1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. アメックスは優待サービスが豊富。年会費や審査について理解しよう

アメックスは優待サービスが豊富。年会費や審査について理解しよう

「そろそろステータス性があるカードが欲しい」と思っている方には、豊富な特典が付帯しているアメックスがおすすめです。この記事では、3種類のアメックスカードの基本情報や特典をそれぞれ詳しく説明していくので、是非参考にしてください。

この記事の目次

【2019年最新】 ▼当サイトで発行枚数の多い、マイルを貯めたい方におすすめのカード はこちら

アメックスってどんなカード ?

アメックスは国際的にも有名なクレジットカードですが、その特徴や基本情報が分からない方も多いでしょう。まずは、アメックスがどのようなクレジットカードなのか説明します。

高いステータス性

アメックスは年会費が高く、豊富な特典が付帯しているため、ステータス性が高いカードと言われています。

海外では特に、クレジットカードはその所有者の信頼性を証明するものとされており、レストランでの優待や高級ホテルの部屋のランクがグレードアップするなどの待遇が受けられることもあります。

アメックスは3種類

アメックスのカードの種類は以下の3つです。

  • アメックスグリーン
  • アメックスゴールド
  • アメックスプラチナ

アメックスグリーンがスタンダードカードとなっており、ゴールド、プラチナと順にランクが上がっていきます。それぞれ年会費や特典が異なるので自分にあったカードを発行しましょう。

年会費は高い

アメックスの年会費は、他社のクレジットカードと比較して高い水準となっています。

カードの種類 年会費(税込)
アメックスグリーン 12,960円
アメックスゴールド 31,320円
アメックスプラチナ 140,400円

他社のゴールドカードの年会費が基本的に1万円前後に設定されることを考慮すると、年会費の水準の高さがわかるでしょう。

スタンダードカードのアメックスグリーンでも、他社のゴールドカードと同じかそれ以上の年会費となっています。

豊富なサービス

アメックスでは豊富な優待サービスが揃っています。

カード毎に特典が違うのでそれぞれ後ほど詳しく説明しますが、空港ラウンジや手荷物宅配サービスなど、海外旅行で利用できる特典が多いです。

アメックスグリーン

ここでは、スタンダードカードであるアメックスグリーンについて詳しく説明していきます。

アメックスのスタンダードカード

上述した通り、アメックスグリーンはアメックスの中でのスタンダードカードです。

なので、どの種類のアメックスを作ったらいいのか分からない方や、年会費を抑えてアメックスを手に入れたい方には、アメックスグリーンがおすすめです。

アメックスグリーンの年会費

年会費(税込) 12,960円
家族カードの年会費(税込) 6,480円

スタンダードカードと言っても、年会費からわかる通り、ゴールドカードレベルのステータス性があります。

海外旅行保険について

アメックスグリーンの海外旅行保険の内容は以下の通りです。

保証の種類 保証金額
傷害死亡・後遺障害 最高5000万円
傷害治療費用 最高100万円
疾病治療費用 最高100万円
賠償責任 最高3000万円
救援者費用 最高200万円
携行品損害 最高30万円

これらの保険は利用付帯となっています。旅行に関する交通費等でカードを使用していないと、保険が適応されないので注意してください。

優待サービスも豊富

付帯する主な優待サービスを説明します。空港や海外で利用できるサービスが多いことがわかりますね。

  • 手荷物無料宅配サービス
  • 空港ラウンジの利用
  • エアポート送迎サービス
  • 空港クロークサービス
  • 無料ポーターサービス
  • 海外用レンタル携帯電話特別割引
  • プライオリティパスへの無料登録
  • 海外旅行先で利用できる日本語サポート
  • プロテクションサービス
  • コットンクラブ
  • 新国立劇場
  • チケット・アクセス

出典:初めてのクレジットカード | アメックス日本 - American Express

アメックスゴールド

アメックスゴールドは、ゴールドカードの中では業界最高峰のステータス性を誇るカードと言えます。ここでは、そのアメックスゴールドについて詳しく説明していきます。

アメックスゴールドの特徴

業界最高峰のステータス性を誇るアメックスゴールドには一体どのような特徴があるのでしょうか?

年会費は?

年会費(税込) 31,320円
家族カードの年会費(税込) 12,960円(1枚目は無料)

この水準も、他社のゴールドカードの年会費と比較して高い水準です。例えば、楽天ゴールドカードは年会費が2240円なので、10倍以上の年会費となります。

海外旅行保険について

アメックスゴールドの海外旅行保険は以下の通りです。利用付帯と自動付帯があり、利用付帯の方が保証金額が大きくなります。

家族の方に適応される保険金額も、利用付帯と自動付帯で異なるので注意してください。

保険金の種類 保険金額(利用付帯) 保険金額(自動付帯)
傷害死亡・後遺障害 最高1億円 最高5,000万円
傷害治療費用 最高300万円 最高200万円
疾病治療費用 最高300万円 最高200万円
賠償責任保険 最高4,000万円 最高4,000万円
携行品損害保険金 最高50万円 最高50万円
救援者費用 最高400万円 最高300万円

出典:ゴールド・カードのサービス|アメリカン・エキスプレス - American Express

ゴールドの特典は?

アメックスグリーンにはない主な特典は以下の通りです。

  • 航空便遅延費用保証
  • 海外ホテルでの優待価格
  • ゴールド・ワインクラブ
  • 京都観光ラウンジ
  • American Express Invites レストラン優待

ゴールドカードでは、他のカードにはない豪華な特典が付きます。例えば、ゴールド・ワインクラブでは、お勧めのワインや季節のワインの情報をサポートしてくれたり、入手困難なワインが購入できたりします。

アメックスプラチナ

ここでは、アメックスプラチナカードについて、詳しく解説していきます。

プラチナは招待制

アメックスプラチナは、自ら申し込むことができません。プラチナカードを発行するには、カード会社からインビテーションを受ける必要があります。

なので、アメックスプラチナカードを発行したい方は、ゴールドカードの利用履歴を作りましょう。

目安の金額は公表されておらず、明確な基準はないので、地道にカードを使いクレジットヒストリーを積み上げていくことが大切です。

年会費は?

年会費 140,400円
家族カード 4枚まで無料

年会費はゴールドカードの4倍以上となっており、業界最高峰の価格となっています。

充実した海外旅行保険

プラチナカードでも、利用付帯と自動付帯で保証金額が異なります。傷害治療や疾病治療にかかる費用に対して1,000万円が保証されたりと、非常に充実した海外旅行保険の内容になっています。

保険金の種類 保険金額(利用付帯) 保険金額(自動付帯)
傷害死亡・後遺障害 最高1億円 最高5,000万円
傷害治療費用 最高1,000万円 最高1,000万円
疾病治療費用 最高1,000万円 最高1,000万円
賠償責任保険 最高5,000万円 最高5,000万円
携行品損害保険金 最高100万円 最高100万円
救援者費用 最高1,000万円 最高1,000万円

プラチナ限定の優待サービス

プラチナ限定の優待サービスが豊富にあります。24時間いつでもサポートしてくれるコンシェルジュサービスや、リゾート施設での優待特典、高級ホテルの上級会員になれるなど、他にはない豪華な特典が利用できます。

  • コンシェルジュデスク
  • メタル製のクレジットカード
  • メンバーシップリワードプラスへの無料登録
  • 世界1,200以上のラウンジが利用可能
  • ファイン・ホテル・アンド・リゾート特典
  • ホテル・メンバーシップ
  • フリー・ステイ・ギフト
  • Fine Dining 50

出典:プラチナ・カードのご案内 - クレジットカードはアメリカン・エキスプレス ...

アメックスセンチュリオンとは

アメックスセンチュリオンとは、アメックスが発行しているカードの中でもっともランクが高いカードのことを指し、プラチナカードの上のランクのカードです。

アメックスセンチュリオンに関する情報は公式サイトでは掲載されておらず、年会費も、招待がくる基準、特典内容も明確にはわかりません。

プラチナカードの利用額だけでなく、職業やアメックスカードを長く利用しているなど、様々な基準が考えられるようです。

アメックスのデメリット

次に、アメックスのデメリットを説明します。年会費が高いこと以外にも、知っておきたいポイントがいくつかあるので、しっかり確認しましょう。

使える店舗は比較的少ない

アメックスカードの国際ブランドはアメリカンエキスプレスです。

アメックスはJCBとアメックスの加盟店で利用できますが、JCBとアメックスはそれぞれ国際シェア率が3位と4位になってるため、VISAやMastercardに比べると使える店舗は少なくなります。

特に、発展途上国に旅行にいく際には、国際ブランドがVISAやMastercardのクレジットカードも持っていくことをお勧めします。なぜなら、途上国ではまだアメックスブランドが浸透していなく、VISAやMastercardしか使えないといったホテルやレストランが多いからです。

ポイントプログラムについて

アメックスでは100円で1ポイント貯まります。ポイントの使い方は以下の3つがあるのですが、他社のカードと比較して使い勝手はそれほど良くありません。

  • マイルや提携ポイントへ移行する
  • 支払いに利用する
  • アイテムや体験に利用する

例えば、支払いに利用する場合は1ポイント=0.3円で換算されます。この場合、還元率は0.3%となり、楽天カードなどの他社のカードに比べると、ポイントによるメリットは少ないです。

しかし、次に説明するメンバーシップリワードプラスに登録すると、ポイントプログラムが利用しやすくなります。

メンバーシップリワードプラスとは

メンバーシップリワードプラスとは、年会費3240円で加入できるプログラムです。これに登録していると、以下の4点でポイントがより使いやすくなります。

  • ポイントの有効期限が無制限に
  • 支払いに利用する際にポイントが1ポイント=1円で換算
  • マイルへの移行レートが2,000ポイント=1,000マイルから1,000ポイント=1,000マイルへ
  • ボーナスポイントプログラムに申し込むと対象加盟店でのポイント還元率が3倍に

このプログラムに入っていないと、アメックスのポイントサービスは楽天カードやJCB CARD Wに比べてメリットが少ないでしょう。

セゾンアメックスとの違い

日本では、セゾンアメックスというクレジットカードもあります。アメックスとの違いを明らかにしましょう。

発行会社が違う

セゾンアメックスはクレディセゾン社とアメリカンエキスプレスが提携して発行しているクレジットカードです。なので、年会費や特典、審査基準もクレディセゾン社の基準で決まっています。

基本情報の比較

セゾンアメックスカードには4種類あり、年会費は以下の通りになっています。

カードの種類 年会費(税込)
セゾンパールアメックス 1,080円(初年度無料、年に1回使用すれば翌年度無料)
セゾンブルーアメックス 3,240円(初年度無料、26歳まで年会費無料)
セゾンゴールドアメックス 10,800円(初年度無料)
セゾンプラチナアメックス 21,600円(年間200万円以上で半額)

出典:

通常のアメックスカードと比べると、年会費が低いことがわかりますね。その分、ステータス性は低くなります。

特典の違いを比較

セゾンアメックスでは、空港など、海外で利用できる特典に加えて、国内向けの特典も多く付帯しています。

  • ロフトのご優待
  • パルコでの5%オフ
  • 国内ヘアサロンの優待
  • ルクサでの優待

出典:

もちろん、アメックスでは付帯している特典が、セゾンアメックスでは付帯していない特典あるので、しっかり確認してください。

アメックスについて知っておきたいこと

最後に、アメックスを作成する際に知っておきたいことを説明します。審査基準や入会キャンペーンについて、しっかり確認しましょう。

審査基準は?

アメックスはステータス性が高いことからも、審査基準が高いと思われがちです。

しかし、実際はそれほど審査基準は高くなく、一般のサラリーマンの方でも発行することができます。

目安としては、アメックスグリーンなら年収250万円〜300万円、アメックスゴールドなら年収300万円〜400万円があれば、審査に通る可能性は十分あると考えていいでしょう。

入会キャンペーンについて

アメックスでは、カードを発行する際に入会キャンペーンを行なっています。カードの種類によってキャンペーンの内容が異なるのでしっかり確認してください。

カードの種類 キャンペーンの内容
グリーン 最大合計17,500ポイント獲得可能

  • 入会後3ヶ月以内に1万円以上の利用で500ポイント
  • 入会後3ヶ月以内に25万円以上の利用で2,000ポイント
  • 入会後3ヶ月以内に50万円以上の利用で10,000ポイント
  • 合計50万円以上の利用で500ポイント
ゴールド 最大合計30,000ポイント獲得可能

  • 入会後3ヶ月以内に1万円以上の利用で1,000ポイント
  • 入会後3ヶ月以内に25万円以上の利用で4,000ポイント
  • 入会後3ヶ月以内に50万円以上の利用で20,000ポイント
  • 合計50万円以上の利用で5,000ポイント
プラチナ 最大合計40,000ポイント獲得可能

  • 入会後3ヶ月以内に50万円以上の利用で20,000ポイント
  • 入会後3ヶ月以内に100万円以上の利用で20,000ポイント

出典:クレジットカードの種類|アメリカン・エキスプレス - American Express

まとめ

アメックスはステータス性が高く、豊富な特典が付帯しているカードです。特に海外に行く際に利用できる特典が多いため、海外旅行によく行く方は是非発行してみてください。

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • ポイントがお得なクレジットカードは何?

    クレジットカードのポイントがたまりやすい使い方と一番還元率が高いカード会社はどこでしょうか?また資産運用について株式の投資が良いのかそれともFXが良いのか...

    40代 / 男性 / 大阪府 / 年収 501-600万円 / 既婚、子供2人

  • JCBの年会費について教えてください。

    クレジットカード会社によって年会費があるものとないものがあります。JCBは年会費約1000円ちょっとあるのですが、他のクレジットカードは年会費がないことも...

    40代 / 女性 / 茨城県 / 年収 601-700万円 / 既婚、子供1人

  • 楽天カードのメリットについて教えてください

    ポイントが貯まる仕組みになっているカードは、どうしてポイントを相手側が私たちに与えることができるのでしょうか?みなさんがカードを購入した時、契約した時から...

    20代 / 女性 / 北海道 / 年収 601-700万円 / 独身

  • 航空系で最も得なクレジットカードを知りたい

    現在クレジットカードと現金を混在して日々の支払いをしているが、全部クレジットカードにした方が得なのか。クレジットだとどうしても使いすぎてしまう印象があり、...

    20代 / 女性 / 静岡県 / 年収 1001万円以上 / 独身

クレジットカードの人気記事

カテゴリ