1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. クレジットカードの作り方。学生が作る場合に知っておくべきこと

クレジットカードの作り方。学生が作る場合に知っておくべきこと

海外旅行に行くときなど、学生でもクレジットカードが必要になることがあります。今回は、学生がカードを作るとき「学生だからこそ知っていたいこと」について解説していきます。

学生のみなさんが、これからカードを作るうえで参考にしてみてください。

【2018年最新】 ▼ 当サイトで最も申し込みが多いクレジットカードはこちら!

この記事の目次

学生クレジットカードの種類は?

学生が作れるクレジットカードにどのような種類があるかご存知ですか。一般的にクレジットカードを作るためには安定した収入が必要とされていますが、学生でも作ることができるカードもあります。

ここでは、安定した収入のない学生を対象とした学生専用カードと、家族のカードに付随する形で発行される家族カードについて解説します。

学生専用カードの特徴

クレジットカード会社のなかには、学生専用カードを用意している会社が多数あります。安定収入のない学生向けのため、限度額は一般のクレジットカードよりも低く設定されています。

年会費も無料または在学中無料のものが多数ですが、なかには有料の会社もあるので注意が必要です。

補償やサービスについても一般カードとほぼ同等の対応を備えたものも多く、学生専用ならではの学割サービス、学生特典を備えたものもあります。

多くの学生専用カードが高校生を除く18歳以上の学生を対象としており、未成年者は親の同意が必要となります。しかし、あくまでも学生である申込者名義のカードとなるので利用明細も申込者に対して発行されます。

メリット デメリット
自分名義のカードである

カード利用の管理を自分でできる

学割や学生特典などで学生であることを活かせる

就職後に一般カードへ移行することで、学生時代の利用実績による「信用」も移行することができる

限度額が低い

家族カードの特徴

家族カードは「家族会員カード」とか「ファミリーカード」とも呼ばれています。

安定収入のある家族のクレジットカードと一緒に発行することができます。すでにクレジットカードを持っている家族から「家族カードの追加発行」の申請をしてもらって手に入れることもできます。

メリット デメリット
一般カードと同等の保証が得られる

カード利用料は家族分まとめて家族の口座から引き落とされる

家族としてポイントを貯めやすい

家族がすでにクレジットカードを持っている場合は、発行手続きが簡単

 家族あてに利用明細が発行されるため、カード利用の自己管理がおろそかになる

申し込みに必要なこと

今回は、学生専用カードを作るにあたって気になる事項について解説します。

収入欄は記載する必要があるのか

学生専用カードについては、名義は学生本人ですが、支払い能力としては最終的には親権者を審査することになります。

そのため、親権者の氏名、住所を記載する必要がありますが、逆に収入欄はアルバイト料で構いません。アルバイトをしていない場合は、収入0円でも問題ありません。

申し込みの際に親権者の承諾が必要なのは未成年とされていますが、審査については未成年ではない学生の場合も親権者に連絡が行く可能性があります。きちんと親権者の承諾を得たうえで申し込みましょう。

奨学金利用者も申請可能か

一般的にクレジットカードを申し込む際は、借金の有無が審査の対象となりますが、奨学金に関しては借金の扱いとはなりません。奨学金を借りている学生でも問題なく申し込むことができます。

しかし、奨学金は信用審査の問題となりませんが、携帯電話料金の滞納が過去にあると、信用審査の対象となる可能性があります。

学生専用クレジットカード比較

学生専用クレジットカードは、会社によって申し込みやサービスが異なるのか比較してみます。

必要事項について

学生専用のクレジットカードについては、どの会社も申請内容はほぼ同じです。一般カードの申請に加え、学生であることの情報を付加して申請するような仕組みとなっています。

  • 氏名
  • 性別
  • 誕生日
  • 自宅住所
  • 電話番号
  • 世帯主
  • 家族
  • 職業
  • 本人収入
  • 借入額
  • 学校名
  • 卒業予定

 発行日数について

学生専用カードとしては、「最短3営業日」というカードが最短発行になります。

最短3営業日※ 4週間以上
学生専用ライフカード

ANA JCBカード学生用

三井住友VISAカード学生

ANA VISA/Masterカード学生

 JAL navi学生

(※最短発行日はカード会社がカード発行手続きを完了するまでの期間です。お手元に届くまでにはさらに郵送期間がかかります)

18歳以上の学生でも申し込める一般カードには、店頭で即日発行できるものもあります。

しかし、ネット申込などでは手元に届くまで最短でも1週間近くかかるため、差し迫った必要性がある場合は、最短で発行されるよう申請時の必要事項を十分に確認し、書類をもれなく揃えたうえで申請する必要があります。

即日発行の場合は、店頭発行に限られています。忘れ物がないよう十分に確認したうえ店舗に足を運びましょう。

限度額について

学生専用カードの限度額はいずれも初年度10万円、その後は信用に応じて30万円を限度に増額されていきます。

18歳以上の学生も作れる一般カードについても、初年度の限度額は10万円程度に設定されていますが、その後は信用に応じて増額されていきます。

定額の収入のない、学生にとっては、学生専用カードにより限度額のガードが設定されている方が安全といえます。

まとめ

学生でも作れるクレジットカードは複数のタイプのものがあります。カードの申請は各カードでそう大きく変わるものではありません。

カードを作る際は、作る手順よりも作る目的、作ってからの利用方法を考え、「作るカードの選定」に重きをおくのが良いでしょう。

学生専用カードは、学生ならではの特典もあり、限度額など一定の制限のもとで、自立して自分の資産を管理していくことができます。

自己資産の管理に慣れていない学生のうちは、学生としての特典を使いながら、利用額は「限度額」として一定の枠に守られた状態で正しい利用方法を覚えていける、学生専用カードを作ってみることから始めてはいかがでしょうか。

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • カードのブランドを変更するにはどうしたらいいですか。

    クレジットカードのブランドを変更したいです。もしブランドを変更したら、カードを使って貯めたポイントはどうなりますか。もしかしてすべて失効してしまうのですか...

    30代 / 女性 / 大阪府 / 年収 1001万円以上 / 既婚、子供2人

  • 楽天クレジットのポイント還元について教えて下さい

    今は、ネットショッピングでの支払いのみをカード払いにしています。楽天は還元率も良いですし、全ての支払い(スーパー、コンビニ、公共料金等)を楽天カードにした...

    30代 / 女性 / 秋田県 / 年収 301-400万円 / 独身

  • カードの審査について

    カードの入会審査はどこまで確認されているのか。入会審査は、過去の本人の支払いいについて滞納などがないかの確認や、他にクレジットカードをどれくらい所有してい...

    20代 / 女性 / 千葉県 / 年収 401-500万円 / 既婚、子供1人

クレジットカードの人気記事

カテゴリ