1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. リボ払い完済したい人必見。リボ払いにかかる手数料と完済方法とは

リボ払い完済したい人必見。リボ払いにかかる手数料と完済方法とは

継続的にリボ払いを利用していると、手数料が高額になる恐れがあります。手数料で損をしないためにも、できるだけ早く完済することが肝心です。そこで今回は、リボ払いの手数料とリボ払いの完済に近づくための対処法を紹介します。

この記事の目次

リボ払いってそもそも何?

まずは、リボ払い(リボルビング払い)がどういった仕組みなのか解説します。

リボ払いの複雑な仕組み

リボ払いは、カードの利用金額にかかわらず、あらかじめ自分で決めた金額を毎月払う方法です。毎月の支払金額が一定であるため、支出を管理しやすく、お金がない時には役立つでしょう。

しかしながら、リボ払いには大きなデメリットがあります。それは、支払期間が長くなればなるほど、手数料が大きくなることです。

さらに、リボ払い手数料の年利は15%と高く設定されています。そのため、完済までの期間が長期化すると、手数料が高額になる恐れがあるのです。

ローンと何が違うの?

一見すると、リボ払いは借りたお金を毎月支払っていくので、ローンと間違われることがあります。ところが、リボ払いとローンは全く違うものです。

リボ払いは、クレジットカード会社から立て替えてもらったカードの利用額を毎月、自分で設定した額で返済するカードの利用方法です。一方、ローンは、お金を借りることなので借金になります。

厳密に言えば、リボ払いは借金ではありませんが、手数料が15%と高めなので注意が必要です。リボ払いの金利15%に対して、ローンはお金を借りる目的や方法によって、金利が変わります。そのため、利用方法によっては、ローンを利用した方がお得な場合があるのです。

返済シミュレーションでわかる返済額

次に、リボ払いの返済額を詳しく見ていきましょう。リボ払い手数料の計算方法から解説します。以下がリボ払いの手数料の計算式です。

  • リボ払い手数料=利用残高(円)×金利(%)×利用日数÷365日

この手数料と利用額が、返済総額です。例えば、10万円を毎月1万円ずつ返済する場合、返済までに7497円の手数料が発生し、返済回数は11回になります。この場合、毎月の返済額は、以下のようになります。

支払回数 お支払い額(円) お支払い元金(円) 手数料/利息(%) 元本残額(円)
1 10,000 8,750 1,125 91,250
2 10,000 8,860 1,140 82,390
3 10,000 8,971 1,029 73,319
4 10,000 9,098 917 64,336
5 10,000 9,196 804 55,140
6 10,000 9,311 689 45,829
7 10,000 9,428 572 36,401
8 10,000 9,545 455 26,856
9 10,000 9,665 335 17,191
10 10,000 9,786 214 7,405
11 10,000 7,405 92 0

リボ払いでどんな影響を受ける?

リボ払いは、毎月の支払いを少額から設定できるというメリットがあります。その反面、デメリットがあることも忘れてはいけません。

継続的に利用すれば、リボ払いの利用残高も増え、それに伴う手数料も大きくなります。また、ローンの新規作成などに影響を与える可能性もあるのです。そこで次に、リボ払いの影響について解説します。

信用情報には掲載される?

まずは、リボ払いが信用情報にどうのように記録されるのか見ていきましょう。信用機関には、クレジットカードの利用状況、ローンなど返済状況が全て登録されます。リボ払いの利用状況や完済までの期間、利用限度額などの情報も登録されているのです。

また、リボ払いの利用で、信用情報に傷がつくことはありません。ただし、リボ払いの支払を滞納している際は、延滞として信用情報に傷が入る場合があります。そのため、支払の滞納だけはしないようにしましょう。

住宅ローンの審査に影響がある?

次に、リボ払いが住宅ローンの審査にどのような影響があるか見ていきます。

リボ払いを利用しているからといって、審査に落ちることはありません。ただし、リボ払いの残高が高額の場合は注意が必要です。

ローンやクレジットカードなどの審査は信用情報を元におこなわれます。審査の段階で、お金に困っている人であると判断されると、審査に通りづらくなるのです。

そのため、利用残高が大きい場合は、住宅ローンの審査に通らない可能性があります。断られないようにするためにも、利用残高はできるだけ早く返済しましょう。

完済後はどうなる?

リボ払いを完済すれば、信用情報からリボ払いの利用に関する情報は消されます。信用情報から情報が消された後は、問題なくローンやカードの申請可能です。

ただし、一度でもリボ払いの支払いを滞らせてしまったことがある場合は、信用情報に傷がついている可能性があります。

リボ払いにかかわらず、クレジットカードの支払の遅延や滞納は信用情報に記録されるので、気をつけましょう。

完済するためにはどうすればいい?

リボ払いで損をしないようにするためには、なるべく早く返済することが大事です。そこで、早く返済するためのコツを確認します。

今すぐできること

まず、リボ払いの手数料を多く払わずに完済するには、利用残高を減らしましょう。利用残高を減らすことで、返済までの手数料が少なくなります。その結果、返済額が少なくなり、返済期間も短くなるのです。利用残高を減らすためには、下記の2つのことができます。

  • 毎月の返済額を引き上げる
  • 繰上げ返済する

まず、返済期間を短くするためには、毎月の返済額を引き上げなければいけません。例えば、金利15%のリボ払いで12万円の利用額がある際をシミュレーションしてみましょう。

月々の返済額 返済回数 手数料(円)
1万円の場合 14回 10,824
2万円の場合 7回 5,538

毎月の返済額を2倍にしただけで、5286円も手数料の負担がなくなりました。また、余裕があれば、繰上返済や一括返済がおすすめです。

繰上げ返済とは毎月の返済額と一緒に利用残高の一部を返済する方法です。利用残高の一部を支払うことで、返済期間が短くなります。短くなった分の手数料を払わなくて良くなるのです。

プロに相談する

リボ払いの返済で困ったら、過払い金が発生している場合もあるので、税理士や弁護士に相談しましょう。過払い金を請求できれば、利用残高と相殺することで、返済額を減らすことも可能です。

また、どうしてもリボ払いを返済できない時は、任意整理の弁護士と相談をしましょう。任意整理とは、借金の元本を残して利息分をなくす債務整理のことです。ただし、任意整理をすると5年間は信用情報に記録され、カードやローンが作成できなくなります。

まとめ

リボ払いは、毎月の支払額が一定になるので便利かもしれませんが、継続的に利用すると、リボ払いの手数料が積み重なります。そのため、できるだけ早く返済することを心がけましょう。返済期間を短くするためには、下記の2つの方法があります。

  • 毎月の支払額を引き上げる
  • 繰上げ返済する

また、どうしても返済することが難しい場合は、弁護士に相談することをおすすめします。弁護士と相談してできることは下記の2つです。

  • 過払い金の請求
  • 任意整理

任意整理すると、5年間信用情報に記録されます。信用情報に任意整理が記録されている間は、カードの発行やローンの作成はできません。そのため、任意整理の検討は慎重にしましょう。

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • クレジットカードの将来について

    ビットコイン・イーサリアム・リップル等の仮想通貨が普及する兆しがある昨今ですが、もし、世界各国の広い地域で流通しだすと、今流通しているドル・ユーロ等の通貨...

    50代 / 男性 / 北海道 / 年収 300万円以下 / 既婚

  • クレジットカードの所有法について

    各種信販会社のクレジットカードを保留しておりますが、賢く・無駄のない持ち方はありますますでしょうか。 色々な場所やシーンで、クレジットカードを利用する場合...

    50代 / 男性 / 大分県 / 年収 1001万円以上 / 独身

  • JCBのポイント還元率について

    私は現在JCBのクレジットカードを持っています。そこでふと何気無くポイントを見てみると200ポイントほど溜まっているということに気がつきました。そこで私が...

    20代 / 男性 / 東京都 / 年収 300万円以下 / 独身

  • 審査基準について教えてください。

    私はネットショッピングが好きで海外の製品(韓国など)の洋服を買うためにクレジットカードが必要になりました。そのため審査基準が簡単な楽天カードを申し込んだと...

    20代 / 女性 / 広島県 / 年収 300万円以下 / 独身

クレジットカードの人気記事

カテゴリ