1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. クレジットカードってどんな仕組み?どのブランドがいいの?

クレジットカードってどんな仕組み?どのブランドがいいの?

みなさんはクレジットカードを作るとき何を基準に選んでいますか?今回は、クレジットカードの仕組みやブランド、それぞれの特徴について説明していきます。新しくクレジットカードを作るときの参考にしてみてください。

この記事の目次

【2019年最新】 ▼ 当サイトで最も申し込みが多いクレジットカードはこちら!(ランキング根拠:2019年当サイトのアクセス数)

  • 【1位】JCB ORIGINAL SERIES
    最短翌日にカードが届く!ポイントサービスも充実
  • 【2位】三井住友クラシックカード
    セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンなどの対象店舗で還元率2.5%と高還元!圧倒的な信頼感!
  • 【3位】ACマスターカード
    急な出費で今すぐカードを作りたいあなたへ。最短30分で即日受け取り可能(※当社調べ)

クレジットカードとは

クレジットカードは現在、保有率84.2%、平均保有枚数は3.2枚となっており、ほとんどの人が所持し、利用するようになっています。また、1枚しか所持してない人は23%にとどまるため、複数枚持つことが当たり前となっています。クレジットカードとは信用取引で、商品を代金後払いで購入できる便利なカードです。

JCB、「クレジットカードに関する総合調査」2016年度の調査結果を発表

仕組みはどうなってるの?

クレジットカードの仕組みをご存知ですか?クレジットカードの持ち主がお店(加盟店)で商品をクレジットカードで購入すると、お店側はカード発行会社へ商品代金を請求します。

すると、発行会社はお店側へカード会員に代わって、代金を立て替えて支払います。発行会社は後日、商品を購入したカード会員に手数料を含めた金額を請求します。

カード会員は決められた支払日にその代金額の振り込みや、口座引き落としといった手段でカード発行会社へ支払います。簡単に説明するとクレジットカードとはこのような仕組みになっています。

どんな役割があるの?

クレジットカードの果たす役割とはどのようなものなのでしょう。クレジットカードは申し込み時に、運転免許証や健康保険証などの本人確認書類の提出を求められます。氏名・住所・生年月日はもちろん、職業・年収など様々な項目を審査されます。

このことで発行会社から、カードの発行とともに「信用」がカード会員に与えられカードでショッピングやキャッシングを楽しむことができます。

また、クレジットカードは本人確認にも利用できる場合もあります。特に海外ではホテルやレンタカーを利用する際に使うことが可能です。

クレジットカードのブランドとは

クレジットカードには「国際ブランド」と呼ばれるブランドが存在します。日本で発行できるのは、VISA・MasterCard・JCB・Diners Club・Amexの5つです。これに、銀聯カード・Discoverを加えた7つが国際ブランドです。

それぞれの特徴は?

これらは世界各地に加盟店をもち、それぞれの国のレートで即座に決済できるライセンスとシステムを持っています。中でもVISAは会員数が最も多く、世界での知名度も高いブランドです。そして、MasterCardがそれに続きます。

両者は自社では独自のカード発行をしていないのでライセンス契約を結んだカード発行会社がクレジットカードを発行します。クレジットカードの右下にこれらのロゴマークがあるのはそのためです。

Diners Club・Amexの二つは富裕層向けのカードで、入会審査にも高い収入が必要です。高価な買い物ができるよう限度額設定も高く、ハイクラスの優待が受けられるのも特徴です。ステータスのために持つ人も多いようです。

JCBは唯一の日本の国際ブランドです。日本でも海外でも使えるので便利といえます。

発行会社はブランドではない

よくテレビやインターネットで、ニコス・オリコ・セゾンなどといったカードのCMを見かけますね。これらは、どのブランドに属するのでしょうか。

ニコス・オリコ・セゾンなどの名前をカードのブランドと思われている方も多いはずです。正式にはこれらはカードのブランド名ではありません。カード発行会社が、発行した自社のクレジットカードに与えたカード名です。クレジットカードのブランドとは、VISAなどの国際ブランドのことをいいます。

国内では知名度が高くいろいろなシーンで活躍しますが、海外では国際ブランドではないので利用できません。これは、発行会社は国際ブランドのような、国際的な決済のできるライセンスを持っていないからです。

国際ブランドの役割は?

国際ブランドの役割として重要なのは、海外でショッピングに使えるという事です。これは、それぞれの国際ブランドが全世界に加盟店をもち、瞬時に為替レートを換算したショッピングに対応できるためです。

国内の発行会社は、加盟店は日本国内しかなく知名度も国内だけのものですので、国際ブランドのような権限をもっていません。そのため、国際ブランドとライセンス契約を結ぶことで、海外でのクレジットカードの利用を可能にしています。

発行会社の役割は?

カード発行会社はどんな役割なのでしょう?発行会社の大きな役割はカード会員の募集にあります。そのためどの会社も、いろいろな特典やポイント制度などを積極的に展開し、新規会員を増やそうと努力しています。

ほかにも、利用者の商品購入代金の立て替え、本人への利用代金の請求、カード会員の管理、国内での加盟店の募集など、私達に身近な様々な業務を行っています。

どのような関係にあるのか

この両者の関係はどのようなものなのでしょうか?国際ブランドと発行会社は提携を結ぶことで、お互いの足りない部分を補い合っています。

国際ブランドは海外でのショッピング決済のシステムを提供し、発行会社はカード会員の募集、会員へのカード発行、国内外でのショッピング代金の立替や会員への請求、海外旅行の際に使えるサービスなどを提供しています。

カードを作ると、右下に国際ブランドのロゴマークがあります。それが、そのカードの発行会社の提携している国際ブランドです。

どのカードを作るか迷ったら?

クレジットカードには、これまで説明してきたカード発行会社、国際ブランドの他にも、いろいろな要素があります。どのカードを作るか迷った場合は、以下のような点に注意して選択してみてはいかがでしょうか。

年会費の有無・金額で決める

クレジットカードには年会費の支払いが必要なものとそうでないものがあります。それぞれにメリット、デメリットもあります。年会費が必要な場合は、ポイントの還元率が高かったり、いろいろなサービスが利用できるようになっています。

年会費が必要ない場合もポイントや付帯サービスはありますが、年会費ありの場合ほどは充実していない場合が多くあります。あまりクレジットカードを利用しない人は年会費なし、よく利用する人は年会費ありの選択がいいでしょう。

年会費の場合、初年度のみ無料というケースもあるので注意しましょう。

発行会社で選ぶ

発行会社はやはり知名度の高い大手のカードが良いのでしょうか?身分証明の点や紛失時のサポートなどの安心面では、大手の方が良いかもしれません。

ただ、ポイントサービスや年会費無料といった特典は大手の会社でないほうが充実しているようです。これは、知名度が低い分、それらのサービスで会員を増やそうとするためです。

国際ブランドで選ぶ

国際ブランドはクレジットカードを作る際はあまり気にする必要はありません。初めてカードを作る人は使える地域の多いVISAが良いでしょう。新しくカードを作る場合は、国際ブランドより、発行会社の方が重要になります。

店舗やポイント還元で選ぶ

最近は一部のお店やスーパーなどが、カード発行会社と提携し、クレジット機能の付いたカードを発行している場合もよくあります。

このようなお店に自分が日頃よく利用する店舗があれば、そちらのカードを作るのもいいかもしれません。持つカードが一枚で済みますし、ポイントをためるにもお得です。

スーパーやコンビニ以外でも、ネット通販やガソリンスタンド、航空会社など様々な業種のカードがあります。それぞれ自分の生活にあったカードを選ぶことができます。

特典やサービスで選ぶ

カードを申し込む際にいろいろな特典を設けている場合もあります。入会するだけでキャッシュバックが受けられたり、ポイントが付与されたりといったようなものです。

特にこだわりがないのであれば、このようなキャンペーンなどを狙って申し込むのもいいでしょう。ただ、年会費や、分割払いの回数、限度額など一通り内容を検討してみてから申し込むようにしましょう。

まとめ

私たちの生活が多様化するとともに、クレジットカードもショッピングやキャッシングという限られた機能だけでなく、さまざまな機能やサービスを持つようになりました。

クレジットカードは私たちに与えられた社会的信用のひとつです。どのカードを作るかよく考える事が必要です。また、カードを利用するときも社会的信用を失わないようよく考えて計画的に利用しましょう。

クレジットカードの仕組みを解説。どんなメリットがあるの?

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • クレジットカードの提携について

    提携する会社はどのように決めているのでしょうか?クレジットカードを作りたくなった施設や会社でたとえばビザカードにしたいときに、選ぶことができないと他のカー...

    20代 / 女性 / 千葉県 / 年収 301-400万円 / 独身

  • エポスカードのリボ払いについて教えてください。

    リボでの支払いは大変便利だと思いますが、いくらまでのリボ対して月の支払いがいくらまでだと「便利」と言えるのでしょうか。 また、購入時に分割でカード決済して...

    40代 / 女性 / 東京都 / 年収 1001万円以上 / 既婚

クレジットカードの人気記事

カテゴリ