1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. 楽天カードの海外旅行保険の内容は?利用条件と利用方法まとめ

楽天カードの海外旅行保険の内容は?利用条件と利用方法まとめ

楽天カードはポイント還元率が高いおすすめカードですが、実は海外旅行保険もちゃんと付帯します。そこで、この記事では付帯保険の内容を解説し、保険の適用対象になる方法と旅行中に利用する方法を解説します。

この記事の目次

【2019年最新】 ▼ポイントが貯まりやすいクレジットカードはこちら

  • 【1位】楽天カード
    31ヶ月連続1位 ポイントがザクザク貯まる!TVCMでおなじみの楽天カード!
  • 【2位】JCB ORIGINAL SERIES
    最短翌日にカードが届く!ポイントサービスも充実
  • 【3位】Orico Card THE POINT
    発行してから半年間ポイント還元率が2%!通常でも1%の高還元率

楽天カードの海外旅行保険について

楽天カードの海外旅行保険はどのような内容なのでしょうか?

楽天カードとゴールドは保険内容が同じ

まずは、付帯している海外旅行保険から解説します。通常のカードとゴールドカードの保険内容は同じです。保険内容を、以下の表にまとめました。

保険の種類 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円
傷害治療費用 最高200万円
疾病治療費用 最高200万円
賠償責任(免責なし) 最高2,000万円
救援者費用 最高200万円
携行品損害(免責金額3,000円) 最高20万円

出典:海外旅行傷害保険

また、どちらのカードも利用付帯といって、カードで旅費の一部を出国前に利用しないと、保険が適応されないので注意してください。

楽天プレミアムカードの保険内容はどう違う?

楽天プレミアムカードでは、より手厚い補償がついています。通常のカードとゴールドカードと違い、カードを持っているだけで、保険が適用される自動付帯で、補償内容も充実しています。

保険の種類 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高5,000万円
傷害治療費用 最高300万円
疾病治療費用 最高300万円
賠償責任(免責なし) 最高2,000万円
救援者費用 最高300万円
携行品損害(免責金額3,000円) 最高20万円

さらに、ニューヨーク・ホノルル・パリ・ミラノ・上海など世界38拠点にあるトラベルデスクを利用できます。このサービスでは、レストランの手配などの旅行のサポートだけでなく、ケガや病気などの緊急時のサポートもしてくれます。

キャッシュレス診療は受けれない

楽天カードの付帯保険では、キャッシュレス診療が受けれられません。そのため、海外で診療を受けると、利用者が、保険金を受け取るまで、医療費を建て替えないといけないのです。

特に、アメリカなどでは、医療費が高額になる恐れもあります。高額な医療費を建て替えなければいけない点は、デメリットでしょう。

ロストバゲージも補償対象?

ロストバゲージとは、空港のチェックインカウンターで預けた荷物が紛失したり、延着したりすることです。自分の預けた荷物が行方不明になると、旅行の計画が台無しになる恐れもあります。

しかし、楽天カードの付帯保険では、ロストバゲージは補償の対象ではありません。そのため、ロストバゲージが不安な方は、別に海外旅行保険に加入する必要があります。

楽天カードの保険だけで十分?

では、海外旅行中に、万が一、ケガや病気になった際、付帯保険だけで十分なのでしょうか?

付帯保険で十分かどうかは、訪れる国によります。例えば、医療費が日本よりも安い台湾、韓国、東南アジアでは、付帯保険の補償金額で十分と言われています。一方、医療費が高いことで知られるアメリカの場合、付帯保険だけでは足りないでしょう。

楽天カードの付帯保険では不安な場合は、別の旅行保険に加入してください。

行く国や期間にもよりますが、保険会社では、1週間の旅行で数千円で入会することができます。

楽天カードの詳細へ

海外旅行保険の適用条件は?

楽天カードの保険が適用されるには、交通費か旅行代金の一部をカードで払わないといけません。そこで、カードの保険の適用条件について詳しく見ていきましょう。

電車代など交通費の一部を払う

まずは、交通費の一部をカードで払う場合について見ていきましょう。海外旅行にいくための空港までの交通費を1円以上カード払いすれば、保険の対象になります。

ただし、電車、バス、タクシーなどの公共交通機関のみ認めれらます。自家用車やレンタカーを利用しても、交通費として、認めれらません。

旅行代金の一部を楽天カードで払う

また、旅行代金の一部を1円以上カードで支払うことで、保険の適用対象になります。旅行代金の一部とは、パッケージツアーの料金や飛行機のチケットなどです。

ただし、出国前に、決済しなければいけません。そのため、海外旅行中に現地で、ツアーの料金を支払っても保険の適用対象にならないので、注意しましょう。

海外で利用する方法は?

最後に、海外旅行中に、万が一、保険を使わなければいけない際の対処法を紹介します。

病気やケガの際は?

病気やケガになった場合、利用者は、そのまま病院にいきましょう。病院で診察を受けてください。楽天カードに電話する必要はありません。帰国後、必要な書類をまとめて、保険金の請求をします。

また、現地で、診察を受ける際は、医師の診断書を忘れずに受け取ってください。保険金の請求に必要です。

緊急医療が必要な際は、三井住友海上の緊急医療アシスタンスサービスに連絡しましょう。救急車の手配などをしてくれます。

携行品を紛失した場合は?

携行品を紛失した際も、楽天カードに連絡する必要はありません。警察署に行き、事故証明など必要書類を取得しましょう。

カードを紛失した際は、第三者の不正利用を防止するために、カード会社に連絡してください。電話することで、渡航中のみ利用できる緊急カードを発行してもらえます。

連絡先

カードを紛失した際の連絡先は、紛失・盗難専用ダイヤルです。24時間対応しています。カードの紛失に気づいたら、すぐに連絡しましょう。以下の電話番号にかけると、紛失・盗難専用ダイヤルに繋がります。

  • 81-92-474-9256

出典:海外でのカードの紛失・盗難について

まとめ

楽天カードには、海外旅行保険が付帯します。年会費無料のカードの中では、ハイスペックな保険内容です。ただし、旅行する国によっては、付帯保険では、足りない場合もあります。特に、アメリカやヨーロッパを旅行する方は注意しましょう。

また、楽天カードは保険は利用付帯です。カードを持っているだけでは、保険の適用対象になりません。適用対象になるためには、旅費か空港までの交通費の一部をカード払いする必要があります。

万が一、現地で、病気やケガになってしまった場合は、病院に行きましょう。また、携行品を紛失した場合は、警察署に届け出を出してください。それぞれ、保険金請求に必要な書類は忘れずもらいましょう。

楽天カードの詳細へ

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • クレジットカードの使い方についてです。

    クレジットカードを何も考えずに使ってしまうと、 気がついたときには思っていたよりも たくさんの金額を使ってしまっていることがあり 控えて使うにしても現金よ...

    20代 / 女性 / 和歌山県 / 年収 300万円以下 / 独身

  • クレジットカードの提携について

    提携する会社はどのように決めているのでしょうか?クレジットカードを作りたくなった施設や会社でたとえばビザカードにしたいときに、選ぶことができないと他のカー...

    20代 / 女性 / 千葉県 / 年収 301-400万円 / 独身

  • エポスカードのリボ払いについて教えてください。

    リボでの支払いは大変便利だと思いますが、いくらまでのリボ対して月の支払いがいくらまでだと「便利」と言えるのでしょうか。 また、購入時に分割でカード決済して...

    40代 / 女性 / 東京都 / 年収 1001万円以上 / 既婚

  • オリコのポイント還元率について教えてください。

    どうしたら効率良く貯金ができるでしょうか? 私は浪費家というわけではありませんが、なかなか貯金をすることができません。ひと月の収入から各費用を差し引くと、...

    20代 / 男性 / 東京都 / 年収 300万円以下 / 独身

クレジットカードの人気記事

カテゴリ