1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. Suicaオートチャージは関西は不可?代替方法について紹介

Suicaオートチャージは関西は不可?代替方法について紹介

『Suica(スイカ)』にはオートチャージ機能がありますが、Suicaの利用エリア以外で利用したときにも、オートチャージされるのでしょうか。関西でSuicaを利用した場合の、オートチャージについて知っておきましょう。

この記事の目次

【2019年最新】 ▼ 当サイトで申し込みの多い、Suica対応のクレジットカード

  • 【1位】ビックカメラSuicaカード
    31ヶ月連続1位 他の「ビューカード」の2倍もお得!ビックカメラで買い物をすれば還元率は10%!
  • 【2位】三井住友クラシックカード
    セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンなどの対象店舗で還元率2.5%と高還元!圧倒的な信頼感!
  • 【3位】JALカード Suica
    Suicaチャージ還元率は1.5%!マイルもザクザクたまる!

関西でのSuicaオートチャージについて

交通機関やショッピングのときに便利な交通系ICカードのSuicaですが、利用の際には事前のチャージ(入金)が必要です。しかし、Suicaはチャージの上限が2万円に設定されており、毎日使っているとすぐに残高が不足してしまいます。

まだ残高があると思っていたら実は残り少なくなっていて、改札が通れなかった、レジで残高不足を指摘されたということもあるでしょう。Suicaには、このようなミスを防ぐ機能として、『オートチャージ機能』があります。

Suicaトップ:JR東日本

オートチャージ機能とは

オートチャージ機能とは、Suicaの残高が一定額より少なくなったときに、自動改札機にタッチすると自動的に事前に設定した金額が入金される機能です。

Suicaの利用エリアの駅に設置されている、『VIEW ALTTE(ビューアルッテ)』というATMでSuicaとクレジットカードを連携させれば、オートチャージ機能が使えるようになります。

オートチャージが行われる残高や、オートチャージによる入金額は自分で決めることが可能です。

Suica・オートチャージのご利用・設定:ビューカード

ビューカードが必要

Suicaと連携させるクレジットカードは、どれでもよいわけではありません。『ビューカード』という、JR東日本が取り扱っているクレジットカードが必要です。

ビューカードには『ビュー・スイカカード』や『ビックカメラSuicaカード』など、いくつか種類があります。それぞれ特典やサービス、年会費などが異なるので、自分が使いやすいものを選びましょう。

ビューカードはSuicaを便利に使えるJR東日本グループのクレジットカード

関西ではオートチャージできない

自動改札機にかざすだけで自動チャージされる便利なオートチャージ機能ですが、オートチャージが使えるのは、以下のSuica利用エリアのみです。

  • 首都圏Suica・PASMOエリア
  • 新潟エリア
  • 仙台エリア

Suica自体は、関西を主要エリアとするICOCA(イコカ)やPiTaPa(ピタパ)の利用エリアでも相互利用できますが、オートチャージはできません。

オートチャージご利用可能の場所・エリア:ビューカード

関西ではどうするか

Suica利用エリア外ではオートチャージができないとなると、何かと不便です。関西で便利にSuicaを使うには、どうすればよいでしょうか。

モバイルSuicaの利用

関西で便利にSuicaを使うなら、モバイル端末で使える『モバイルSuica』を使ってみましょう。モバイルSuicaは、『おサイフケータイ機能』を利用した電子版のSuicaです。

事前にSuicaを登録しておけば、モバイル端末を改札やレジの決済端末にかざすだけで支払いが済ませられます。また、クレジットカードを登録しておけばモバイル端末からチャージできるので、オートチャージができなくても便利に使えるでしょう。

モバイルSuica:JR東日本

Apple Payの利用

iPhoneでSuicaを使うには、『Apple Pay(アップルペイ)』を利用します。Apple Payは、iPhone版のおサイフケータイのようなものです。

事前にクレジットカードやプリペイドカード、交通系ICカードを登録しておけば、iPhoneを改札やレジの決済端末にかざすだけで支払いが済ませられます。

Apple PayにSuicaとクレジットカードを登録すると、iPhoneからSuicaにチャージすることが可能です。

Apple PayのSuica:JR東日本

利用設定の方法

Android端末やiPhoneでSuicaを使うには、事前の設定が必要です。設定方法を見ていきましょう。

モバイルSuicaの場合

ここでは、Android端末でモバイルSuicaを使う場合の設定方法を説明します。

  1. Suicaアプリをダウンロードする
  2. 『新規入会登録』を選択する
  3. 規約を確認して『同意する』を選択する
  4. 必要項目を入力して『各種設定へ』を選択する
  5. 『定期券をモバイルSuicaに切替える』を選択する
  6. クレジットカード情報を入力して『確認画面へ』を選択する
  7. 『登録する』を選択して、設定を完了する

JR東日本:モバイルSuica>モバイルSuicaをはじめる

Apple Payの場合

iPhoneのApple PayでSuicaを使う場合の設定方法も見ていきましょう。

  1. プリインストールされているWallet(ウォレット)アプリを開く
  2. 右上の『+』をタップして『次へ』を選択する
  3. カード一覧からSuicaを選択する
  4. Suicaの裏面に印字されている番号の下4桁を入力する
  5. さらに必要項目を入力して『次へ』を選択する
  6. 利用規約を確認して『同意する』を選択する

ここまで完了したら、Suicaの情報を転送する作業に入ります。iPhoneをSuicaの上に置きましょう。すると、以下の画面が表示されます。

iPhone の上部をプラスチックカードの Suica の上に置いているところ

出典:Apple Pay に Suica を追加する - Apple サポート

iPhoneを動かさないようにして、転送が完了するまで待ちましょう。これで設定完了です。

まとめ

Suicaのオートチャージは大変便利な機能ですが、関西では利用できません。関西で便利にSuicaを使いたい場合は、モバイル端末の操作だけで手軽にチャージできるモバイルSuicaや、Apple PayのSuicaを使うとよいでしょう。

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

クレジットカードの人気記事

カテゴリ