1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. リボ払いをやめる方法を伝授。少しでも早くリボ払いを終わらそう

リボ払いをやめる方法を伝授。少しでも早くリボ払いを終わらそう

リボ払いとは、月々一定の金額を返済していく支払い方法ですが、注意しておかなければいけない重要なポイントがいくつかあります。この記事では、リボ払いの解除方、そして解除した後に行うべきことを説明します。ぜひ参考にしてください。

この記事の目次

リボ払いの危険性

リボ払いは支払い額が一定であり、便利な側面もあります。しかし、気をつけないと損をしてしまったり、返済が終わらなったりと、危険な側面もあります。最初に、リボ払いをする上で確認しておきたいポイントを解説します。

手数料負担が重い

リボ払いの金利は基本的に15%です。この手数料は消費者金融の借金の手数料と同じ水準です。

出典:【アコム公式】金利や利息の計算方法について

この金利は年利ですので、手数料にかかる金額は、返済にかかる期間が長くなるに連れて大きくなります。

なので、月々の返済金額を低く設定していると、返済のほとんどが手数料に充てられてしまい、返済残高が一向に減らない事態に陥ってしまいます。

返済期間が長すぎる

リボ払いは分割払いと異なり、返済回数は設定できません。月々の支払額は一定なので、カードを使えば使うほど返済残高が膨れ上がり、返済にかかる時間が長くなります。

返済期間が長くなるほど、手数料も掛かってくるので、更に返済期間が長くなっていきます。設定している返済金額が低い方は本当に長い間返済を続けることになってしまうのです。

リボ払いをやめる方法

ここでは、リボ払いをやめる方法を解説します。

会社によって異なる手続き方法

リボ払いをやめる方法は、利用しているカード会社によって違うので、自分のカード会社に問い合わせましょう。ここでは、代表的な3つのカード会社について、リボ払いの解約方法を確認します。

楽天カードの場合

楽天カードのリボ払いをオンラインで解除する方法は以下の通りです。

  1. 「楽天e-NAVI」にログイン
  2. 支払額の調整をメニュータブの中から選択
  3. その後リボ払いの登録・解除ページで解除

また、電話での解除も可能です。インターネットが接続できない場合や、ネットでの解除が不安な方は、電話で解除しましょう。

エポスカードの場合

エポスカードの場合、オンラインではエポスNetで解約できます。

  1. エポスNetのマイページにログイン
  2. 「いつでもリボ登録・解除手続きへ」のページを開く
  3. そのページにある解除ボタンを選択
  4. 変更内容を送信

また、エポスカードの場合も楽天カードと同様に電話での解除も可能です。

セゾンカードの場合

セゾンカードでのリボ払い解除方法は以下の3ステップです。オンラインではNetアンサーでお支払い変更のページで解約できます。

  1. Netアンサーにログイン
  2. 明細確認・お支払変更のお支払の変更からリボ払いに変更
  3. リボ宣言を選択して解除ボタンをクリック

または、パーソナルカウンター、セゾンカウンター、カードの裏面に記載されているインフォメーションセンターに問い合わせることでも解約が可能です。いずれの場合も本人確認が必要なので注意しましょう。

出典:リボ宣言の解除の方法を教えてください。 - クレジットカードはセゾンカード

やめた後の返済残高はどうする?

上の項目でリボ払いを解除しても、解除前にリボ払いで支払ってしまった返済残高に対しては、リボ払いが継続されます。これは解除ができません。この場合、どのように対処したらいいのでしょうか?

なるべく早く返済しよう

リボ払い解除後の返済残高は、以下で説明する2つの方法で、返済期間をできるだけ短く済ませましょう。そうすることで手数料にかかる負担が減らせます。

月々の設定金額を上げる

リボ払いの月々の返済金額は上げることが可能です。返済期間を短くするために、可能な限り返済額を上げておきましょう。

具体例として、年利15%のカード会社での30万円の返済残高に対し、月々の返済金額が5千円の場合と一万円の場合を比較します。

その場合の返済金額は以下の通りになります。

返済額5千円 返済額1万円
手数料総額 257,868円 78,331円
返済金額 557,868円 378,331円
返済回数 112回 38回

上の表からわかる通り、月々の返済額を5千円から1万円に変更しただけで、返済回数も手数料も劇的に変わることがわかります。

一括返済も可能

一括返済が可能なクレジットカード会社もあります。一括返済では、手数料がその支払い1回分に抑えられますし、1回でリボ払いを完済できるので、可能な場合は一括返済をしましょう。

一括払いの手続きも、カード会社によって異なりますので、確認する必要があります。

まとめ

リボ払いでは、金利手数料が高いため、返済残高が高ければ高いほど、返済期間が長ければ長いほど手数料は増えていきます。リボ払いの返済は短期間で終わらすことを意識して下さい。

リボ払い解除の手順は各カード会社によって手順が変わるので自分のクレジットカード会社に確認してください。リボ払いを解除した後も、これまでリボ払いで会計した分はそのままリボ払い返済になるので、一括返済や設定金額の増額を行い、早く完済することが大切です。

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • アプラスカードの他のカードとの比較

    1番ポイントが貯まりやすいカードはなんですか? 住宅ローン、車のローン、光熱費、水道代などカードで支払った場合のポイントの還元率が高いカードまた、ポイント...

    20代 / 男性 / 福岡県 / 年収 301-400万円 / 独身

  • 複数のクレジットは損しませんか?

    複数のクレジットカードを持っています。どちらもスーパーやデパートで使う事が多いです。ポイント還元のために、2つ持っていますが、1つにまとめた方が得なのでし...

    40代 / 女性 / 三重県 / 年収 401-500万円 / 既婚、子供2人

  • クレジットカードの選択

    特定のスーパーの利用頻度が高いため専門店のクレジットカードを作りましたが、ポイント率が高かったり、持っていると利用価値が高いというようなクレジットカードは...

    40代 / 女性 / 神奈川県 / 年収 701-800万円 / 既婚、子供1人

  • クレジットカードの引き落とし口座について

    私はクレジットカードを主に生活費ではない特別経費の支払いの時に利用しています。主に衣服や靴などを購入する時に利用しています。自分の中できちんと予算は立てて...

    20代 / 女性 / 宮城県 / 年収 501-600万円 / 既婚、子供2人

クレジットカードの人気記事

カテゴリ