1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. クレジットカードの解約に最適な期間とは?これが成立すれば解約OK

クレジットカードの解約に最適な期間とは?これが成立すれば解約OK

みなさんは、クレジットカードが不要となって解約をするときの注意点は何か、ご存知でしょうか?もし注意点に触れると、損が生じる場合があります。ここでは、損が無い適切なタイミングを掴むための、チェックポイントを紹介します。

この記事の目次

  • 【1位】JCB CARD W
    10ヶ月連続1位 通常より2倍のポイントが貯まる、JCBの中でも高還元率のカード!
  • 【2位】三井住友VISAデビュープラスカード
    はじめてクレジットカードを作るというあなたにおススメ!定番の一枚!
  • 【3位】ACマスターカード
    急な出費で今すぐカードを作りたいあなたへ。最短30分で即日受け取り可能(※当社調べ)

短期解約者というレッテル

解約をする際には、確認をしておくべき事項が何点かありますが、その前にチェックしておきたいのが、「入会からどれくらいの期間が経過しているかどうか?」です。

入会特典やキャンペーンだけを目的としたケースでよくあるのが「短期解約」です。この場合、企業側にはそれ相応の措置をとられます。

企業側の反応

クレジットカード企業は、慎重に審査をして、長期的に利用してくれる顧客だと信じた上で、入会を承認しています。その顧客が直ぐに解約をすると、企業側は利用しない顧客とみなして、信用はしてくれません。

加入から1年未満で解約をすると?

短期という時点で、企業側からの信用は低落しています。このときに勘違いしてはいけないのが、解約の件はその企業だけの問題ではないということです。

入会の際に申請した個人情報や今迄の使用状況は、解約した企業は勿論のこと、信用情報機関にも伝わっていて、そこを介することで、他企業へも伝わります。

こうして伝わることで、別の企業へ新規で申請しても、過去に短期で解約をしたという情報が伝わっているため、今後の審査が通りにくくなるのです。最低でも、1年以上の入会期間を心得ておきましょう。

(※信用情報機関とは、入会者の個人情報や利用歴を管理している機関で、加盟しているクレジットカード会社は、ここの情報を元に審査を行っています)

やっておくべき確認事項

入会して既に1年経っているということを前提として、いざ解約に向けて確認をしたいのが以下になります。

未払金の有無

ローンのことです。ローンが無ければ、この確認はクリアですが、今までの支払いに未払い金がある場合は、清算をしなくてはなりません。

清算をしないで解約を進めた場合は、企業の方から一括の請求をされることとなります。一括で払うことができない場合は、毎月指定された金額を振り込んで支払うという形になります。

解約自体はできても、解約後に借金を背負うということの無いように、この段階で清算をしておくのがベターです。

貯まったポイントの残高

解約をすると、今までに貯まったポイントは無くなります。今まで全く興味を示さなかったために、知らない内に沢山のポイントが溜まっていた、ということがあります。

貯まったポイントはサービス用途として、商品や金券との引き換えがあります。もし数万にも上るポイントが溜まっていたら、それだけの金品を得ることができるわけです。

全然無ければ、使い道が無いということで、この事項はスルーですが、使えるに越したことはありません。貯まったポイントは1種のお金と考えた上で、今一度ポイントの有無を確認して、解約前に使い切りましょう。

引き落としによる支払い方法の変更

光熱費や携帯電話やインターネット利用料といった、公共料金の支払い方法で「引き落とし」を利用されている場合は、変更をする必要があります。

引き落とし先は、解約のことは知りません。問い合わせて支払い方法を替えるか、別のクレジットカードでの引き落としを申請しましょう。

料金を支払わないままにすると「延滞」とみなされます。延滞は、今後のクレジットカードの利用に影響を及ぼすので、支払い方法の変更を忘れることの無いように気を付けましょう。

変更しないまま延滞した場合の影響

支払われないまま放置された料金は、信用情報機関へ「延滞」として記録をされます。これはたかが1つの記録というものではありません。これ1つで、支払わない顧客というイメージが生じます。

新しく入会を試みても、延滞という情報があると、「不利益な顧客」と思われて、審査が通らなくなる可能性が大幅に高まります。

解約の際に引き落としの変更を行うことの重要性は、延滞の防止というのが強いです。忘れないで変更をしておきましょう。

ETCカードの利用

高速道路などの通行料として利用されるETCカードですが、この支払いの仕組みは、ETCカードが通行料を媒介することで、紐づけのクレジットカードでの支払いが受理されるというものです。

紐づけのカードを解約すると、通行料は受理されなくなって、通行はできません。引き続き利用する場合は、解約をする前に新しいものを申請して、別のと紐付けをする必要があります。

この順番ですが、先に解約をすると、同時にETCカードも無効となって、発行することはできません。先に新しいETCカードの準備をしてから、解約は進めましょう。

年会費の支払い

年会費はクレジットカードの利用料と思っていただければ良いです。今年も利用させてもらう前提での支払いなので、支払った直後の解約では、無意味な支払いとなってしまいます。

年会費の額は数万~数十万へ上ります。この金額が、そのまま損にならないために、解約は年会費が発生する前に行いましょう。

基本的には、年会費の支払いはカードに記載されている発行月となります。解約の手続きは、年会費が発生する、発行月の1カ月前に行うのがベストです。

また、年会費が発生間近の通知が、発行月の3カ月以内に届きますので、届いたときは確認事項である「年会費の支払い」がクリアできたと考えて良いです。

代わりとなるカードの有無

解約をするということは、今迄できたことが、できなくなるということです。もし今後もクレジットカードの利用が必要なのであれば、代わりとなるカードが手元にあるかどうかを確認しましょう。

海外旅行をする方は、海外でも使用できるVISAやMASTERは残しておいた方が無難です。今後の必要性を見通した上で、代わりとなるカードの有無を確認しましょう。

有ればそれを代用し、無ければ利用しないという方針が固まるまでは、解約は控えた方が無難です。

まとめ

クレジットカードは様々な支払いの用途として、自分の口座や各引き落とし先と繋がっています。その繋がりを片付けるのも、解約手続きの内の1つなのです。

ローンや延滞や審査の否決といった損を防ぐためにも、紹介した各事項を確認することで、損の無い解約ができます。解約の手続きをする前に、適切な解約のタイミングを確かめることが大切です。

クレジットカードの解約。年会費や引き落としなどの疑問を解決

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 楽天カードのポイントについて教えてください。

    よろしくお願いいたします。 今、私の使用しているカードは伊勢丹カードと楽天カードです。 伊勢丹カード(MAカード)は百貨店の買い物などに使っていますが、1...

    40代 / 女性 / 静岡県 / 年収 300万円以下 / 独身

  • 出光カードのまいどプラス制度について

    出光カードのまいどプラス制度についての質問をさせていただきます。わたしが以前出光興産株式会社に勤めていた際に、社員制度のために強制入会させられました。その...

    30代 / 女性 / 埼玉県 / 年収 300万円以下 / 独身

  • エポスカードのポイントについて

    いつもポイントをためてもどのように使ったらいいのか分からず、貯めるだけになっています。 クレジットカードをもってもそのカードの良い所を全然いかせてない感じ...

    30代 / 女性 / 兵庫県 / 年収 300万円以下 / 独身

  • マイルやポイントについて

    クレジットカードの所持する特典の一つと考えているのは、ポイントやマイルの付与だと思っています。 今、世の中にクレジットカードは、銀行系や信販系のものなど幅...

    40代 / 男性 / 長野県 / 年収 801-900万円 / 既婚、子供3人以上

クレジットカードの人気記事

カテゴリ