1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. 楽天カードの受け取り方法は?受け取り後の手続きも解説します

楽天カードの受け取り方法は?受け取り後の手続きも解説します

楽天カードは郵送での受け取りになります。そこで今回は、カードの受け取り方法と、不在の際の対処法を紹介します。また、カードを受け取ってからポイントを受け取るために必要な手続きなどを解説します。

この記事の目次

楽天カードの受け取りについて

まずは、楽天カードの受け取り方法を紹介します。

受け取りは郵送のみ

楽天カードは、受け取り窓口がないので、郵送での受け取りになります。下記の3つの郵送方法があります。

  • 佐川急便の「受取人確認サポート」
  • 日本郵便の「本人限定受取郵便」
  • 日本郵便の「簡易書留」

どちらの郵送会社で送られてくるかは、カードの申し込み完了時に送られてくるメールに記載されています。

また、上記の内、日本郵便の「簡易書留」で受け取る場合、本人確認書類を提示する必要がありません。ただし、簡易書留を利用する場合、カードの申し込み時に、運転免許証などで本人確認書類を提出する必要があります。

本人確認証を用意しましょう

受け取りの際、簡易書留以外であれば、本人確認書類の提示が必要です。日本郵便と佐川急便とで、提示可能な公的書類が違います。そこで、それぞれ、本人確認書類として認められている公的書類についてみていきましょう。

佐川急便の場合

まず、佐川急便では、下記の公的書類が本人確認書類として認められています。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 外国人登録証

出典:受取人確認サポートについて

上記の書類のように、顔写真付きの公的な本人確認書類がないと、楽天カードを受け取れません。

日本郵便の場合、保険証でもOK

一方、日本郵便の場合は、顔写真のない公的な本人確認書類の提示も認められています。その場合、本人の氏名が記載されている書類が、2枚必要です。具体的には、下記のようなものがあります。

  • 健康保険証
  • 共済組合員証
  • 国民年金手帳
  • 年金手帳
  • 国民年金
  • 共済年金または恩給等の証書
  • 運転経歴証明書
  • 学生証、会社の身分証明書

出典:本人確認書類

受け取りができない時はどうすればいい?

次に、配達時に不在で、カードを受け取れない場合や、本人確認書類として顔写真付きの公的書類を用意できない場合は、どうすればいいのか解説します。

保険証だけの場合は、日本郵便に変更

まず、顔写真付きの身分証明書を用意できない場合から解説します。顔写真付きの身分証明書の提示を求めるのは、佐川急便です。そのため、配送会社を日本郵便に変えることで、顔写真付きの身分証がなくても、受け取れるようになります。

楽天カード・カスタマーサポートに電話して、配送会社を変更の依頼をしましょう。電話番号は、カード申し込み完了時に送られてくるメールアドレスに記載されています。

不在で受け取れない場合

次に、不在で、カードを受け取れない場合についてみていきましょう。

不在の際、カードは、営業所に保管されます。保管期間は、不在票が届いてから、日本郵便は10日、佐川急便は、最大14日です。保管期間がすぎると、カードは返送されてしまうので、なるべく早く対応しましょう。

不在でカードを受け取れない場合、以下の2つの対処法があります。

  • 再配達を申し込む
  • 窓口に受け取りに行く

それぞれみていきましょう。

再配達を申し込む

再配達を希望する際は、まず、不在連絡票に書かれている電話番号に連絡しましょう。電話で、再配達の日時を指定できます。また、日本郵便、佐川急便のどちらの場合でも、再配達は無料です。

窓口に受け取りに行く

窓口に受け取りに行く際も、不在票に記載されている電話番号に、電話しましょう。カードを受け取りに行く際に必要なものは、それぞれの郵送会社から指定された身分証明書です。

カードの受け取り後にすること

カードを受け取ったら、いくつか手続きをしなければいけません。カードを安全に、お得に使うために、必要な手続きです。そこで、受け取った後の手続きについて解説します。

楽天e-Naviの登録

まず、カードを受け取ったら、楽天e-Naviに登録しましょう。このサービスに登録すると、利用者情報やカードの支払い情報の管理ができます。また、カードの利用明細もこの楽天e-Navi上で閲覧できます。さらに、カードの利用で貯まったポイントの管理も可能です。

本人認証サービスの登録

次に、e-Naviから本人認証サービスの登録を行いましょう。このサービスに登録すると、インターネットショッピングで、カードをより安全に使えます。そのため、第三者によるカードの不正利用を防止するためにも、登録しておくといいでしょう。

入会キャンペーンのポイントをもらう

カードを受け取ったら、入会キャンペーンのポイントを受け取りましょう。通常、入会特典で合計5000ポイント付きます。ポイントの内訳は、カードの入会特典2000ポイントとカードを利用していもらえる3000ポイントです。

入会特典2000ポイントをもうらうためには、e-Naviの「入会特典ポイントを受け取る」という項目から自分で申し込む必要があります。残りの3000ポイントは、キャンペーン期間内に街で利用すれば、もらえます。

まとめ

楽天カードの受け取りには、基本的に、本人確認書類が必要です。本人確認書類は、日本郵便と佐川急便で異なります。特に、佐川急便の場合、免許証などの顔写真付きの公的身分証明書が必要です。

そのため、免許書などを持っていない方は、電話にて配送会社を日本郵便に変更する依頼をしましょう。

また、カードを受け取れない場合は、再配達の依頼をするか窓口に取りに行きましょう。どちらの場合でも、まずは、不在票に書かれている電話番号に電話してください。

カードを受け取ったら、e-Naviの登録をしましょう。安全にカードを利用するためにも、入会特典を受け取るためにもe-Naviの登録は重要です。

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • VISAカードの信用情報について

    クレジットカードでお金を借りることが出来る反面、作り過ぎたるすると住宅を購入する際のローンなどの信用状況などに影響を及ぼすと聞きましたが、本当なのでしょう...

    30代 / 男性 / 福岡県 / 年収 300万円以下 / 独身

  • 新たにカードをつくる

     新しくカードを造ろうとおもっているのですが、今はやりの「ウォレット」か「デェビット」付きの カードに仕様かと思っています。 ネットで違いや仕組みは理解し...

    40代 / 男性 / 神奈川県 / 年収 301-400万円 / 独身

クレジットカードの人気記事

カテゴリ