1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. Apple Payへのクレジットカード登録方法。使い方も紹介

Apple Payへのクレジットカード登録方法。使い方も紹介

Apple Pay(アップルペイ)を使うには、初めにクレジットカードを登録しなくてはなりません。クレジットカードの登録方法や登録できるクレジットカードについて把握しておきましょう。Apple Payの使い方も併せて紹介します。

この記事の目次

Apple Payとは

クレジットカードの登録方法の前に、Apple Payとはどんなサービスなのかを紹介します。

Apple Pay - Apple(日本)

iPhoneでの電子ウォレット機能

Apple Payとは、iPhoneやApple Watch(アップルウォッチ)といった、アップル社のデバイス(電子機器)で利用できる電子ウォレット機能です。

あらかじめデバイスにクレジットカードを登録しておけば、店舗などでの支払い時にデバイスをかざすだけで決済できます。

Suicaとの連携が便利

Apple Payは交通系ICカード、『Suica(スイカ)』も登録できます。ただ登録するだけでもSuicaで決済できるようになりますが、『エクスプレス設定』を済ませておくとより便利です。

通常、Apple Payでの決済時には本人確認のために認証が求められますが、エクスプレス設定を済ませておくと認証不要で改札が通過できます。

また、Suicaとビューカード(※1)をApple Payに登録しておくと『オートチャージ(※2)』が利用できるのも、Suicaを頻繁に利用する人にはうれしいサービスでしょう。

(※1.ビューカードとは、JR東日本グループが発行するクレジットカードです)

(※2.オートチャージとは、Suicaの残高が指定した金額以下になったときに自動でチャージされる機能のことです)

Apple PayのSuica:JR東日本>Apple PayのSuicaをはじめる
Apple PayのSuica:JR東日本>Apple PayのSuicaを使う>SF(電子マネー)>入金(チャージ)

Apple Payのメリットやデメリット

とても便利なApple Payですが、メリットだけでなくデメリットもあります。どんなメリットやデメリットがあるのか把握しておきましょう。

スマホ決済とクレジットカードの一元管理

もともとiPhoneではモバイル決済ができませんでしたが、2016年に日本でApple Payのサービスが開始されたことにより、iPhoneでもモバイル決済が可能になりました。これにより、iPhoneの利便性がさらに向上しています。

また、Apple PayではiPhone 7シリーズは8枚、iPhone 8シリーズ以降は12枚のクレジットカードが登録でき、支払いごとに切り替えることが可能です。

iPhone1台で手持ちのクレジットカードを一元管理できるので、クレジットカードを複数持ち歩く必要がなくなり、セキュリティーも向上します。

クレジットカードなしでも利用可能

Apple Payには、クレジットカードだけでなくデビットカードやプリペイドカードも登録できます。

  • デビットカード:銀行口座とひも付けられた決済用のカード
  • プリペイドカード:あらかじめカードに入金しておき、入金した金額内で決済できるカード

未成年や何らかの理由でクレジットカードが作れない人でも、デビットカードやプリペイドカードは作成可能です。クレジットカードがないからといって、Apple Payの利用をあきらめる必要はありません。

ポイント還元率の低下など

利用額に応じてポイントが付与されるクレジットカードの中には、Apple Payを介しての決済ではポイント還元率が下がるものがあるので注意が必要です。

また、家電量販店など買い物した金額によってポイントが付与される店舗がありますが、そういった店舗でもApple Payを介しての決済で、ポイント還元率が下がるところがあります。

ポイント還元率を重視する人は、事前にApple Payを利用した場合の還元率について調べておきましょう。

クレジットカードの登録や変更

ここでは、iPhoneを使ってApple Payにクレジットカードを登録する方法と、メインカードを変更する方法を紹介します。

なお、クレジットカードの登録・変更には、『Wallet』というアプリが必要ですが、このアプリはもともとiPhoneにインストールされています。App Store(アップストア)からインストールする必要はありません。

使えるカードと使えないカード

Apple Payで使えるクレジットカードはたくさんあります。主なクレジットカードを見てみましょう。

  • JCBカード
  • 三井住友カード
  • American Express
  • 三菱UFJニコスカード
  • 楽天カード
  • イオンカード
  • セゾンカード
  • ライフカード
  • エポスカード
  • ビューカード

ただし、三菱UFJニコスが発行するJCB カードとAmerican Expressは使えないなど、発行元が同じでも使えるカードと使えないカードがあるので注意が必要です。また、交通系ICカードはSuicaしか対応していないので、他の交通系ICカードは使えません。

使えないカードは読み込めない仕様になっているので、間違って登録してしまう心配はないでしょう。

Apple Pay に対応しているアジア太平洋地域の銀行とカード発行元 - Apple サポート

登録方法

それでは、iPhoneでのクレジットカードの登録方法を見ていきましょう。まず、Walletアプリを開き、以下の画面を表示します。次に、右上にある『+』ボタンを押しましょう。

出典:Apple Pay を設定する - Apple サポート

すると、カードの読み込み画面が表示されるので、希望のクレジットカードをスキャンします。スキャンが完了したら、セキュリティーコード(※)を入力して『次へ』を押しましょう。その後、SMSで送られてきた8桁の認証番号を入力すれば登録完了です。

(※セキュリティーコードとは、クレジットカードの裏の署名欄にある3桁の数字です。American Expressの場合は、クレジットカードの表にある4桁の数字を確認しましょう)

登録できない場合

クレジットカードを登録できない場合は、以下の方法を試してみましょう。

  • 『システム状況』のページでApple Payに問題が起きていないか調べる
  • Apple Pay対応のデバイスかどうか確認する
  • Apple Pay対応のクレジットカードかどうか確認する
  • 最新バージョンのiOSにアップデートする
  • Apple IDでiCloudにサインインする
  • デバイスに設定されている地域を確認する

上記のような方法を試しても登録できない場合は、クレジットカードの発行元やAppleサポートに問い合わせましょう。

Apple Pay で使うためのカードを Wallet に追加できない場合 - Apple サポート

メインカードの変更や削除

Apple Payに複数のクレジットカードを登録した場合、デバイスに最初に登録したクレジットカードがメインカードに設定されます。

メインカードを変更したいときは、Walletアプリに表示されているカードの画像の中から、メインカードにしたいクレジットカードの画像をドラッグ(※)し、一番前に移動させましょう。

登録したクレジットカードを削除したい場合は、Walletアプリに表示されているカードの画像の中から削除したいクレジットカードの画像を押して、カード情報を表示させます。

そして、表示されたカード情報のページの最下部までスクロールし、『このカードを削除』を押しましょう。これで登録したクレジットカードが削除できます。

(※ドラッグとは、画面上の画像などを押し、そのまま引きずって目的の場所まで移動させる操作です)

おすすめのクレジットカード

Apple Payに対応しているクレジットカードはたくさんありますが、どのクレジットカードにしたらよいのでしょうか。おすすめのクレジットカードを紹介します。

スペックや還元率で選ぼう

Apple Payに登録するクレジットカードは、スペックや還元率を重視して選びましょう。例えば、クレジットカードの国際ブランドにはVISA・Mastercard・JCBなどがあります。

このうち、MastercardとJCBは実店舗やWeb上など、さまざまな決済に利用できますが、VISAはApple PayのWeb上決済などに対応していません。利便性を考えると、MastercardかJCBがよいでしょう。

Apple Payを介してもポイント還元率が下がらないかも重要です。もともとポイントがたまりやすく人気の楽天カードは、Apple Payを介しても還元率が変わりません。また、通勤・通学でSuicaをよく使うのであれば、ビューカードを登録するのがおすすめです。

Apple Payの使い方

Apple Payは、『店頭』『Webやアプリ』『交通機関』など、さまざまな場面での決済に利用できます(※)。それぞれの場面での使い方を知っておきましょう。

(※デバイスの種類やモデルなどによっては、Webやアプリのみでしか利用できないことがあります)

Apple Pay の使い方 - Apple サポート

店頭での使い方

店頭での決済にApple Payを使う場合、まずはApple Pay対応店舗かどうかを確認する必要があります。以下のマークが表示されているかをチェックしましょう。

Apple Pay のシンボル (日本)

出典:Apple Pay が使える場所について - Apple サポート

そして、レジで電子マネーで支払うことを伝えます。店頭では、登録したカードが対応している電子マネーを利用して決済が行われるためです。『iD』『QUICPay』『Suica』のどれを利用するかを伝えましょう。

そして、Touch ID・Face ID・パスコードのいずれかの認証を済ませ、読み取り機に音が鳴るまでかざします。これで支払い完了です。

Webやアプリでの使い方

以下のマークが入っているWebやアプリでも、Apple Payが使えます。

Apple Pay のアイコン

出典:Apple Pay が使える場所について - Apple サポート

Webやアプリで決済する場合は、まず『Apple Pay』のボタンを押しましょう。(支払い方法選択画面でApple Payを選択するパターンもあります)

そして、購入者の氏名や住所、連絡先など、必要事項を入力します。これらの情報は1回入力すればApple Payに登録されるので、毎回入力する必要はありません。その後、Touch ID・Face ID・パスコードのいずれかの認証を済ませれば、支払い完了です。

交通機関での使い方

日本の交通機関でApple Payが使えるのは、Suicaが使える範囲内に限られます。Suicaアプリから新幹線などの切符や定期券を購入できるほか、エクスプレス設定をしておけば、デバイスを改札の読み取り機にかざすだけで通過できます。

まとめ

Apple PayはWalletアプリでクレジットカードを読み取り、セキュリティーコードなどを入力するだけで簡単にクレジットカードを登録できます。

使い方もクレジットカードを登録したデバイスをかざすだけなので、非常に簡単です。数多くのクレジットカードがApple Payに対応しているので、さっそく手持ちのクレジットカードを登録してみましょう。

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 楽天カードの信用について

    最近楽天カードなど審査がゆるくすぐ発行できるものがあります。学生でも簡単に手を出せるこれらを自分も利用していますが、大人の方からみたらどうなのでしょうか。...

    20代 / 女性 / 大阪府 / 年収 300万円以下 / 独身

  • クレジットカードの種類について

    クレジットカードが作れる歳になって、何枚か作ってみました。 ネットショッピング用、映画用、競馬用、よく使うスーパー用、とどんどん種類が増えてしまいました。...

    20代 / 女性 / 大阪府 / 年収 501-600万円 / 既婚

  • 楽天カードのメリットについて教えてください

    ポイントが貯まる仕組みになっているカードは、どうしてポイントを相手側が私たちに与えることができるのでしょうか?みなさんがカードを購入した時、契約した時から...

    20代 / 女性 / 北海道 / 年収 601-700万円 / 独身

  • 楽天カードの審査について教えて下さい

    CMで放送している楽天カードの審査が簡単に通りそうですが、本当に簡単に通るのでしょうか? そもそもCMで放送している楽天カードはクレジットカードでしょうか...

    30代 / 女性 / 兵庫県 / 年収 300万円以下 / 独身

クレジットカードの人気記事

カテゴリ