1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. デビットカードの種類を知ろう。特徴やおすすめカードの紹介

デビットカードの種類を知ろう。特徴やおすすめカードの紹介

デビットカードは自分の目的に合ったものを選ばなければ、あまり使えない可能性があります。デビットカードの種類と特徴、選び方などをしっかり理解しておきましょう。目的別のおすすめのデビットカードも紹介します。

この記事の目次

  • 【1位】JCB CARD W
    10ヶ月連続1位 通常より2倍のポイントが貯まる、JCBの中でも高還元率のカード!
  • 【2位】三井住友VISAデビュープラスカード
    はじめてクレジットカードを作るというあなたにおススメ!定番の一枚!
  • 【3位】ACマスターカード
    急な出費で今すぐカードを作りたいあなたへ。最短30分で即日受け取り可能(※当社調べ)

デビットカードの種類とは

デビットカードとは、クレジットカード代わりに使える支払用のカードのことです。カードの見た目は、クレジットカードと似ています。

出典:Visaデビット | Visa

クレジットカードと大きく異なる点は、発行元の金融機関の口座と紐付けられており、使ったらすぐに口座から代金が引き落とされることです。

口座に入金した金額以上の支払いはできないこと、翌月払いにならないことなどから、利用額が管理しやすいというメリットがあります。

デビットカードは2種類ある

デビットカードは、『国際ブランド付きのデビットカード』と『J-Debit(ジェイデビット)』の2種類に分かれます。それぞれの特徴を見てみましょう。

種類 特徴
国際ブランド付きのデビットカード ・カードに付いている国際ブランドの対応店舗で使える
・デビットカードの機能のみの『単体型』と、銀行のキャッシュカード機能も付いた『一体型』がある
J-Debit ・J-Debit加盟店で使える
・銀行のキャッシュカードにデビットカードの機能が付いている

J-Debitは海外では使えない

国際ブランド付きのデビットカードは、カードに付いている国際ブランドの対応店舗であれば、海外の店舗でも使えます。

一方、J-Debitは国内向けのサービスであり、海外にJ-Debit加盟店はないので、海外では使えません。

国際ブランドのデビットカード一覧

以下は、主な国際ブランド付きのデビットカードの一覧です。

名称 国際ブランド 発行元
SMBCデビット VISA 三井住友銀行
三菱UFJ-VISAデビット VISA 三菱UFJ銀行
みずほJCBデビット JCB みずほ銀行
楽天銀行デビットカード VISA・JCB 楽天銀行
イオン銀行キャッシュ+デビット JCB イオン銀行
ミライノ デビット PLATINUM Mastercard 住信SBIネット銀行
Sony Bank WALLET VISA ソニー銀行

上記の一覧から分かるように、デビットカードの国際ブランドはVISA・Mastercard・JCBのいずれかになるケースがほとんどです。各国際ブランドのデビットカードの特徴を紹介します。

VISAデビットカードの特徴

VISAは世界シェア1位の国際ブランドで、世界中にVISAの対応店舗があります。そのため、VISAのデビットカードは国内だけでなく、海外でも使いやすいのが特徴です。海外ATMでも使用可能で、VISA対応のATMであれば現地通貨を直接引き出せます。

デビットカードは発行元の銀行口座と紐付けられるのが基本なので、給与振込用の口座がある銀行のものを発行すると、資金を移動させる手間がかからず便利です。

三井住友銀行や三菱UFJ銀行などがVISAのデビットカードを発行しているので、給与振込用とデビットカードの代金引落用の口座を合わせやすい点もメリットといえます。

Visaデビット | Visa

Mastercardデビットカードの特徴

Mastercardも、VISAに負けないくらいのシェアを誇る国際ブランドです。そのため、海外で使いたい人にはMastercardのデビットカードも向いています。

海外の店舗で支払いをしたり、ATMで現地通貨を引き出したりできるほか、Mastercardコンタクトレス加盟店であれば、カードをかざすだけで支払いすることが可能です。

Mastercardのデビットカードの中には、ステータスカード並みの優待が受けられるものもあるので、優待内容を重視する人にも向いています。

デビットカード

JCBデビットカードの特徴

JCBのデビットカードは、国内の取扱金融機関の数が多いため、作りやすい点がメリットです。以前は海外で使える店舗が少なかったのですが、アメリカンエキスプレスとの提携により、海外でも使える店舗が増えています。

ホテルやツアーの予約、観光案内などをしてもらえる、日本語対応の海外窓口サービス『JCBプラザ』を利用できる点も魅力です。

JCBデビットはますます便利に。 | JCBデビット

デビットカードの選び方

数多くの金融機関がデビットカードを発行しているので、どれにすればよいのか分からないという人もいるでしょう。

利便性を考えると、給与振込用の口座がある金融機関のデビットカードを発行するのがおすすめです。それ以外のデビットカードも比較したいときは、『年会費』『優待』『ポイント還元率』を見てみましょう。

年会費

デビットカードは年会費がかからないものが多いのですが、年会費がかかるものも存在します。コストを重視するのであれば、年会費がかからないデビットカードを選んだ方がよいでしょう。

しかし、年会費がかかるデビットカードの中には、ポイント還元率が高いものや優待が豊富なものもあります。

多少年会費がかかっても、優待やポイント還元でお得になるデビットカードもあるので、年会費がかかるというだけで避けるのではなく、その他のメリットも比較してみましょう。

優待や還元率

デビットカードの優待は、発行元の金融機関の特徴が出ています。例えば、イオン銀行のデビットカードは、イオングループ対象店舗での利用で、ポイント優遇や買い物代金の割引といった優待を受けることが可能です。

また、デビットカードのポイント還元率は0.2~0.5%が一般的ですが、中には1%以上の高還元率のデビットカードもあります。こういった、優待の内容やポイント還元率でデビットカードを選ぶのもよいでしょう。

おすすめのデビットカード

最後に、目的別におすすめのデビットカードを紹介します。

コスパを求めるなら ミライノ デビット PLATINUM

コスパを求めるのであれば、『ミライノ デビット PLATINUM(プラチナム)』を検討してみましょう。年会費だけを見ると1万円(税別)もかかると避けたくなるデビットカードです。

しかし、旅行傷害保険・空港ラウンジ利用権・国際線手荷物無料宅配など、ゴールドカード並みの優待が受けられます。海外旅行によく行く人であれば、1万円の年会費も安く感じるでしょう。

ミライノ デビット PLATINUM(Mastercard) | 商品・サービス | 住信SBIネット銀行

優待で選ぶなら タカシマヤプラチナデビットカード

優待の充実度でいえば、『タカシマヤプラチナデビットカード』も負けていません。年会費は3万円(税別)と、やはり高額です。

しかし、空港ラウンジ利用権や24時間365日対応のコンシェルジュ・サービスなど、プラチナカード以上のクレジットカードでないと受けられない優待が付いています。

プラチナカード以上のクレジットカードは入手困難なので、苦労せずに優待だけ受けたいという人にはおすすめのデビットカードです。

タカシマヤプラチナデビットカード

海外旅行なら Sony Bank WALLET

海外旅行でデビットカードを使いたいのであれば、『Sony Bank WALLET(ソニーバンクウォレット)』がよいでしょう。

VISAのデビットカードなので、200以上の国と地域のVisa加盟店で使用でき、さらにATMで現地通貨を引き出すこともできます。前もって外貨口座を開設しておけば、海外利用時の手数料も安く済むのでお得です。

Sony Bank WALLET(Visaデビットカード)|MONEYKit - ソニー銀行

まとめ

デビットカードは、『国際ブランド付きのデビットカード』と『J-Debit(ジェイデビット)』の2種類に分かれています。それぞれの特徴を理解して、自分に合うものを発行しましょう。

また、デビットカードは年会費や優待、ポイント還元率なども大きく異なるので、各金融機関のデビットカードを比較してみることが重要です。

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • イオンカードをフル活用する方法を教えてください

    イオンカードの賢い使い方について教えてください。クレジットカードについては最近作ったばかりで、ポイントとはどうやったらもらえるのかすら理解できていません。...

    0代 / 女性 / 兵庫県 / 年収 601-700万円 / 独身

  • クレジットカードの海外使用について

    海外旅行に行くと、現金は最小限の両替にしてクレジットカードを使うようにしているのですが、海外手数料や事務手数料がかかると思います。それらは会社によって違う...

    20代 / 女性 / 兵庫県 / 年収 501-600万円 / 既婚

クレジットカードの人気記事

カテゴリ