1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. エポスカードプラチナはお得?カード特典と発行方法を解説します

エポスカードプラチナはお得?カード特典と発行方法を解説します

エポスプラチナカードは、年会費の安いお得なプラチナカードです。。ところが、使い方によっては、エポスゴールカードを利用した方が、お得な場合があります。そこで、この記事では、プラチナカードの特典とゴールドカードがお得な場合について解説し、発行方法を紹介します。

この記事の目次

  • 【1位】JCB CARD W
    10ヶ月連続1位 通常より2倍のポイントが貯まる、JCBの中でも高還元率のカード!
  • 【2位】三井住友VISAデビュープラスカード
    はじめてクレジットカードを作るというあなたにおススメ!定番の一枚!
  • 【3位】ACマスターカード
    急な出費で今すぐカードを作りたいあなたへ。最短30分で即日受け取り可能(※当社調べ)

エポスプラチナカードのメリット

エポスプラチナカードを発行するメリットについて解説します。

年会費が安いプラチナカード

プラチナカードとは、ステータスの高いカードのことです。カードを持ってるだけで、さまさまな特典を受けられます。

プラチナカードの年会費は高めに設定されています。代表的なものでは、年会費が13万円のアメリカン・エキスプレス・プラチナカードや、年会費が5万円のJCBザ・クラスなどでしょう。

一方で、エポスプラチナカードの年会費は3万円と、他のカードと比べても低めです。さらに、年間100万円以上利用すると、翌年の年会費が2万円になる特典もあります。

年会費は高くなくても、特典内容は、他のプラチナカードに負けていません。そのため、年会費を抑えて、プラチナカードを持ちたい方におすすめです。

レストランが実質半額に

次に、エポスプラチナカードの特典を見ていきましょう。エポスプラチナカードの特典の1つに、グルメクーポンというものがあります。

これは、全国約100店舗のハイクラスのレストランで利用できるクーポンです。このクーポンを使って、2人以上でレストランを利用すると、カード会員の料金が、無料になります。下記の表は、グルメクーポンが利用できるレストランの一例です。

レストラン名 1人様の値段(円)
ANTICA OSTERIA DEL PONTE 30,240
すし田 乾山 銀座七丁目 16,200
Ginza kansei 29,700
東山 Touzan 12,204
桜坂 観山荘 18,700

出典:Gourmet Coupon

1000箇所以上の空港のラウンジが使える

さらに、カードの特典の1つに、プライオリティパスがあります。通常、プライオリティパスを無制限に使えるプレステージ会員になるには、年会費が429米ドル発生します。

ところが、エポスカードプラチナを持っていれば、プライオリティパス提携の1000箇所以上の空港のVIPラウンジを、無料で利用可能です。そのため、頻繁に空港を利用する方には、お得な特典を言えるでしょう。

出典:会員プラン

国内外の傷害保険が付帯

その他にも、国内外の傷害保険が付帯しています。カードの付帯保険は、傷害死亡、後遺障害保険金額で、最大1億円、さらに、家族には、最大2000万円の保険金額が適用されます。

ちなみに、エポスゴールドカードの海外旅行保険の最大保険金額は、1000万円です。そのため、この付帯保険は、他のクレジットカードの付帯保険と比較しても、ハイクラスと言えるでしょう。

Visaプラチナのサービスが受けられる

また、Visaプラチナのサービスを受けられます。Visaプラチナとは、プラチナカードを持っている会員だけが、利用できるサービスです。このサービスを使うことで、会員だけの特別価格で、簡単に、旅行を手配できます。

ゴールドカードが向いている場合もある

エポスカードプラチナは、年会費の安いお得なプラチナカードです。ところが、使い方によっては、エポスゴールカードの方が、お得な場合があります。そこで、エポスゴールドカードがお得な場合も見ていきましょう。

ゴールドの年会費が無料の場合

まず、エポスゴールドカードには、以下のような特典があります。

  • 年間ボーナスポイント最大1万ポイント
  • 国内外の一部の空港のラウンジが利用できる
  • エポスカードの優待でゴールド会員限定の優待が受けられる
  • HISで、ポイント最大5倍
  • 日本旅行で、ポイント最大10倍

インビーテションを受けて、エポスゴールドカードを発行した方は、年会費無料で以上のサービスを利用できます。プライオリティパスやグルメクーポンなどのプラチナ会員特典がないものの、ゴールドカードの特典も充実しているのです。

また、エポスゴールドカードは、自分で申し込むと、年会費が5,000円です。エポスカードで利用実績を積み、インビテーションをもらうといいでしょう。

年間の利用額が少ない場合

エポスカードプラチナでは、利用額に応じて、ボーナスポイントがもらえます。ボーナスポイントは、1ポイント1円から利用可能です。年会費が2万円の場合、年間で100万円以上使えば、年会費分を取り戻せます。

年間の利用額が100万円に満たない場合、ボーナスポイントがもらえないので、よく検討するといいでしょう。

年間利用額(円) ボーナスポイント
100万以上 20,000
200万以上 30,000
300万以上 40,000
500万以上 50,000
700万以上 60,000
900万以上 70,000
1,100万以上 80,000
1,300万以上 90,000
1,500万以上 100,000

エポスプラチナカードを発行するには?

最後に、エポスプラチナカードの発行の手順を見ていきます。

申し込みの手順

まずは、申し込みの手順を見ていきましょう。エポスプラチナカードの申し込みは、インターネットからおこないます。直接窓口で、申し込みはできません。エポスnetの「各種申し込み」からエポスプラチナカードの申し込みを選択します。エポスnetに登録していない方は、最初に、登録を済ませましょう。

インビテーションがあるとお得

エポスゴールドカード利用者で、エポスプラチナカードのインビテーションがあると、通常の年会費よりも1万円安い、年会費2万円でカードを発行できます。

そのため、年会費を抑えて、エポスプラチナカードを発行するためには、エポスゴールドカードで利用実績を作り、インビテーションをもらうといいでしょう。インビテーションの条件は、エポスゴールドカードと同じように公開されていません。

審査を受ける

カードを申し込むと審査があります。審査では、安定した企業に務めており、収入が安定しているかどうかが見られます。またプラチナカードであるため、ある程度、高収入であることも審査の基準です。

家族カードの発行は?

エポスプラチナカードでは、家族カードが発行できるかどうか確認しましょう。

エポスプラチナカードでは、家族カードに、エポスファミリーゴールドを発行できます。エポスファミリーゴールドの特典は、ゴールドカードと同じです。

エポスファミリーゴールドを持っている家族同士で、ポイントをシェアできる点が魅力です。また、プラチナ会員は、年会費無料でエポスファミリーゴールドを発行できます。

まとめ

エポスカードは、年会費3万円で、プラチナカードのサービスを受けられます。さらに、インビテーションがあれば、年会費が2万円になるのが魅力的です。

ところが、使い方によっては、エポスゴールドカードの方がお得な場合もあります。以下のような場合は、プラチナカードにするかどうかよく検討しましょう。

  • 年間利用額が、100万円以下
  • ゴールドカードの年会費が無料の方

ボーナスポイントは、年間利用額100万円以上でもらえます。年会費が3万円の場合、年間で200万円以上使うと、年会費分のポイントがもらえるのです。そのため、年間利用額が多い予定の方にとって、大変お得なカードです。

また、付帯保険、空港のラウンジ、旅行の手配など、旅行好きの人に、嬉しい特典もついてます。プラチナカードの申し込みは、直接、窓口からできません。申し込みは、インターネットから行いましょう。

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • クレジットカードの審査について

    クレジットカードを作る際に審査があると思うのですが、審査はどこの会社で作るにしても同じような審査が必要になるのでしょうか。 クレジットカードでの滞納をする...

    30代 / 男性 / 北海道 / 年収 300万円以下 / 独身

  • オリコのポイント還元率について教えてください。

    どうしたら効率良く貯金ができるでしょうか? 私は浪費家というわけではありませんが、なかなか貯金をすることができません。ひと月の収入から各費用を差し引くと、...

    20代 / 男性 / 東京都 / 年収 300万円以下 / 独身

  • 実際にクレジットカードを使用する際について

    実際に店舗などでクレジットカードを使い、商品を購入する時にいつも不思議なことがあるので質問させて頂きました。 レジでクレジットカードを渡し、支払い方法を言...

    30代 / 男性 / 宮城県 / 年収 300万円以下 / 独身

クレジットカードの人気記事

カテゴリ