1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. クレジットカードの作り方。主婦でも簡単に作れる方法は?

クレジットカードの作り方。主婦でも簡単に作れる方法は?

「普段は家族カードを使っているけれど、やっぱり自分専用のクレジットカードが欲しい。でも審査に落ちてしまいそうで不安になってしまう。」

このように考えている主婦の方向けに、クレジットカード作成の申請に必要なものから審査に通過するコツまでわかりやすく解説します。

この記事の目次

  • 【1位】JCB CARD W
    10ヶ月連続1位 通常より2倍のポイントが貯まる、JCBの中でも高還元率のカード!
  • 【2位】三井住友VISAデビュープラスカード
    はじめてクレジットカードを作るというあなたにおススメ!定番の一枚!
  • 【3位】ACマスターカード
    急な出費で今すぐカードを作りたいあなたへ。最短30分で即日受け取り可能(※当社調べ)

自分のカードを持つと良い理由

 

 

家族カードだけでも利用明細書がひとつにまとまるので、家計が管理しやすくて便利です。しかし裏を返せば、買ったものは全て利用明細書に記載されているので、どこでどのくらい使ったのか全て家族にばれてしまいます。

また、家族カードだと一部を除き、基本的に引き落とし口座を変更できないという点も少々不便です。

自分用のクレジットカードを作れば、自分のための買い物をしたり、キャッシング機能を利用したりするチャンスも増えます。さらに、財布を夫婦別にすることによって金銭管理に明確なルールが生まれ、お金関係のトラブルが起きにくくなります。

申込前に知るべきこと

クレジットカードは無料で作れるとは言っても、日本国内だけでも1,000種類を超えるカードが存在します。そのため、気になるカードがあったら、年会費やポイント還元率を調べ、自分に合ったカードを選ぶことが大切です。

必要なもの

カード作成に必要なものは以下のものです。

  • 引き落とし口座
  • 引き落とし口座の銀行印
  • 本人確認書類

カードの申し込み方法についてですが、これは大きく分けて3種類あります。窓口申込とウェブサイト申込、そして郵送申込です。

本人確認書類に使えるものの一例としては、以下のものが挙げられます。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住民票の写し

健康保険証などは顔写真がなく顔の確認が取れないため、顔写真のある書類を要求されることもあります。顔写真のある身分証明書がない場合は、あらかじめ用意しておいてください。

おすすめの本人確認書類は顔写真のついている運転免許証です。

限度額について

利用限度額というのは、そのカードで使える金額の上限値のことを指します。利用限度額が10万円だとすると、カードで支払うことのできる金額は10万円までとなります。

利用限度額に達してしまうとそれ以上の金額は利用できないため、カードは使えなくなります。

申込をした際に希望額を決定しますが、後で引き上げたり、逆に引き下げたりと変更することが可能です。

もし利用限度額を超えてしまっても、支払日にきちんと支払いを済ませれば、また使用できるようにはなります。しかし延滞してしまうと、最悪の場合強制解約をされる可能性もあります。

審査に通るために注意すること

専業主婦の場合は自身の収入がない分、カード審査の敷居が少々高い傾向にあります。

さらに、何度も審査落ちを繰り返してしまうと、ますますカードが作りにくくなってしまいます。審査落ちしてしまうからといって、何度も再申請したり、他のカード会社に手当たり次第申請したりするのは止めた方が無難です。

しかし、審査に通りやすくするコツはあります。専業主婦をターゲットにしたカードや、女性専用カードなども存在しますので、そのような所に申請するなど工夫をすることも大切です。

また、キャッシング枠はできるだけ低く設定したほうが、審査に通りやすくなります。可能なら0円に設定するのがおすすめです。

携帯電話はほぼ必須

クレジットカードの申請書で、実は重要になるのが電話番号です。一番重要だと言っても過言ではありません。審査に入る前に、申込書に記載した電話番号に申込確認の電話をする会社も多いため、忘れずに記入してください。

申込書には自宅の電話番号と、携帯番号(スマートフォン)の記入事項があります。どちらかだけでも構いませんが、両方あると審査で有利になりやすい傾向にあります。

とはいえ、現在は携帯電話が普及しており、一人暮らしの方は基本的に固定電話は使いませんし、なかには電話回線を引いていない家庭もあるくらいです。カード会社もそれに対応していますので、携帯電話しか持っていなくても安心して申請できます。

料金未払いがあると不利に

カード審査を通らなかった事例のひとつとして、「携帯料金を数千円分滞納していたことがある」というケースがあります。数千円程度だと次にまとめて払えば問題ないと思いがちですが、この不払い記録のせいでカードが作れなくなってしまいます。

個人信用情報機関という第三者機関にクレジットの利用履歴が全て記録されており、たった一度の滞納でも記録されます。

カード会社はクレジットカードの申請を受けると、この個人信用情報機関の情報を元に入会審査を行います。そのときに滞納記録があると圧倒的に不利になってしまいます。

これはカードを作った後にも言えることで、料金の支払いを延滞した結果、強制的に契約を解除されることもあります。

大量のカード審査に申し込まない

上記の信用情報機関にはクレジットカードの申込履歴も記録されています。短期間に多くのカード会社に申請をしていると不審に思われてしまい、審査に通りづらくなってしまいます。これを「多重申込」と言います。

必ずしも落とされるというわけではありませんが、マイナスな印象を与えてしまうことは確かなので、やめたほうがいいです。まずはひとつ受けてみて、駄目だったら半年ほど待ってひとつだけ受けてみる、と時間をおいて申請を行います。

もしそれでも審査に通らなかった場合、上記のように過去に滞納していた記録があるなど、何かしらの問題があるはずですので、直接問い合わせてみるのもひとつの方法です。

審査に落ちたときは

審査をする上で不利な点がある場合は、それを改善します。

もし専業主婦の方で審査に通らなかった場合は、収入を得ることを考えましょう。無収入の専業主婦より、多少でも稼いでいる兼業主婦の方が審査の基準を満たしやすいので、3万円程度の収入でもいいので働いてみることをおすすめします。

また、クレジット・ローンの事故情報がないか確認してください。もし事故情報があった場合5年程度で消えるので、その情報が消えるまで待つしかありません。

まとめ

ネット通販で色々なものが購入できる今の時代、クレジットカードはとても身近なものであり、家計を支える主婦にとっては頼りになる存在です。

しかし、主婦の方でもカードが作りやすくなっているとはいえ、配偶者の収入や料金滞納といった要素が絡んでくることもあります。審査がゆるいと言われているカード会社でも油断は禁物です。

ですが、料金滞納といった注意すべき箇所をしっかり把握しておくことで、カードが作れないという可能性を減らすことができます。

クレジットカードの作り方。基本的な仕組みと流れを紹介

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 月の利用限度額を上回る金額を利用してしまった

    クレジットカードによって、月の利用限度額が20万円までや30万円までなどそれぞれ決まっていると思いますが、たまたま○月だけ利用額が多かった、買い物をしすぎ...

    30代 / 女性 / 茨城県 / 年収 601-700万円 / 既婚

  • 一番還元率の高いクレカは何ですか?

    私はクレジットカードをよくネットショッピングで使用しています。日々家計を考えつつ、お得なクレジットカードを使うように心掛けているのですが、色々と調べるうち...

    40代 / 男性 / 奈良県 / 年収 300万円以下 / 独身

  • 楽天カードのゴールドカードについて教えてください

    現在、クレジットカードとして楽天カードをメインカードとして使用しています。楽天ゴールドカードというものがあることをネットで知り検討しているのですが、ゴール...

    30代 / 男性 / 徳島県 / 年収 601-700万円 / 既婚、子供2人

クレジットカードの人気記事

カテゴリ