1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. ブラックカードの条件とは。主な種類や特徴とともに紹介

ブラックカードの条件とは。主な種類や特徴とともに紹介

クレジットカードの種類の一つである『ブラックカード』の基本事項を詳しく解説します。また、ブラックカードを取得する条件についても紹介します。おすすめのブラックカードの種類や特徴も、併せて見ていきましょう。

この記事の目次

ブラックカードについて知ろう

『ブラックカード』は、クレジットカードの種類の一つです。クレジットカードには、利用目的や利用限度額などにより、以下の種類があります。

  • 一般的なクレジットカード
  • ゴールドカード
  • プラチナカード
  • ブラックカード

ここではまず、ブラックカードの基本事項を見ていきましょう。

ブラックカードとは

ブラックカードは、一般的なクレジットカードやゴールドカードに比べ取得が難しい一方、さまざまな付帯特典が受けられるクレジットカードです。

ブラックカードの取得に際し審査される項目には、以下があります。

  • 年収
  • カードの利用額や利用頻度
  • これまでの返済履歴

ブラックカードはインビテーションのみ

ブラックカードは、インビテーションによる申し込みしかできません。インビテーションとは、カードのグレードアップを案内する招待状です。

これまでのカード利用実績や利用者の年収などにより、ブラックカードの取得条件に該当するとされた利用者にのみ、カード会社からインビテーションが送られます。

なお、インビテーションは、封書のほか電話などでも行われることがあります。

ブラックカードの条件とは

ブラックカード利用者は特別な顧客とされるため、その他のカードにはない、さまざまな付帯特典が受けられます。

よって、ブラックカードを取得するには、いくつかの条件をクリアする必要があります。

年収

ブラックカードを取得するには、ある程度の年収があることが求められます。ブラックカードの取得に必要な年収額を明記しているカード会社はありませんが、一般的に1000万円以上の年収が必要でしょう。

年会費が高額であることを考えても、1000万円以上の年収がある人でなければ、ブラックカードを保有し続けるのは難しいといえます。

利用実績

ブラックカードを取得するには、これまでの利用実績も重要です。ブラックカードの取得でチェックされる利用実績には、以下があります。

  • 利用金額
  • 利用頻度
  • 返済状況

返済を滞納することなく、毎月高額の利用を続けている人であれば、年収にかかわらずブラックカードを取得できることもあるでしょう。

資産や職業

ブラックカードの取得には、保有資産や職業も関係します。保有資産は、預貯金だけでなく不動産なども対象です。

多くの資産を保有し、毎月多額のカード利用がある人は、ブラックカードを取得できる可能性があります。

また、ブラックカードを保有し続けていくためには、現在の年収が将来にわたり継続していくことが重要です。よって、ブラックカードの取得では、利用者の職業も審査されます。

会社の規模や成長性・勤続年数なども、ブラックカード取得の条件の一つになることは知っておきましょう。

ブラックカードの主な種類と特徴

ここでは、3種類のブラックカードを紹介します。それぞれの特徴を知り、自分に合ったカードを選びましょう。

Luxury Card Mastercard Black Card

Luxury Card Mastercard Black Card(ラグジュアリーカードマスターカードブラックカード)は、Luxury Cardと新生銀行が提携して発行する、ブラックカードです。

インビテーションではなく、利用者からの申し込みにより審査を受けられる点が特徴となっています。Mastercard Black Cardの特徴は、下表のとおりです。

項目 詳細
年会費 10万円(税抜き)
ポイント還元率 1.25%相当
付帯特典 24時間対応コンシェルジュ ・レストランの検索・予約
・チケットの手配
・プレゼントの提案
トラベル優待 ・ホテルの優待・アップグレード
・国内空港ラウンジの利用
・国際線手荷物無料宅配
その他特別優待 ・レストランへのリムジン送迎サービス
・会員限定ワインイベント
・映画館・国立美術館優待

Mastercard Black Card | ラグジュアリーカード

JCB ザ・クラス

JCB(ジェイシービー) ザ・クラスは、JCBカードが提供する最上位のカードです。JCB ザ・クラスを取得するには、JCBカードからのインビテーションを受けなければなりません。

JCB ザ・クラスの特徴を、下表にまとめます。

項目 詳細
年会費 5万円(税抜き)
付帯特典 ザ・クラス・コンシェルジュ
(24時間365日対応)
・旅行の手配
・ホテルやレストランの予約
・ゴルフ場の案内
ザ・クラス メンバーズ・セレクション 年に1回、JCBが選んだ商品の一つを、無料で利用できる
グルメ・ベネフィット
(期間限定)
国内のレストランで所定のコースを2人以上で予約すると、1人分の料金が無料になる

JCBザ・クラス|クレジットカードなら、JCBカード

ダイナースクラブ プレミアムカード

ダイナースクラブ プレミアムカードは、ダイナースクラブが提供する、最上位のカードです。ダイナースクラブ プレミアムカードを取得するには、インビテーションが必要です。

ダイナースクラブ プレミアムカードの特徴を、下表に紹介します。

項目 詳細
年会費 13万円(税抜き)
付帯特典 24時間対応コンシェルジュ ・レストランの予約
・ゴルフ場の予約
・旅行の手配
・プレゼントの手配
ダイナースクラブ 銀座プレミアムラウンジ 銀座の中心エリアに設けられたラウンジを利用できる
プレミアム エグゼクティブ ダイニング 2人以上でレストランのコースを利用した場合、1人分が無料になる
その他 ・国内外の空港にある850カ所のラウンジを利用
・会員限定ゴルフコンペの開催
・海外旅行中のサポート
・空港への無料送迎

ダイナースクラブ プレミアムカード | ダイナースクラブカード 日本で最初のクレジットカード

インビテーションを受けるために

最後に、ブラックカードのインビテーションを受けるポイントを解説します。インビテーションを得るポイントを知り、ブラックカードの取得を目指しましょう。

クレジットカードヒストリーを積み上げる

インビテーションを受けるには、ブラックカードを発行しているカード会社で、クレジットカードヒストリーを積み上げることが重要です。

クレジットカードヒストリーとは、カードの返済履歴のことです。ブラックカードを取得したいと考えている人は、毎月の返済を延滞しないようにしましょう。

なお、返済履歴は、カード会社内だけでなく個人信用情報にも記録されます。個人信用情報とは、クレジットカードやローンなどの契約内容や返済・支払状況・利用残高といった取引情報です。

金融機関は、加盟している信用情報機関に照会を行い、取引相手の信用力を確認できます。よって、過去に延滞した事実をカード会社に隠すことはできません。

年間の利用額目安

ブラックカードのインビテーションが送られているのは、毎月ある程度の金額の利用がある人です。

ブラックカードの取得に必要な年間利用額は一概にはいえませんが、年間300万円以上を目安に、利用実績を積み上げましょう。

支払回数や場所も重要?

ブラックカードの取得を目指す人は、カードの利用内容にも注意が必要です。安売りの店舗や激安ツアーを頻繁に使う人は、資産がそれほど多くないと判断される可能性があります。

また、高額の利用をしていたとしても分割払いが多い人は、ブラックカードのインビテーションからは外れることもあります。

まとめ

ブラックカードは、各クレジットカード会社が発行する最上位のカードです。ブラックカードの申し込みには、カード会社からのインビテーションが必要です。

ブラックカードの取得を目指す人は、ある程度の年収や資産を得ることに加え、優良顧客と認められる利用履歴を積み上げましょう。

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

クレジットカードの人気記事

カテゴリ