1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. クレジットカードを止めるにはどうする?紛失や盗難の際の対処法

クレジットカードを止めるにはどうする?紛失や盗難の際の対処法

クレジットカードを紛失したり、盗まれたりした場合は、不正利用を防ぐために速やかに利用停止する必要があります。万が一のときにすぐに動けるように、クレジットカードの紛失、盗難時の対処法を知っておきましょう。

この記事の目次

  • 【1位】JCB CARD W
    10ヶ月連続1位 通常より2倍のポイントが貯まる、JCBの中でも高還元率のカード!
  • 【2位】三井住友VISAデビュープラスカード
    はじめてクレジットカードを作るというあなたにおススメ!定番の一枚!
  • 【3位】ACマスターカード
    急な出費で今すぐカードを作りたいあなたへ。最短30分で即日受け取り可能(※当社調べ)

クレジットカードの紛失・盗難に遭ったら

クレジットカードの紛失・盗難に遭った場合は、不正利用される前に急いで対処する必要があります。しかし、急いで対処しろといわれても、何をすればよいのでしょうか。

すぐにカード会社に電話して止める

クレジットカードの紛失・盗難に遭った場合、まず行うことは『カード会社に電話してクレジットカードの利用を止めてもらうこと』です。

そうすれば、万が一悪意がある第三者の手にクレジットカードが渡ったとしても、不正利用されることはありません。

アメックスやJCBなど主な会社の連絡先

カード会社は、クレジットカードの紛失・盗難に遭った人のために、24時間対応の専用の緊急ダイヤルを準備しています。

もしものときにすぐに連絡できるよう、自分が持っているクレジットカードの緊急ダイヤルを調べておきましょう。以下は、主なカード会社の連絡先です。

カード会社 連絡先
アメリカン・エキスプレスカード(一般カード) 0120-020120
03-3220-6100
JCBカード 0120-794-082
ダイナースクラブカード 0120-074-024
楽天カード 0120-86-6910
NICOSカード 0120-159-674
セゾンカード 0570-064-107
ライフカード 0120-225-331

警察への届け出

クレジットカードの利用を止めてもらったら、次は警察に行って『紛失届』や『盗難届』を提出しましょう。

クレジットカードをなくした程度で警察に行ってよいのかと迷う人もいるでしょう。しかし、警察に届け出ていないと、もしクレジットカードが不正利用された場合に、カード会社の補償が受けられなくなる可能性があります。

クレジットカードには、不正利用の被害額を補償するための『盗難補償』が付いていますが、紛失・盗難による補償は、警察に届けていることが条件になっている場合があるからです。

数十万円、数百万円の不正利用の被害が出て、補償が受けられなかったら大変です。きちんと警察に届け出ましょう。

紛失届の届出番号をカード会社に連絡

警察で紛失届や盗難届を提出したら、その証拠として届出番号が発行されます。あらためてカード会社に連絡し、届出番号を伝えましょう。

カードを止める際のポイント

不正利用を防ぐためには仕方ないとはいえ、クレジットカードを利用停止すると面倒な問題が起こります。

利用停止後は同じカードでの再開はできない

紛失・盗難によってクレジットカードを止めた場合、そのクレジットカードの利用は再開できません。紛失中に第三者がクレジットカードの番号や名義人、セキュリティコードなどを控えていて、悪用する可能性があるからです。

なくしたクレジットカードが警察に届けられていたり、自宅で見つかったりしても、クレジットカードを再発行するしかありません。

さらに、クレジットカードが破損したり、磁気不良を起こしたりして再発行するときとは異なり、クレジットカードの番号やセキュリティコードなどが変更されます。

利用停止による影響

紛失・盗難に遭ったクレジットカードがメインカードで、いろいろなサービスに登録していたとしたら、利用停止によってすべて登録し直すことになります。

公共料金や携帯料金などをクレジットカード払いにしている場合は、急いでカスタマーサポートに連絡しましょう。放置すると料金の請求ができないので、電気や携帯電話が止められる可能性があります。

また、ホテルやレンタカーの予約や予約商品を購入する際に、紛失・盗難に遭ったクレジットカードを使っていた場合、請求ができないと予約がキャンセルされる可能性もあります。

支払方法を変更するか、ホテルやレンタカー会社に連絡して支払いについて相談してみましょう。

不正利用に遭ったら

紛失・盗難に気づくのが遅れて不正利用に遭ってしまったら、どうすればよいのでしょうか。

不正利用は補償してくれる

もし、クレジットカードが不正利用されても、基本的にはカード会社が補償してくれます。ただし、補償されるのはショッピング枠の被害額のみです。また、不正利用についてカード会社に報告した日から、さかのぼって60日以内の被害に限られます。

クレジットカードを利用停止した後もこまめに利用明細をチェックして、不審な利用がないかを確認しましょう。

盗難補償を受けるための条件

盗難補償を受けるには、以下のような条件を満たしている必要があります。

  • 警察に紛失届や盗難届を提出している
  • 推測しにくい暗証番号を設定し、しっかり管理している
  • クレジットカードの裏面に署名している

警察に届け出ていても、届出番号が分からないと補償してもらえないこともあるので注意しましょう。

また、クレジットカードのキャッシングの被害は補償してもらえません。キャッシング利用時には暗証番号が必要で、キャッシングが不正利用されるということは、暗証番号が漏れるような管理をしていた名義人にも過失があるとされるためです。

また、裏面に署名がないクレジットカードの利用は規約違反なので、署名がないクレジットカードの被害も補償してもらえません。

再発行の流れと留意点

紛失・盗難によって利用停止したクレジットカードをもう1度使いたい場合は、クレジットカードを再発行する必要があります。再発行手続きの流れと留意点を見ていきましょう。

再発行の流れ

クレジットカードの再発行手続きは、以下の流れで進めます。

  1. カード会社にクレジットカードの再発行を依頼する
  2. 再発行の申込書が届くので、必要事項を記入して返送する
  3. 新しいクレジットカードが届く

利用停止時点で今までのクレジットカードは使えなくなるので、利用停止と併せてクレジットカードの再発行も依頼しておくとよいでしょう。

クレジットカードの再発行で注意したいのが、『再発行のときにも審査がある』ということです。頻繁に支払いを延滞していたり、他社で高額な借り入れをしていたりすると、再発行できない可能性があります。

また、新しいクレジットカードが届くまでには1~2週間程度かかること、再発行手数料がかかるケースがあることも理解しておきましょう。

カードの再登録を忘れずに

新しいクレジットカードが届いたら、以前のクレジットカードを登録していたサービスへの、クレジットカード情報の再登録を済ませましょう。

ECサイトの支払用に登録していた程度であればそれほど影響はありません。しかし、公共料金や携帯電話料金などは影響が大きいので、早めに再登録することが重要です。

普段からクレジットカード払いにしているサービスの一覧を作るなどしておけば、このようなときにスムーズに作業が進められます。

まとめ

クレジットカードの紛失・盗難に遭った場合は、不正利用される前に急いで利用を停止する必要があります。もしものときにすぐに連絡できるよう、自分が持っているクレジットカードの緊急ダイヤルをメモなどで保管しておくのがおすすめです。

なお、クレジットカードを紛失・盗難によって利用停止すると、そのクレジットカードは使えなくなるので、クレジットカードを再発行する必要があります。

再発行の際にクレジットカード番号やセキュリティコードなどが変更されるので、公共料金などのサービスに登録しているクレジットカード情報の更新が必要です。

このようなときにスムーズに作業が進められるよう、クレジットカードを登録しているサービスの一覧などを作っておくとよいでしょう。

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • カードの審査について

    カードの入会審査はどこまで確認されているのか。入会審査は、過去の本人の支払いいについて滞納などがないかの確認や、他にクレジットカードをどれくらい所有してい...

    20代 / 女性 / 千葉県 / 年収 401-500万円 / 既婚、子供1人

  • セゾンカードでのポイントや過払い金について

    ポイントを貯めて得する現在の世の中ですが、実際のところ現金で買い物するよりクレジットカードを使ってポイントを貯めたほうが経済的に利益になるのでしょうか?も...

    30代 / 女性 / 岩手県 / 年収 301-400万円 / 独身

クレジットカードの人気記事

カテゴリ