1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. デビットカードに手数料はかかる?特徴や主な手数料のまとめ

デビットカードに手数料はかかる?特徴や主な手数料のまとめ

審査不要で手軽に発行できるため、クレジットカードの代わりにデビットカードを使うか考えている人もいるでしょう。しかし、デビットカードは発行や支払いの際に手数料はかかるのでしょうか。デビットカードの特徴や手数料について知っておきましょう。

この記事の目次

デビットカードの特徴

デビットカードとは、クレジットカードと同じように使える支払用カードのことです。

出典:Visaデビット | Visa

見た目も使用方法もクレジットカードとほとんど同じですが、利用代金の支払いの仕組みや審査などの面で、クレジットカードと大きく異なる点があります。

支払いの仕組み

クレジットカードは1カ月分の利用代金が、翌月以降にまとめて預金口座から引き落とされます。また、クレジットカードには人それぞれ利用可能額が定められており、利用可能額の範囲内であれば、口座の残高以上の支払いをすることも可能です。

一方、デビットカードは決済と同時に、登録した預金口座から利用代金が全額引き落とされます。そのため、口座の残高以上の支払いをすることはできません。

口座の残高以上の支払いをしようとしても、エラーが出て支払いが完了できないので注意しましょう。

クレジットカードとの比較

デビットカードとクレジットカードには、以下のような違いもあります。

デビットカード クレジットカード
・審査不要で発行できる
・15歳から発行できるものがある
・利用可能時間が決まっているものがある
・利用代金の支払方法は一括払いのみ
・審査を通過しないと発行できない
・発行できるのは原則18歳以上の人のみ
・24時間、365日いつでも利用できる
・一括払いの他に、分割払いやリボ払いといった支払方法がある

知っておくべきポイント

デビットカードには、VisaやJCBなどの国際ブランドが付いたものと、銀行のキャッシュカード一体型の、国際ブランドがない『J-Debit(ジェイデビット)』があります。

国際ブランド付きのものは、その国際ブランドに対応している店舗であれば、どこでも使用可能です。しかし、J-DebitはJ-Debit加盟店でしか使えません。

また、国際ブランド付きのデビットカードでも、利用可能時間が設定されており、利用可能時間外は支払いに使えないものがあるので注意が必要です。

さらに、デビットカードの中には支払い1回あたり、1カ月あたりなどで、利用金額の上限が設定されているものがあります。この場合、どれだけ口座に残高があっても上限以上の支払いはできません。

デビットカードの手数料

クレジットカードの中には、年会費や発行手数料がかかるものがありますが、デビットカードにも年会費や発行手数料がかかるものがあるのでしょうか。

金利

クレジットカードのサイトを見ると、『金利』の表示があります。金利とは、借入額に対する利息の割合のことです。

クレジットカードの分割払いやリボ払いは、カード会社からお金を借り入れているようなものなので、支払額に手数料として利息が加算されます。クレジットカードのサイトにある金利は、この利息がいくらになるのかを表しているのです。

デビットカードは分割払いやリボ払いができず、利用後すぐに口座から利用代金が引き落とされるので、利息が付くことはありません。そのため、デビットカードのサイトには、金利の表示もないのです。

年会費や発行手数料

多くのデビットカードは、年会費・発行手数料ともに無料です。ただし、年会費や発行手数料がかかるもの、初年度のみ無料で翌年以降は年会費がかかるものなどもあるので、念のため調べておきましょう。

銀行手数料について

デビットカードの利用代金引落用に指定できる口座は、そのデビットカードを発行している金融機関の口座に限られるのが一般的です。

給与振込用の口座とデビットカードの利用代金引落用口座が異なると、ATMなどで入出金する機会が増えるでしょう。

そのため、入金のタイミングや金額に注意しないと、ATM手数料がかさむ可能性があります。可能であれば、給与振込用の口座を開設している金融機関のデビットカードを発行した方がよいでしょう。

海外での利用について

国際ブランド付きのデビットカードの多くは、海外の店舗でも使用できます。ただし、国内の店舗での支払い時には手数料はかかりませんが、海外の店舗での支払い時には、海外レート+3%前後の手数料がかかるので注意が必要です。

また、海外ATMで現地通貨を引き出すこともできますが、その際にも手数料がかかることがあります。

種類 店頭決済 キャッシング
楽天銀行デビットカード 海外レート+3.024% 無料
三菱UFJVisaデビットカード 海外レート+3% 108円
JNBVisaデビットカード 海外レート+3.02% 無料
ソニー銀行デビットカード 海外レート+1.76% 216円

デビットカード使用の流れ

最後に、店舗・ネット・海外でデビットカードを使うときの流れを紹介します。

店頭での支払い

店舗でデビットカードを使う流れは、クレジットカードと変わりません。カード決済することを伝え、デビットカードを店員に渡すか、決済端末に挿入しましょう。

すると、機械がデビットカードの情報を読み込んで、支払いが完了します。分割払いやリボ払いはできないので、支払回数は1回にしましょう。

なお、店舗で『デビットカード払い』というと、使用を断られるケースがあるので注意が必要です。『デビットカード』というと、国際ブランド付きのデビットカードなのか、J-Debitなのかがわかりません。

J-Debitと判断された場合、その店舗がJ-Debit加盟店でないと使用を断られてしまうのです。『カード払いで』というか、『JCBで』など国際ブランドをいうとよいでしょう。

ネットでの支払い

ネットでの支払いにデビットカードを使う場合の流れも、クレジットカードと同じです。支払方法の選択画面でクレジットカードを選び、カード情報入力画面でデビットカードの情報を入力します。

もし、支払方法の選択画面にデビットカードの表示があったら、デビットカードを選択しましょう。

海外での利用方法

デビットカードを海外の店舗で使う場合は、クレジットカードと同じ流れで使用します。国内と同じくJ-Debitと判断されないように、『カード払いで』『JCB』などと伝えましょう。ATMで現地通貨を引き出す場合は、以下の流れでATMを操作します。

  1. ATMにデビットカードを挿入する
  2. PIN(暗証番号)を入力し、ENTERをタップ
  3. 取引内容の選択画面でWITHDRAWAL(引き出し)をタップ
  4. 取引口座の選択画面でSAVINGS(預金)をタップ
  5. 引き出したい金額を入力する
  6. デビットカードと現金、明細書を受け取る

なお、ATMによって対応している国際ブランドが異なります。自分が所持しているデビットカードの国際ブランド対応のATMを使いましょう。

まとめ

デビットカードは、見た目も使い方もクレジットカードとほとんど同じ支払用カードですが、使用直後に口座から利用代金が引き落とされるという特徴があります。

分割払いやリボ払いはできないので、利息がかかることはありません。また、年会費や発行手数料も無料のものがほとんどですが、年会費がかかる場合もあるので、事前に調べておきましょう。

また、国内での支払いであれば、手数料がかかることはありません。しかし、海外の店舗やATMで使用する場合は手数料がかかるので注意が必要です。

海外使用時の手数料の金額は、デビットカードによって異なるので、海外で使う予定がある場合は、できるだけ手数料が安いものを作っておくとよいでしょう。

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • マイルやポイントについて

    クレジットカードの所持する特典の一つと考えているのは、ポイントやマイルの付与だと思っています。 今、世の中にクレジットカードは、銀行系や信販系のものなど幅...

    40代 / 男性 / 長野県 / 年収 801-900万円 / 既婚、子供3人以上

  • クレジットカードの年会費について

    クレジットカードの年会費って無料から数万円までありますが、ゴールド会員以上のステータスや付加価値を求めない(イメージとしてはアメリカンエキスプレスのグリー...

    50代 / 男性 / 東京都 / 年収 701-800万円 / 既婚

クレジットカードの人気記事

カテゴリ