1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. 楽天カードってどんなカード?ポイント還元率が最大の魅力!

楽天カードってどんなカード?ポイント還元率が最大の魅力!

カードを発行する時はポイント還元率が気になりますよね。「楽天カード」は年会費無料にも関わらず、高いポイント還元率が魅力のおすすめカードです。ここでは、楽天カードの基本情報から申し込み方まで丁寧に解説します。

この記事の目次

  • 【1位】JCB CARD W
    10ヶ月連続1位 通常より2倍のポイントが貯まる、JCBの中でも高還元率のカード!
  • 【2位】三井住友VISAデビュープラスカード
    はじめてクレジットカードを作るというあなたにおススメ!定番の一枚!
  • 【3位】ACマスターカード
    急な出費で今すぐカードを作りたいあなたへ。最短30分で即日受け取り可能(※当社調べ)

楽天カード」ってどんなカード?

まずは、「楽天カード」の年会費や審査基準、限度額をそれぞれ確認します。

年会費は無料

楽天カード」の年会費は永年無料です。なので、たとえカードを利用しなくなったとしてもお金がかかる心配もなく、安心してカードを発行できます。

限度額は?

利用限度額は一律には決まっていませんが、カードを発行した直後は10〜30万円に設定されることが多いです。カードの限度額は本人の年収や職業、信用情報が審査された上で決定されます。

限度額を増枠したい方は増枠申請が可能です。この際、信用情報が審査されるので、クレジットヒストリー(※)を積み上げておきましょう。

また、海外旅行などで利用限度額を増枠したい場合は、一時的な増枠ができます。こちらの方が審査が優しく、比較的簡単に限度額を上げることができます。

(※クレジットヒストリーとは、カードの利用履歴のことです。利用履歴が継続的に積み上がっていればいるほど、信用が認められ審査に通りやすくなります。)

審査基準は優しい

楽天カードの審査基準は、他社のカードと比較して優しいです。申し込み条件は『高校生を除く18歳以上』となっており、年収や職業に関わらず幅広くカードを発行していることがわかります。

実際、アルバイトをしていない学生の方でもカードが発行できるので、是非申し込んでみましょう。

デザインの種類が豊富

「FCバルセロナ」や「楽天イーグルス」など、9種類のデザインが揃っています。クレジットカードは頻繁に利用するので、デザインは意外と気になるものですよね。

これほどデザインが豊富なクレジットカードは珍しいので、是非自分が好きなデザインがないか確かめてみてください。

楽天カードの詳細はこちら

楽天カード」のメリット

楽天カード」は、ポイントが貯まりやすいことがメリットとして挙げられます。ここでは、合わせて海外旅行保険についても説明します。

楽天ポイントが貯まる

楽天カード」では、通常100円で1ポイント貯まります。このポイントは1ポイント=1円相当で利用可能です。

さらに、以下ように楽天サービスの利用や提携店での利用の際に、ポイント還元率がアップするので、更にお得です。

楽天市場でポイント3倍

楽天市場で「楽天カード」を使うとポイントが3倍になります。

楽天サービスに新規登録するとボーナスポイント

例えば、楽天銀行で口座を開設・1000円以上の入金でボーナスポイントが1000ポイント貯まります。

楽天ポイントが使えるお店でポイント2倍

楽天との提携店でカードを利用するとポイントが2倍になります。提携店には「マクドナルド」や「ミスタードーナツ」があるので日常生活でもポイントが貯めやすいですね。

また、カード決済しなくても、代金支払い時に「楽天カード」のバーコードを読み取るだけで100円=1ポイントが付与されます。

海外旅行保険について

楽天カード」では海外旅行保険が付帯します。その内容は以下の通りです。

保証内容 保証金額
傷害死亡・後遺障害 最高2000万円
傷害治療費用 最高200万円
疾病治療費用 最高200万円
賠償責任 最高2000万円
救援者費用 最高200万円
携行品損害 最高20万円
年会費無料のクレジットカードの中では、充実した海外旅行保険の内容であるといえます。例えば、エポスカードでは傷害死亡の保証金額が500万円になっています。
ただし、この保険は利用付帯となっているので注意してください。出国前に「航空券」「海外ツアー料金」の一部を「楽天カード」で決済している場合のみ、保険が適応されます。

楽天カード」のデメリット

次は、「楽天カード」のデメリットを確認していきましょう。

優待サービスは少ない

ポイントサービス以外の優待サービスが他社と比べて少ないです。Wifiレンタルサービスや海外レンタカーサービスなどの特典はありますが、日常的に使える特典ではありません。

例えばエポスカードでは映画館やカラオケの割引特典や、飲食店での無料ドリンクチケットなど、日常的に利用できる優待サービスが豊富です。

ポイント還元率が高い反面、便利な優待サービスが少ないことはデメリットと言えるでしょう。

リボ払いに注意

楽天カード」では、リボ払いに対応しています。リボ払いとは月々にあらかじめ設定していた金額で返済をしていく支払い方式です。年利が高いので、完済に時間がかかればかかるほど、手数料が高くなっていきます。

カード発行側としては、リボ払いの手数料は大きな収入源となっているので、リボ払いに関するキャンペーンやメールが届くことがあります。

リボ払いに対する知識がないままリボ払いを行ってしまうと、完済までに数年間かかるといった事態になりかねないので、注意してください。

楽天カード」に付いて知っておきたいこと

最後に、「楽天カード」の申し込み方法や、会員サイトに関する情報を解説します。

楽天e-NAVIとは?

楽天e-NAVIとは、楽天カードの会員が登録できるwebサイトです。このサイトでは、楽天カードに関する情報を簡単に確認できます。

明細がオンラインで確認できる

楽天e-NAVIを利用すると、明細をいつでもどこでも確認することができます。翌月以降の支払額も確認できるので、口座残高の管理に大変便利です。

こまめに明細を確認し、残高不足やカードの使いすぎを防ぎましょう。

楽天カード」への申し込み方法

楽天カード」への申し込みはwebでしか行えません。その方法は以下の通りです。

  1. ホームページで入会ボタンを選択
  2. 楽天会員への登録
  3. 入会するカードを選択
  4. 暗証番号、国際ブランドなどの情報を入力
  5. 申し込み完了メールの確認

入会キャンペーンについて

新規入会で以下の2つの特典がもらえます。

  • 新規入会特典2000ポイント
  • カード利用特典3000ポイント(期間限定ポイント)

カード利用期限(申し込み日の翌月末)までにカードを利用すると、楽天ポイントが合計で5000ポイント付与されます。

カード利用特典で獲得したポイントは、ポイント進呈日の翌月末までに利用しないとh失効してしまうので注意しましょう。

出典:

入会キャンペーンの内容は、期間によって異なることがあります。

まとめ

楽天カード」はポイント還元率が高く年会費が無料のため、非常におすすめのクレジットカードです。申し込み方法も簡単なので、是非発行しましょう。

楽天カードの詳細はこちら

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • JCBの年会費について教えてください。

    クレジットカード会社によって年会費があるものとないものがあります。JCBは年会費約1000円ちょっとあるのですが、他のクレジットカードは年会費がないことも...

    40代 / 女性 / 茨城県 / 年収 601-700万円 / 既婚、子供1人

  • ポイント還元について

    私は、ただ現金で払うより、ポイントが貯まるのがお得だと思い、カードを利用しているのですが、よくポイント還元率と聞きますが、ポイント還元率がいいカードはどの...

    30代 / 女性 / 神奈川県 / 年収 501-600万円 / 既婚

クレジットカードの人気記事

カテゴリ