1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. デビットカードはコンビニでも使える?使い方やポイントのまとめ

デビットカードはコンビニでも使える?使い方やポイントのまとめ

決済用カードの一種であるデビットカードは、コンビニでも使えるのでしょうか。デビットカードを使える場所を把握しておきましょう。デビットカードの使い方や手数料、デビットカードが使えないときの対処法なども紹介します。

この記事の目次

  • 【1位】JCB CARD W
    10ヶ月連続1位 通常より2倍のポイントが貯まる、JCBの中でも高還元率のカード!
  • 【2位】三井住友VISAデビュープラスカード
    はじめてクレジットカードを作るというあなたにおススメ!定番の一枚!
  • 【3位】ACマスターカード
    急な出費で今すぐカードを作りたいあなたへ。最短30分で即日受け取り可能(※当社調べ)

デビットカードが使える場所

デビットカードは決済用カードの一種です。

出典:Visaデビット | Visa

クレジットカードのようなプラスチックカードで、カード番号・有効期限・名義人・セキュリティコードなどが印字されています。

使用方法もクレジットカードと大体同じです。ただし、利用代金が使用後すぐに口座から引き落とされること、審査不要で発行できることなどが、クレジットカードとは異なります。

クレジットカードの翌月払いが借金のようで抵抗がある人、専業主婦や学生など、収入がなくクレジットカードに申し込みづらい人などに向いているカードです。

しかし、クレジットカードと似ているといっても、クレジットカードのようにどこでも使えるものなのでしょうか。

国際ブランドはコンビニで使用可能

デビットカードには『国際ブランド付きデビットカード(ブランドデビット)』と、『J-Debit(ジェイデビット)』があります。

  • 国際ブランド付きデビットカード:VisaやJCBといった国際ブランドが付帯したデビットカード
  • J-Debit:国際ブランドが付帯していない、銀行のキャッシュカードと一体となったデビットカード

国際ブランド付きデビットカードは、その国際ブランドの加盟店での支払いに使えます。コンビニは基本的にすべての国際ブランドに対応しているので、どのデビットカードでも問題なく使えるでしょう。

J-DebitはJ-Debit加盟店での使用に限られており、ほとんどのコンビニはJ-Debit加盟店になっていないので使えません(※)。

(※飯田信用金庫など、一部の金融機関のJ-Debitはローソンで使えます)

その他デビットカードが使える主な場所

国際ブランド付きデビットカードは、コンビニ以外にも以下のような場所で使えます。

  • スーパー
  • ドラッグストア
  • 飲食店
  • デパート
  • ネットショップ

基本的に、クレジットカードが使える場所では、デビットカードも使えると考えて差し支えありません。海外の店舗やATMでも使えます。カードに付いている国際ブランドに対応しているかどうかだけ、よく確認しておきましょう。

ただし、高速道路やガソリンスタンド、飛行機の機内販売などは、国際ブランド付きデビットカードでも使えないことがあります。

また、月額払いのサービス(公共料金・携帯電話料金・動画配信サービスなど)でも使えないことがあるので、あらかじめ確認しておきましょう。

コンビニでの使い方

コンビニでの買い物代金を支払うときの流れやATMの入出金など、コンビニでのデビットカードの使い方を見ていきましょう。

利用の流れ

コンビニでの買い物代金をデビットカードで支払うときには、まず店員に『JCBで』『Visaで』というように、国際ブランドを伝えましょう。

そして、デビットカードを店員に渡す、または決済端末に挿入すれば支払いが完了します。

デビットカードは支払い直後に利用代金が引き落とされるので、分割払いやリボ払いはできません。支払回数を聞かれたときには、1回払いと伝えましょう。

少額なら暗証番号やサインは不要なことも

デビットカードで代金を支払うときに、代金が少額であれば暗証番号の入力やサインは不要です。

  • セブンイレブン:1万円以下の支払いはサイン不要
  • ローソン:1万円以下の支払いはサイン、暗証番号入力不要
  • ファミリーマート:4000円以下の支払いはサイン不要

コンビニATMでの入金や出金には使える?

デビットカードをさらに細かく分類すると、『一体型』と『単体型』に分かれます。

  • 一体型:銀行のキャッシュカードとデビットカードが一体になっているもの
  • 単体型:デビットカードとしての機能しか持たないもの

一体型のデビットカードであれば、コンビニATMでの入出金は可能です。ただし、デビットカードにはキャッシング機能が付いていないので、一体型のデビットカードであってもコンビニATMでお金を借りることはできません。

月額払い対応のカードもある

月額払いのサービスには使えないデビットカードが多いのですが、中には月額払い対応のものもあります。

一部公共料金などの支払いにも利用できる

月額払い対応のデビットカードは、以下のようなサービスに利用できます。

  • 一部の公共料金
  • 携帯電話料金
  • 動画配信サービス
  • 新聞購読料
  • NHK受信料

ただし、サービス側がデビットカード不可としていたり、使用できる国際ブランドが指定されていたりする場合があります。月額払い対応のデビットカードであれば、どこでも使えるわけではないので、前もって対象のサービスを確認しておきましょう。

月額払い対応カードのおすすめ

月額払い対応のデビットカードでおすすめなのは、『楽天銀行デビットカード』です。公共料金や携帯電話料金など、多数のサービスに対応しており、利用額に応じてポイントも貯まるのでお得に使えます。

はじめてのデビットカード、デビットカードとは?|楽天銀行

知っておきたいポイント

デビットカードの手数料やデビットカードが使えないときの対処法など、デビットカードについて知っておきたいポイントがあります。

デビットカードの手数料について

デビットカードの多くは、年会費や発行手数料などがかかりません。しかし、中には年会費がかかるものがあったり、初年度のみ無料のものがあったりするので、条件をよく確認しておきましょう。

また、日本国内の店舗で使用する場合は、基本的に手数料は無料です。しかし、海外の店舗やATMで使用すると手数料がかかるものが多いので、海外に持っていきたい人は手数料を調べておきましょう。

デビットカードで購入できない商品

デビットカードが使える店舗でも、特定の商品は購入できないケースがあります。例えば、コンビニでは、以下のような商品やサービスの支払いの際にデビットカードは使えません。

  • 公共料金、税金の収納代行(※)
  • 切手・はがき・印紙代
  • ごみ処理券や自治体指定ごみ袋
  • 電子マネーのチャージ

どの商品がデビットカード不可となるかは店舗によって異なるので、前もって確認しておきましょう。

(※デビットカード対応の公共料金でも、払込書を使ってコンビニで支払うときにはデビットカードは使えません)

使えない場合は残高などを確認

デビットカードが使えない原因としては、以下のようなことが考えられます。

  • 口座残高不足
  • 月額払いにデビットカードを使い、口座残高不足で立替金が発生している
  • 利用限度額を超過している
  • デビットカードに不具合が起きている

使えない場合の対処

デビットカードが使えない理由として1番に考えられるのが、『口座残高不足』です。デビットカードは口座残高を超えた支払いはできないので、口座残高を確認しましょう。

月額払いにデビットカードを使っていて口座残高不足が起きた場合は、発行元が立て替えてくれることがあります。この立替金を返済するまではデビットカードの利用が停止されるので、速やかに返済しましょう。

また、デビットカードには、1日あたり、1カ月あたりの利用限度額が設定されていることがあり、利用限度額を超えると使用できなくなります。この場合、利用限度額を変更するなどの対処が必要です。

デビットカードに不具合が起きている場合は発行元に連絡し、デビットカードを再発行してもらいましょう。

まとめ

デビットカードには『国際ブランド付きデビットカード』と『J-Debit』があり、国際ブランド付きデビットカードであれば、コンビニでも使用できます。

ただし、公共料金・税金の支払いや切手、はがき代などには使えません。店舗によってデビットカード不可の商品、サービスが異なるので、あらかじめ調べておきましょう。

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

クレジットカードの人気記事

カテゴリ