1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. クレジットカードの遅延損害金が心配?遅延を防ぐための対処法を紹介

クレジットカードの遅延損害金が心配?遅延を防ぐための対処法を紹介

クレジットカードの支払いを滞納すると、遅延損害金と呼ばれる利息が発生します。また、滞納が長引くと、信用情報に傷が入る恐れがあるので注意が必要です。この記事では、遅延損害金の概要と滞納時の対策、経費としての扱い方についても紹介します。

この記事の目次

遅延損害金ってそもそもなに?

まずは、遅延損害金について解説します。

遅延損害金ってどうやって発生するの?

遅延損害金は、ローンやクレジットカードの支払いを滞納した際の、損害賠償金のようなものです。支払いを滞納した際、支払日の翌日から遅延損害金は、発生します。

また、遅延損害金は年利によって計算されます。そのため、滞納期間が長いほど、遅延損害金も大きくなります。遅延損害金が、大きくなるのを防ぐためにも、できるだけ早く返済してください。

あなたの遅延損害金はいくら?計算の仕方

次に、遅延損害金の計算方法を確認しましょう。以下の式で、遅延損害金がわかります。

  • 遅延損害金=(借入残高)×(遅延損害金利)÷(年間日数)×(延滞日数)

一般的なショッピング枠の遅延損害金の年利は、14.6%です。ただし、遅延損害金の金利は、カード会社やカードの支払い方法で異なります。

実際にこの式を使って、遅延損害金がどのように発生するのか見ていきましょう。引落日から5日遅れて、1万円支払った場合を考えます。この場合、返済金額は10,020円です。なので、遅延損害金として20円が請求されます。

一見すると、遅延損害金として請求される金額は大きくありません。ただし、滞納額や滞納期間によっては、遅延損害金が高額になる恐れがあります。支払いを滞納した場合は、できるだけ早く返済しましょう。

出典:三井住友VISAカード&三井住友マスターカード会員規約(個人会員用)

遅延損害金が発生するとどうなるのか

滞納で生じる問題は、遅延損害金だけではありません。そこで、滞納した際の影響を確認しましょう。支払いを滞納すると、主に下記の2つの影響があります。

  • クレジットカードが止められる
  • 信用情報に傷が入る

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

クレジットカードは止まってしまう?

利用者が滞納した際、クレジットカード会社の対応は、それぞれ異なります。一般的には、引落日から数日以内に、カードが利用停止になるでしょう。

また、カード会社から自宅や携帯電話に電話がかかってくるのです。さらに、振込用紙がついた手紙が、送られてくることもあります。

カード会社から連絡がきた場合は、必ず応じてください。無視していると、勤務先にカード会社から連絡がいく可能性があります。

ブラックリストに入ってしまうのか?

次に、信用情報への影響について見ていきましょう。一般的に、信用情報に傷がつくことをブラックリストに載ると呼びます。信用情報には、以下の2種類があります。

  • 信用情報期間が管理している信用情報
  • 各クレジットカードカード会社が所有しているもの

信用情報機関の信用情報には、金融事故の場合に記録されます。支払いを滞納した際の金融事故は、下記の2つです。

  • カード会社から強制的に解約が言い渡される強制解約
  • 引き落とし日から滞納が61日続く場合の長期延滞

強制解約は5年間、長期延滞は1~5年間、信用情報に記録されます。信用情報にこれらの記録がある場合は、カードやローンの新規作成ができません。

出典:CICが保有する信用情報

どうやって対処すればいい?

滞納すると、遅延損害金が発生するだけでなく、信用情報に傷が入る可能性もあります。そのため、できるだけ滞納しないようにすることが肝心です。そこで、滞納を防止する方法と、滞納してしまった場合の対処法を紹介します。

滞納を防止するには?

まずは、滞納を防止するための対策を説明します。滞納を防止するためには、自分の経済状況を把握することが大切です。そのためには、銀行の口座を引き落とし日前に必ずチェックしましょう。

自分の経済状況を把握する

自分の経済状況を把握することで、カードを使いすぎることがありません。また、口座残高が、クレジットカードの引き落とし額より、下回ることを防げます。

インターネットバンキングで手軽に確認する

口座の残高、ATMから簡単に確認可能です。さらにインターネットバンキングのように、インターネット上で残高を確認できる場合もあります。手軽に口座残高を確認できるので、ぜひ活用してください。

リボ払いや分割払いに変更する

また、どうしても支払いが間に合わない際は、支払方法をリボ払いや分割払いに変更しましょう。支払い方法の変更は、引落日の1週間前までにできます。支払い変更ができない場合は、カードローンを利用するのも、滞納を防止する1つの手段です。

支払い期日が過ぎてしまった場合

次に、支払いを滞納した場合の対処法を紹介します。カードの支払いを滞納した場合は、すぐにクレジットカード会社に連絡してください。

クレジットカードは会社と利用者の信用で成り立っています。そのため、払う意思があることを伝えることが大切です。

また、払う意思を伝えることによって、クレジットカード会社は返済の相談に応じてくれます。

発生した場合、経費でどう扱えばいい?

最後に、クレジットカードを止むを得ず滞納し、遅延損害金が発生した際に、経費としてどのように扱えるのか紹介します。

勘定科目は?

まずは、滞納している利用額の勘定科目から見ていきましょう。クレジットカードの滞納している利用額は、下記の2つのうちどちらかで計上します。

  • 未払金
  • 未払費用

両者の違いは「継続性」です。継続性があれば未払費用になり、継続性がなければ未払金になります。例えば、光熱費のように毎月支払う費用は継続性があるので、未払費用になるのです。

また、両者の勘定科目は異なるので、注意しましょう。未払費用は経過勘定科目になり、未払金は未決済項目になります。それに伴う遅延損害金は、遅延に対する利息です。そのため支払利息として計上しましょう。

消費税はかかる?

遅延損害金には消費税はかかりません。消費税は財貨やサービスに対して払われます。

遅延損害金は金利で計算された利息です。あくまでも利息なので、遅延損害金には消費税はかかりません。

まとめ

利用額の支払いを1日でも滞納すると、遅延損害金が発生します。遅延損害金は、年利で計算され、滞納期間によって加算されるのです。また、滞納が長引くと信用情報に傷がつく恐れがあります。

支払いできない場合は、リボ払いや分割払いに支払い方法を変更しましょう。滞納した場合は、できるだけ早くクレジットカード会社に払う意思を伝えてください。

また、遅延損害金は、支払利息として経費では扱えます。さらに、滞納した料金が毎月支払う費用であれば、未払費用、そうでなければ、未払金として計上しましょう。

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 楽天カードのリボ払いについて

    ネットショッピングが多いため楽天カードを作りました。無職の主婦でも簡単に作れて便利だなと思うのですが、気になるのは頻繁にくるメールでリボ払いを勧められるこ...

    50代 / 女性 / 神奈川県 / 年収 601-700万円 / 既婚、子供2人

  • アメックスの還元率について

    年間350万程アメックスで支払いしていますが、その場合アメックスのどのステータス(ゴールド等)がお得になりますか?今はANAアメックスのブルーを使用してい...

    20代 / 女性 / 神奈川県 / 年収 701-800万円 / 既婚

クレジットカードの人気記事

カテゴリ