1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. ApplePay対応機種とクレカ一覧。使える店舗の見分け方は?

ApplePay対応機種とクレカ一覧。使える店舗の見分け方は?

iPhoneなどのアップルデバイスでは、ApplePay(アップルペイ)という便利なサービスが利用可能です。対応機種や登録できるクレジットカード、使える店舗など、ApplePayを始める前に知っておきたい基礎知識を紹介します。

この記事の目次

ApplePayの対応機種

ApplePayは、アップルデバイス用の電子決済サービスです。デバイスにプリインストールされている、『Wallet(ウォレット)』というアプリを利用して、クレジットカード情報を登録すると、レジでデバイスをかざすだけで決済できるようになります。

アプリでの決済やSafari (サファリ)でのオンライン決済、交通機関での運賃の支払いなどにも利用可能です。

とても便利なApplePayですが、すべてのアップルデバイスで使えるわけではありません。まずは、ApplePayの対応機種を把握しておきましょう。

Apple Pay - Apple(日本)

iPhoneの対象製品

iPhoneでApplePayに対応しているのは、以下の製品です。

  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 8
  • iPhone8 Plus
  • iPhone XS
  • iPhoneXS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X

これ以前の製品では、iPhone 6シリーズとiPhoneSEが、アプリでの決済とオンライン決済に限り、ApplePayが使えます。

Apple Watchの対象製品

Apple Watch(アップルウォッチ)の対象製品も見てみましょう。

  • AppleWatch Series2
  • AppleWatch Series3
  • AppleWatch Series4

AppleWatch Series1とAppleWatch(第1世代)は、アプリでの決済のみApplePayが使えます。

iPadの対象製品

iPadの対象製品は、以下の通りです。

  • iPad Pro
  • iPad(第5世代)
  • iPad Air 2
  • iPadmini3
  • iPadmini 4

iPadは、どの製品でも店頭での決済にApplePayは使えません。アプリでの決済とオンライン決済に限り利用可能です。

Macの対象製品

Macは、2012年以降に発売されたモデルであれば、オンライン決済でApplePayが使えます。

MacでApplePayを使うときには、iPhoneやApple Watchと同じApple IDでサインインし、デバイス同士を同期しなくてはならないことがあるので、事前に確認しましょう。

ApplePayに登録できるカード

Apple Payを使うときには、クレジットカードをデバイスに登録しなくてはなりません。Apple Pay対応のクレジットカードと非対応のクレジットカードがあるので、手持ちのクレジットカードが対応しているかを確認しておきましょう。

Apple Pay に対応しているアジア太平洋地域の銀行とカード発行元 - Apple サポート

クレジットカード一覧

以下のクレジットカードは、Apple Payに対応しています。

  • JCBカード
  • American Express
  • 三井住友カード
  • 三菱UFJニコスカード
  • ビューカード
  • 楽天カード
  • イオンカード
  • ライフカード
  • セゾンカード
  • エポスカード

ただし、クレジットカードの発行会社が同じでも、国際ブランドがJCBかAmerican Expressの場合は非対応というケースがあるので注意が必要です。

また、上記以外にもApple Payに対応しているクレジットカードがあります。手持ちのクレジットカードが対応か非対応かわからない場合は、そのクレジットカードの発行会社に問い合わせてみましょう。

プリペイドカード一覧

Apple Payには、プリペイドカードも登録可能です。Apple Pay対応の主なプリペイドカードを見てみましょう。

  • dカードプリペイド
  • ソフトバンクカード
  • au WALLET プリペイドカード

デビットカードに関しては、アメリカなどではApple Pay対応のものもあるのですが、日本でApple Payに対応しているものはありません。

ただし、Apple PayにはSuica(スイカ)が登録可能です。そして、Suicaのチャージには、デビットカードが使えます。

Suicaにデビットカードを登録し、Apple PayにSuicaを登録することで、実質Apple Payでデビットカードを使っている状態にすることは可能です。

ApplePayの対応店舗

Apple Payにクレジットカードを登録したものの、どこでApple Payが使えるのかわからないという人もいるでしょう。ここでは、Apple Payの対応店舗を紹介します。

iD、QUICPayが使えるお店で

店舗でApple Payを使った場合、登録したクレジットカードで決済されるわけではありません。Apple Payでは、登録したクレジットカードが対応する電子マネーを利用して、店頭での決済を行っています。

Apple Pay対応の電子マネーは『iD(アイディ)』『QUICPay(クイックペイ)』『Suica』のいずれかです。よって、三つの電子マネーのどれかが使える店舗であれば、Apple Payが使えます。

どの電子マネーが使える店舗なのか分からない場合は、以下のマークがあるかどうかチェックするとよいでしょう。

Apple Pay のシンボル (日本)

出典:Apple Pay が使える場所について - Apple サポート

キャッシュレス決済対応店舗はほぼ使える

『iD』と『QUICPay』は国内シェアの大きな電子マネーなので、キャッシュレス決済対応の店舗であれば、ほぼApple Payが使えます。

Apple Payを使うときに注意したいのが、レジで『Apple Pay払いで』と言わないことです。それではどの電子マネーを使うのかが伝わらないので、『iDで』『QUICPayで』など、電子マネーの種類を伝えましょう。

登録したクレジットカードが対応している電子マネーの種類が分からない場合は、Walletアプリで確認できます。

Apple Watch で支払う画面

出典:Apple Pay の使い方 - Apple サポート

上記のように、Walletアプリには登録したカードのと電子マネーの画像が表示されるので、その画像から電子マネーの種類を判別しましょう。

Pontaにも対応

18年11月から、Apple PayはPonta(ポンタ)カードにも対応しています。Pontaポイントを貯めている人は、PontaカードもApple Payに登録しておくとよいでしょう。

Apple WalletにPontaカードを追加する|共通ポイント Ponta [ポンタ]

ApplePayが利用可能なオンライン決済

アプリやウェブサイトで、以下のマークが付いていればApple Payによるオンライン決済ができます。

Apple Pay のアイコン

出典:Apple Pay が使える場所について - Apple サポート

TOHOシネマズやタクシーでも

TOHOシネマズでのチケット購入や、タクシー配車アプリの全国タクシーでもApple Payが利用可能です。

事前にApple Payで料金を払ってしまうので、劇場の窓口やタクシーの精算で時間を取られることがなくなります。

VISAカードを利用する場合の注意点

Apple Payに登録するクレジットカードの国際ブランドが、『VISA』の場合は注意しましょう。国際ブランドがVISAでも、Apple Payに登録自体はできます。

ただし、VISAはSuicaのチャージやオンライン決済非対応なので、人によっては不便に感じるでしょう。

VISAのほかに、国際ブランドがJCBやMastercardのクレジットカードも登録しておくなど、何らかの対策を取るのがおすすめです。

まとめ

ApplePayは、アップルデバイス用の電子決済サービスです。事前にクレジットカードなどをデバイスに登録しておけば、さまざまな場所での決済がスムーズになります。

ApplePay対応のデバイスやクレジットカードを持っているのであれば、さっそく使ってみましょう。

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

クレジットカードの人気記事

カテゴリ