1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. Apple Payの使い方をケース別に解説。登録して便利に使おう

Apple Payの使い方をケース別に解説。登録して便利に使おう

Apple Pay(アップルペイ)を使うとさまざまな支払いをスムーズに済ませられます。Apple Payの内容や登録方法、使い方をマスターして便利に使いこなしましょう。Apple Payのセキュリティーについても解説します。

この記事の目次

  • 【1位】JCB CARD W
    10ヶ月連続1位 通常より2倍のポイントが貯まる、JCBの中でも高還元率のカード!
  • 【2位】三井住友VISAデビュープラスカード
    はじめてクレジットカードを作るというあなたにおススメ!定番の一枚!
  • 【3位】ACマスターカード
    急な出費で今すぐカードを作りたいあなたへ。最短30分で即日受け取り可能(※当社調べ)

Apple Payの基礎知識

2016年に日本でもサービスが開始された『Apple Pay』ですが、何ができるのでしょうか。Apple Payの基本を知っておきましょう。

Apple Payとは

Apple Payは、アップル社が提供する電子決済サービスです。iPhoneをはじめとしたアップル社のデバイス(※1)にクレジットカードを登録すると、Apple Payを通した決済ができるようになります。

実店舗での決済も可能です。支払い時にレジのリーダー(※2)にデバイスをかざすと決済が完了します。

Apple Payの決済の仕組みはむずかしいものではありません。デバイスにクレジットカードを登録すると、そのクレジットカードが対応しているiD(アイディー)かQUICPay(クイックペイ)、いずれかの電子マネーとひも付けられます。

そして、電子マネーによって代金が支払われ、後日クレジットカードの請求額に合算されて、口座から引き落とされるのです。

(※1.デバイスとは、電子機器やその部品、周辺機器のことです)

(※2.リーダーとは、ICチップなどの情報を読み取る機械のことです)

Apple Pay - Apple(日本)

Apple Payの魅力

Apple Payの魅力は、何といっても会計がスムーズに終わることでしょう。財布を取り出して現金を数える必要もなく、デバイスをかざすだけで決済が完了します。

海外でも現地の通貨に両替する必要がありません。Apple Payに対応している店舗であれば、そのまま利用可能です(※)。

(※海外で利用する場合は、Mastercard・JCB・American Expressのいずれかのクレジットカードを登録しておく必要があります)

Apple Payへのカードの登録

Apple Payを利用するには、事前にクレジットカードをデバイスに登録する必要があります。また、どのデバイスでもApple Payが使えるわけではありません。デバイスにクレジットカードを登録する方法と利用可能なデバイスについて把握しておきましょう。

なお、iPhoneとApple Watchにクレジットカードを登録するには専用のアプリを使いますが、アプリはデバイスにプリインストール(※)されています。そのため、アプリを自分でインストールする必要はありません。

(※プリインストールとは、端末出荷時点ですでにインストールされている状態のことです)

使えるデバイスはiPhone7以降

Apple Payが利用できるデバイスと、決済可能な場所は以下の通りです。

デバイス モデル 店舗 交通機関 アプリ(App)内 ウェブ上
iPhone ・iPhone 7、7 Plus
・iPhone 8、8 Plus
・iPhone XS、XS Max
・iPhone XR
・iPhone X
Apple Watch ・Apple Watch Series2、3、4
iPad ・iPad Pro
・iPad(第5世代)
・iPad Air 2
・iPad mini 3、4
Mac ・12年以降に発売されたモデル

上記以外にも、App内やウェブ上にのみApple Payが使えるデバイスがあります。

クレジットカードの登録方法

iPhoneにクレジットカードを登録する手順を見ていきましょう。

  1. 『Wallet』アプリを開く
  2. 以下の画面が表示されたら、右上の『+』のボタンをタップする出典:Apple Pay を設定する - Apple サポート
  3. カードのスキャン画面が表示されたら、クレジットカードをスキャンする
  4. クレジットカードのセキュリティーコード(※)を入力し、『次へ』をタップする
  5. SMSで8桁の認証番号が届く
  6. 認証番号を入力し、登録を完了する

(※セキュリティーコードは、クレジットカードの裏側の署名欄に記載されている3桁の数字です。American Expressのクレジットカードは、クレジットカード表面に4桁の数字で記載されています)

登録可能なカードは?

登録可能なクレジットカードはさまざまです。主要なクレジットカードを見てみましょう。

  • JCBカード
  • American Express
  • 三井住友カード
  • 楽天カード
  • クレディセゾン
  • ライフカード
  • エポスカード
  • dカード
  • ビューカード

上記のような、多くの人が持っているクレジットカードもApple Payに対応しています。そのため、手持ちのクレジットカードで登録できるものがないと困ることもないでしょう。

Apple Pay に対応しているアジア太平洋地域の銀行とカード発行元 - Apple サポート

登録カードについて

ここでは、Apple Payの登録カードについて知っておきたいこと紹介します。

iPhone8以降は12枚まで登録可能

Apple Payには、複数枚のクレジットカードを登録できます。

  • iPhone:iPhone 8シリーズ以降は12枚まで、それ以前のモデルは8枚まで
  • Apple Watch:Apple Watch Series3以降は12枚まで、それ以前のモデルは8枚まで

iPhoneとApple Watchの二つのデバイスでApple Payを使う場合は、それぞれにクレジットカードを登録しなければなりません。

Apple Pay を設定する - Apple サポート

メインカードは最初に登録したカード

Apple Payでは、最初に登録したクレジットカードがメインカードに設定されます。その後、他のクレジットカードを登録しても、支払いの際に主に利用されるのはメインカードです。他のクレジットカードをメインカードにしたい場合は、変更設定をしましょう。

メインカードの変更方法

iPhoneに登録したメインカードを変更する手順を見ていきましょう。

  1. 設定から『WalletとApple Pay』を開く
  2. 以下の画面が表示されたら、支払い設定の『メインカード』をタップする出典:Apple Pay で使うカードを管理する - Apple サポート
  3. カード一覧が表示されたら、メインカードにしたいクレジットカードをタップする

より手軽にメインカードを変更する方法もあります。

  1. Walletアプリ を開く
  2. メインカードにしたいクレジットカードをドラッグ(※)する
  3. ドラッグしたクレジットカードを一番手前に移動させる

(※ドラッグとは、スマートフォンやパソコンの画面で移動したい対象を押し、そのまま引きずって移動させる操作のことです)

お店での使い方

ここからは、Apple Payを利用してお店で決済する方法を紹介します。まず、Apple Payが利用できるお店を確認しておきましょう。Apple Payは、以下のマークの表示があるお店で利用できます。

Apple Pay のシンボル (日本)

出典:Apple Pay が使える場所について - Apple サポート

近くでApple Pay対応のお店がないか調べたいときは、マップアプリで『Apple Pay』と検索してみましょう。Apple Payが使えるお店が表示されます。

また、お店で利用する場合に『Apple Payで』と言っても伝わりません。iDとQUICPayのどちらで決済するかを伝える必要があります。

事前にクレジットカードかWalletアプリのカードの画像に、以下のどちらのマークが表示されているかを見て、電子マネーの種類を確認しておきましょう。

ドコモのiD

出典:Apple Payなら、iDで。

出典:QUICPayとは?|QUICPay

Apple Pay の使い方 - Apple サポート

Face ID搭載iPhoneの場合

まずは、iPhone XS・iPhone XS Max・iPhone XRなど、『Face ID(※)』搭載のiPhoneでApple Payを利用する手順を紹介します。

  1. 店員に電子マネーで決済することと電子マネーの種類を伝える
  2. サイドボタンをダブルクリックする
  3. Face IDで認証する(パスコード入力でも可)
  4. iPhoneの上部をレジのリーダーにかざす
  5. 画面に『完了』と表示され、リーダーから音がしたら決済完了

(※Face IDとは、事前にiPhoneに登録した顔で認証する方法のことをいいます)

Touch ID搭載iPhoneの場合

iPhone 7や8シリーズなど、『Touch ID(※)』搭載のiPhoneでApple Payを利用する手順も見ていきましょう。

  1. 店員に電子マネーで決済することと電子マネーの種類を伝える
  2. Touch IDに指を乗せる
  3. iPhoneの上部をレジのリーダーにかざす
  4. 画面に『完了』と表示され、リーダーから音がしたら決済完了

(※Touch IDとは、事前にiPhoneに登録した指紋で認証する方法のことをいいます)

Apple Watchの場合

Apple WatchでApple Payを利用する手順も紹介します。

  1. 店員に電子マネーで決済することと電子マネーの種類を伝える
  2. サイドボタンをダブルクリックする
  3. Apple Watchのディスプレイをリーダーにかざす
  4. Apple Watch から手首をタップされる感覚がして、リーダーから音がしたら決済完了

Apple Payの公式サイトで、各デバイスの決済方法のビデオが視聴できます。手順がよくわからない場合は、ビデオで確認するとよいでしょう。

アプリやWeb上での使い方

AppやWeb上でApple Payを利用したい場合はどうすればよいのでしょうか。詳しい手順を見ていきましょう。

App内での支払い

App内では、以下の画像のようにApple Payのマークが入っている場合のみ、Apple Payが利用できます。

App 内で Apple Pay を使って購入する

出典:Apple Pay の使い方 - Apple サポート

App内での決済の手順は以下の通りです。

  1. 『Apple Pay』をタップする(支払い方法選択画面でApple Payを選択する場合もあります)
  2. 請求先や配送先、連絡先など、必要な情報を入力する
  3. Face ID・Touch ID・パスコードのいずれかで認証を行う
  4. 画面に『完了』と表示されたら決済完了

請求先・配送先・連絡先については、一度入力したら次回からはその内容が反映されるため、再度入力する必要はありません。配送先が変わったなどの場合のみ、入力し直しましょう。

iPhoneやiPadでのWeb上の支払い

Web上でも、Apple PayのマークがあればApple Payを利用できます。iPhoneやiPadからWeb上で決済する手順を見てみましょう。

  1. 『Apple Pay』をタップする(支払い方法選択画面でApple Payを選択する場合もあります)
  2. 請求先や配送先、連絡先など、必要な情報を入力する
  3. Face ID・Touch ID・パスコードのいずれかで認証を行う
  4. 画面に『完了』と表示されたら決済完了

請求先・配送先・連絡先については、Appのときと同じく一度入力したら次回からはその内容が反映されるため、再度入力する必要はありません。

Apple Pay の使い方 - Apple サポート

MacでのWeb上の支払い

iPhoneやApple WatchをMacと同期させて使っている人もいるでしょう。その場合は、iPhoneやApple Watchに登録したクレジットカードの情報を使って、MacでのWeb上の決済ができます。

  1. iPhoneやApple Watchと同じApple IDでサインインしているか確認する
  2. MacのBluetooth が『入』になっているか確認する
  3. 『Apple Pay』ボタンをクリックする
  4. 請求先や配送先、連絡先など、必要な情報を入力する
  5. Face ID・Touch ID・パスコードのいずれかで認証を行う
  6. 画面に『完了』と表示されたら決済完了

交通機関での使い方

Apple Payは、交通系ICカードの『Suica』も登録可能です。Suicaを登録すると、お店などでSuica電子マネーが使えるようになるほか、Suicaの利用圏内の交通機関も利用できるようになります。

Apple PayのSuica:JR東日本

Suicaの準備と登録

Suicaの登録方法を見ていきましょう。

  1. 『Wallet』アプリを開く
  2. 画面右上の『+』のボタンをタップする
  3. 『次へ』をタップし、カードの種類で『Suica』を選択する
  4. プラスチックカードのカード番号下4桁と生年月日を入力するプラスチックの Suica カードの裏面出典:Apple Pay に Suica を追加する - Apple サポート
  5. iPhoneの上部をSuicaに置き、Suicaの情報を転送する

 

iPhone の上部をプラスチックカードの Suica の上に置いているところ

出典:Apple Pay に Suica を追加する - Apple サポート

プラスチックカードのSuicaは、情報転送後から使用できなくなるので注意しましょう。

エクスプレス設定とチャージ

Suicaの情報を転送した後、『エクスプレス設定』をしておくと、より便利に使えるようになります。通常、Apple Payで決済するときには、Face ID・Touch ID・パスコードのいずれかによる認証が必要です。

しかし、エクスプレス設定をしておけば、認証なしで改札が通過できるようになります。エクスプレス設定ができるSuicaは1枚までです。メインのSuicaにエクスプレス設定をしておきましょう。

また、Suicaを登録すると、登録済みのクレジットカードからSuicaにチャージできるようになります。このとき、『オートチャージ設定』を済ませておくと、残高が設定した金額以下になったときに自動でチャージされるので便利です。(※)

(※オートチャージ設定をするには、Suicaの決済用クレジットカードとしてビューカードを登録する必要があります)

Apple PayのSuica:JR東日本>Apple PayのSuicaをはじめる
Apple PayのSuica:JR東日本>Apple PayのSuicaを使う>SF(電子マネー)>入金(チャージ)

アメリカなど海外の一部は登録カードで決済

アメリカなど海外の一部の地域では、Suicaと同じようにその地域の交通系ICカードをApple Payに登録して、交通機関の運賃を決済できます。

地域によっては登録したクレジットカードで直接運賃を決済できることもあるので、海外に行く前に調べておくとよいでしょう。

Apple Pay を使える交通機関 - Apple サポート

セキュリティーについて

クレジットカードや交通系ICカードを登録して持ち歩くとなると、気になるのがセキュリティーです。ここでは、Apple Payのセキュリティーについて解説します。

第三者による決済

決済に使える端末を持ち歩くときに不安なのが、紛失や盗難によって第三者に使われてしまうことです。

しかし、Apple Payでは決済の際にFace ID・Touch ID・パスコードのいずれかの認証を求められるので、第三者に使われるリスクが非常に低いといえます。

クレジットカード情報

決済に使えなくても、Apple Payの情報を見られるとクレジットカード情報が流出するのではと心配になる人もいるでしょう。

しかし、Apple Payではデバイスやアップルのサーバーなどにクレジットカード情報を保存することはありません。

デバイス固有の番号と独自の取引コードを割り振り、それによって決済処理をするため、クレジットカード情報が盗めないようになっているのです。

もしものために設定しておこう

もしものために、『iPhone、iPad、Mac、Apple Watch を探す』という機能を設定しておくとさらに安心です。

この機能をオンにしたデバイスを紛失した、あるいは盗まれた場合、別のデバイスから iCloud (アイクラウド)を利用して無くなったデバイスを探せます。

さらに、遠隔操作で画面ロックや個人情報の削除までできるので、情報が悪用されるリスクが低いのです。

iPhone、iPad、Mac、Apple Watch を探す - Apple サポート 公式サイト

まとめ

Appleユーザーは、Apple Payを使うとお店や交通機関、アプリなど、さまざまな場面での決済がスムーズになります。むずかしい操作はないので、さっそく登録してみましょう。

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 1番マイルやポイントがつくクレジットカード

    簡単にマイルやポイントが貯まるオススメのクレジッドカードはいったいどれなのかが知りたいです。 どれもマイルやポイントも貯まるとは言いますが、それがどれぐら...

    20代 / 女性 / 東京都 / 年収 300万円以下 / 独身

  • クレジットカードのお得な使い方はありますか?

    クレジットカードは便利ではありますが使い方には注意しなければいけないのはわかりますが、実際高額商品を買うとき、例えば車を買う場合にお店のローンで買うのと、...

    20代 / 男性 / 大阪府 / 年収 701-800万円 / 独身

  • ANA三井住友VISAカード

    ANA三井住友VISAワイドゴールドを契約ししております。仕事柄、飛行機に乗ることが多くこちらのカードを選択しました。マイル目的で家賃、光熱費、通信費等も...

    40代 / 男性 / 北海道 / 年収 701-800万円 / 既婚、子供2人

クレジットカードの人気記事

カテゴリ