1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. nanacoチャージはクレジットカードを活用。お得な方法とは

nanacoチャージはクレジットカードを活用。お得な方法とは

近年、スーパーやコンビニ、飲食店において、キャッシュレスで決済できる方法が増えてきました。その中の一つが、nanacoカードです。クレジットカードを利用したチャージ方法、知っておきたいお得な利用方法について紹介します。

この記事の目次

nanacoカードとは

nanacoカードは、セブン・カードサービスが提供する電子マネーです。事前にチャージしておくことで、加盟店で簡単に決済できます。

コンビニのレジなどで簡単に使える

nanacoカードは、セブン-イレブンやイトーヨーカドーをはじめ、さまざまな店舗で利用できます。現金を出す必要がないため、小銭が貯まってしまうなどの煩わしさがなく、会計もスムーズです。

nanacoカードの種類

nanacoカードには通常のnanacoのほかに、以下の提携先nanacoがあり、それぞれに特徴があります。

  • ENEOS nanaco
  • シニアnanaco
  • ANA QUICPay nanaco

ENEOS nanacoは、JXTGグループが発行しているnanacoです。キーホルダー型になっているのが特徴で、車などのキーに付けられます。

シニアnanacoは60歳以上のみを対象としたカードで、イトーヨーカドーのみで発行しているカードです。15・25日はシニアナナコデーが設定されており、イトーヨーカドーの商品がほとんど全品5%OFFになります。

ANA QUICPay nanacoはANA JCBカード会員限定の、nanacoカードです。通常のnanacoやQUICPayの機能に加え、ANA国内線で搭乗手続き不要で検査場に進める『スキップサービス』が利用できます。

入会の手続き

nanacoカードに入会するには、申込書への記入が必要です。申込書は、セブン-イレブンやイトーヨーカドーなど、nanacoカードの入会を受け付けている店舗に設置されています。

申込書に必要事項を記入し、レジやサービスカウンターに持参すれば、その場でnanacoカードの発行が可能です。入会の際、カードの発行手数料として300円がかかります。

また、申込書は店舗だけでなく、パソコンやスマートフォンで事前に作成しておくこともできるので、店舗で時間をかけたくない人は利用すると便利です。

nanacoカードの使い方

nanacoカードの詳しい使い方を見ていきましょう。

支払いの流れ

nanacoで支払いをする際は、レジで店員さんにnanacoで支払う旨を伝えましょう。その後、レジの決められた場所にnanacoをかざして、「ピュリーン」という音が鳴れば、支払いは完了です。

なお、商品券・ギフト券などの金券類や、手数料など、nanacoでの支払いができないものもあるので、注意しましょう。

支払いなどでポイントが貯まる

nanacoカードを使って支払うと、ポイントが貯まります。ポイントの貯まり方は、ほとんどの場合は200円(税抜)につき1ポイントで、一部のお店では100円(税抜)につき1ポイントです。

セブン-イレブンやイトーヨーカドーなどは、その場でポイントが貯まりますが、後日まとめてポイントを受け取るケースもあります。

後日受け取るタイプでは、1日~末日までの利用分が、翌月10日の午前6時に加算される形です。自動では加算されず、セブン-イレブンなどの店舗や、セブン銀行ATMで残高確認やチャージする必要があるので注意しましょう。

また、支払ったその場で加算される店舗では、商品によってボーナスポイントがつくケースがあります。店頭で商品にボーナスポイントがつく旨が表示されているので、チェックしておくとお得です。

ポイントの使い道

nanacoカードの利用で貯まったポイントは、1ポイント=1円で利用できます。使い道は、以下の4種類です。

  • 電子マネーに変換
  • オムニ7での買い物に利用
  • 7payマネーにチャージ
  • 募金

電子マネーに変換する場合は、セブン-イレブンなどのレジカウンターで、店員にポイントを還元してもらいましょう。

nanacoの利用で貯まったポイントには有効期限があります。当年の4月1日~翌年3月31日までに付与されたポイントは、翌々年3月31日が有効期限です。期限はレシートやモバイルアプリ等で確認できるので、失効しないようにチェックしておきましょう。

チャージの方法

nanacoカードは、事前にチャージしておくことで支払いが楽になるカードです。チャージする方法にはどのような方法があるのでしょうか。

現金

現金を使用する場合は、店舗にあるセブン銀行ATMやnanacoチャージ機を利用します。または、外貨両替サービス端末である『ポケットチェンジ端末』を利用することも可能です。

そのほか、店舗のレジでチャージしたい旨と金額を告げることで、現金によるチャージができます。ただし、支払はできてもチャージができない店舗もあるので注意しましょう。

現金によるチャージでは、チャージの上限額は50000円です。1回あたりのチャージ金額は、利用する機械によっても異なりますが、多くの場合1000~49000円までの1000円単位になっています。

クレジットカード

クレジットカードからのチャージを利用する場合、クレジットカードの事前登録が必要です。パソコンやスマートフォンのnanaco会員メニューにログインし、クレジットカードを登録しましょう。

クレジットカードの登録が完了したら、24時間経過後にチャージが可能となります。nanaco会員メニューからチャージの手続きをしてください。その後、店頭レジやセブン銀行ATMでnanacoの残高を確認することで、チャージが完了します。

なお、クレジットカードからのチャージには、1カ月20万円までの金額上限と、1カ月15回/1日3回までの回数制限があるので、注意しましょう。

オートチャージ

クレジットカードからのチャージを利用する場合、手動ではなく自動で行うオートチャージも利用できます。オートチャージを設定しておくと、残高が不足したときに、自動的にチャージされるので便利です。

オートチャージがされる条件は、nanacoの残高で指定でき、オートチャージの1回あたりの金額もあらかじめ指定できます。

ただし、オートチャージでの支払いが利用できるのは、セブン-イレブンとイトーヨーカドーのみです。また、オートチャージに利用できるのは、セブンカードやセブンカードプラスなどに限定されています。

nanacoギフト

nanacoへチャージするためのもう1つの方法は、nanacoギフトです。nanacoギフトは、nanacoギフトが特典になるキャンペーンへの参加や、ポイントサイトで貯めたポイントなどをnanacoギフトに変換することで貯められます。

nanacoギフトからチャージする場合、nanacoギフトIDを用意し、nanaco会員メニューから登録をしてください。その後、店頭レジやセブン銀行ATMで、残高確認・チャージすれば、チャージした金額が反映されます。

お得にチャージするには

紹介してきたように、nanacoカードへのチャージにはいくつかの方法があります。では、その中でお得にチャージするには、どのような方法を取ればよいのでしょうか。

還元率の良いカードで

nanacoへのチャージは現金ではなく、クレジットカードを利用するのがおすすめです。クレジットカードを利用してnanacoへチャージすると、そのチャージした金額に対して、クレジットカードのポイントが貯まるケースがあります。

ポイントの還元率が良いカードを使ってnanacoへチャージすると、その分お得になるのです。ただし、nanacoのような電子マネーへのチャージは、カードによってはポイント付与の対象外になるので、注意しましょう。

ポイントを貯められるカードには、nanacoへのオートチャージが可能なセブンカードや、1.2%のポイントが貯まるリクルートカードなどがあります。リクルートカードは月30000円までがポイント付与の上限ですが、還元率が高いのがメリットです。

Yahoo!カードなどの還元率の変更

クレジットカードによっては、nanacoへのチャージではポイントが付与されなかったり、還元率が低く設定されていたりする場合があります。

例えば、Yahoo!カードは、過去には1%の還元率でしたが、2018年2月以降、nanacoチャージのみ還元率0.5%に変更されました。このように、還元率が途中から変更になるケースもあるので、注意しましょう。

お得な使い方

nanacoをよりお得に利用するには、どのような使い方があるのでしょうか。

QUICPayの機能を利用

nanacoにはQUICPayの機能が搭載されています。nanacoは事前にチャージが必要な『前払い』の決済サービスですが、事前に登録しておくことで『後払い』のQUICPayとして使用できるのです。

nanacoカードのQUICPay機能では、セブンカードまたはセブンカード・プラスのみが使用できます。申し込みをして紐づけをし、レジでQUICPayで支払う旨を伝えればOKです。

セブンカードでは200円(税抜)につきnanacoポイント1ポイントとセブンカードのポイントが1ポイント、セブンカード・プラスではnanacoポイントが2ポイント加算されます。通常よりも倍のポイントが貯められるので、設定しておくとお得です。

税金や公共料金の支払い

セブン-イレブンでは、税金や公共料金の支払いが可能です。このとき、支払いには現金だけでなく、nanacoが利用できます。

しかし、税金や公共料金をnanacoで支払っても、nanacoポイントはつきません。では、何がお得かというと、nanacoチャージにクレジットカードを利用すれば、クレジットカードのポイントを得られるというメリットがあるのです。

通常、税金や公共料金などの支払いにはクレジットカードは利用できません。利用できる場合でも決済手数料がかかるので、あまりお得にはならないというデメリットがあります。

しかし、nanacoチャージでポイントがつくクレジットカードを利用すれば、間接的に公共料金の支払いでポイントがゲットできるのです。

まとめ

nanacoカードは、レジでの決済がスピーディーになったり、ポイントが貯まったりと、単体でも便利なサービスです。しかし、よりお得に利用するのであれば、チャージ方法や使い方をしっかり理解しておかなければいけません。

クレジットカードでのチャージを利用して、nanacoカードをお得に活用しましょう。

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • クレジットカードのお得な使い方はありますか?

    クレジットカードは便利ではありますが使い方には注意しなければいけないのはわかりますが、実際高額商品を買うとき、例えば車を買う場合にお店のローンで買うのと、...

    20代 / 男性 / 大阪府 / 年収 701-800万円 / 独身

  • ドコモのdカードについて教えてください

    ポイントが毎月貯まってるようなのですが具体的な使い方がわかりません。サイトとかでも調べるのが面倒くさく難儀してます。 ポイントが貯まるとどんなメリットがあ...

    40代 / 女性 / 大阪府 / 年収 301-400万円 / 独身

クレジットカードの人気記事

カテゴリ