1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. デビットカードを海外で使うメリットとは。使い方や注意点のまとめ

デビットカードを海外で使うメリットとは。使い方や注意点のまとめ

デビットカードは日本国内だけでなく、海外のお店やホテルでの支払いにも使えます。海外でデビットカードを使うメリットや使い方、注意点を知っておきましょう。海外で使うデビットカードを選ぶときのポイントも紹介します。

この記事の目次

海外でデビットカードを使うメリット

デビットカードとは、決済と同時に銀行口座から代金が引き落とされる、決済用のカードのことです。日本国内だけでなく、海外でも使用できます。

海外で決済に使うのであれば、クレジットカードでよいのではないかと考える人もいるでしょう。しかし、デビットカードを海外で使うメリットがあるのです。

JCBデビットはますます便利に。 | JCBデビット

使いすぎの心配がない

デビットカードを海外で使う大きなメリットは、使い過ぎの心配がないということです。デビットカードは、口座内の残高がなくなると決済できなくなります。

あらかじめ今回の海外旅行で使う分だけ銀行口座に入金しておけば、予算を超えることがありません。

一方、クレジットカードは、利用可能額の範囲内であればいくらでも決済できます。利用可能額とは、そのクレジットカードで決済できる金額の上限のことです。

人によっては利用可能額が数百万円に設定されていることもあるので、ついつい使いすぎて、あとから返済に困る可能性があります。

利用特典が受けられる

デビットカードの中には、海外利用で特典が受けられるものがあります。例えば、楽天銀行のシルバー、またはゴールドデビットカードであれば、Visaゴールドの優待が利用可能です。

西日本シティ銀行のNCBデビット-JCBは、海外利用でOki Dokiポイントが2倍貯まります。特典の有無や内容はデビットカードによって異なるので、各社のデビットカードを比較してみましょう。

楽天デビットVisa優待特典のご紹介|楽天銀行
詳細 | 特典 | NCBデビット-JCB | NCBデビット | 便利に使う | 西日本シティ銀行

海外でのデビットカードの使い方

海外のお店でどうやってデビットカード払いするのか、デビットカードの使い方を見ていきましょう。

店頭決済の場合

お店やホテルなどの店頭決済にデビットカードを使う方法は、クレジットカード払いのときと同じです。

ただし、『JCBで』『Visaで』など、デビットカードの国際ブランドを伝えましょう。決済と同時に引き落としなので、支払回数は1回にします。

チップについて

海外ではチップを支払うことがありますが、デビットカードが使える場所では、基本的にチップもデビットカードで支払えます。チップの支払手順を見てみましょう。

  1. 店員にカード払いで決済することを伝える
  2. 代金の伝票とカード払い用の伝票を受け取る
  3. カード払い用の伝票のチップの欄にチップの金額を記入する
  4. カード払い用の伝票の総額の欄に、『チップの金額+代金の伝票にある金額』を記入する
  5. 決済が完了したら伝票にサインする

決済端末での処理になるケースもありますが、手書きか端末への入力かが違うだけで、流れはほぼ同じです。

なお、手書きの伝票は勝手に金額を書きかえられる恐れがあります。金額の後に『‐(ハイフン)』を付けるなど、書き換えられないようにしておきましょう。

ATMキャッシング時の引き出し方

デビットカードは、海外のATMキャッシングにも利用できます。まずは、デビットカードの国際ブランドが使えるATMを探しましょう。ATMは、以下の手順で操作します。

  1. デビットカードを挿入する
  2. ENTER PIN(暗証番号)を入力して、ENTERを押す
  3. 取引内容の選択画面が表示されるので、WITHDRAWL(引き出し)を押す
  4. 取引口座の選択画面が表示されるので、SAVINGS(預金)を押す
  5. 引き出したい金額を選択する
  6. デビットカードと現金、明細書を受け取る

これで現地通貨が引き出せるので、わざわざ両替する必要はありません。なお、ATMによっては日本語に対応しているので、自信がない人は日本語を選択しましょう。

デビットカード利用の注意点

海外でデビットカードを使うことにはさまざまなメリットがありますが、注意したいこともあります。

使えないデビットカードもある

デビットカードの中には、J-Debit(ジェイデビット)という、銀行のキャッシュカードとデビットカードが一体化したものがあります。J-Debitは日本国内のみのサービスなので、海外では使えません。

海外での決済時に『デビットカードで』と伝えてしまうと、J-Debitと判断されて決済を断られる可能性があるので、国際ブランドを伝えるようにしましょう。

使えない場所がある

デビットカードはクレジットカード払いができる場所であれば、基本的に使用可能です。ただし、デビットカードの国際ブランドに対応していない場所では使えません。

例えば、手持ちのデビットカードの国際ブランドがJCBの場合、JCBに対応している場所でしか決済できないのです。

決済前に対応している国際ブランドを確認しておきましょう。また、高速道路料金や機内販売などでは、そもそもデビットカードが使えないことがあります。

セキュリティはしっかり

海外でデビットカードを使うときは、セキュリティをしっかり強化しておきましょう。デビットカードはクレジットカードと同じく、カードに搭載された磁気ストライプやicの情報を、決済端末で読み取って決済が行われます。

つまり、情報を抜き取られて不正利用される可能性があるということです。デビットカードは、不正利用されたと同時に銀行口座からお金が引き出されてしまう上に、紛失・盗難時の補償も100~500万円程度と低めに設定されています。

デビットカードの多くは、1日あたりの利用限度額を自分で設定できるので、海外に行く前に利用限度額を下げておき、高額な不正利用を防ぐ対策を取っておきましょう。

海外で使うデビットカードの選び方

多くのカード会社や金融機関がデビットカードを発行していますが、海外で使う場合はどのデビットカードにするとよいのでしょうか。

手数料

デビットカードを海外で使うと、店頭決済では『海外レート+2~3%』程度、キャッシングでは無料~200円程度の手数料がかかります。

手数料の金額はデビットカードごとに異なるので、できるだけ手数料が安いデビットカードを選びましょう。以下は、主なデビットカードの店頭決済とキャッシングの手数料です。

種類 店頭決済 キャッシング
楽天銀行デビットカード 海外レート+3.024% 無料
三菱UFJVisaデビットカードカード 海外レート+3% 108円
JNBVisaデビットカード 海外レート+3.02% 無料
ソニー銀行デビットカード 海外レート+1.76% 216円

海外保険や補償

海外旅行保険や万が一の補償についても比較しておきましょう。海外旅行保険とは、海外旅行中にケガや病気で治療を受けた場合に、治療費の補償が受けられる保険のことです。

海外では日本の保険が使えず、治療費も高額になるケースが多いので、海外旅行保険の有無は重要です。また、海外旅行保険が付帯しているデビットカードでも、利用条件を達成していないと使えないことがあるので、よく確認しておきましょう。

さらに、不正利用の被害に遭った場合に備えて、紛失・盗難保険の補償額が高いものを選ぶことも大切です。

まとめ

海外でデビットカードを利用することには、お金の使い過ぎを防いだり、優待が受けられることがあったりといったメリットがあります。キャッシングで現地通貨を引き出すこともできるので、両替の手間もかかりません。

海外利用時の手数料や海外旅行保険の有無、紛失・盗難時の補償額などがデビットカードによって違うので、1番お得に使えるものを探しましょう。

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • イオンカードをフル活用する方法を教えてください

    イオンカードの賢い使い方について教えてください。クレジットカードについては最近作ったばかりで、ポイントとはどうやったらもらえるのかすら理解できていません。...

    0代 / 女性 / 兵庫県 / 年収 601-700万円 / 独身

  • クレジットカードの引き落とし口座について

    私はクレジットカードを主に生活費ではない特別経費の支払いの時に利用しています。主に衣服や靴などを購入する時に利用しています。自分の中できちんと予算は立てて...

    20代 / 女性 / 宮城県 / 年収 501-600万円 / 既婚、子供2人

クレジットカードの人気記事

カテゴリ