1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. 楽天カードは2枚目が発行可能!2枚目発行の条件とメリットを解説

楽天カードは2枚目が発行可能!2枚目発行の条件とメリットを解説

楽天カードは、条件を満たすことで、2枚目のカードの発行が可能です。この記事では、楽天カードを2枚持つメリットとその発行方法、発行における注意点を解説します。2枚目の楽天カードを手に入れてお得にクレジットカードを使いこなしましょう。

この記事の目次

確定申告の「経費精算」・「節税対策」期限まで、残り 15日 です。

【2020年最新】 ▼当サイトで人気の節税・税金計算サービス

2枚の楽天カードを持つメリット

楽天カードは、発行条件を満たすことで、2枚目のカードの発行が可能です。カードが2枚あると、使う場面に応じて、カードを使い分けられるなどのメリットがあります。そこで、まずは、楽天カードを2枚持つメリットを見ていきましょう。

カードごとに別口座を登録すると管理が楽

カードによって利用目的を変えることで、支出の管理が楽になりますよね。2枚目の楽天カードでは、1枚目のカードと異なる引落口座を登録できます。1枚目の引落口座を会社の経費用に使い、もう1枚をプライペートの生活費に使い分けるなど、管理を簡略化できるでしょう。

楽天スーパーポイントは合算される

カードが2枚あっても、カードの利用で貯まるポイントは、同じ楽天PointClub口座に貯まります。ポイントを合算する必要がないので、非常に便利に利用できるでしょう。

自分の名義で2枚目のETCカードが持てる

原則、楽天カード1枚につき、1枚しかETCカードは発行できません。クレジットカードを2枚持つことで、自分名義の2枚目のETCカードが発行可能です。

ETCカードが2枚あると、同時に複数台の車でETCカードを利用できます。家族に、ETCカードの付いた車を貸した場合でも、もう1枚のETCカードを利用できます。

発行できる家族カードの数が10枚に

楽天カードの家族カード発行上限は5枚です。2枚目を発行することで、発行できる家族カードの数が10枚になります。そのため、家族カードを6枚以上作りたい人には楽天カードを2枚発行すると良いでしょう。

また、家族カード利用で貯まったポイントは、本会員のポイント口座に合算されます。家族がカードを使うことで、ポイントが貯まりやすくなります。

2枚目の楽天カード発行するには?

2枚目を持つと、主に下記の2つのメリットがあります。

  • 利用目的に応じて使い分けれる
  • ポイントが貯まりやすい

2枚目を持つには、いくつか条件があります。そこで、2枚目発行の条件と発行方法を見ていきましょう。

2枚目発行の条件

まず、2枚目を発行するには、1枚目のカードが一般の楽天カードであり、国際ブランドが、Visaである必要があります。

ゴールドカードを使っている方や、国際ブランドがMasterCardやJCBの方は、2枚目を発行できません。その場合、一度解約してからの手続きが必要です。

発行の手順

作成の申し込みは、カード会員のオンラインサービスである楽天e-Naviからおこないます。e-Naviの「お申し込み」の項目から「カードの追加・切り替え」を選択し、指示に沿って、カード発行の手続きをします。

引き落とし口座の変更はe-Naviで

カードを追加すると、引落口座は1枚目と同じになります。引落口座を変更したい場合は、別途変更が必要です。

引落口座の変更は、楽天e-Naviからできます。楽天e-Naviの「お客様情報の照会・変更」の「お支払い口座の照会・変更」から変更可能です。

2枚目発行の際の注意点

2枚目発行には、条件の他にいくつか注意点があります。最後に、2枚目発行の注意点を確認していきましょう。

限度額は共通

2枚のカードの限度額は、1枚目のカードと共通です。カードが2枚に増えたからといって、限度額も2倍になるわけではありません。

そのため、利用額の管理には注意しましょう。また、引落口座が別の場合は、引き落としの際、口座の残高不足に注意が必要です。残高不足になると引き落とされず、滞納の恐れが出てくるでしょう。

入会特典はない

2枚目を作成しても、新たに入会特典は付与されません。楽天カードの新規作成特典の5000ポイントが受け取れるのは、初めて楽天カードを作成する場合だけです。

2枚目の楽天カードを作成する際や一度解約してからカードを作り直す場合は、適用されないので、注意しましょう。

ディズニーデザインは選べない

2枚目のカードを作成する際、選択できるカードデザインは限られています。

ディズニーデザインは、新規入会特典に当たるので選択できません。ディズニーデザインを選びたい場合は、一度解約してからの再入会が必要です。ただし、短期間に解約・入会を繰り返すと、審査に落ちる可能性が高まるので注意してください。

まとめ

一般の楽天カードで、国際ブランドがVisaの場合、2枚目のカードを発行できます。カード作成の申し込みは、楽天e-Naviからできます。

また、2枚目のカードを発行することで、利用目的に応じてカードを使い分けれるので、管理が簡略化されます。管理が大変だという方や、家族カードをたくさん発行したいという方はぜひ2枚目の楽天カードを発行してみましょう。

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • なぜ大量にポイントがもらえるのか?

    私は3年ほど楽天カードを使っております。おもにネットショッピングで使っていますが、普段も使えるときは楽天カードを使うよう心がけています。なぜならポイントが...

    20代 / 男性 / 長崎県 / 年収 300万円以下 / 独身

  • 電子マネー付きのカードについて

    電子マネー付きのカードや、オートチャージ可能なクレジットカードを持っていると、ついついコンビニなどで電子マネーを使ってしまいます。オートなため、いくら使っ...

    20代 / 女性 / 東京都 / 年収 801-900万円 / 既婚、子供2人

  • 登録してある口座番号について

    クレジットカードを注文するときに登録する銀行の口座番号など、どうやって管理してあるのか気になります。悪用されたりしないのか、情報が漏れたりしないのか。 も...

    30代 / 女性 / 東京都 / 年収 501-600万円 / 既婚、子供3人以上

クレジットカードの人気記事

カテゴリ