1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. 三井住友VISAクラシックカードは発行するべき?そのメリットを解説

三井住友VISAクラシックカードは発行するべき?そのメリットを解説

三井住友VISAクラシックカードは、ステータス性のある一般カードです。セキュリティ対策も評判が高く、安定感のあるカードと言えます。この記事を読むことで、三井住友クラシックカードの特徴について深く理解することができるの是非ご覧ください。

この記事の目次

三井住友VISAクラシックカードとは

最初に、三井住友VISAクラシックカードの基本的な情報を確認していきます。

安定感のあるクレジットカード

三井住友VISAクラシックカードは、三井住友銀行が発行する一般カードの1つです。銀行が発行しているクレジットカードのことを「銀行系カード」といい、ステータス性が高く、安定感があるカードとされています。

なので、ステータス性を重視する方には非常におすすめの一般カードです。

年会費は?

オンラインで申し込むと、初年度が年会費無料、翌年度以降は年会費が1,350円(税込)で利用できます。

条件次第で翌年以降も無料に

ただし、以下の2つの条件を満たせば翌年以降も年会費が無料になります。

  • 「マイ・ペイすリボ」に登録する
  • 年に1回以上使用する

「マイ・ペイすリボ」とはいわゆるリボ払いのことで、月々の返済額があらかじめ設定した設定額に固定されます。年利が高いので登録したくない方も多いのではないのでしょうか?

その場合、月々の返済金額をカードの限度額に設定しましょう。限度額に設定すると、返済残高が積み上がってしまったり、返済に何年もかかったりすることはありません。

是非上記した2つの条件を満たし、年会費無料でカードを利用してください。

限度額は?

ショッピング枠の利用限度額は10万〜80万円です。入会時に、カード会社が年収や職業、信用情報を判断し、限度額を設定します。

ただし、学生の方は10万〜30万円に設定されるので気をつけてください。学生はアルバイトをしている方が多く、安定した収入は無いと判断されるので、限度額は低く設定されます。

審査基準は?

審査基準は、一般カードにおける標準レベルだと言えます。

申し込み条件は「満18歳以上の方(高校生を除く)」となっており、年齢や職業、年収の条件は記載されていません。

なので、信用情報がしっかりしている方は十分審査に通る可能性が高いです。

2種類のカードがある

三井住友クラシックカードには2種類あります。ポイントサービスや限度額は同じ内容となっており、大きな違いは海外旅行保険の内容です。後ほど、詳しく説明していきます。

種類 年会費(税込)
三井住友クラシックカード 1,350円
三井住友クラシックカードA 1,620円

三井住友VISAクラシックカードの詳細へ

三井住友VISAクラシックカードのメリット

メリットとしては、セキュリティの高さ、充実した海外旅行保険があげられるでしょう。それぞれ確認します。

セキュリティの評判が高い

クレジットカードの不正利用は怖いですよね。2018年度での被害額は約235億円となっており、カードを保有する際には注意しなければなりません。

出典:クレジットカード不正利用被害額の発生状況

三井住友VISAクラシックカードはセキュリティの評判が高く、安心して使えるカードの1つです。業界最高峰のセキュリティチェックシステムを導入しており、24時間、不正利用がないか確認をしています。

顔写真付きで不正利用を防ぐ

三井住友VISAクラシックカードでは、顔写真付きのカードを発行できます。自分以外の人がカードを使用しても、カードの写真と使用者の顔が違えば、店員の方もすぐに不正利用だとわかりますよね。

顔写真付きのカードを発行したい方は、カード発行後に申請する必要があります。また、Mastercardでは顔写真付きのカードを発行できないので、国際ブランドはVISAで申し込みましょう。

海外旅行保険について

クラシックカードでは海外旅行保険が利用付帯、クラシックカードAでは自動付帯します。

利用付帯とは、海外旅行に関する交通費やツアー料金の支払いでカードを利用すると保険が適応される付帯方法で、自動付帯とは、カードを所有しているだけで保険が適応される付帯方法です。

保険の内容は以下の通りになっています。

補償内容 補償金額(クラシックカード) 補償金額(クラシックカードA)
傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円 最高2,000万円(※)
傷害治療費用 最高50万円 最高100万円
疾病治療費用 最高50万円 最高100万円
賠償責任 最高2,000万円 最高2,500万円
携行品損害 最高15万円 最高20万円
救援者費用 最高100万円 最高150万円

(※300万円分は自動付帯、1700万円分が利用付帯となります)

出典:「海外旅行傷害保険」の詳細

海外によく行く方は、クラシックカードAをおすすめします。自動付帯なので安心して海外旅行を楽しむことができます。

三井住友VISAクラシックカードの詳細へ

三井住友VISAクラシックカードのデメリット

カードを発行する際には、ポイント還元率が重要ですよね。三井住友VISAクラシックカードのポイント還元率はどうなのでしょうか?

基本的なポイント還元率は0.5%

ポイント還元率が0.5%と他社のカードと比較しても高くはありません。例えば「楽天カード」ではポイント還元率は1%と高い水準となっています。

ただし、三井住友VISAクラシックカードでも、以下のサービスを利用するとポイントが貯まりやすいです。

  • 「ココイコ!」

「ココイコ!」とは、三井住友VISAカード会員が利用できるサービスです。事前に行きたいお店にエントリーし、カードを利用するとポイントが加算されたりキャッシュバックを受けることができます。

出典:ココイコ!

  • 「ポイントUPモール」

「ポイントUPモール」は、三井住友VISAカードの会員が利用できるオンラインショッピングモールです。ポイント還元率が2〜20倍になるので、非常にお得です。

楽天市場やAmazonも利用できます。

  • いつもの利用でポイント5倍

「ローソン」「セブンイレブン」「ファミリーマート」「マクドナルド」でカードを利用すると、ポイント還元率が5倍になります。

「iD」や「Apple Pay」で支払いをしてもポイントが貯まるので、是非活用してください。

学生の方はデビュープラスカードがおすすめ

デビュープラスカードとは、18歳〜25歳の学生限定で発行されるクレジットカードです。このカードは年に1回以上の利用で年会費が無料になり、ポイント還元率がいつでも2倍になります。

また、25歳を過ぎると自動的にプライムゴールドカードに切り替わります。

ポイントの使い道は豊富

貯めたポイントは、以下の方法で利用することができます。

  • 景品交換
  • マイレージ移行
  • キャッシュバック
  • ポイント移行
  • オンラインギフトカード
  • ふるさと納税で寄付

カードの申し込み方法

インターネットで申し込むと初年度の年会費が無料になるので、是非オンラインで申し込みを行いましょう。

申し込みの手順

申し込みの手順は以下の通りです。

  1. 申し込み内容を入力
  2. 支払い口座を設定
  3. 審査・カードの発行
  4. 自宅にカードが到着

最短3営業日でカードの発行、約1習慣でカードが到着します。通常、カードが到着するまで2週間ほどかかることが多いので、早くカードが欲しい方も安心して申し込めます。

まとめ

三井住友VISAクラシックカードはステータス性が高く、セキュリティの高さが評判のカードです。

ポイント還元率はそれほど高くはありませんが、カードの使い方によってはポイントが貯まりやすくなります。ステータス性の高い一般カードが欲しいという方は、是非申し込みましょう。

三井住友VISAクラシックカードの詳細へ

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • JALカードでマイルを貯めるのは特か。

    JALのマイルを貯めたいと思いJALカードを作ろうと思っていますが、年会費などの費用を考えるとお得なのかどうかわからず迷っています。夫婦で貯めようと考えて...

    30代 / 男性 / 北海道 / 年収 501-600万円 / 既婚、子供2人

  • クレジットカードの使い方についてです。

    クレジットカードを何も考えずに使ってしまうと、 気がついたときには思っていたよりも たくさんの金額を使ってしまっていることがあり 控えて使うにしても現金よ...

    20代 / 女性 / 和歌山県 / 年収 300万円以下 / 独身

  • JCBカードの有効なポイントの貯め方は?

    JCBカードを使う際において、有効にポイントを貯める為の使い方について教えて下さい。 他サイトを経由して交換、などといった方法や、クレジットカードを使う場...

    40代 / 男性 / 愛媛県 / 年収 301-400万円 / 独身

クレジットカードの人気記事

カテゴリ