1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. ブラックカードの種類とは。概要や保有のための条件について知ろう

ブラックカードの種類とは。概要や保有のための条件について知ろう

最高ステータスのクレジットカードとされるブラックカードですが、ブラックカードにはいくつか種類があります。種類別の概要やブラックカードを保有するための条件、インビテーションについて知り、ブラックカード取得を目指しましょう。

この記事の目次

  • 【1位】JCB CARD W
    10ヶ月連続1位 通常より2倍のポイントが貯まる、JCBの中でも高還元率のカード!
  • 【2位】三井住友VISAデビュープラスカード
    はじめてクレジットカードを作るというあなたにおススメ!定番の一枚!
  • 【3位】ACマスターカード
    急な出費で今すぐカードを作りたいあなたへ。最短30分で即日受け取り可能(※当社調べ)

ブラックカードとは

クレジットカードは、『シルバーカード(一般カード)』『ゴールドカード』『プラチナカード』など、いくつかのステータスに分かれています。その中で、最高ステータスとされるのが『ブラックカード』です。

入手難易度が非常に高く、所有している人をあまり見かけないブラックカードですが、そもそもブラックカードの定義とは何なのでしょうか。

明確には定義されていない

ブラックカードは、実はこれといった明確な定義はありません。一般的には、国際ブランドが発行するクレジットカードの中で、最高ステータスのクレジットカードを指します。

国際ブランドとは『Visa』『Mastercard』『JCB』『アメリカン・エキスプレス』『ダイナースクラブ』の、世界中で使えるクレジットカードブランドのことをいいます。

なぜ『ブラック』なのかというと、ブラックカードを最初に発行したアメリカン・エキスプレスが、優良顧客を優遇するために作ったカードが黒だったからです。

それを他のカード会社が真似したため、最高ステータスのクレジットカードが黒というカード会社が多く見られます。

プラチナとブラックの違い

ブラックカードは、どのカード会社でも発行しているものではありません。中には、プラチナカードが最高ステータスというカード会社もあります。

プラチナカードとブラックカードの違いも明確に定義されてはいません。プラチナカードが最高ステータスというカード会社のプラチナカードでは、ブラックカードと同レベルのサービスが受けられることもあります。

ただし、プラチナカードとブラックカードの2種類の取り扱いがあるカード会社の場合は、サービスの内容などに明確な差が付けられているのが基本です。

楽天カードについて

カードの色が黒く、ブラックカードと呼ばれてはいるものの、ブラックカードとはいえないブラックカードもあります。

例えば、楽天カードには発行にインビテーション(招待)が必要で、楽天カードの中で最高ステータスとされる『楽天ブラックカード』が存在します。

しかし、楽天ブラックカードは、Mastercardのステータスカードであることを示す、『World MasterCard』の称号を得ていないのです。

この他にも、そのカード会社では最高ステータスの扱いではあるものの、本来の意味でのブラックカードとはいえないブラックカードが存在します。

世界的にハイステータスと認められるブラックカードを入手したいのであれば、国際ブランドのブラックカードを狙いましょう。

ブラックカードの主な種類とは

ブラックカードというと、ブラックカードを初めて発行したアメリカン・エキスプレスの『アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード』が思い当たります。

入会金は35万円(税抜)、年会費が50万円(税抜)かかる代わりに、非常に豪華な優待が受けられる、海外でもハイステータスカードと認められているクレジットカードです。

それでは、他の国際ブランドのブラックカードは、どのようなものなのでしょうか。

JCB ザ・クラス

JCBのブラックカードは『JCBザ・クラス』です。年会費は5万円(税抜)とブラックカードの中では安めですが、入会にはJCBのインビテーションが必要です。

コンシェルジュサービスや空港ラウンジ使用権といったブラックカードらしい優待が受けられますが、中でも人気の優待はディズニー関連の優待です。

JCBは東京ディズニーランドのオフィシャルスポンサーであるため、アトラクション優先権やJCBスポンサーラウンジ使用権などが利用できます。

JCBザ・クラス|クレジットカードなら、JCBカード

Luxury Card Mastercard Black Card

Mastercardのブラックカードは、『Luxury Card Mastercard Black Card』です(※)。年会費は10万円(税抜)で、希望者が自分から申し込める、めずらしいブラックカードです。

提携ホテルの優待やグローバルコンシェルジュサービス、リムジンでの送迎など、レベルの高い優待が受けられます。

(※Mastercardは、このブラックカードが最高ステータスではありませんが、ブラックカードの一つとして紹介しています)

Luxury Card

ダイナースクラブ プレミアムカード

ダイナースクラブは、『ダイナースクラブプレミアムカード』というブラックカードを発行しています。以前は詳細が公開されていませんでしたが、現在はある程度情報が公開されています。

ダイナースクラブプレミアムカードの年会費は13万円(税抜)です。レストランの予約を頼めるプレミアム専用デスクや旅行のサポートが頼めるトラベルデスク、24時間対応のコンシェルジュなど、サービスが充実しています。

ダイナースクラブ プレミアムカード | ダイナースクラブカード 日本で最初のクレジットカード

ブラックカードに必要とされる条件

ブラックカードのインビテーションを受けるには、どのような条件を満たせばよいのでしょうか。

年収の目安

ブラックカードのインビテーションが届く年収の目安は1000万円とされていますが、具体的に公開している国際ブランドはありません。

年収が高いに越したことはありませんが、カード会社が優良顧客と判断する材料は年収だけではないので、あくまで目安と考えましょう。ただし、ブラックカードの多くは年会費が高額なので、それを支払えるだけの経済力は必要です。

特定の利用実績が求められることも

ブラックカードによっては、発行元のサービスを利用していることなど、インビテーションを得るために特定の利用実績を求められることがあります。

そのようなブラックカードは、年収よりも特定の利用実績を満たしているかが重視されるため、目安よりも低い年収でもインビテーションが届く可能性があります。

インビテーションを受けるために

ブラックカードのインビテーションを受けるためには、『クレジットヒストリー』や『利用代金の支払方法』なども重要なポイントです。

クレジットカードヒストリー

クレジットヒストリーとは、クレジットカードをどれくらい使っているか、きちんと返済しているかといった、クレジットカードの利用履歴のことです。

カード会社にとっての優良顧客とは、『たくさんクレジットカードを使ってくれる人』です。カード会社はクレジットカードの利用による手数料などが主な収入源であるため、クレジットカードが使われるほど利益が増えます。

継続して年間100万円、200万円とクレジットカードを使って、絶対に遅れることなく返済してくれる人は重要な顧客なので、ブラックカードのインビテーションが届きやすくなるのです。

まずは、自分が入手したいブラックカードの下位ステータスのクレジットカードを発行して、クレジットヒストリーを積んでみましょう。

支払い方法や使う場所について

利用代金の支払方法や、クレジットカードをよく使う場所もインビテーションに影響するといわれています。

利用代金を分割払いやリボ払いで支払う人は、あまり経済力がない可能性が高いからです。高額な支払いをしても一括払いをしていれば、それだけ経済力があることを示せます。

また、ブラックカードのターゲットは主に富裕層であるため、高級店や高級ホテルなど、富裕層向けの施設やサービスを利用している方が、目に留まりやすいでしょう。

まとめ

ブラックカードの明確な定義はありませんが、通常ブラックカードといわれるのは、国際ブランドの最高ステータスのクレジットカードです。

それ以外にもブラックカードと呼ばれるクレジットカードはありますが、世界でも認められるブラックカードを入手したい人は、国際ブランドのブラックカードを狙いましょう。

ブラックカードを発行するには、カード会社からのインビテーションが必要です。インビテーションはカード会社にとって優良顧客といえる人に届きます。

まずは狙っているブラックカードの下位ステータスのクレジットカードを発行し、カード会社に優良顧客と認められるような実績を作りましょう。

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 海外でのクレジットカード決済について

    いつも海外渡航先の免税店でクレジットカードを利用すると日本円か現地通貨のどちらで決済するのか問われます。 大きな違いはないんじゃないかと思いますが渡航期間...

    40代 / 男性 / 東京都 / 年収 501-600万円 / 独身

  • 楽天クレジットのポイント還元について教えて下さい

    今は、ネットショッピングでの支払いのみをカード払いにしています。楽天は還元率も良いですし、全ての支払い(スーパー、コンビニ、公共料金等)を楽天カードにした...

    30代 / 女性 / 秋田県 / 年収 301-400万円 / 独身

クレジットカードの人気記事

カテゴリ