントが貯まるものもあり、貯まったポイントは商品の購入や交通系電子マネーであれば残高として1ポイント1円として利用することも可能です。

購入時のサインや暗証番号入力の必要もなく、カードを発行する際も審査はいりません。そのためすぐに作ることができ、金額の範囲内に利用が限られるので18歳未満の子供でも使うことが可能です。

ポストペイ型のメリット

ポストペイ型は後払いのためチャージ残高を気にせず利用することができ、万が一紛失・盗難にあった際でも補償を受けることができます。プリペイド型同様ポイントを貯めることも可能です。

よりおトクに使うには?

 

ここまで、クレジットカード、電子マネーの仕組みやメリットについて紹介しましたが、どちらも支払いがスムーズに行え、ポイントが様々なシーンで有効活用できることが可能ということが分かりました。しかし、これらをよりおトクに使うにはどうしたらよいのでしょうか。

クレジットカードと電子マネーの相性

実は必ずしも、クレジットカードか電子マネー、どちらか一方を選択しないといけないということはありません。クレジットカードと電子マネーは連携させることが可能なものもあり、ボーナスポイントや割引特典や還元率が上がるため、より使いやすくできるケースも多くあります。

おすすめ電子マネー

おすすめの電子マネーとして、まずはQUICPayをご紹介します。チャージ不要の後払い方式として多くのお店で利用可能となっています。

支払い方法は、カードをかざして利用する方法とおサイフケータイと紐づけもできるため、携帯電話をかざして利用する方法の2種類から選択できます。

続いてnanacoカード。セブンアイグループが展開している電子マネーで、チャージが必要な前払い方式となっています。カードをかざすだけで簡単に支払いが行えると同時に、ポイントの還元率が高くなっています。

最もおすすめなのが、クイックペイnanacoです。2つの電子マネーが一体化したことにより、利用できるお店の数が増えるなどのメリットがあります。

支払い方法も増え、nanaco残高からのお支払い、クイックペイからのお支払い、クレジットカードからのお支払いがあります。環境に合わせたお支払いができますので一体型が最もお勧めです。

おすすめクレジットカード

おすすめのクレジットカードとしては「楽天カード」をご紹介します。カードを申し込む際にキャンペーンとして一定の条件を満たせばポイントが後日付与されます。また、使用を重ねるとカード会員のランクがアップグレードします。

シルバー・ゴールド・プラチナ・ダイヤモンドと会員ランクがあがり、ポイントの還元率も高くなりダイヤモンドになると特別招待や豪華特典があり魅力です。

まとめ

クレジットカードと電子マネーをよりおトクに使うには、自分自身のライフスタイルに併せた選択が必要不可欠となります。また、必ずしもどちらか一方しか持てないというわけではないため、ポイント還元率や特典、自分が普段どのようなお店を利用するか?など様々な視点から吟味する必要があります。

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 還元率の高いクレジットカード

    今使っているオリコカードは作った時はすごく還元率が良かったのですがだんだんキャンペーンなどもなくなり今は前年度の利用金額がある一定以上じゃないとポイントの...

    40代 / 女性 / 北海道 / 年収 501-600万円 / 既婚、子供2人

  • クレジットカードの1番の利点について

    クレジットカードの種類がいろいろあり、用途によって使うクレジットカードを分けておりますが、それぞれの引き落とし日が違うので家計簿をつけことや、引き落とし日...

    40代 / 女性 / 埼玉県 / 年収 501-600万円 / 既婚、子供2人

  • 航空系で最も得なクレジットカードを知りたい

    現在クレジットカードと現金を混在して日々の支払いをしているが、全部クレジットカードにした方が得なのか。クレジットだとどうしても使いすぎてしまう印象があり、...

    20代 / 女性 / 静岡県 / 年収 1001万円以上 / 独身

  • クレジットカードの選択

    特定のスーパーの利用頻度が高いため専門店のクレジットカードを作りましたが、ポイント率が高かったり、持っていると利用価値が高いというようなクレジットカードは...

    40代 / 女性 / 神奈川県 / 年収 701-800万円 / 既婚、子供1人

クレジットカードの人気記事

カテゴリ