1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. クレジットカードのポイントとは?効率的な貯め方をご紹介

クレジットカードのポイントとは?効率的な貯め方をご紹介

普段の支払いをクレジット決済で済ませている方がいます。どうせ同じ金額を支払うのであれば、より多くのポイントを獲得したいと思うのは当然のことです。今回は、クレジットカードポイントのより効率的な貯め方について紹介します。

この記事の目次

ポイントとは?まず理解しよう

クレジットカードを利用することの利点の1つとして「ショッピングなどの支払いの際にクレジットカードポイントが貯まる」点が挙げられます。

このクレジットカードポイントの貯まりやすさは、クレジットカードの種類や発行会社によって異なります。クレジットカードを利用して支払う金額が同じであってもポイント還元率が異なれば、貯まっていくポイントの量は当然異なります。

利用する人それぞれに適したクレジットカード、利用方法があると考えられるので、この記事で紹介していきます。

ポイントの還元率とは?

例えば、ポイント還元率1%のカードがあったとすると、このカードを利用して年間で100万円分をクレジット決済した場合、1万円分のポイントが貯まります。しかし、単純に還元率の良いクレジットカードを利用するようにすれば良いのかと言われると一概にもそうとは言えません。

カードの利用方法、利用する頻度などによってポイントの貯まる具合が異なる場合があります。

ポイントの利用方法

まず先に、ポイントを多く貯めたところでどのようなことに利用できるのかについて紹介します。利用方法の1つとして、「Tポイント」などのポイントに交換するというものがあります。

普段買い物をする際に、ポイントが貯まる提携ショップを選んで利用されている方もいます。ここで例に挙げた「Tポイント」についても、Tポイントカード1枚で、出費の多くをポイント還元対象とすることができます。また、貯めたポイントで商品を購入することも可能です。

クレジットカードのなかには、このようなサービスと提携しているものもあり、クレジットカードポイントを「Tポイント」などに交換することが可能です。

普段の生活において高頻度でこのようなサービスを利用されている方は、ポイントの恩恵をより受けることができるようになると考えられます。

マイルに交換する方法も

出張や旅行などで航空会社のマイルをよく利用するという方には、クレジットカードポイントをマイルに交換して利用するのが最もお得といえます。1マイルの価値は航空会社によって異なりますが、1.5円~2.0円なので、他のサービスのポイントに交換するより、ポイントの価値は高まります。

ポイントの効率的な貯め方

ポイントを貯めるにあたって、最善の方法は、「地道に貯める」ということです。

確かに、ポイントを大量に獲得する一種の裏技のような方法が考案されることもありますが、カード発行会社の方もすぐに対策を立ててくるので、そのような方法に頼ってポイントを貯めるというのは、現実的でないといえます。

しかし、クレジットカードごとに異なるポイントのルールや特徴を把握し、それに応じてクレジットカードの利用方法を工夫することによって、この地道な利用が大きな差を生むことになります。ポイントの付与条件を確認してみることで今まで気付かなかったことに気付くことができるかもしれません。

以下では、その工夫した利用方法について紹介していきます。

貯め方① 利用実績をのばす

クレジットカードのなかには、クレジットカードの年間利用金額に応じてボーナスを獲得することができたり、翌年に獲得することのできるポイントを増加させることができたりする制度がある場合があります。

この制度が多く採用されているのは、カード会社単体で発行している基本のカード(発行に際し他社と提携していない)です。例として挙げるならば、「MUFGカード」、「JCBカード」、「三井住友VISAカード」などです。

これらのカードは年間利用額に応じて翌年獲得できるポイントを最大50%~60%増加させることができます。一般的に有名なカードが多いので、これらのカードを主に利用されている方、利用しようと考えていらっしゃる方は、支払いを集中させて効率的なポイント獲得を狙ってみるのも1つの方法です。

貯め方② 家族カードを利用する

家族カードを利用することによって、クレジットカードポイント獲得対象の範囲を、自分の支払いだけでなく、家族の支払いにまで広げることができます。

家族カードは、クレジットカードの契約者(本人会員)の家族に対して発行されるカードのことです。ただし、配偶者、両親、子供(年齢制限あり)など、発行できる対象はクレジットカード会社によって異なり、カードによっては、家族カードを発行できない場合もあります。

本人会員の信用をもとにして発行されることから、申込の際の審査に関しても、本人会員の信用情報に基づいた審査が行われるので、家族カードだけが審査に落ちるということが少ないです。また、先ほど紹介した年間利用額を増加させるという面でも、家族カードの利用は有効であるといえます。

貯め方③ ポイントが貯まりやすいカードを選ぶ

ポイントを貯めるにあたって良いカードを選ぶのは当然です。ポイントが貯まりやすいカードの例として、「レックスカード」を挙げてみます。

「レックスカード」は、クレジットカードポイント還元率が1.25%のカードです。年間利用額が多い方には有効なカードの1つであるといえます。しかし、年会費が必要なので、利用金額が少ない場合には、カードを作成したことによって損をする場合もあるので注意が必要です。

貯め方④ 電子マネーとの利用

電子マネーを利用できるクレジットカードの例として、「オリコカード ザポイント」を挙げてみます。

オリコカード ザポイント」は、100円につき1ポイント貯まります。このカードには、QUICPayとiDという2つの電子マネーが内蔵されています。電子マネーの利用によってクレジットカードポイントを獲得することができるので、少額の決済に対してもポイントを獲得することができます。

まとめ

クレジットカードポイントを貯めるにあたって大事なことは、「工夫して利用する」ことと、「地道に利用する」ことです。少し意識して普段の利用方法を変えるだけで、獲得できるポイントの量も大きく変わってくるものです。

ただし、いくらポイントが貯まるからといって、必要以上に使うようなことがあっては、元も子もないです。クレジットカードの特性を理解して、無理のない範囲でポイントを効率的に獲得していきましょう。

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • クレジットで得する方法

    クレジットで色々な支払い方法があると思いますが、返済には利息など高くついてくるものなどもあり、ポイントなどがたまりやすいのが私は好きなのですが、利息分損を...

    20代 / 女性 / 滋賀県 / 年収 301-400万円 / 既婚、子供1人

  • 主婦が持っていると得するカードを教えてください。

    クレジットカードを複数枚持っていますが、カードは1枚の方がよいのでしょうか。それとも、それぞれのカードの特徴を調べて使い分けた方がいいのでしょうか。 枚数...

    50代 / 女性 / 静岡県 / 年収 301-400万円 / 既婚、子供1人

  • 楽天カードはすぐに止まる?

    ネットの口コミなどを見ると、楽天カードは理由なく止められることがあるとか、発行は簡単だがある日突然止まる、等の意見を見かけます。 楽天でのポイント還元が魅...

    30代 / 女性 / 神奈川県 / 年収 901-1000万円 / 既婚

クレジットカードの人気記事

カテゴリ

確定申告の対策期限まで、残り 15日です。

確定申告の準備を早く終わらせましょう。お問い合わせ夜間対応もあり