1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. アメックスグリーンを作りたい方必見。審査基準や特典を説明します

アメックスグリーンを作りたい方必見。審査基準や特典を説明します

「そろそろステータス性が高いクレジットカードを持ちたい」と思っている方にはアメックスグリーンがおすすめです。この記事では、アメックスグリーンの特徴や審査基準、優待サービスの内容を詳しく説明します。申し込む際に参考にしてください。

この記事の目次

  • 【1位】JCB CARD W
    10ヶ月連続1位 通常より2倍のポイントが貯まる、JCBの中でも高還元率のカード!
  • 【2位】三井住友VISAデビュープラスカード
    はじめてクレジットカードを作るというあなたにおススメ!定番の一枚!
  • 【3位】ACマスターカード
    急な出費で今すぐカードを作りたいあなたへ。最短30分で即日受け取り可能(※当社調べ)

アメックスグリーンとは

最初に、アメックスグリーンの基本情報について説明します。ゴールドとの違いは何なのでしょうか?

アメックスのスタンダードカード

アメックスには、以下の3つの種類があります。

カードの種類 年会費(税抜き)
グリーン 12,000円
ゴールド 29,000円
プラチナ 130,000円

グリーンがスタンダードカードとなっており、ゴールド、プラチナの順にランクが上がります。

ただ、年会費や特典は他社のゴールドカードと同じ水準となっているため、アメックスグリーンは一般的なゴールドカードと比較されることが多いです。

限度額は?

アメックスでは限度額は一律に設定されていません。スタンダードカードであるグリーンでも限度額は設定されてないですが、カードの不正利用を防ぐためにカードの利用限度額が設けられることもあります。

カードの保有者の利用金額や年収が審査され、限度額が決定されます。

ステータス性はある

そもそもアメックスの自体にステータス性があるので、スタンダードクラスであっても十分プレミアム感は備わっていると言えます。

ステータス性の高いカードを手軽に発行したい方は、是非アメックスグリーンを発行してみましょう。

審査基準は?

アメックスはステータス性が高いカードであるため、審査基準が高いのでは?と思う方も多いでしょう。しかし、アメックスグリーンの審査基準はそれほど高くなく、安定して収入がある方なら、審査に通る可能性は十分あります。

目安としては年収250万円〜300万円以上の安定した年収がある方は、審査に通る可能性があると考えていいでしょう。

ただし、申し込み条件は「20歳以上で定職がある方」となっているので、パート・アルバイトの方は申し込むことができないので注意してください。

アメックスグリーンのメリット

次に、アメックスグリーンのメリットを説明していきます。

海外旅行で豊富な優待サービス

アメックスグリーンのメリットとしてまず、海外旅行で利用できる豊富な優待サービスがあげられます。

海外旅行保険

海外旅行保険の内容は以下の通りです。この保険は利用付帯なので、旅行に関する交通費等でカードを利用している方にのみ適応されるので注意してください。

保証内容 保証金額
傷害死亡・後遺傷害 最高5,000万円
傷害治療費用 最高100万円
疾病治療費用 最高100万円
賠償責任保険 最高3,000万円
携行品損害保険 最高30万円
救援者費用 最高200万円

出典:補償規定 - American Express

海外で利用できるサービス

海外旅行で利用できる主なサービスは以下の通りです。これだけ多くのサービスを利用できるので、快適に海外旅行を楽しめるでしょう。

  • 手荷物無料宅配サービス
  • エアポート送迎サービス
  • 空港サービス
  • 空港パーキング
  • 海外旅行先の日本語サポート
  • 海外用レンタル携帯

出典:カードラインアップ(特長) - クレジットカードはアメリカン・エキスプレス 

空港ラウンジの利用

日本全国の主要な空港のラウンジを無料で利用できます。利用する際は、ラウンジの入り口でアメックスグリーンカードと航空券を提示してください。同伴者も1名、無料でラウンジを利用することができます。

また、国内外のラウンジを利用できる「プライオリティパス」に年会費無料で登録することもできるので、是非利用してみましょう。

マイルが貯まりやすい

通常、アメックスのポイントは2,000ポイント=1,000マイルのレートで換算されますが、メンバーシップリワードプラスに登録すると、1,000ポイント=1,000マイルに換算れます。マイル還元率は最大1%で、ANAと提携しているクレジットカードと比較しても高い水準です。

ただし、メンバーシップリワードプラスは年会費が3000円かかります。

アメックスグリーンのデメリット

では、アメックスグリーンのデメリットは何なのでしょうか?

電子マネーとの相性が悪い

Suicaなど、電子マネーへのチャージをしてもポイントが貯まりません。普段から電子マネーをよく利用する方にとっては、デメリットと言えるでしょう。

ポイント還元率は低い

アメックスでは100円の利用につき1ポイントが貯まりますが、ポイントの利用方法によっては還元率が低く感じることもあると思います。

例えば、支払いに使いたい場合は1p=0.3円で換算されるので、還元率は0.3%です。これは、ネットショッピングで支払いに使える楽天ポイントや、dポイントと比べると低い水準です。

ただ、上述したメンバーシップリワードプラスに登録すると、支払いに置けるポイント換算レートが1p=1円になるので還元率が高くなります。

また、以下で説明する入会キャンペーンを利用すると、一気にポイントが貯まります。

申し込む際の注意点

最後に、アメックスを発行する際の注意点を説明します。

入会キャンペーンでお得に

入会後の利用キャンペーンで最大17,500ポイントが貯まります。ポイントを得るための条件は以下の通りです。

条件 ポイント数
 入会後3ヶ月で1万円の利用  500ポイント
 入会後3ヶ月で25万円の利用  2,000ポイント
 入会後3ヶ月で50万円の利用  10,000ポイント
 合計50万円の利用  5,000ポイント

出典:初めてのクレジットカード | アメックス日本 - American Express

上述した通り、アメックスでは100円につき1ポイント貯まります。このことを考慮すると、非常にお得なキャンペーンであることがわかるでしょう。

ただし、期間やカードの種類によってキャンペーンの内容が変わってくるので注意してください。

セゾンアメックスも選択肢の1つ

年会費が高く、アメックスグリーンはやっぱりハードルが高いといった方には、セゾンアメックスがおすすめです。

このカードはクレディセゾンが発行するアメックスで、ステータス性はないですが年会費が安く、海外旅行保険などしっかりとした特典がついたカードになっています。

出典:【公式】セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードを比較して作る。

まとめ

アメックスグリーンはアメックスのスタンダードカードですが、他社のゴールドカードと同じくらい豊富な特典がありステータス性が高いカードです。特に、海外旅行をよくする方にとっては重宝できるカードとなるでしょう。

電子マネーとの相性が悪いことと、ポイント還元率が低いことを考慮した上で、アメックスグリーンを発行してみてください。

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • クレジットカードの選び方

    私のお財布の中はクレジットカードであふれています。 おつきあいで頼まれて作ったもの、ショップで勧誘されて断れずに作ったもの、ポイント欲しさに作ったもの、こ...

    50代 / 女性 / 神奈川県 / 年収 801-900万円 / 既婚

  • 楽天カードの種類について教えてください。

    楽天カードは、とても評価が高く作りたいと考えている方は多いと思いますが、種類がたくさんあってよくわからない点もあります。そこで、種類によっての違いと、カー...

    20代 / 男性 / 岩手県 / 年収 301-400万円 / 独身

  • アメックスの審査について教えてください

    私は今まで現在持っているクレジットカード以外に必要がないのとそれほどクレジットカードに興味がなかったのですが、 アメックスカードのゴールドカードやブラック...

    30代 / 女性 / 福岡県 / 年収 401-500万円 / 独身

クレジットカードの人気記事

カテゴリ