1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. 楽天カードの海外旅行保険は十分?補償内容と利用方法を解説

楽天カードの海外旅行保険は十分?補償内容と利用方法を解説

楽天カードには、海外旅行傷害保険が付帯します。しかし、保険を利用するにはいくつか条件があるので注意が必要です。この記事では、具体的な補償内容を解説し、保険の対象になる条件と実際の利用方法について解説します。是非参考にしてください。

この記事の目次

【2019年最新】 ▼ポイントが貯まりやすいクレジットカードはこちら

  • 【1位】楽天カード
    31ヶ月連続1位 ポイントがザクザク貯まる!TVCMでおなじみの楽天カード!
  • 【2位】JCB ORIGINAL SERIES
    最短翌日にカードが届く!ポイントサービスも充実
  • 【3位】Orico Card THE POINT
    発行してから半年間ポイント還元率が2%!通常でも1%の高還元率

海外旅行保険の内容は?

楽天カードには、海外旅行保険が付帯しています。最初に、カードの種類別にどのような保険がついているのか確認しましょう。

楽天カードの場合

通常の年会費無料の楽天カードにも海外旅行傷害保険が付きます。年会費無料で海外旅行保険が利用できるのでお得ですよね。保険の内容は下記の通りで、保証金額は最大2,000万円となっています。

保険の種類 保険の金額
傷害死亡・後遺障害 最大2,000万円
傷害治療費用 最大200万円
疾病治療費用 最大200万円
賠償責任(免責なし) 最大2,000万円
救援者費用 最大200万円
携行品損害(免責金額3,000円) 最大20万円

出典:海外旅行傷害保険

キャッシュレス診療できる?

楽天カードの付帯保険では、キャッシュレス診療はできません。キャッシュレス診療とは、利用者が医療費を建て替えずに、カードを提示するだけで診療を受ける方法です。

キャッシュレス診療ができないと、保険金が支払われるまで医療費を建て替えておかなければいけません。場合によっては、高額な医療費を建て替える必要もあります。あとで返金されるとはいえ、急に高額なお金を支払うのは不安ですよね。

そのため、医療費の建て替えが不安な方は、キャッシュレス診療に対応している保険に加入することをお勧めします。

楽天カードの詳細へ

楽天ゴールドカードの場合

楽天ゴールドカードは、年会費が2,160円で発行できるカードです。楽天市場で利用するとポイントが5倍になり、通常のカードよりもポイントが貯まりやすい点が特徴です。

楽天ゴールドカードの保険内容は、通常の楽天カードと同じになります。なので、通常の楽天カードよりも充実した海外旅行保険を利用したい方は、次で説明する楽天プレミアムカードがおすすめです。

出典:楽天ゴールドカードの付帯保険を教えてください。

楽天プレミアムカードの場合

楽天プレミアムカードは、年会費が10,800円のハイステータスのカードです。カードには、充実した保険が付帯します。カードの付帯保険は、下記の表の通りです。

保険の種類 保険の金額
傷害死亡・後遺障害 最大5,000万円
傷害治療費用 最大300万円
疾病治療費用 最大300万円
賠償責任(免責なし) 最大3,000万円
救援者費用 最大200万円
携行品損害(免責金額3,000円) 最大50万円


出典:楽天プレミアムカード

楽天カードの保険だけで十分?

年会費が無料の通常のカードでも、充実した保険が付帯しますが、訪れる国によっては十分でない場合もあります。

例えば、医療費の高いアメリカやヨーロッパでは、付帯保険だけでは医療費を賄えなこともあるので、保険会社で保険に入る方も多いです。旅行する国や期間にもよりますが、1週間の海外旅行の場合、数千円で加入できる保険会社もあります。

一方、医療費の安いフィリピンやタイでは付帯保険でも十分足ります。旅行に行く際は、旅行先の医療費について事前に調べておきましょう。

楽天カードの付帯保険には条件がある

上述した通り、楽天カードには海外旅行保険が付帯していますが、これは利用付帯となります。利用付帯では、旅行に関する交通費等でカードを利用しないと保険が適応されないのです。

電車代などの交通費を払う

空港に行くための電車やバスの乗車券の支払いで1円以上支払うと、保険の対象になります。交通費として、認められるのは、以下の4つです。

  • 空港までの電車
  • 空港までのバス
  • 空港までのタクシー
  • 地方空港から国際空港までの飛行機

自家用車やレンタカーは、交通費と認められないので注意してください。

ツアーの一部を払う

また、飛行機のチケットやツアーの代金の支払いでも構いません。ただし、これらは、出国前に決済する必要があります。海外旅行中の現地で、カードでツアー代金を支払ったとしても、認められないので注意してください。

ツアーや飛行機のチケットを購入する予定のある方は、出国前にカード決済してください。

付帯保険の使い方

旅行中に、万が一、保険を利用しなければいけなくなった場合、どうすればいいのでしょうか?実際の保険の使い方について解説します。

ケガや病気の場合

旅行中に、病気やケガをしてしまい病院に行く場合は、事前にカード会社に連絡する必要はありません。病院で診察を受け、診察後に保険金をもらうために必要な書類を忘れずに受け取ってください。

基本的に、保険金を受け取るためには、以下のものが必要です。

  • 保険金請求書及び事故状況報告書
  • 旅行を証明するパスポートのコピー
  • 事故証明書
  • 医師の診断書

また、病気やケガの内容によっては、その他の書類を用意する必要があります。必要な書類の詳細は、楽天カード保険デスクに電話して教えてもらいましょう。保険金の請求に必要です。

出典:海外旅行傷害保険

緊急医療の連絡先は?

上述した通り、基本的に病院に行く際は、事前に保険会社に連絡する必要はありません。ただし、救急車などの緊急医療が必要な際は、緊急医療アシスタンスサービスに連絡して下さい。連絡先は以下の通りです。電話番号は、旅行先の国によって異なります。

旅行先 電話番号
アメリカ本土・ハワイ・グアム・サイパン 1-877-300-3931
シンガポール 800-810-2355
中国(北部) 10800-813-2784
中国(南部) 10800-481-2967
その他の地域 81-18-888-9998

出典:海外旅行傷害保険

盗難・紛失の場合

携行品を盗難された場合、まずは最寄りの警察署に行きましょう。最寄りの警察署で、事故証明書など必要な書類を受け取って下さい。現地からカード会社に連絡する必要はありません。帰国後、楽天カード保険カードデスクに連絡して、保険金請求の手続きをすれば、保険が適応されます。

ただし、カードを盗難された場合は、カードの不正利用を防止するために、すぐにカード会社に連絡して下さい。

ロストバゲージも適用される?

携行品の紛失は保証されますが、ロストバゲージは保証されません。ロストバゲージとは、空港で預けた荷物が行方不明になったり、到着が遅れることです。

荷物が行方不明になると、旅行の日程を変更しなくてはいけないなど旅行に支障がでます。ロストバゲージが心配な方は、ロストバゲージも対象に含む保険に加入するといいでしょう。

まとめ

楽天カードには、海外旅行傷害保険が付帯します。ただし、旅行先の国によっては、付帯保険だけでは、十分でない場合もあります。付帯保険だけでは不安な方は、別の保険に加入するといいでしょう。

楽天カードの海外旅行傷害保険の場合、カードを持っているだけでは、保険の対象になりません。保険の対象になるには、旅費か空港までの交通費の一部をカード払いする必要があります。

また、現地で保険を利用する際は、保険会社に連絡する必要がありません。最寄りの病院や警察署に行ってください。その際、保険の請求に必要な書類を忘れずにもらう必要があります。

楽天カードの詳細へ

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • FXの成功方法について教えてください

    FXの成功方法を教えてほしいです。 資産運用するうえで、個人で簡単にはじめることができるFXにおいて、成功するにはどうしたらいいのか分かりません。 楽天F...

    30代 / 男性 / 東京都 / 年収 401-500万円 / 独身

  • 審査基準について教えてください。

    私はネットショッピングが好きで海外の製品(韓国など)の洋服を買うためにクレジットカードが必要になりました。そのため審査基準が簡単な楽天カードを申し込んだと...

    20代 / 女性 / 広島県 / 年収 300万円以下 / 独身

  • セゾンカードでのポイントや過払い金について

    ポイントを貯めて得する現在の世の中ですが、実際のところ現金で買い物するよりクレジットカードを使ってポイントを貯めたほうが経済的に利益になるのでしょうか?も...

    30代 / 女性 / 岩手県 / 年収 301-400万円 / 独身

クレジットカードの人気記事

カテゴリ