1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. ライフカードは学生に人気?学生限定特典で充実した生活を

ライフカードは学生に人気?学生限定特典で充実した生活を

クレジットカードを持ちたい学生の方も多いでしょう。学生ライフカードは、審査が優しく、自動付帯の海外旅行保険が利用できるので、学生におすすめのカードです。この記事でメリットや注意点を丁寧に説明するので、是非参考にしてください。

この記事の目次

【2020年最新】 ▼当サイトで人気の節税・税金計算サービス

学生ライフカードとは?

最初に、学生ライフカードがどのようなカードなのか説明します。

学生のみ申し込み可能

学生ライフカードは、名前の通り学生の方に発行されるカードです。申し込み条件は、以下の通りです。

高校生を除く満18歳以上満25歳以下で、大学、大学院、短期大学、専門学校に現在在学中の方

出典:学生専用ライフカード

卒業予定年月の1ヶ月前の月末までは申請可能となっています。また、未成年の方が申し込む際は、親権者の合意が必要となります。

年会費と限度額は?

年会費は無料です。また、ETCカードの年会費も無料で発行できます。

学生向けに発行しているので、利用限度額は5〜30万円に設定されることが多いです。

審査に通りやすい

上述した通り、学生ライフカードの申し込み条件は18〜25歳の学生であることのみです。なので、収入に関する審査はやさしく、他社と比べて審査に通りやすいと考えられます。アルバイトをしていない学生でも、審査に通る可能性は十分あると言えます。

初めてのクレジットカードを発行する方はクレジットヒストリーがないので信用情報が確認できず、カードの発行が難しい場合もあります。

なので、まずは審査の優しい学生ライフカードを発行し信用情報を積み上げていきましょう。

学生ライフカードのメリット

学生ライフカードは、海外旅行保険が非常に充実しているカードです。ここでは、学生ライフのメリットを詳しく説明していきます。

海外に行く学生大きなメリット

以下の2点から、学生ライフカードは、海外によく行く学生に対して特にメリットが大きいカードであることがわかります。

充実した海外保証

学生ライフカードには充実した海外保証が付いています。内容は以下の通りです。

保証内容 保証金額
傷害死亡・後遺障害 最高2000万円
傷害治療費用 最高200万円
疾病治療費用 最高200万円
救援者費用 最高200万円
個人賠償責任保険 最高2000万円
携行品損害 最高20万円

多くの場合、海外保険は利用付帯となっており、旅行に関連する交通費でカード決済しないと利用できませんが、これらの保険は自動付帯なので、カードの利用に関係なく適応されます。

海外での利用で5%のキャッシュバック

事前に「LIFE-Web Desk」に登録し、申請すると、海外でのカード利用額の5%が、登録している口座にキャッシュバックされます。

キャシュバックの流れは以下の通りです。

  1. 旅行先でのショッピング利用
  2. 海外利用額の請求
  3. 請求額に応じてキャッシュバック

キャッシュバックが完了するまで、約3ヶ月ほどかかるので注意してください。

日本語対応のサポートデスク

日本語対応のサポートデスクを利用できるので、初めて海外に行く場合でも安心です。

盗難や手荷物の紛失、事故の際のサポートに加えて、現地での旅館の手配やアドバイスなど、様々なサポートを受けることができます。

学生ライフカードのデメリット

次に、学生ライフカードのデメリットを解説します。

ポイント還元率は低い

ポイント還元率は0.5%と、他社と比較してそれほど高い水準とは言えません。ポイント還元率に関しては「楽天カード」や「JCB CARD W」といったカードの方がお得であると言えます。

ただし、入会後のポイント1.5倍キャンペーンや、誕生日月のポイント3倍、ライフカードが運営するカード会員限定の「L-Mall」の利用でポイント還元率が上がるなど、カードの使い方によってはポイントが貯まる方もいるでしょう。

出典:L-Mall(エルモール)-ライフカード

ポイントは最大5年間有効で、貯めたポイントは図書カードやANAマイルに変換することができます。

限度額やキャッシングは高くない

学生ライフカードでは、限度額やキャッシング額がカード会社によって決定されます。上述した通り、限度額は5万円〜30万円になります。

通常、アルバイトをしている学生でも利用限度額は10万円〜30万円に設定されることが多いので、大きなデメリットとはなりません。

しかし、利用額を増やしたい方や、最低でも利用限度額は20万円は欲しいといった方は、他社のクレジットカードも検討してみましょう。

また、キャッシング枠は0〜5万円となっています。これは学生に高いキャッシング枠を設けても、返済能力が足りないと判断されるからです。

学生ライフカードに関する注意点

最後に、学生ライフカードに関する注意点を説明します。

社会人になったら切り替えが必要?

社会人になってもカードは続けて利用できますが、海外旅行保険やキャッシュバックなどの特典が終了となるので注意してください。

切り替える必要はないが、使い続けるメリットはあまりないと覚えておきましょう。

卒業予定年が延長した場合

休学や留年、進学など、様々な理由で卒業予定年が延長することもあるでしょう。その場合は、事前にお問い合わせ窓口に連絡することでカードの学生特典が適応される期間を延長することができます。

事前に申請しなかった場合は、あらかじめ設定していた卒業年度で特典が終了してします。

まとめ

学生ライフカードは学生のみ発行可能です。ポイント還元率はそれほど高くないことはデメリットとして挙げられますが、自動付帯の海外旅行保険や海外キャッシュバックといった特典が付いており、海外によく行く学生の方には特におすすめのカードと言えます。

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 八十二銀行のHALUCAについて教えてください

    銀行が発行するクレジットカードだったため契約しました。 銀行のカードだと信用情報がたまり、ローンを組むときに金利面で交渉がしやすくなると聞きました。 しか...

    30代 / 男性 / 長野県 / 年収 501-600万円 / 独身

クレジットカードの人気記事

カテゴリ